elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

サッカー

イブラヒモビッチが代表に復帰したそうな目でこちらを見ている

世間はワールドカップが開催されることに浮かれているが、誰か忘れていないか? そう言いたげな男がスウェーデンにいる。 ズラタン・イブラヒモビッチ、元スウェーデン代表であり数々のクラブを渡り歩き優勝をもたらしてきた伝説の選手だ。 その破天荒な生き…

平昌オリンピックが終わっても、次はロシアワールドカップが待っている

無事平和裏に閉幕した平昌オリンピックも今となっては様々な思い出や感動のシーンが懐かしく感じる。 つい最近始まったことが嘘のようにもう終わってしまいどこか寂しさを感じさせる。 本当にいろいろなことが短い期間中にあり、濃密な冬の祭典だった。 開幕…

本田圭佑「俺はコロンブスやと思ってるんでね」

本田圭佑がツイッターを開始してから、既に久しいがこの度また注目発言をしている。 本田がツイッターをすると絶対面白いはずだと常々思っていただけに、連日SNSの話題が飛び込んでくる今はある意味本田圭佑ファンにとって幸せかもしれない。 野球界ではダル…

元東方神起のジェジュン、Jリーグのハーフタイムショーに出演予定

JYJのジェジュンといえばかつて東方神起のメンバーであり、日本でも知名度が高い。 そしてまさかそのジェジュンが2月23日のJリーグ開幕戦のハーフタイムショーに出演するらしい。 佐賀県に元東方神起のメンバーがやってくるというのも中々レアな光景で、…

訃報:大杉漣、急性心不全で逝去 嘘だろ・・・・

わりとマジでこのニュースショックであまりにも急すぎて流石に頭の整理が付かない。個人的にとても好きなタレントであり俳優だっただけにとても残念でならない。 大杉漣が逝去されたというニュースが飛び込んできたのは本当に先ほどの事であまりにも急すぎる…

パリ・サンジェルマンとかいうあと一歩何かが足りないクラブ

サッカーの強化策というのは一朝一夕に実現できるものではない、まさにローマは1日にして成らずだ。 その意味ではまさにパリ・サンジェルマンが典型例であり、どうしてもメガクラブにはあと一歩及ばない。 現時点ではまだホームでのセカンドレグの試合が残…

なぜ最近のロナウドは笑わないんだい?

もう最近のクリスティアーノ・ロナウドは完全にネタキャラ扱いになっていてさすがに可愛そうになってくるレベルだ。 特に今季は露骨に衰えが隠せなくなってきており、クラシコで空ぶったあたりからはもはや哀愁すら漂い始めている。 あれほど自身の実力につ…

「今夜くらべてみました」に出た中島健人が相変わらず面白かった話

中島健人、指原莉乃、小柳ルミ子が完全自分得の組み合わせが一つの番組で揃うという奇跡的な展開だった。 「今夜くらべてみました」って豪華だなぁと思うのがMCにフット後藤だけじゃなくチュート徳井もいるところで、更にそこに並べて語られる指原莉乃の凄さ…

「ガラタサライ長友」誕生へ、長友佑都トルコリーグに挑戦

つい数日前に長友佑都のガラタサライ移籍が浮上し、そこから驚くほどのスピードで移籍が成立した。本当に動く移籍話というのは水面下で進んでいて急に成立するというのか、本田圭佑のパチューカ移籍の件でも明らかだ。 冬の移籍市場が締め切り間近だというの…

ついにバルサ初先発実現コウチーニョ アラベス戦タッチ集

本当に長い紆余曲折を経てついにバルセロナに辿り着いたブラジル代表コウチーニョが、アラベスとの試合で初先発を果たした。 移籍自体にトラブルが発生し順調ではなかった上に、いざバルセロナに到着してみるといきなり怪我からスタートだった中で今回の初ス…

関根貴大と元SKE48の金子栞と結婚、おめでとう

昨今の日本人サッカー選手の間でもはや結婚が流行っているのかというぐらい、相変らずサッカー選手って結婚早いなぁと思わせられる。 ブンデスリーガ2部に所属する関根貴大と、元SKE48の金子栞の結婚はどちらとも22歳で同い年の結婚というなんとも微笑まし…

アレクシス・サンチェスはマンUの「7番」を復活させることができるか

チリ代表アレクシス・サンチェスのマンチェスター・ユナイテッド移籍が事実上成立することになった。 アーセナルはまだマンチェスター・ユナイテッドに選手を強奪されることになってしまったが、代わりにムヒタリアンがやって来るのでトレード移籍のような形…

強欲なバルセロナ、グリーズマンにも食指が動く

コウチーニョ移籍が正式に完了し、カンプ・ノウ界隈やバルセロナを愛する人々は狂騒の宴の真っただ中にあるが、どうやらこのクラブはまだ飽き足りていないようである。 次なるターゲットはアントワーヌ・グリーズマン、以前から彼をバルセロナへ導こうとする…

ドルトムント、オーバメヤンの後釜にウサイン・ボルト獲得か?

新年サッカー初笑いはあの陸上のウサイン・ボルトが、ドルトムントの入団テストを受ける予定だというニュースになった。 どうやらボルトは3月にドルトムントの入団テストを受けるらしく、中国リーグへと旅立つオーバメヤンの変わりはボルトになる可能性があ…

本田圭佑はロシアワールドカップで「ジダン」の役割が可能か

ここ最近全盛期に近いフォームを取り戻しつつあるのがパチューカに所属する本田圭佑だ。 しばらく代表から遠ざかっていることもメキシコでの"武者修行"に集中するにはうってつけで、実際にクラブワールドカップでは南米王者グレミオにも通用することを示した…

ハリー・ケインはイングランドの救世主になれると思う?

イングランド代表、そしてトッテナムに所属するハリー・ケインがここ最近異常なペースで得点を重ねている。 何でも年間のゴール数ではリオネル・メッシをも上回る数字を叩きだしており、もはやゴールを奪うために生まれてきた選手と言っても過言ではない。 …

ダヒョンはTWICEの日本人オンニ達といる時の方が気楽?

TWICEと言えばメンバー仲が良く、メンバー同士の絡みも魅力の一つとして人気が高い。寮生活をしているだけあってメンバー間の距離も近くもはや家族のような存在に見える事すらある。 しかし韓国と言えば日本以上に年功序列が厳しい社会であり、アイドルグル…

ネイマールがレアル・マドリードに移籍する可能性は高いのか

移籍市場のトラブルメーカーはまだ騒動の中心であることに飽き足らず、次なるサプライズの演出を考えていそうである。 ネイマールJrがレアル・マドリードに"禁断の移籍"を果たそうとするのではないかという話は、まだ不透明な現時点ですら重要な話題だ。 そ…

FCバルセロナ 2017-18シーズン優勝決定 Vやねん!

既にリーガ・エスパニョーラで首位を独走していたバルセロナは、レアル・マドリードと伝統の一戦クラシコで激突することになった。 結果はサンチャゴ・ベルナベウで3-0の圧勝、盤石なバルセロナの強さを証明しほぼ優勝を確定させたといっても過言ではない状…

最近日本人からサッカー熱が消えつつあるのはなぜなのか

日本人のサッカー熱低下がここ最近顕著になって来ている。 広く名の知られたスターも見当たらず自国の代表も振るわず、Jリーグも劇的な盛り上がりを見せるかと言えばそうではない。 更に次なるワールドカップへの期待もできず、もはや今の日本サッカー界は希…

南米王者グレミオ相手に中盤で輝く本田△

「サッカーは一つの試合で天と地が入れ替わるような扱いを受ける」 その言葉通りパチューカ所属の本田圭佑が南米王者相手に見せた輝きは圧巻だった。 実際この試合を見た人の多くが本田は復調した、今の代表には必要だと語るほどに自信の好調さを世界に本田…

【CWC】レアル・マドリードVSアルジャジーラ なんというカオス試合

アンチレアル・マドリードとして仕方なくチェックしていたクラブワールドカップの準決勝はいろいろとカオスな試合で見どころも多かった。 まず前半のレアル・マドリードは不可解なほど点が入らなかった。 もはや雨あられのようにシュートを打ちながらもなぜ…

もはやグアルディオラの指揮能力に疑いの余地はないよな

今シーズンのマンチェスター・シティはあまりにも凄すぎる。 「バルセロナ流のスタイルはイングランドでも通用すると証明できた」と語る指揮官グアルディオラはマンチェスター・シティをプレミアリーグを制覇可能なチームにまで育て上げることに成功した。 …

山田涼介と中島健人の違いは何か考えてみる

自分の中だけの勝手な構図なのかもしれないけれども「山田涼介VS中島健人」という対になる構図が存在する。 ライバル争いや対立というわけではなく、むしろ中島健人は山田涼介に憧れてジャニーズ事務所に入所している立場ですらあるのでそんなバーサスという…

サッカーE1選手権 なでしこジャパンVS韓国代表の感想

一世を風靡したなでしこジャパンが新しく再スタートを切ろうとしている。 今回の東アジアE1選手権は高倉麻子監督の体制になってから初の公式戦のようで、それも日韓戦ともなれば3-2という形で勝てたことは非常に大きい。 澤穂希も語っていたように初戦で勝つ…

ハメス・ロドリゲスの放出は完全なる失敗だったのか?

レアル・マドリードがハメス・ロドリゲスを放出してから既に長い時が流れた。 そして放出したクラブと、ハメスが加わったクラブの明暗が分かれている。 レアル・マドリードは昨シーズンが嘘だったかのように低迷し、バイエルン・ミュンヘンは新監督就任もあ…

移民系選手が上手く適応しているサッカーの代表チームはどこ?

サッカーと移民の関係はこのスポーツを語る時には欠かせない重要なテーマである。 サッカーに人種は関係ないと言われるが、歴史においてその国の代表やクラブで活躍してきた移民系選手を上げれば枚挙にいとまがない。 今の時代むしろ移民系選手が少ない代表…

急募:日本代表がレヴァンドフスキさんを止める方法

ロシアで開催されるワールドカップの組み合わせ抽選の結果、日本代表が対戦する相手が決まり対戦国の分析が進んでいる。 日本代表が最も警戒するべき相手は欧州予選を勝ち上がりポッド1として日本と同居するポーランド代表だろう。 南米のコロンビアは厳しい…

冷静に考えて日本代表が入ったグループHは難しい?

遂に決まったロシアワールドカップの組み合分け、日本代表はグループHに入ることになった。 自分自身の個人的な意見としても、そして多くの人の意見としても比較的に楽なグループに入ったというような認識だ。 確かに日本と韓国だけが最後に残って見るからに…

ベストアーティス祭でSixTONESとSnow Manがかっこよすぎた件

11月も終わりに近づき年末がやって来る中でのベストーアーティスト祭、意外な活躍を見せたのがジャニーズJrの「SixTONES」と「Snow Man」だった。 正直に言えばSixTONESとSnow Man超かっけぇじゃんの一言に尽きる。 今のジャニーズに真に求められているのは…