elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

サッカー

柴崎岳、ヘタフェに移籍し見事リーガ1部への個人昇格を果たす

ついに柴崎岳にリーガ・エスパニョーラ1部への挑戦の機会が巡ってきた。 プレーオフで昇格を果たしたヘタフェとの4年契約が実現したようだ。 昇格の1枠を争うプレーオフにおいて柴崎岳が大きな活躍をしたことは記憶に新しい。その後スペインリーグの1部…

チャイナマネーで強化されたACミランがヤバすぎる件

つい最近チャルハノールを獲得し約55億円でユベントスからボヌッチを呼び寄せることに成功したACミランだが、次はアルゼンチン代表ルカス・ビリアを射止めるというミッションを実現させることができたようだ。 今回のルカス・ビリアは「知ってる選手が来た…

本田圭佑はロシアワールドカップ後引退するのだろうか

本田圭佑が新たに移籍したメキシコリーグのパチューカとの契約は1年間であり、この条件を受け入れてくれるクラブがなかなか見つからなかったというのが内実のようだ。 メキシコの地でサッカー選手としてより高みを目指していくのではないかと予想していただ…

本田圭佑、まさかのメキシコリーグの「パチューカ」に移籍決定

誰がこの本田圭佑の移籍を予測できただろうか、正直なところ「何が何だかわからない」という青天の霹靂に近い感想を抱いた。 今回本田圭佑が移籍先として選んだのはなんとメキシコリーグのパチューカであり、多くのサッカーファンが驚いている。 様々な移籍…

バイエルン・ミュンヘン移籍でハメス・ロドリゲスは輝きを取り戻せるか

ついにビッグネームの移籍が成立した、ハメス・ロドリゲスがレアル・マドリードを退団し次の移籍先をバイエルン・ミュンヘンに決めたようだ。 ハメス・ロドリゲスのレアル・マドリードでの最後のシーズンと言えば散々たる日々だったという印象が強い。とにか…

サッカーが好きな人はチェスも好きかもしれない

サッカーとチェスはもしかしたら似ているかもしれない、前者が芝の上で行われるチェスならば後者は盤上で行われるサッカーだろう。 常に状況が移ろい変化し、先を読んで行動しなければならない。あらゆる駆け引きが相乗的に行われそして最後はゴールを決める…

ACミラン新10番、その男の名ハカン・チャルハノール

中国資本による新体制に移行したACミランは、本田圭佑の退団に伴い新しいエースナンバー10番の選手を探していた。近年低迷するセリエAの名門を立て直す司令塔が必要とされていた。 その白羽の矢が立ったのはハカン・チャルハノール、トルコ代表でプレーする…

ついに無所属になった本田圭佑、次の移籍先はどこ?

7月に入ったことで正式に本田圭佑とACミランの契約は終了した。長かったようで短かった3年半も過去の事であり本田圭佑はもうACミランの選手ではない。 名実ともにACミランの選手ではなくなり、これから赤と黒を意味する愛称を持つロッソネロでプレーする本田…

PO敗退で1部昇格を逃した柴崎岳の移籍先はどうなる?

スペインリーグ1部昇格を目指して行われていたプレーオフ決勝のテネリフェ対ヘタフェの第2戦が行われた。第一戦がホームで1-0だったものの、アウェーで1-3という結果に終わったテネリフェは悲願の昇格を果たすことができなかった。 柴崎岳としてはまたも…

2026年ワールドカップはどこで開催したら面白くなりそうだろうか

2026年に開催される予定のワールドカップと言えば参加国数が48か国に拡大されてから行われる最初の大会であり、開催地はどこになるかという事で注目を集めている。 ちなみに来年の2018年はロシアであり2022年はカタールとなっているが、カタールに関しては最…

一喜一憂しない柴崎岳のメンタルは日本代表に必要になる

その男はクラブの命運や自分の人生さえ左右するゴールを、まるで練習で決めただけであるかのように反応した。 スペインのカナリア諸島に本拠地を置くCDテネリフェで奮闘する柴崎岳はこの日、クラブの1部昇格を目指すプレーオフに挑んでいた。3位から6位ま…

FIFA18に日本代表が収録される可能性はあるか

FIFAシリーズ最新作であるFIFA18の発売が決まり、サッカーゲームファンは沸き立っている。毎年恒例の話題なのだがやはりFIFAに来年の数字が付くと新シーズンに対してときめきを感じられずにはいられない。 そんなFIFA18において日本人ユーザーにとって最大の…

本田圭佑のアーセナル移籍とかいう飛ばし記事www

相変わらず本田圭佑の移籍先を巡る情報は活況としているが、さすがに今回の「アーセナル移籍」は明らかに飛ばし記事だとわかる。 "エアオファー"の達人である本田圭佑ファンはその移籍に信憑性があるかないかをもはや本能で判別することができる。 CSKAモス…

韓国代表がワールドカップに出場できない可能性が浮上

いろいよワールドカップ最終予選も終盤に差し掛かりアジア予選ではイラン代表がアジアで最も早くワールドカップ出場権を獲得した。 その一方で日本代表はイラク相手にやらかし、もしかしたら予選敗退の可能性さえ浮上してきている。2試合連続で勝利できなけ…

イラク代表VS日本代表 引き分けに終わるも予選首位を維持

先日サッカーのイラク代表と日本代表の試合が行われた。この試合はワールドカップアジア最終予選の試合であり、仮に負ければ勝ち点を競うオーストラリア、サウジアラビアに並ばれ一気に混戦に陥ってしまう危険な状況だった。 結果的に見れば引き分けにより勝…

ヴェラッティがバルセロナにやってくる日が待ちきれない

ファンタジスタは現代サッカーに存在しない、カルチョの国イタリアからはもはや美しいフットボーラーは輩出されない、そんなことを聞いたことがないだろうか。 もうイタリアやアッズーリは華麗なファンタジスタを生み出すサッカー大国ではないのではないか、…

ニンテンドーSwitch版のFIFA18が結構クオリティ高い件

FIFA18の発売がいよいよ近づいてきており新しいシーズンを感じさせる今日この頃だが、次のシーズンには更に新しい要素が加わるだろう。 今流行のニンテンドーSwitchでもこのFIFA18が発売されることが決まったようだ。恥ずかしながらFIFA18がニンテンドーSwit…

FIFA18のパッケージになったロナウドがかっこよすぎる件

もうFIFAシリーズの次回作の話が出始める季節かという事に時の流れの速さを実感せずにはいられない。毎年のことながら「もう1年経ったのか」ということをFIFAの新作で実感する。9月29日に発売が決まったFIFA18はそのイメージキャラクターにクリスティア…

本田圭佑のガラタサライ移籍は現実的な選択なのか

本田圭佑ファンが一番忙しいのは移籍市場が開かれているときであり、シーズン中は何もやることがなくなる。特に昨シーズン中はシーズン中にもかかわらずほとんどの時間暇で仕方がなかった。そう自嘲気味に語るのであればACミランとの契約が切れ確実に移籍が…

手越祐也は今年のクラブワールドカップに出演するのだろうか

最近何かと騒がしく日に日に騒動が大きくなっている手越祐也、既にイッテQ降板は既定路線であり残念ながらこれも時代の流れなのかもしれない。 そして気になるのが今年も日テレで放送が決まった年末恒例クラブワールドカップへの手越祐也の出演がどうなるか…

サッカーおばさん小柳ルミ子「ロナウドの決定力はチームメイトのおかげ」

先日のチャンピオンズリーグ決勝について芸能界屈指のバルセロニスタとして知られる小柳ルミ子が何か書いてるかなと思ったて見てみたら案の定その試合について書いていた。 もはやサッカーファンですら「この人サッカー見すぎでしょ」と思うぐらいサッカーば…

リオネル・メッシさん、もうワールドカップ優勝するしか後がなくなる

世界最高のサッカー選手はリオネル・メッシだ、いやサッカーの歴史上最高の選手であり神に匹敵する。 そう言われたのは一昨日までである。 そう、クリスティアーノ・ロナウドが前人未到のUEFAチャンピオンズリーグ2連覇と5年連続得点王のタイトルを獲得す…

レアル・マドリードがCL史上初の連覇を達成

2016-2017シーズンのチャピオンズリーグはレアル・マドリードが大会史上初の二連覇を成し遂げ幕を閉じた。 今現在最高の攻撃力を兼ね備えるレアル・マドリードとこれまでこの大会すべて合わせてたった3失点しかしていなかった鉄壁の守備を兼ね備えるユベン…

本田圭佑はロシアW杯に出場できるだろうか

最近諸事情あって炎上気味の本田圭佑だが、ある意味これが本来の本田圭佑である。物議を醸す発言で世の中を騒がせるのが彼のスタイルであり、賛否両論そこには発生する。 むしろ最近の本田圭佑はサッカーファンの間でしか話題になっていなかったため、久しぶ…

イブラヒモビッチは来季もマンチェスターUに留まるのか

EL優勝を決めて無事チャンピオンズリーグ出場権を獲得したマンチェスター・ユナイテッドは今現在来季に向けて大規模な補強を画策している。 マンチェスター・ユナイテッドサポーターはモイーズ以来のCL出場に沸き立っており、補強の話題も盛んになっている。…

柴崎岳、ついにスペインの地でゴールを決める!

情熱の国スペイン、その地で戦い続ける柴崎岳がついにゴールを決めた。リーガ・エスパニョーラ2部とはいえまだ1部昇格の可能性もあり、チーム自体の昇格が不可能だとしても契約の関係上個人昇格もありうる、その状況でこの1ゴールの持つ意味は大きいだろ…

イニエスタのユベントス移籍は成立するだろうか

欧州サッカーのリーグ戦が終了し、移籍情報の噂がさらに飛び交うようになっている。そういった有象無象の移籍情報の中で特に面白いと思ったのがバルセロナのアンドレス・イニエスタがユベントス行きを決断するのではないかという噂だ。 バルセロナとの契約が…

本田圭佑「SNSは苦手ですがツイッター始めました」

本田圭佑が先日ツイッターを開始してイタリア語でツイートしたことが話題になっていたが、日本語でのツイートも開始したようである。 イタリア語でイタリアファンに別れの挨拶を告げ、これから日本語で「哲学や価値観」を世間に向けて熱く語る本田圭佑を見る…

大変残念なことにレアル・マドリードの優勝が決まりました

今季最終節までもつれ込んだリーガ・エスパニョーラの優勝争いはレアル・マドリードの優勝によって幕を閉じた。 バルセロナファンとしては最終節で勝ち点が並び直接対決の成績でバルセロナが逆転優勝を果たすというストーリーを思い描いていたのだが案の定レ…

本田圭佑、ACミランでの3年間を込めたFKを決めて「ありがとう」

「持ってる男」は転んだままでは終わらない。 ACミランのホームスタジアムで行われた試合に出場した本田圭佑は「お別れのゴール」ともなる見事なフリーキックを決めてロッソネリでの3年間に事実上の終止符を打った。 ACミラン自体もこの勝利によってヨーロ…

本田圭佑には絶対にスペインに移籍してほしい

はたして本田圭佑の次の移籍先はどこになるだろうか。 今この報道で最も取りざたされているのがスペインリーグへの移籍である。 これまでアメリカMLS行きやJリーグ復帰が有力視されてきたが、ここにきて本田本人が欧州に拘る姿勢を見せているとの報道がされ…

レアル・マドリードはセルタ戦勝利で優勝が濃厚になったのか?

欧州各国リーグのシーズンも佳境を迎え続々と優勝を確定させるチームがあらわてきている。欧州リーグ今季の優勝が決まり始めるとき「もうすぐ夏だな」とサッカーファンは思う季節だ。 主要リーグで続々と優勝が決まり始めている。 そんな中まだ優勝チームが…

CL決勝レアル・マドリードVSユベントス 展望と予想、そして願望

ついに2016-2017シーズンのUEFAチャンピオンズリーグの決勝の組み合わせが決まった。スペインの名門レアル・マドリードとイタリアの名門ユベントスがこれまで堅実な戦いぶりを見せビッグイヤーに王手をかけている。 白い巨人か白い貴婦人か、スペイン語では…

ハビ・マルティネス、ハイキングで骨折し今季絶望

サッカー選手にとって怪我というのは致命的な問題であり、時にキャリアを左右する大問題へと発展する。最近発言や行動で問題になるサッカー選手が多いが怪我にも気を付けなければならないのがサッカーだ。 そんな中スペイン代表のハビ・マルティネスが趣味の…

なんと藤田俊哉がVVVフェンロを監督として2部優勝に導いてた

ここ最近の日本サッカー関係者は地味に凄い。 そういう言い方が的確なほどに決して派手ではないが着実に日本サッカーが進歩しているというような活躍が多い。 欧州トップレベルのリーグで地味にディフェンダーとして連続で出場し続ける選手が多数いたり、ア…

本当にロシアでFIFAワールドカップをやるの?

これほど来年ワールドカップだという実感がない年も珍しいほどに来年のロシアワールドカップへの実感がわかない。ワールドカップ前年はたいていもうすぐワールドカップという雰囲気になるが、今回に関しては「ほぼ空気」という状況だ。 世間的な扱いはもちろ…

ジエゴ・コスタさん、金に釣られて案の定中国リーグに移籍

ジエゴ・コスタの中国スーパーリーグ天津権健への移籍が決まった。ここ最近中国リーグへの移籍が相次ぎ、欧州トップリーグでも通用する選手が高額なサラリーを求めて中国へと旅立っている。 その中でも今回のジエゴ・コスタは過去最高レベルで大物選手の移籍…

浦和レッズさん、無事失速し2位に転落

風物詩、恒例行事、おなじみの光景、このような言葉はサッカーにおいても存在する。どのリーグや大会にも毎度見かけるような光景が存在することがサッカーには多い。浦和レッズが序盤勢いよく勝ち上がり優勝を囁かれるも失速し優勝を逃す光景もまたJリーグに…

シャビが喋るとロナウドが活躍する法則がまた発動

UEFAチャンピオンズリーグの決勝トーナメントにおいて初の2戦連続ハットトリックを成し遂げたクリスティアーノ・ロナウドは「自分の実力を疑う人は誰だ?」という言葉通りロナウドに懐疑的な人々を沈黙させている。 バイエルン・ミュンヘンに続き堅守を誇る…

久保建英VSイ・スンウ バルセロナトップチームにたどり着けるのはどっち?

メッシ、ネイマールら世界的な有名選手を要し世界最高のサッカーチームと謳われるFCバルセロナだが、そのバルセロナも今アジア人にとって雲の上の存在ではなくなっている。漫画の世界では大空翼がエースナンバーの10番を背負っているが、久保建英という存…

ワールドカップ初出場がかかるウズベキスタンが今善戦している件

ここ最近のアジアサッカーは紛れもなく発展している。日本、韓国、イラン、オーストラリアの「アジア四強」に加えその後を追従する第二勢力のレベルも以前では考えられない程進歩しておりこれから右肩上がりで成長していく伸びしろが豊富なサッカー界が存在…

ぶっちゃけACミランは中国資本で復活するのか?

最近いろんなごたごたを乗り越えてようやく中国資本への売却が決定したACミランだが、その新生チャイナミランに輝かしい未来は待ち受けているだろうか。 この数シーズンのACミランは散々だった。過去の栄光はどこ吹く風、辛酸をひたすら舐めつくしてきたのが…

アンチ巨人とレアル・マドリード嫌いがそっくりすぎる件

最近昭和の大衆文化というものに興味があって当時のスポーツ文化としてプロ野球の歴史を調べている。日本が活気があり国民の多くが熱狂していた大衆文化というのは今には多様化が進展した今では見られない光景であり、そのような時代に今どこか憧憬にも似た…

悲報、元日本代表司令塔の遠藤保仁さん無事衰える

遠藤保仁といえば「ヤット」として親しまれガンバ大阪でも日本代表でも一時代を築いた選手であるが、いよいよその遠藤保仁にも衰えが見え始めてきている。直近の試合ではベンチ入りしたにもかかわらず出番がないというかつての遠藤からは想像もできない事態…

今季のロナウドの得点数がヤバイ・・・ついにオワコンへ

2016-2017シーズンのリーガ・エスパニョーラの得点王争いは例年に比べえて落ち着いた印象を感じさせる。ここ最近インフレしすぎて40点、50点取るような争いが続いており感覚が麻痺していたため、現地点で得点王のメッシの33点ですらちょっと少ないなと…

本田圭佑が次の移籍先にアメリカを選ぶ理由

ワールドカップを1年後に控え本田圭佑の去就が注目を集めている。本田圭佑はこれまでのインタビューにおいて「ワールドカップの1年間が全てと言っても過言ではない」と語っており、W杯の準備期間を過ごすクラブとしてどこを選ぶかが重要な決断になっている…

今のACミランの場末感はイタリア経済の象徴か?

ACミラン、そのチームはかつて火星のチームよりも強いと語られた伝説的な名門である。欧州における実績や「名門としての格」ならばレアル・マドリードと双璧をなすクラブだと主張する者もいる。イタリアといえばACミラン、そうベルルスコーニは語った。 その…

メッシをワールドカップ優勝に導く監督はサンパオリか?

今現在サッカーアルゼンチン代表の監督人事が水面下で面白いことになっていて、ホルヘ・サンパオリの就任がほぼ目前まで来ているようだ。 サンパオリといえば今季セビージャの監督としてリーガエスパニョーラの舞台で旋風を巻き起こし、次期バルセロナの監督…

バルセロナレジェンドの試合に出たロナウジーニョがやっぱりイケメンだった

つい最近行われた元バルセロナの選手と元レアル・マドリードの選手によって行われた「クラシコ」でメッシの前に10番を背負っていたロナウジーニョが大活躍を見せた。実際にハイライト映像をバルサ公式サイトでみたところ「イケメンはやっぱりイケメンだっ…

ディ・マリアがバルセロナへ電撃移籍か?アルゼンチン代表コンビ実現へ

ここ最近チャンピオンズリーグの舞台から見放されているバルセロナにうれしいニュースが飛び込んできた。リオネス・メッシの熱望によりアルゼンチンの同胞ディ・マリアがバルセロナに移籍するのではないかという噂だ。 メッシがたびたびチームメイトを批判す…