elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

フォワード

本田圭佑はロシアW杯に出場できるだろうか

最近諸事情あって炎上気味の本田圭佑だが、ある意味これが本来の本田圭佑である。物議を醸す発言で世の中を騒がせるのが彼のスタイルであり、賛否両論そこには発生する。 むしろ最近の本田圭佑はサッカーファンの間でしか話題になっていなかったため、久しぶ…

イブラヒモビッチは来季もマンチェスターUに留まるのか

EL優勝を決めて無事チャンピオンズリーグ出場権を獲得したマンチェスター・ユナイテッドは今現在来季に向けて大規模な補強を画策している。 マンチェスター・ユナイテッドサポーターはモイーズ以来のCL出場に沸き立っており、補強の話題も盛んになっている。…

ジエゴ・コスタさん、金に釣られて案の定中国リーグに移籍

ジエゴ・コスタの中国スーパーリーグ天津権健への移籍が決まった。ここ最近中国リーグへの移籍が相次ぎ、欧州トップリーグでも通用する選手が高額なサラリーを求めて中国へと旅立っている。 その中でも今回のジエゴ・コスタは過去最高レベルで大物選手の移籍…

今季のロナウドの得点数がヤバイ・・・ついにオワコンへ

2016-2017シーズンのリーガ・エスパニョーラの得点王争いは例年に比べえて落ち着いた印象を感じさせる。ここ最近インフレしすぎて40点、50点取るような争いが続いており感覚が麻痺していたため、現地点で得点王のメッシの33点ですらちょっと少ないなと…

メッシをワールドカップ優勝に導く監督はサンパオリか?

今現在サッカーアルゼンチン代表の監督人事が水面下で面白いことになっていて、ホルヘ・サンパオリの就任がほぼ目前まで来ているようだ。 サンパオリといえば今季セビージャの監督としてリーガエスパニョーラの舞台で旋風を巻き起こし、次期バルセロナの監督…

悲報:ズラタン・イブラヒモビッチ、靱帯断裂の重傷を負う

例のイブラヒモビッチの怪我がわりと深刻なことになっていて、靱帯断裂により半年以上の戦線離脱を強いられ今季絶望との見方も出ている。更にそれに加え現役引退の危機さえささやかれ今全世界のズラタンマニアはこれまで無敵を誇ったイブラヒモビッチの人間…

クリロナ「なぜ笑うんだい?」←これ最近流行り過ぎだろw

最近「なぜ笑うんだい?」がにわかにネットで流行り出している。 元の発言者はレアル・マドリード所属のCR7ことクリスティアーノ・ロナウドであり、来日した際にこの言葉を発したことが発端である。 元の発言自体はもう1年以上前の話になる。 来日イベント…

メッシさんとんでもない言い訳をする「暴言は空に向けていっただけ」

ワールドカップ南米予選が行われ南米4枠を争う熾烈な競争が繰り広げられている。南米大陸はまさに修羅の世界でありもはや何でもアリ、何が起こるかわからない無茶苦茶な世界がある。 アジア予選もたいがいだが、南米予選はさらにカオスである。毎度毎度サッ…

今の久保裕也がオランダ時代の本田圭佑に似てきてる件

久保裕也がベルギーリーグの試合でまたゴールを決め、しかもそれが中央をドリブルで4人ぶち抜きのスーパーゴールだからすごい。素晴らしい個の力でのゴール、ベルギーでその実力が進化していることを証明しつつある 迷わずまっすぐ前にドリブルし相手ディフ…

サンチェス「アーセナルまた1-5で敗戦ワロタ」

世の中には様式美や定番という言葉がある。 そしてサッカーの世界にもまた様式美が存在する。 アーセナルがチャンピオンズリーグベスト16で散ること、いつものことだ。そして今シーズンもまたアーセナルの偉大な冒険はベスト16で終戦を迎えた。 それにし…

そういえば宮市亮ってマジでどこに消えたんだ?

宮市亮の話題ほんと聞かなくなったなぁと思ったけど、そういうえばザンクトパウリですぐ怪我したんだなとニュースを見て懐かしくなった。 それから一応出場自体はしているらしく2017年2月現在で13試合に出ているようだ。 しかし先発出場は半分にとどまりメン…

今話題の鈴木優磨とかいう陽キャのフォワード

鹿島アントラーズ鈴木優磨の勢いが止まらない。 7試合7発と絶好調であり、サッカーの世界で平均して1試合1ゴールというのは驚異的な成績である。自分がこの選手を知ったのは2016クラブワールドカップでありクリスティアーノ・ロナウドのゴールパフォーマ…

メッシ「俺が活躍できないのはどう考えても味方が悪い」

メッシが使えない味方にキレてる模様。 パリ・サンジェルマン戦はメッシ史上もっとも酷いプレーだったと言っても過言ではないぐらいに活躍できなかった。ロナウドが復活しかけていることに対して次はメッシがいまいちになってきてるのが現状だ。 そのメッシ…

リオネル・メッシのボディバランスは異次元

最近もはや中盤の選手としての能力さえ完全に覚醒しつつあるのがリオネル・メッシだ。年々プレーエリアを広げ、できる能力の幅を拡大して言っている。まさに万能サッカー選手でありサッカーにおいて必要な能力を最大限に兼ね備えている。 基礎的な能力が圧倒…

宇佐美貴史はもうオワコンなのか?

一昔前日本サッカーファンを壮大に期待させた選手がいる。 宇佐美貴史だ。 誰もが彼を天才だと褒め称えついに日本にもワールドクラスの選手が現れた、バロンドールもありえるかもしれない、将来は安泰だというような雰囲気があった。冷静な見解を持つ者はわ…

ルイス・スアレスとかいうもっと評価されるべきフォワード

天才と狂気は紙一重、いやむしろ共存する。その姿を体現している者がいる。 FCバルセロナ所属ルイス・スアレスだ。 今彼をしのぐセンターフォワード、ストライカーは地球上に存在しないだろう。この生粋のゴールハンターの何が凄いのか。 得点力の話をすれば…

日本ではもっとストリートサッカーが根付くべきではないか

よく南米のサッカー選手はストリートサッカーから生まれると言われている。南米に限らずオランダはストリートサッカー文化が盛んでクライフやファン・ペルシーはストリートで才能を磨き上げた。 ストリートサッカー出身者のボールタッチは独特で整備されてい…

かっこいいサッカースパイクランキング

サッカーは道具を使わないスポーツで誰でもボールさえあればできることで有名だ。世界中でサッカーが行われるのはそのシンプルなルールと道具が必要ないことにある。それゆえに夢があり道具を買えないような環境からでも世界の億万長者へと上り詰めることが…

宇佐美貴史は陽キャのふりをした陰キャにすぎない

宇佐美貴史がどうしても海外でブレイクできない理由はそのメンタルにあると言われている。いわゆる豆腐メンタル的な選手であり海外サッカーのシーンでみると非常に暗く陰気な選手である。 しかしこの宇佐美貴史も日本に戻ってくれば陽キャである。 日本の番…

サッカーのスピードに必要なのは加速力

サッカーとは言うまでもなくスピードが重要なスポーツであり足が速い事はサッカーにおけるもっとも重要な才能の1つだ。 特にウィングやサイドアタッカーのポジションは現代の高速化するサッカーの中で特にスピードが求められ陸上選手並みの速さを持つ選手も…

サッカーで学んだ無駄走りの大切さ

サッカーを見るまで自分はとにかく無駄なことが嫌いだった。こんなことをやる意味があるのかという事をしたくなかったし、結果が出ない事や無意味な事をやりたくなかった。 しかしサッカーの世界を見ると無駄な事ばかりをやらされるしやらないといけない。選…

パク・チュヨンという伝説の夜逃げ師

よく「唯一尊敬できる韓国人サッカー選手」というような話題でパクチソンがあげられるが、自分の場合はパクチュヨンを尊敬している。 この人の何が凄いかというと「散々兵役逃げ回って、結局最後のギリギリで兵役免除勝ち取った」という粘り強さ。 そして自…

イブラヒモビッチ「俺様は人の意見に耳を貸さない」

イブラヒモビッチは「聞くが聞かない」という人生哲学を持っている。 人の意見は聞くだけ聞くがその意見を真剣に取り入れることはしない。言わせておけばいい、それがどうしたというメンタルの人間だ。 圧倒的な信念や自信があり自分の考えに揺るがない。 世…

VS嵐 クリスティアーノ・ロナウドとの対決 感想

世界最優秀選手クリスティアーノ・ロナウド登場 VS嵐のこれ本当に見たかったけど見逃してしまった。 8月くらいから楽しみにしていたのにミス それでもどうしても見たかったので探してみた。 自分は嵐ファンでもあるし、もちろんサッカーファンなのでこの番…

イブラ、C・ロナウドを間接批判「おいしいところを持っていく」イブラvsロナウド

イブラヒモビッチかクリスティアーノ・ロナウドかという議論において本人が口を開いた。世界最高峰のフォワード同士の争いは度々議論をされ、二人とも個性の強いキャラクターで世界的な人気を集めている。 どちらの選手もまるでハンターであるかのようにゴー…

うほっ、いい筋肉 FC東京 武藤嘉紀の筋肉が理想的すぎる

こういう胸筋がちょっとある感じ良いよね。 この細マッチョ感いいね~ サッカー選手の筋肉のつけ方は本当に理想的だと思う。 体の当たりがあるので適度につけつつ、走らないといけないからつけすぎずってのがいいサッカー選手の筋肉がバランスいい理由だと思…

日本サッカーが決定力不足を解決するための最高のお手本はネイマール

どの国でも言われてるけど日本代表は特にこれが足りてないと思う。 たぶん、外国人と同じ取り方、フォワードのスタイルで勝負するから駄目 それは外国人のやり方で日本人には向いてない 外国人が向いてるスタイルを日本人がやろうとしてもそれはどうしても劣…

農耕民族の日本人がサッカーで成功するにはどうすればいいのか

サッカーはいわば現代における狩猟のようなスポーツだ。 ゴールを奪うという行為は獲物をしとめる行為に等しい。11人の仲間たちが共にゴールという獲物を狙うために協力し合う。 シュートという行為は弓矢などで獲物に狙い撃つ行為である。 そのように狩猟…

サッカー選手の観客に拍手する行為

サッカーを見ていてとにかくあるあるなのが観客に向かって拍手するというシーン。 他にもサッカー特有の行為はある。たとえばいいパスを出した選手に通らなくてもグ~!と親指を立てたりとか。あとは観客を煽るために盛り上げようとしたりとか。 その中でも…