読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

elken’s blog

ジャニーズ、サッカー、軍事、創作などあらゆることを評論するブログ

個人ブログの立場でヒカキンやはじめしゃちょーに対抗しようと思う

オワコン 主張や雑談 考察 芸能

今ネットで流行の中心と言えばyoutuberだ。youtubeという動画サイトを主体に活動する面白い動画投稿者たちと言う説明はもはやネットを利用している人にわざわざ説明する必要もないだろう。

ニコニコ動画オワコンになり今動画投稿活動の主流は完全にyoutubeに映っている。その中でも特に活躍していると言われるのがヒカキンはじめしゃちょーの二大巨頭。年収は1億を超えるとも言われているし下手な芸能人よりよっぽど人気と知名度を持っている。

小学生の憧れの仕事もyoutuberになっており絶大な支持を集める。いわば自分がフラッシュ動画のくだらない動画に笑っていたのと同じように今の小学生はyoutubeの動画を楽しんでいる。

今の時代そういう意識の低い馬鹿馬鹿しい動画の方が流行る。というか昔からそう。そんなすごいクオリティの物を見ようと思ったら疲れる。貴重な余暇時間を疲れることにみんな使いたくない、意識低くリラックスして見れる馬鹿馬鹿しい物って現代人の生活には必要なもの。そういうものを提供するという意味でユーチューバーには大きな役割があるのも事実だし現実として多くの支持者がいる。

 

しかし自分はネットが何でもユーチューバーばかりになる現状に少し嫌気がさしている。なんでもyoutuberやまとめサイトばかりになってきてネットが面白くなくなってきているのではないかと感じている。少なくとも自分は昔に比べて面白くなくなったと感じているしそういう人も多いと思う。youtubeまとめサイトのファンは多いしもちろん自分も利用するけど同時にそれに対するアンチ的な意見も多い。

そういう人たちの行く付く場所として結局個人ブログになるんじゃないだろうかと。なんでもかんでも最近のツイッターをはじめとしたSNSyoutubeのような動画サイト、そしてまとめサイトばかりになっていって多様性が失われているのではないかと。

そこに疑問を感じる人たちは意外と結構いるんじゃないかなと思ってる。ネットにおける革命じゃないけど既存の体制をどう打破するか。現状のネットに疑問を抱く人たちの新しいコンテンツを作り出せないか。

 

そういう意味で自分は個人ブログがいいんじゃないかなと最近思う。自分自身が昔そういう個人ブログを毎日の楽しみにしていた時代があったし、ブログは動画よりももっと気軽に見れる良さもある。結局動画ってスマホでは通信容量の制限やスペックの問題でそんなに見れるわけじゃないしまとめサイトは下品な広告や話題が多すぎる。SNSも同じ。そういう意味で安心して見れる毎日の楽しみとして個人ブログって今再評価されるべきメディアなんじゃないかなと。結局なんだかんだで気軽に見れて暇つぶしになるのって個人ブログなんじゃないだろうか。

昔自分が見ていた憧れのブログがあって、そのブログのようなことを今できないかと思ってる。ブログはオワコンと言われているけどそのオワコンを復活させたいよね。まとめブログばかりじゃ面白くないじゃん。

個人ブログ、雑記ブログという立場でいろんなことができるんじゃないかなって思うし、自分自身の記録にもなるし誰かの楽しみにもしかしたらなるかもしれない。

 

もちろん現状の力は全然足りない。youtubeの再生数やまとめサイトのPV数は比較にならない程。でもそれぐらいのもを個人ブログのアイデアでどうにか達成できないかなという目標もある。そこは頭を使うしかない。ただアクセス数稼ぎとか炎上目的みたいなことでやるんじゃなくて本当に読んでる人が必要としている情報をどう提供していけるか。かといって情報まとめサイトみたいなテンプレ的なものにもしたくないよね。

そういうのって味気ないし意識が高すぎるしフレンドリーじゃない。少なくとも自分はそういうブログが好きになれない。もっと個人が楽しそうに更新しててそこがある意味自分の居場所になれるようなブログサイト。自分もそういうところを見てた。

好きなことを気ままに語りつつも内容があって面白い、そういう物を目指していけないか。そしてまとめサイトとかSNS、youtuber、生配信ばかりになった今のネットを少しでも変えられないかと思ってる。あまりにもそういう物が氾濫しすぎててそろそろ自分も飽きてきた。

 

ヒカキンとかはじめしゃちょーは確かに凄いかもしれない。

普通に芸能人として成功してたレベルの才能があると思う。それに自分でネットをやってみてそれほど注目を集める事って誰でもできる事じゃないんだなとも思った。

多くの人はネットで探して偶然見つけた物をチラッとは情報やコンテンツを見るけどじゃあそこまでファンになるかと言ったらそれは非常に難しい。他のものまで見たいと思わずに次に別のサイトに行く。これはいわゆる「直帰率」と言われていてこの直帰率を低くして他のコンテンツも見てもらうことが良いブログやサイトの基本的な条件だと言われている。

そうやってそのサイトの管理人を覚えてその人に親近感を感じるようになるってのは結構難しいステップ。個人ブログとか有象無象のサイトでは皆底まで覚えてないし意識もしないし、自分だってそこまで意識しない。

そういう意味でヒカキンとかはじめしゃちょーのように名前を覚えてもらってなおかつそれが話題になるって普通に凄い事。誰でもできるかと言ったらそうじゃない。誰でもできそうって思ってたけど自分自身ネットをやってそうやって支持を集める事って本当に難しいんだなと思い知らされた。

そういう再スタートも込めて個人ブログというのをもう一度ちゃんと考え直してどういうコンテンツにしていくのかを真剣に考えていく必要があるんじゃないかと思ってる。

どういうブログになるかはわからないけど新しく始めていきたいなと思う。