elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

サッカー

もしアメリカとソ連がサッカーに本気を出していたら強かったのか?

かつてアメリカとソ連が世界の二大超大国だったように、スポーツの世界でも米ソは激戦を繰り広げていた。現在でも依然としてロシアは特に冬季オリンピックで無類の強さを誇っている。 アイスホッケーにおけるアメリカとソビエトの伝統の一戦はスポーツ史に刻…

お笑い:レアル・マドリード氏、来季EL行きが濃厚

もしかしたら18-19シーズンのUEFAチャンピオンズリーグに白い巨人の姿は見当たらないかもしれない。 現在スペインリーグにおいてレアル・マドリードは苦戦しており、大会のルール上出場権をこの調子では獲得できない見通しになっている。 7,8位をうろつい…

ウスマン・デンベレって何がしたかったんだろうな

バルセロナに鳴り物入りで加入したウスマン・デンベレがさっそく筋肉系の怪我で4か月の離脱を強いられた。 ハムストリング系の怪我というのはスピードタイプの選手によくあるため、今後慢性的にこういった離脱が引き起こる可能性は高い。 130億だか、1…

柴崎岳のバルサ戦ゴールが凄すぎる!

もしかしたら今週末欧州で決まったゴールの中で最も美しいベストゴールになるのは日本代表柴崎岳が決めたバルサ戦のボレー弾になるかもしれない。 なんと今回のバルセロナのこの失点は、前回の乾貴士の2ゴールにまで遡るらしくどれだけバルサが固いチームだ…

スペイン二強は世界の二強なのか?

ここ10年の欧州サッカーやUEFAチャンピオンズリーグの歴史はほぼスペイン勢の歴史だと言っても過言ではない。直近の4大会は既にレアル・マドリードとバルセロナが占めており、アトレティコ・マドリードとの同国対決も実現している。 チェルシーとインテル…

もしかしてバルセロナは復活したのだろうか

まさかバルセロナがここまで調子を取り戻すとは思わなかった。 もう「2017-2018シーズン早く終わればいいのに」とさえ言われていたら、蓋を開けてみるとバルサの連勝街道がスタートして、レアル・マドリードが苦戦している。 リーグ戦開幕直後というのはまだ…

日本三大本田、本田圭佑、本田翼、あと一人は?

「本田」という苗字を漠然とかっこいいと思っている自分がいる一方で、いざ現実で本田さんがいるかとすれば案外いない。 有名な苗字というのほど実はリアルでそれほどいないことが多い。 佐藤さんも田中さんも鈴木さんも自分はガチで実際に見かけたことが無…

金正恩、実はマンチェスター・ユナイテッドが好きだった模様

アジアでのマンチェスター・ユナイテッド人気を思わぬ男が証明することになる、今世間を騒がせている北朝鮮の第一書記である金正恩だ。 「カリアゲ君」ともあだ名される北の危険な指導者と見られているが、実はバスケやサッカーが好きな普通の青年でもある。…

悲報:アル中ルーニー、見事お酒でやらかす

元イングランド代表ウェイン・ルーニーがお酒を飲んでやらかしたという話が英国をにぎわしているが、もはやそれは時間の問題だっただろう。 いつかやらかすと思っていた、というのが大多数の見方であり最近でもどこかのパブで飲んだくれている姿が目撃されて…

本田圭佑がガチで中村俊輔化してきている件

2018年に迫るロシアワールドカップにおいて本田圭佑を最終メンバーに先行するかどうかという疑問はもっと語られなければいけない問題だ。 個人的な立場で言えば熱烈な本田圭佑ファンであり、「結局最後に大舞台で通用するのは本田」という考えを持っている。…

韓国代表、粘り強さを見せW杯出場決定

ある種の土壇場での「生命力」のようなものを見せつけられた時、逆に尊敬せずにはいられない自分がいる。 どんなにかっこ悪くても力強く生き抜く往生際の悪さや諦めの悪さ、もっと言えばしぶとさのようなものを今回のサッカー韓国代表からは感じ取った。韓国…

カメルーン代表「すまねぇ、俺はもうここで力尽きた」

気付けばFIFA2018ロシアワールドカップ予選でアフリカのカメルーン代表が敗退していた。 他の大陸予選で苦戦している国は知っていたが、もはやカメルーン代表が敗退しそうだという事すら話題にならず、アフリカで気づけばひっそり敗退が決定したようだ。 カ…

三大イメージが悪いサッカーサポーターが決定

サッカーというスポーツは攻撃性や過激さを刺激する要素がある事は否定できない。 言ってみれば代理戦争である側面は否定できず、南米の貧困層がサッカーを観戦し不満を紛らわしたり、欧州は都市国家以来の対立の伝統があるためサッカーが盛り上がっている。…

朗報:ウスマン・デンベレ君、なんかバルサのユニフォーム似合う

ユニフォームが似合うかどうかで選手を評価するべきではないのだが、ウスマン・デンベレが披露したバルセロナのブラウグラナに染まった姿が中々似合っていてかっこいい。 若干ロナウジーニョっぽさがあるというか、とにかくスタイルが良くて「サイドから切り…

悲報:コウチーニョ、バルサとリヴァプールの政争に巻き込まれ移籍消滅

サッカー選手がマネーの争いに巻き込まれて夢を実現できないという光景に悲しみを感じる自分がいる。 なぜフェリペ・コウチーニョやマルコ・ヴェラッティ、ジャン・セリが新しいシーズンにおいてバルセロナのユニフォームに袖を通すことができなかったのかた…

キリアン・ムバッペ君、234億円でさりげなくPSG移籍決定

昨今のサッカー移籍市場はもはや全てにおいて狂っており、ただ単なるマネーゲームだけが行われている。 欧州サッカーの移籍市場が佳境を迎えつつある中、最大の注目株キリアン・ムバッペのパリ・サンジェルマンへの移籍がレンタルという形で約234億円程で決…

祝:サッカー日本代表、無事ロシアW杯出場決定!

8月31日、夏の最終日に行われた日本代表とオーストラリアの一戦は2-0の勝利によって、無事にワールドカップ出場を決める事ができた。 正直な感想を述べるのであれば、こんな嬉しい勝利は久しぶりだというぐらいに爽快感がある試合を見せてくれた日本代表…

コウチーニョ、ついにバルセロナ移籍か? なお200億の模様

移籍騒動の渦中にあるブラジル代表フィリペ・コウチーニョが紆余曲折を経てバルセロナ入りを果たすことになりそうだ。 このままチームに合流すればリヴァプールサポーターからの非難は避けられず「気を落としている」とさえ伝えられていたコウチーニョだが諦…

遂に日本代表の復帰した柴崎岳に期待

柴崎岳といえば昨年末のクラブワールドカップでレアル・マドリードに2得点を挙げ、スペインリーグ2部テネリフェを昇格寸前に持ち込むなどセンセーショナルな活躍をし続けている新星だ。 そんな柴崎岳が代表待望論を巻き起こすことはもはや必然であり、サム…

今季のモウリーニョとマンU、ガチで行けそう

マンチェスター・ユナイテッドの監督に就任したポルトガルの名将ジョゼ・モウリーニョは自身が最も得意とする2季目を迎えている。 もはや「2年目のモウリーニョ」というのは代名詞にすらなっておりスペシャルワンと自称する勝負師はチームを率いて翌年に結…

仮に日本代表がロシアW杯出場を逃したらどうなるのか

いよいよ8月31日に日本代表がオーストラリア代表とワールドカップ出場を欠けて試合を行う。 この最終予選で日本代表がホームで試合を行えるのは最後であり、同時にこの試合を逃せば突破にも暗雲がさしかかることになる。 オーストラリアかサウジアラビア…

メッシって人間としての魅力はそこまで無いよな

リオネル・メッシ、間違いなくサッカーの歴史に名を残す選手であり、神の領域に近い天才だと言っても過言ではない。 メッシのプレーを見れば誰もが納得するだろう、彼の才能と実力に疑いの余地がない事に。 そしてそれは世界最優秀選手賞バロンドールの獲得…

迷走するバルセロナ、194億でウスマン・デンベレを獲得

遅々として補強が進まない状況にあったリーガ・エスパニョーラ所属のFCバルセロナがウスマン・デンベレの獲得を発表した。 ボルシア・ドルトムントでゴールやアシストを量産し、類稀なる突破力を発揮していた左利きのアタッカーは次世代の新生と期待されここ…

UEFAチャンピオンズリーグ17/18の組み合わせが決定

気付けば9月からUEFAチャンピオンズリーグが始まろうとしている今日この頃、ついに組み合わせが発表された。 フランチェスコ・トッティが引いたくじは欧州32クラブの運命をどう左右するだろうか。 一番気になるのはやはりグループHが"死の組"になっていると…

ネイマール「僕自身バルセロナを出る喜びはあった」

ブラジル代表のネイマールがバルセロナを去ってからという物のテロは起きる、後継者は見つからないという散々な状況に陥っているのがカタルーニャの州都だ。 コウチーニョに関しては三度目のオファーも断られ、ドイツメディアからバルセロナがデンベレにボイ…

ルーカス・ポドルスキさん、無事フォルラン二世になる

今季のJリーグに世界的ビッグネームがやってきたことを知っているだろうか。 ヴィッセル神戸に加入したドイツ出身のルーカス・ポドルスキだ。 とは言ってもサッカーファンやJリーグファンでもなければそれほど関心は無く、世間的にその扱いは大きくないと言…

マルアン・フェライニとかいうなぜか生き残るアフロ

サッカー界で「アフロ」と言われればあの男しかいないだろう、ベルギー代表のマルアン・フェライニだ。 その特徴的なヘアスタイルは彼の代名詞であり、もはやアフロと言えば通じる。 そんなフェライニだが彼の頭髪の生命力と同じように、サッカーにおいても…

バルセロナにウスマン・デンベレはやって来るだろうか

もしかしたらウスマン・デンベレはFCバルセロナを新天地として選ぶのではないか、そう囁かれ始めている。 デンベレ自身は現在所属のボルシア・ドルトムントと困難な状況にあり、移籍目的のために練習を拒否し、クラブ側から練習停止処分を下されている。 ま…

もしドラ作者「サッカーには心が浄化されるピッチャーがいない」

日本の学生スポーツや部活動は「大人が考える理想の若者像」を投影する場になっている。 例えば夏の風物詩ともいえる甲子園はまさにその典型例だろう。 炎天下でボールを投げるピッチャーを賛美するのはもはや日本の野球文化における伝統であり、数年前にあ…

朗報:本田圭佑のツイッター、本田っぽくなる

本田圭佑がこれまで距離を置いてきたツイッターを開始してからしばらく時が過ぎた。 当初は若干イメージと違う雰囲気があったものの、最近は徐々に使い勝手を把握してきていて「本田圭佑らしさ」が垣間見えるようになってきている。 本田圭佑のツイートが本…