読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

Jリーグ

柴崎岳、ついにスペインの地でゴールを決める!

情熱の国スペイン、その地で戦い続ける柴崎岳がついにゴールを決めた。リーガ・エスパニョーラ2部とはいえまだ1部昇格の可能性もあり、チーム自体の昇格が不可能だとしても契約の関係上個人昇格もありうる、その状況でこの1ゴールの持つ意味は大きいだろ…

浦和レッズさん、無事失速し2位に転落

風物詩、恒例行事、おなじみの光景、このような言葉はサッカーにおいても存在する。どのリーグや大会にも毎度見かけるような光景が存在することがサッカーには多い。浦和レッズが序盤勢いよく勝ち上がり優勝を囁かれるも失速し優勝を逃す光景もまたJリーグに…

悲報、元日本代表司令塔の遠藤保仁さん無事衰える

遠藤保仁といえば「ヤット」として親しまれガンバ大阪でも日本代表でも一時代を築いた選手であるが、いよいよその遠藤保仁にも衰えが見え始めてきている。直近の試合ではベンチ入りしたにもかかわらず出番がないというかつての遠藤からは想像もできない事態…

本田圭佑が次の移籍先にアメリカを選ぶ理由

ワールドカップを1年後に控え本田圭佑の去就が注目を集めている。本田圭佑はこれまでのインタビューにおいて「ワールドカップの1年間が全てと言っても過言ではない」と語っており、W杯の準備期間を過ごすクラブとしてどこを選ぶかが重要な決断になっている…

サガン鳥栖、ビクトル・イバルボというトンデモ超人を獲得に成功

イバルボマジで来たか、というのがいうのが第一声だった。今季台風の目になることを狙う九州佐賀県をホームにするサガン鳥栖はコロンビア代表経験を持つビクトル・イバルボをその手に収めることに成功した。 このイバルボ、まさにトンデモ超人である。フィジ…

日本の雪国でフットサルを流行らせたらテクニシャンが育つか?

日本のサッカー育成にも地域差があり、それぞれの地域に合わせた育成方法が行われている。その情報を調べるため数年前北海道のコンサドーレ札幌の育成事情について触れたコラムを読んだことがあり、その内容が興味分かかった。 それは北海道は雪が降るので通…

悲報:DAZNの配信、やっぱりサッカーに向いてない

今年はDAZN元年といわれサッカー界、とくにJリーグサポーターの間ではこのDAZNの配信が話題になっている。基本的に最も素晴らしかったことはDAZNが高額でJリーグと大型契約したことだ。 半ば買い叩きのような金額で契約していたスカパーに比べると日本サッカ…

今話題の鈴木優磨とかいう陽キャのフォワード

鹿島アントラーズ鈴木優磨の勢いが止まらない。 7試合7発と絶好調であり、サッカーの世界で平均して1試合1ゴールというのは驚異的な成績である。自分がこの選手を知ったのは2016クラブワールドカップでありクリスティアーノ・ロナウドのゴールパフォーマ…

柴崎岳のスペインリーグ挑戦について物申す

柴崎岳の次の移籍先はどのクラブだろうか 何かラスパルマスに行くみたいな話が出てきてるけど本当なんだろうか。 スペインのメディアなんてめちゃくちゃだけど一応スペインメディアでもラス・パルマス移籍という飛ばし記事みたいなのが出てる。 こうやって移…

イケメンGK摂津颯登は日本代表レベルまで成長するか?

前々からモンテディオ山形にイケメンGKがいると聞いてたけど、ちゃんと調べてみたら本当にイケメンだった。イケメン俳優系統の顔、俳優顔って印象。 身長考えればモデルもいけそうなぐらいに整った顔をしててかっこいい。 その選手の名前は摂津颯登(せっつ…

CWC鹿島アントラーズVSレアル・マドリード世紀の一戦感想

とんでもない試合みちゃったよ。なんだこの試合! レアル・マドリードと鹿島アントラーズが優勝をかけて本気でバトルした試合は延長戦の末4-2という結果を迎えた。 見どころがほんと多かった ・柴崎岳半端ないって! ・手越実況相変わらず面白い、そしてしゃ…

鹿島アントラーズ、まさかアトレティコ・ナシオナルを3-0でボコる

これは夢を見てるのか? いや現実だ 鹿島アントラーズが、Jリーグクラブが南米王者を倒したぞおおおお! Jリーグ初の決勝進出とか凄すぎでしょマジで! コンディション?ホームアドバンテージ?知るかそんなもの。 紛れもなく鹿島が3-0で南米王者(笑)をボ…

鹿島アントラーズ、まさかのアフリカ王者を撃破!

鹿島やるじゃん!オークランドに続いてマメロディとかいうアフリカ王者を撃破! なんかマイメロディみたいなかわいい名前 結果は2-0で鹿島アントラーズの勝利 すごいね~!鹿島見直した。鹿島は典型的な内弁慶で海外には勝てないみたいな意見をみかけたけ…

僕が山口蛍選手の「出戻り」を叩けない理由

山口蛍がドイツリーグが数か月で戻ってきて「知っている人が多くいる環境でプレーしたかった」って言ってて「出戻り」とか「ぬるま湯」とか叩かれてる 今回自分が田舎に戻ることもある意味「ぬるま湯への出戻り」に他ならない。 ここから這い上がるとか、も…

JOYが本田圭佑と会っていた理由が判明

しばらく前にタレントのJOY が本田圭佑とのツーショットと偽本田圭佑とのツーショットを比較してたけど、なんでJOYが本田と写ってるんだ?JOYは何者なんだ!?と思っていた。そしてそれは槙野智章の仕業だったらしい。 JOYと本田の接点の理由は槙野だった! …

高校サッカー選手権はなぜ盛り上がらないのか

高校サッカーのシーズンになるとまず思うのが高校サッカーの盛り上がりがいまいちだという事。 高校サッカーはもう少し注目されても良いのではないだろうか 普通のメディアはもちろん、社会的にも、そしてネット上の話題でも盛り上がらない。 それどころかサ…

Jリーグってやっぱアクチュアルプレーイングタイム短かったんだ

>Jリーグのプレースピードの遅さは、村井満チェアマンも指摘している。世界の平均アクチュアルプレーイングタイム(実際のプレー時間)が62分前後なのに対し、Jリーグは55分。村井チェアマンも武田同様に、Jリーグの問題を把握し、チームに「アクチュアルプ…

日本サッカー終焉。Jリーグは本格的に終わった。オワコンまっしぐら

アジアチャンピオンズリーグ Jリーグ勢の成績 0勝3敗1分 これはたまたまじゃない。もう完全なる実力 日程がどうのこうのとか、罰ゲームだのとか、そういう言い訳するなら もうJリーグ全体として辞退して、普段のリーグ戦に力入れたほうがいい。 そしてそ…

Jリーグへの提言「アクチュアルプレーイングタイムを増やす」

Jリーグ側は欧州のクラブに比べればサッカーの質の高さではかなわない。 資金力では太刀打ちできないし、選手のレベルも当然違う だからこそ、それ以外の面で勝負する必要がある たとえば、実際にプレーしている時間(アクチュアル・プレーイングタイム)の…