elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

南米サッカー選手

バイエルン・ミュンヘン移籍でハメス・ロドリゲスは輝きを取り戻せるか

ついにビッグネームの移籍が成立した、ハメス・ロドリゲスがレアル・マドリードを退団し次の移籍先をバイエルン・ミュンヘンに決めたようだ。 ハメス・ロドリゲスのレアル・マドリードでの最後のシーズンと言えば散々たる日々だったという印象が強い。とにか…

リオネル・メッシさん、もうワールドカップ優勝するしか後がなくなる

世界最高のサッカー選手はリオネル・メッシだ、いやサッカーの歴史上最高の選手であり神に匹敵する。 そう言われたのは一昨日までである。 そう、クリスティアーノ・ロナウドが前人未到のUEFAチャンピオンズリーグ2連覇と5年連続得点王のタイトルを獲得す…

ジエゴ・コスタさん、金に釣られて案の定中国リーグに移籍

ジエゴ・コスタの中国スーパーリーグ天津権健への移籍が決まった。ここ最近中国リーグへの移籍が相次ぎ、欧州トップリーグでも通用する選手が高額なサラリーを求めて中国へと旅立っている。 その中でも今回のジエゴ・コスタは過去最高レベルで大物選手の移籍…

メッシをワールドカップ優勝に導く監督はサンパオリか?

今現在サッカーアルゼンチン代表の監督人事が水面下で面白いことになっていて、ホルヘ・サンパオリの就任がほぼ目前まで来ているようだ。 サンパオリといえば今季セビージャの監督としてリーガエスパニョーラの舞台で旋風を巻き起こし、次期バルセロナの監督…

バルセロナレジェンドの試合に出たロナウジーニョがやっぱりイケメンだった

つい最近行われた元バルセロナの選手と元レアル・マドリードの選手によって行われた「クラシコ」でメッシの前に10番を背負っていたロナウジーニョが大活躍を見せた。実際にハイライト映像をバルサ公式サイトでみたところ「イケメンはやっぱりイケメンだっ…

ディ・マリアがバルセロナへ電撃移籍か?アルゼンチン代表コンビ実現へ

ここ最近チャンピオンズリーグの舞台から見放されているバルセロナにうれしいニュースが飛び込んできた。リオネス・メッシの熱望によりアルゼンチンの同胞ディ・マリアがバルセロナに移籍するのではないかという噂だ。 メッシがたびたびチームメイトを批判す…

クラシコ勝利で逆転優勝が見えてきたバルセロナ

バルセロナとレアル・マドリードが対戦するスペインサッカー界の伝統の一戦エル・クラシコは優勝争いの行方を左右する非常に重要な一戦であり、意地とプライドがぶつかり合うサッカー以上の試合でもある。 特にリーグ戦では優勝争いをしているチームとの直接…

ユベントス戦は孤軍奮闘か?活躍もするがゲームを変えられないネイマール

今回カンプ・ノウで行われたバルセロナ対ユベントスの一戦はサッカーの変わり目を象徴した一戦ともいえる。本格的にサッカーが守備有利の時代になってきたともいえるしバルセロナの攻撃サッカーが勢いを無くし衰えてきたともいえる。 MSNの3人はゲームを決…

CL バルセロナVSユヴェントス ディバラのゴールでバルサ終焉

この試合の前「今のユヴェントスならばバルセロナに勝てる」「ユヴェントスのレベルは格段に高まっており、バルサは過去のレベルではない」ということが多くの選手や開設者によって指摘されていた。 その話を一切信じなかった人々がいる、そうバルセロニスタ…

メッシさんとんでもない言い訳をする「暴言は空に向けていっただけ」

ワールドカップ南米予選が行われ南米4枠を争う熾烈な競争が繰り広げられている。南米大陸はまさに修羅の世界でありもはや何でもアリ、何が起こるかわからない無茶苦茶な世界がある。 アジア予選もたいがいだが、南米予選はさらにカオスである。毎度毎度サッ…

サガン鳥栖、ビクトル・イバルボというトンデモ超人を獲得に成功

イバルボマジで来たか、というのがいうのが第一声だった。今季台風の目になることを狙う九州佐賀県をホームにするサガン鳥栖はコロンビア代表経験を持つビクトル・イバルボをその手に収めることに成功した。 このイバルボ、まさにトンデモ超人である。フィジ…

天才ヴェラッティはいずれバルセロナに移籍するだろう

バルセロナファンとして近未来のサッカー界において楽しみがある。そのクラブの将来について考えることはサッカーにおいて最も楽しいことの一つである。 そんな最近の楽しみの中で最大の物はイタリア代表マルコ・ヴェラッティのバルセロナへの移籍である。常…

ハメス・ロドリゲス「アンチェロッティ先生、サッカーがしたいです・・・!」

ハメス・ロドリゲス(25)さんの出場機会がなかなか増えていかない。ジダン監督に評価されずレアル・マドリードでは途中出場ややベンチが定位置になっており白い巨人の選手層を考えるとそこにレギュラーポジションが保障されているとは言えない状況になっ…

ディバラ「ミラニスタは6年ぐらい不満を言ってるが他にやることがあるだろ」

先日のユベントス対ACミラン、土壇場のPKを決めてユベントスが勝ち越した時にこの騒動は起きた。ユベントスの至宝パウロ・ディバラはこの判定に激怒したACミランサポーターを批判。 「ミラニスタは6年ぐらい不平不満を言っているね。そんなものに僕らは慣れ…

ルイス・スアレスはなぜいちいち動きが面白いのか

ルイス・スアレスほど動きがコミカルで見ていて楽しいサッカー選手はいない。動きが野性的、動物的で人間がしないような動きをする。 とにかく野生の本能でサッカーをしている。動物が狩りをするような本能の発露があるし、狩猟に必要な狡猾さも兼ね備えてい…

バルセロナすげええ!奇跡の大逆転でCLベスト8進出

パリ「よっしゃ4-0で勝った。これでベスト8確定!」 バルセロナ「4-0で負けたならそれ以上のスコアで勝てばいいじゃない」 その結果6-1 合計6-5で奇跡の突破 まさにクライフイズム、そしてバルセロナの哲学の体現 バルサをガチらせたパリが悪い。 これ…

サンチェス「アーセナルまた1-5で敗戦ワロタ」

世の中には様式美や定番という言葉がある。 そしてサッカーの世界にもまた様式美が存在する。 アーセナルがチャンピオンズリーグベスト16で散ること、いつものことだ。そして今シーズンもまたアーセナルの偉大な冒険はベスト16で終戦を迎えた。 それにし…

カルロス・テベス、泣きながら中国リーグから逃亡か?

世界最高年俸で中国リーグの上海伸花に移籍したテベスがこのたびすでに退団を希望しているとの報道が出ている。なんとたった2ヶ月で中国や上海の環境に嫌気がさし退団を希望しているというのだ。 アルゼンチンメディアの書いていることなので信憑性は怪しい…

メッシ「俺が活躍できないのはどう考えても味方が悪い」

メッシが使えない味方にキレてる模様。 パリ・サンジェルマン戦はメッシ史上もっとも酷いプレーだったと言っても過言ではないぐらいに活躍できなかった。ロナウドが復活しかけていることに対して次はメッシがいまいちになってきてるのが現状だ。 そのメッシ…

ダイバールのことネイマールって言うのやめようぜ

ネイマールが世界一のサッカー選手になれな理由はやっぱりダイブ行為にある。つい最近も派手に吹っ飛んでいたし吹っ飛んでは派手にコロコロと何回も転がる。 もはやネイマールがどんな形で吹っ飛ぶかすら見どころになっており、コイキングにも負けるレベルだ…

チリ代表アレクシス・サンチェス、素でギュンドアンを知らなかった模様

ギュンドアンってドイツ代表だしドルトムントで活躍したり最近じゃプレミアリーグでもかなりいい選手とか言われてるのにサンチェスはガチで知らなかったらしい。 わりと有名な方だと思ってたけど。いやサンチェスが無知すぎるだけなのか!? サンチェス「何…

リオネル・メッシのボディバランスは異次元

最近もはや中盤の選手としての能力さえ完全に覚醒しつつあるのがリオネル・メッシだ。年々プレーエリアを広げ、できる能力の幅を拡大して言っている。まさに万能サッカー選手でありサッカーにおいて必要な能力を最大限に兼ね備えている。 基礎的な能力が圧倒…

シャビ先生「メッシが移籍するわけねぇよ。もうこの話いいよね」

シャビ・エルナンデスは「メッシが移籍するかどうか」という永遠の質問に何度答えてきたんだろうか。バルセロナにそのアルゼンチンの天才は留まり続けるかということは、サッカーファンならば誰もがワイにする事である。 メッシとロナウドどっちが凄いか?と…

海外サッカー選手の貧困時代のエピソードは面白い

海外サッカー選手には子供の頃に極貧時代を過ごしたという選手が多い。開発途上国や第三世界の貧しい地域でボールを追いかけて育つしかなかった、サッカーは貧困から成り上がる唯一の手段だったなど様々なことを聞く。 エトーがポリ袋に空気を入れてそれでリ…

ルイス・スアレスとかいうもっと評価されるべきフォワード

天才と狂気は紙一重、いやむしろ共存する。その姿を体現している者がいる。 FCバルセロナ所属ルイス・スアレスだ。 今彼をしのぐセンターフォワード、ストライカーは地球上に存在しないだろう。この生粋のゴールハンターの何が凄いのか。 得点力の話をすれば…

宇佐美貴史は陽キャのふりをした陰キャにすぎない

宇佐美貴史がどうしても海外でブレイクできない理由はそのメンタルにあると言われている。いわゆる豆腐メンタル的な選手であり海外サッカーのシーンでみると非常に暗く陰気な選手である。 しかしこの宇佐美貴史も日本に戻ってくれば陽キャである。 日本の番…

サッカーのスピードに必要なのは加速力

サッカーとは言うまでもなくスピードが重要なスポーツであり足が速い事はサッカーにおけるもっとも重要な才能の1つだ。 特にウィングやサイドアタッカーのポジションは現代の高速化するサッカーの中で特にスピードが求められ陸上選手並みの速さを持つ選手も…

今までの無駄な時間で英語勉強しとけばよかったなぁ

ここ数年本当に無駄な時間をダラダラ過ごしてたと思う。 この時間英語勉強に使ってたらマジで今頃英検1級やTOEIC900台行けたと思うわ。 逆に言えばそれだけ無駄な時間を過ごしてたという事だし何も向上するようなことをしてなかった。 英語さえあれば海外で…

FIFA16でバルサが強いことについて八つ当たりされるの巻

この記事についてのコメントがあった。 内容も匿名によるバルサが強い事への文句みたいなものだったから、多分一回八つ当たりしたいだけでもう見てはいないと思うし、自分が反論したいのはこの人というよりもむしろバルサが増えまくっていることについてだ。…

ハメス・ロドリゲス君 畜生だった

ハメス・ロドリゲス君、一見すると好青年のように見えたがスペインのレアル・マドリード移籍後徐々にその本性が現れ始めている。最近ではとにかくその練習態度の悪さやなどがとりざたされ、ぶっちゃけ「レアルの選手になって調子乗ってるんじゃね」説が出始…

ディ・マリアとかいうセンスの塊の選手

アルゼンチン代表では7番を背負い、現在パリ・サンジェルマンでは11番を背負っている左利きのウィンガー またインテリオールのポジションをこなすことも可能。 レアル・マドリード時代の最後には欧州ベスト11にも選出された。 マンチェスター・ユナイテッド…

FIFA16 シーズン対戦でドリブルしすぎ問題

昔イニエスタの得点力が少ないことについてのコラム記事で 「イニエスタは得点することよりもドリブルをしていることに幸せを感じる」みたいな文章を読んだことがある。 ドリブルしていれば幸せなのだと。 今自分はFIFA16のオンライン対戦でそういう状態にな…

タタ・マルティーノ政権のバルサにあったプチ暗黒時代

今でこそバルサは栄光を味わっている。 全てが順調に見えるようなクラブ それでもこのクラブには終わったと言われるような時代がしばらく続いた しかもそれはライカールト政権以前の暗黒期にまでさかのぼるものではない ごく最近のことだ 恐らく暗黒期の始ま…

勝者のメンタリティとは負けに落ち込みすぎないことである

スポーツにおいて勝者のメンタリティというのはよく使われる言葉だ。勝者のメンタリティとは何か、それは負けているときにこそ問われるものだ。勝っているときは誰でも元気になれるし精神的にノッていて楽しい、しかし負ければ落ち込んでしまいすべてが上手…

授業のサッカーで「下手な奴を介護する」という風潮が必要

授業のサッカーでサッカー嫌いになった、という人は多いと思う。 ネット上でもサッカーが叩かれる要因のほとんどがこれ。「授業のサッカーはトラウマ」という人は多い。ただそういう人を馬鹿にしてしまうとサッカーのイメージは非常に悪くなってしまう。そう…

メッシはマラドーナを超えた、しかしそれは専門的な意見に過ぎない

自分は紛れもなくサッカー選手としてリオネル・メッシはディエゴ・マラドーナ以上だと確信している。 技術レベル、得点能力、ドリブル打開力、サッカーセンス間違いなく、メッシはマラドーナを凌駕している。またサッカー界の有名なレジェンドたちも、メッシ…

左利きの現役サッカー選手ランキング10

サッカー界において左利きの選手は特別視される傾向にある。独特なタッチや普段見慣れない左足主体のボールタッチにより対峙するディフェンダーは悩まされる。 またディフェンス面においても左利きの選手の配置は非常に重要な要素となっている。 そこで今回…

サッカーの一流ドリブラーはシザースフェイントを使わない

本当にドリブルが上手い選手ってシザース(跨ぎフェイント)を全然使わない リオネル・メッシ アンヘル・ディ・マリア アリエン・ロッベン アンドレス・イニエスタ ルイス・スアレス セルヒオ・アグエロ ロッベンやディ・マリアのようなサイドアタッカーでも…

クラシコでネイマールに感じた中途半端さ

3月23日のFCバルセロナVSレアル・マドリードの試合は2-1でバルサの勝利 前半レアル押してきてるなという時間があったけど、後半はバルサが好きにできた試合 ただ、あと1つこうなってたらもっと取れた、というシーンがとにかく多かった。 とくにそれを…

ネイマール名言にありそうな言葉「サッカーボールと女心は同じだ」

ネイマール「ボールも女心も自由に扱えれば大きな幸せを得ることができる。でも、それが一番難しいんだ」 ロナウジーニョ「確かに。ボールと女心はこの世の中でもっとも扱うのが難しい2つの存在だ。」 ロナウド「大事なのはどう扱うかだね。ボールだって綺…

サッカーゲーム(FIFA15)を通して人生修行をする

いつもやる時は、FCバルセロナVSレアル・マドリードでクラシコ(伝統の一戦)やってるわけですよ ただ、今回は弱小チームでレアルに挑み続けるという苦行をやっています。 難しいことにチャレンジしようにもなかなかうまく行く時間がないじゃないですか それ…

ネイマールはメッシがいる限りバロンドール取れない

ネイマールが時期バロンドール候補であることは間違いない。しかしそのネイマールの前に立ちはだかる存在は同じバルセロナのメッシだ。おそらくネイマールが年齢的にもう少し先の全盛期の時にもメッシは普通に能力を維持しているはずだ。むしろネイマールの…

日本サッカーが決定力不足を解決するための最高のお手本はネイマール

どの国でも言われてるけど日本代表は特にこれが足りてないと思う。 たぶん、外国人と同じ取り方、フォワードのスタイルで勝負するから駄目 それは外国人のやり方で日本人には向いてない 外国人が向いてるスタイルを日本人がやろうとしてもそれはどうしても劣…

メッシVSネイマールVSイニエスタ 一番サッカーがうまいテクニシャンは誰だ!?

この3人はテクニックがあるうまいサッカー選手で言えば、間違いなく3トップだと思う。 メッシ、ネイマール、イニエスタ この三人が現代における技術的に最高の3人でありもしかすればサッカーの歴史においても大きな存在かもしれない。 テクニックがある順…

我が子をリオネル・メッシにするにはどうすればいい?

自分の子供をメッシにしたいと願う人は多いだろう。 日本でも「レオ君」という名前の夢を背負った子供が多く誕生しているに違いない。 世界的なスターであり人気スポーツ選手ランキングでも日本人選手以外で唯一海外の選手としてランキングに入るほど日本に…