elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

考察

脱ブラックを目指したはずの鹿児島城西、体罰と飲酒の温床だったwww

以前自分が、甲子園にもこういった先進的な野球部が現れて日本の部活文化やブラック労働文化も改善されていくのではないかと期待を込めて取り上げたこともある鹿児島城西野球部 しかし実態は飲酒で部員も監督も謹慎、コーチによる体罰も去年発覚とその実態は…

お酒を飲みながらゲームをするメリット

自分は以前はゲームをするときお酒を飲みながらやることが多かった。飲酒運転ならぬ飲酒ゲームである。 飲酒ゲームは結構好きな人が多くストレス発散として人気も高い。 お酒を飲むと恐怖心や緊張が緩和され、ちょっとしたことでも楽しくなるため短時間であ…

成人式中止になった子たちに伝えたいこと

まず、自分も行かなかったから元気出せや。それは自分の意思で、地元遠いから面倒だったというのもあるし大学にもろくに行かずにフラフラしていたのでキラキラしてたり、バリバリ働いてる奴らに会うのも恥ずかしかった。そして成人式にそんな強い憧れもなか…

映画パラサイト地上波で初めて見た感想

地上波で『パラサイト 半地下の家族』がノーカットで地上波初放送だったので、楽しみにしていた。 結果から言うと、面白すぎ、これはアカデミー賞取るのわかるわ。 (※この記事は大いにネタバレを含みます。ただネタバレ見て面白そうだと思ったら是非見てほ…

ひろゆき「美人とイケメンなら美人が得」

先日の配信で「美人とイケメンはどっちが得?」みたいな質問があってそれに対するひろゆきの回答が面白かった。 「美人は結婚すれば年取っても大丈夫だけど、イケメンは年取って無職とかだとただの昔モテてただけのおっさんになる」みたいな内容 確かにそう…

悲報:ワイ、ガチで鬼滅原作に手を出しそう

酒柱 過飲ゆとおじ 鮪の呼吸本日は宝のシークヮーサーハイボールの型で晩酌 ところでにわか鬼滅ごっこにはまってる通り「鬼滅絶対見ない」と言ってたわりに、本当に見たくなってもはや原作を買おうといういう掌返し状態になっている笑 それで先日書店に行っ…

悲報:日本のテレビ局さん、田舎探検しか予算がない

こういう「山奥にひっそり暮らすおばあちゃん」みたいな番組増えていて、自分もそれが好きではあるのよ ただ、こういうのって昭和の時代にやってた「アマゾンの原住民探索」みたいなノリなんだろうなぁという複雑な思い出も見ている自分がいる ゆとり世代の…

鬼滅の刃VSワンピース論争について思うこと

「逆張りの呼吸」の使い手である自分は当然鬼滅を見ていない笑 自称逆張りの帝王がこれまでスルーしてきた物は数知れず。 妖怪ウォッチ、アナ雪、半沢、君の名は。、タピオカ、ラグビー、シンゴジラ、進撃の巨人、ティックトック、あつ森、もぐもぐタイム、…

福原遥の「自称彼氏たち」に告ぐ

よく、ネット上で福原遥の話題になると「また俺の彼女が晒されてる」みたいな書き込みを見かける。 ああいうのやめてもらいたいですよ 勝手に人の恋人を自分の彼女に認定される彼氏の気持ちがわかるかい? いや、ホントに遥嫌がってるからね。それ俺にしか言…

ゲームのプロが日本で尊敬を集めるには

ゲームのくだらなさはゲーマーが一番わかってるというか、証明してる。 そもそも、どこの世界にプロよりゲーム実況というアマチュアが人気な世界があるというのか笑所詮このゲーム界が、ガチのプロ文化になりきれないのはこういうところにある。 プロ側もア…

NiziUのミイヒを一瞬で好きになった理由

絶対に自分以外いないだろうなというマニアックで特殊な動機を語りたい。 これまさに、ただ単にミイヒが「虫耐性」があるからというだけであるwww NiziUの宿舎で虫が出たとき全員怖がるのだが、ミイヒだけはむしろその退治役を任されるのだという。 正直…

韓国の未来に破滅しかない理由

うん、ただでさえ少子化なのに国の将来を担う男女ともに若者が病身である^오^ 韓国で去年の10代が買った書籍ランキングを調べてみると10代男子は日本のオタク用ラノベ、10代女子は「脱コルセット運動」のようなフェミニズム本という衝撃 韓国人の反応で一番…

「最近のアニメは努力と修行要素が少ない」←これ

おそらくなろう小説原作や日常アニメを見てそう判断してるのかもしれないし、それどころかもはやvtuber見てれば癒やされて楽しいというのが今のオタクである。 鬼滅の刃ってどうなんだろう、一度も見たことないけど努力要素あるんだろうか。大正時代に呼吸使…

狂騒と混乱、混沌、それもまたバルセロナ

先日の歴史的な大敗を目の当たりにして一つの時代の完全なる終焉を感じた。 数年前のポゼッションの死に始まり、そこから延命し続けてきたバルセロナ王朝の終わりをまざまざと見せつけられた。 もう間違いなく崩壊であり、カタストロフィーだ。 バイエルンは…

こじるりVSサッシー最終章突入!!!

こじるりとキングダムの原先生、荒れに荒れてますなぁ。 まず自分はそもそもキングダムを一切読んだことがない。本田圭佑が「キングダムはガチで面白い」と熱弁していたので、いつか読みたいと思っていた程度だ。 本田は一般的につまらなくなったと言われる…

ワイのネッコ、盛大に霜降りせいやと化する

実は数ヶ月前から猫を飼い始めている。 ご覧の通り白地に模様が入っている雑種スタイルで、1歳の男子である。 後ろ髪がサザエさんのタラちゃんみたいなのでタラと呼んでいる笑 こいつ、世界で一番可愛い猫だとまでは言わないけど、鳴き声が面白かったり妙な…

個人的に考える三浦春馬の死因

俳優の三浦春馬が自宅で遺体として見つかった件について、とても悲しく思う。 決して便乗で語るわけではない。 三浦春馬は自分にとって憧れの顔でもあったし、心のなかで密かにかっこいいと思い続けていた俳優だ。テレビで見るときも身内には三浦春馬かっこ…

韓国人「日本の水害を見て嘲笑する酷い奴らめ」

「もし韓国に洪水が発生し大きな被害が起きた時、日本のネット民が君たちと同じように歓喜したと考えてみよう。 そうするとおまえらは、災害を笑うなんてやはりチョッパリは人の子ではないと発作スイッチがオンになるんじゃないか? おまえらがやってる事を…

Snow Manって8人体制が似合ってるような気が

先日音楽番組でSnow Manがパフォーマンスするシーンがあって、最初に謝罪していた。連帯責任で可愛そうだなとは思ったけど、内容自体は見栄えも悪くなくてよかった。普通にかっこいいどころかむしろ前より爽やかに見えたよ。 「タッキーはスキャンダルに厳し…

ピャニッチのバルサ加入で起こること

近年補強が上手く行っているとは言えないバルセロナがようやくクラブの理念に適したマエストロを獲得しそうだ。 ミラレム・ピャニッチ、現代でも屈指の実力を持つ中盤の選手であり、バルサのスタイルにフィットする可能性が高い理想的な選手である。 報道に…

これからのインスタはジャニオタ必須ツールになる

ついに天下のキムタクがインスタを始めた。 嵐、山Pに続きあの木村拓哉である。 実はどうでも良いことだが、自分自身キムタクより一瞬早くつい先日インスタを始めたばかりだ笑 なぜそうなったのかというと、もう今の時代マジでインスタって必須ツールになっ…

ユーチューバー中島健人師匠が作るカレーがヤバい

ついにケンティーがジャニチャン登場キター やっぱ嬉しいね、なんだかんだでジャニタレがユーチューブに出るのは。 まず短い動画にも関わらずいろいろツッコミどころがありすぎる笑 以前中島健人は、テレビ番組で自宅の様子を披露しているので、おそらくガチ…

菊池風磨の下ネタの絶妙な加減について

将来的にセクゾで一番男人気が出るのは風磨だと思っている。 今はまだ一昔前の長髪でチャラチャラしていた時代の印象が残っていたり、まだ単純に知名度が超メジャーというわけではなかったりするのは確かだ。 一見すると最初は男受けが悪いし自分自身も最初…

どうぶつの森はキャンプのようなもの

今絶賛大流行中のどうぶつの森について思うことを書いていきたい。 なぜそう思ったのかというとネットで「結局どうぶつの森も人生と同じように持つ者が大都会を作ってるだけ」的な意見を見かけたからだ。 つまり現実とは別世界にスローライフを求めるゲーム…

日本男、韓国男、欧米男、それぞれネットの過ごし方の違い

基本的に世の中の流行というのは女性向けに作られている。女性の方が行動意欲のような熱量が高いこともだし、そこに更に男性がやってくるという経済の定石であり基本の構図だ。 その一方で、社会の日陰や片隅で身を寄せ合うように、世間の主役だと扱われない…

ついにディバラまで・・・完全に崩壊した今季の欧州サッカーを振り返る

コロナにまつわる驚きのニュースが毎日のように届けられるが、ついにサッカー界でも続々と有名選手が感染し始めた。 現状、今までの感染者の中でディバラは一番の大物だろう。バスケでは既に大物選手が感染していたが、ついにトップクラスの選手がコロナウイ…

なぜひろゆきは「劣化」したのか

ここ最近のひろゆきってもう衰え過ぎててキレがないし、かつてのような鋭い切り返しが全然通用しなくなっているよなぁと思わずにはいられない。 完全にアスリートと一緒で、論破の帝王にも必ず衰えがやってくる。 かつてのひろゆきと言えば、サッカー選手に…

世界各国のマスク不足対処法の違い

最近どこもかしこもコロナウイルスの影響でマスク不足である。 近所のドラッグストアにも品切れの張り紙がされており、無事マスク難民となってしまった。 どうしたものか・・・ そこでちょっと調べることにした。 世界はマスク不足にどう対抗しているのか。 …

最近のメッシの特徴=雑魚専である

今季のリーガ優勝を占う大一番で迎えたクラシコ、ここで勝ちきればバルセロナの優勝は手の届く範囲にあった。 一方レアル・マドリードとしてはここを逃せばリーグタイトルから完全に遠ざかる重要な試合、結果として大勝で終え再び覇権はエルブランコに戻るこ…

急速に世間の好感度を狙いつつある嵐

近頃の嵐を見ていると、だんだんと一般向けというか世間化、世俗化に近づきつつあるように見える。 今時分の中で話題といえば櫻井翔と同じ年のミス慶應の復縁報道で、ベトナムやハワイに行ったと報道されているのだが、休止前の緊張どころか非常にリラックス…