elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

欧州サッカー選手

ワールドカップ制覇のフランス代表は欧州版アメリカのようなもの

今年のワールドカップもついに終わってしまった。 W杯の無い日常の虚無感は大きく、決勝と内容と結果にも落胆している人は多いのではないだろうか。 ワールドカップの決勝といえば延長線までもつれてわずか1点やPKで決まるギリギリの攻防が見ごたえだったが…

W杯決勝のカードがクロアチア対フランスに決まったわけだが

ワールドカップは準決勝が一番面白い説がまた実証されたのではないかというくらいに、どちらも名勝負だった。 W杯がもうすぐ終わるという寂しさもありながら、決勝をかけたチーム同士の熱い戦いに感動させられた。ワールドカップとはこういうものだ、この2…

ベルギー代表ベスト4進出おめでとう!ブラジル戦感想

他国の試合でここまで感動したのは久しぶりかもしれない、それぐらいベルギー代表VSブラジル代表の試合が神がかっていた。 まだワールドカップの熱狂は終わらない、日本代表が戦いを終えてもまだフェスティバルは続く。 むしろ自分の場合対戦相手のベルギー…

ベルギー半端ないって!絶対ワッフル食ってきてるやん!

久しぶりにガチ泣きして、逆にすっきりしたってぐらい日本代表VSベルギー代表は面白い試合だった。 試合展開が2-0になった時、日本中が勝ちを確信する空気になっていた中で逆に青ざめていた人は真のサッカーファンやサッカー経験者かもしれない。 俗に「2-0…

イスコ無双のスペイン代表、アルゼンチン相手に6-1の大勝

目前に迫るワールドカップに向けて各国がしのぎを削っているが、その中でも今最も絶好調なのがスペイン代表だ。 前回大会ではグループリーグ敗退に終わったが、そこからロペテギ新体制の下、見事に復活を果たし今大会の優勝候補と言えるチームにまで仕上がっ…

イブラヒモビッチのLAギャラクシー移籍で起こりそうなこと

ワールドカップイヤーという事もあり去就先が注目されていたズラタン・イブラヒモビッチの新たなる所属先がMLSのLAギャラクシーとなる見通しのようだ。 メジャーリーグサッカー(MLS)では年俸制限が課されないPD枠というものがあり、その3枠でロサンゼルスは…

イブラヒモビッチが代表に復帰したそうな目でこちらを見ている

世間はワールドカップが開催されることに浮かれているが、誰か忘れていないか? そう言いたげな男がスウェーデンにいる。 ズラタン・イブラヒモビッチ、元スウェーデン代表であり数々のクラブを渡り歩き優勝をもたらしてきた伝説の選手だ。 その破天荒な生き…

なぜ最近のロナウドは笑わないんだい?

もう最近のクリスティアーノ・ロナウドは完全にネタキャラ扱いになっていてさすがに可愛そうになってくるレベルだ。 特に今季は露骨に衰えが隠せなくなってきており、クラシコで空ぶったあたりからはもはや哀愁すら漂い始めている。 あれほど自身の実力につ…

強欲なバルセロナ、グリーズマンにも食指が動く

コウチーニョ移籍が正式に完了し、カンプ・ノウ界隈やバルセロナを愛する人々は狂騒の宴の真っただ中にあるが、どうやらこのクラブはまだ飽き足りていないようである。 次なるターゲットはアントワーヌ・グリーズマン、以前から彼をバルセロナへ導こうとする…

ハリー・ケインはイングランドの救世主になれると思う?

イングランド代表、そしてトッテナムに所属するハリー・ケインがここ最近異常なペースで得点を重ねている。 何でも年間のゴール数ではリオネル・メッシをも上回る数字を叩きだしており、もはやゴールを奪うために生まれてきた選手と言っても過言ではない。 …

FCバルセロナ 2017-18シーズン優勝決定 Vやねん!

既にリーガ・エスパニョーラで首位を独走していたバルセロナは、レアル・マドリードと伝統の一戦クラシコで激突することになった。 結果はサンチャゴ・ベルナベウで3-0の圧勝、盤石なバルセロナの強さを証明しほぼ優勝を確定させたといっても過言ではない状…

急募:日本代表がレヴァンドフスキさんを止める方法

ロシアで開催されるワールドカップの組み合わせ抽選の結果、日本代表が対戦する相手が決まり対戦国の分析が進んでいる。 日本代表が最も警戒するべき相手は欧州予選を勝ち上がりポッド1として日本と同居するポーランド代表だろう。 南米のコロンビアは厳しい…

冷静に考えて日本代表が入ったグループHは難しい?

遂に決まったロシアワールドカップの組み合分け、日本代表はグループHに入ることになった。 自分自身の個人的な意見としても、そして多くの人の意見としても比較的に楽なグループに入ったというような認識だ。 確かに日本と韓国だけが最後に残って見るからに…

本気のバルサ、グリーズマン獲得に動き出す

フランス代表アントワーヌ・グリーズマンの来季の去就先はもしかしたらFCバルセロナになるかもしれない。 現在合意間近と伝えられており、ワールドカップ後から加入することが既定路線になりつつある。 青天の霹靂とはこのことだろうか、正直全くと言ってい…

イブラヒモビッチ、W杯出場決定に伴い代表復帰を示唆か?

激戦が繰り広げられる2018ロシアワールドカップ予選でまた新たなる出場国が決まった。 下馬評を覆して出場を決めたのは北欧の雄スウェーデン代表、イタリアとのプレーオフを制してロシア行の切符を手にした。 そんなスウェーデン代表といえば世界的に有名な…

悲報:アーセナルさん、監督という聖域がどうしても切れない

もうすっかりプレミアリーグの中堅クラブに落ちぶれてしまっているのがアーセナルだ。どうせ順位は低いだろうがもはや調べる気にもならず、一応プレミアの強豪だった日々がもう遠い過去のように思えてくる。 マンチェスター・ユナイテッドは今季順位だけは立…

日本代表VSブラジル&ベルギー連戦の結果予想

遂に明日に迫った日本代表の欧州遠征、試合前からいろいろと異例づくめで何が起きるかと多くのサッカーファンが楽しみにしている。 まず一番のサプライズは本田圭佑、香川真司、岡崎慎司が招集外だったということ。 今までブラジルのような強豪国との対戦に…

イタリア代表のW杯予選敗退はあり得るだろうか

既に名のある強豪国がワールドカップ予選で姿を消している中、次なる犠牲者はイタリア代表となるかもしれない。 日本代表が今月11月の10日、15日にブラジル代表、ベルギー代表との連戦を控えているが三カ国とも既に予選突破は決まっているため安心できる試合…

クリスティアーノ・ロナウド、遂にメッシにバロンドールで並び立つ

現代のサッカーファンは今とんでもない時代に生きているのかもしれない。 世の中のあらゆるジャンルにおいて「人材が小粒化してきている」と言われるが、サッカーにおいてその言葉は当てはまらない。 例えば歴史上の人物において戦国時代や第二次世界大戦中…

サッカードイツ代表はワールドカップ二連覇を果たせるだろうか?

ここ最近のサッカードイツ代表は凄まじく強い、特にコンフェデレーションズカップを実質的3軍で優勝した姿は圧巻だった。 2010年代に入って続々と育成改革の成果ともいえる選手が本格的に台頭し始め、ついには2014年にその花は咲きワールドカップで…

日本人は海外サッカーの"華やかさ"に憧れている方が良い

日本におけるサッカー人気は海外サッカー人気や代表人気が支えていると言っても過言ではない。 むしろクラシコやマンチェスター・ダービー、ワールドカップ決勝のような日本人が出場しないようなスポーツの試合でここまで話題が盛り上がるのは、日本における…

悲報:アル中ルーニー、見事お酒でやらかす

元イングランド代表ウェイン・ルーニーがお酒を飲んでやらかしたという話が英国をにぎわしているが、もはやそれは時間の問題だっただろう。 いつかやらかすと思っていた、というのが大多数の見方であり最近でもどこかのパブで飲んだくれている姿が目撃されて…

朗報:ウスマン・デンベレ君、なんかバルサのユニフォーム似合う

ユニフォームが似合うかどうかで選手を評価するべきではないのだが、ウスマン・デンベレが披露したバルセロナのブラウグラナに染まった姿が中々似合っていてかっこいい。 若干ロナウジーニョっぽさがあるというか、とにかくスタイルが良くて「サイドから切り…

キリアン・ムバッペ君、234億円でさりげなくPSG移籍決定

昨今のサッカー移籍市場はもはや全てにおいて狂っており、ただ単なるマネーゲームだけが行われている。 欧州サッカーの移籍市場が佳境を迎えつつある中、最大の注目株キリアン・ムバッペのパリ・サンジェルマンへの移籍がレンタルという形で約234億円程で決…

迷走するバルセロナ、194億でウスマン・デンベレを獲得

遅々として補強が進まない状況にあったリーガ・エスパニョーラ所属のFCバルセロナがウスマン・デンベレの獲得を発表した。 ボルシア・ドルトムントでゴールやアシストを量産し、類稀なる突破力を発揮していた左利きのアタッカーは次世代の新生と期待されここ…

ルーカス・ポドルスキさん、無事フォルラン二世になる

今季のJリーグに世界的ビッグネームがやってきたことを知っているだろうか。 ヴィッセル神戸に加入したドイツ出身のルーカス・ポドルスキだ。 とは言ってもサッカーファンやJリーグファンでもなければそれほど関心は無く、世間的にその扱いは大きくないと言…

マルアン・フェライニとかいうなぜか生き残るアフロ

サッカー界で「アフロ」と言われればあの男しかいないだろう、ベルギー代表のマルアン・フェライニだ。 その特徴的なヘアスタイルは彼の代名詞であり、もはやアフロと言えば通じる。 そんなフェライニだが彼の頭髪の生命力と同じように、サッカーにおいても…

悲報:やっぱネイマール移籍しそう

この数週間ずっとネイマールの話題ばかりがサッカー界では取りざたされているが、移籍しそうになったり残りそうになったりと今もはっきりしない。 バルセロナの同僚ピケが「ネイマールは残る」とインスタグラムに上げて安心かと思いきや、それがただのピケの…

ACミラン新10番、その男の名ハカン・チャルハノール

中国資本による新体制に移行したACミランは、本田圭佑の退団に伴い新しいエースナンバー10番の選手を探していた。近年低迷するセリエAの名門を立て直す司令塔が必要とされていた。 その白羽の矢が立ったのはハカン・チャルハノール、トルコ代表でプレーする…

ヴェラッティがバルセロナにやってくる日が待ちきれない

ファンタジスタは現代サッカーに存在しない、カルチョの国イタリアからはもはや美しいフットボーラーは輩出されない、そんなことを聞いたことがないだろうか。 もうイタリアやアッズーリは華麗なファンタジスタを生み出すサッカー大国ではないのではないか、…