elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

E-girlsのAMI カラコン外して顔激変 カラコンを使ったほうがいい?使わない方がいい?

えーと、どなたですか?

小森純のすっぴん?

www.cyzo.com

カラコンといえば、歌手のきゃりーぱみゅぱみゅも、「死ぬ時以外、裸眼は見せない」と語るほどの愛用者。しかし今年7月、突如として自身のTwitterカラコン装着前の写真を投稿。なぜかこの写真は速攻で削除されたが、「別人!」「きゃりーの裸眼ヤバイ」「普通の人に見える」などと反響は大きく、裸眼写真は一気に拡散された。

 

個人的にはカラコンはあと10数年後の技術だと思う。

本当はそれくらいまで待たないといけない技術なのに多くの人が使用してる。

正直に言って、目の保護のために規制するべきだと思う。

市場に出回ってる限り目に問題が発生する人は増え続ける

 

カラコンといえば「目に色が移る」というイメージが強い

ただこの問題は現在では少ないし

サンドイッチ製法で作られてるものを使えばこの被害はない。

ただ、それでも別の問題がある。

カラコンは酸素透過率を高める問題がまだ解決されてなくてシリコーンハイドロゲル素材でできたものがない。

もっと調べたらあるかもしれないけど、ほとんどはそうじゃない

そしてシリコーンハイロドゲル素材であっても、何時間も付けるのはやっぱりよくない。

 

たとえば、最近、女子中高生がカラコンをよくつけているけど

朝起きてから、部活や塾までずっとカラコンをつけてる

メガネと違って簡単につけ外しできるものじゃない

その上、当然学生なら授業中に寝てしまう事もある。(カラコン装着して寝るのが一番よくない)

中高6年間一回もカラコンをつけたまま寝ない、なんてできるはずもなくどれだけ気を付けていても、うっかり寝ることがある

 

こんな生活を数年間続けていたら、高校卒業して

さあ、これから大学生だ!社会人だ!という時には目がボロボロでメガネしか使えない、という状況になってしまう。

ちゃんとした安全なカラコンを使っていても、結局目が充血してしまったり、血管が白目にできてしまったりという事例は多い。

結局どれだけちゃんとしたカラコンであっても、カラコンである以上それは目にとってよくない。

カラコンファンにとっては残念だけど、あと10年、20年先の技術じゃないと目にとって安全で負担にならないカラコンは作れない。

 

最近ではきゃりーぱみゅぱみゅをはじめとしていろんな芸能人がカラコンを使ってるし

中高生向けの雑誌ですらカラコンを装着した学生のモデルが表紙にうつってる。

その影響で今や、女子はカラコンをつけて当たり前、カラコンは当たり前のファッションアイテムになろうとしてる。

 

だけど実際のカラコン技術はファッションアイテムとして重要していいレベルには追い付いてない。

特殊な撮影とかコスプレとか休日のイベントの日だけどか、そういう使い方しか今のレベルでは使ってはいけない。

どれだけいいカラコンを選んだとしても(自然に瞳の大きさを増やすタイプであっても)

1日中ずっとつける生活を数年も続けたら目はボロボロになってしまう。

ソフトレンズは目にぴったりと張り付くものなのでいわば、黒目を瞬きから強制的に遮断してる状況に近い

 

これを中学生や高校生が、朝から部活や塾が終わって家に帰るまでずっとつけてて

そういった生活を3年間、あるいは6年間も過ごすというのは絶対によくない。

当然疲れていたらうっかりそのまま、朝まで寝てしまう事もある。

そうすれば、さっきも書いたように、これから大学生、社会人だってときにはすでにメガネじゃないと駄目な目になってしまっている。

裸眼で視力がいい人ならまだしもかなり近眼な人は、楽しい大学生活や、結婚も視野に入ってくる社会人生活の時にシジミ目になったメガネ状態で過ごさないといけない。

(度が強くなかったり、もともと目がかなり大きい人はそれでも大丈夫だけど)

 

実は、自分自身、酸素透過率の悪いソフトレンズを2年使っていて(そんな毎日使っていたわけじゃないし、酷い使い方をしていたわけじゃない)

今はギリギリハードレンズが使える、という状況になっている。

目の強い人ならまだしも、目が弱い人は自分が思ってる以上に早くガタがきて調子が悪くなってしまう。

目が強い人でも、いずれは来てしまう。

 

だから、僕からカラコンを使ってる人に言いたいことは

カラコンがないと極端に容姿のレベルが落ちてしまうという死活問題を抱えた人じゃない限りなるべくハードレンズやシリコーンハイドロゲル素材の酸素透過率のいいレンズを使ったほうがいいという事。

安易な気持ちでカラコンをはじめない方がいいと思うし、カラコンでなくてもソフトレンズならなるべく酸素透過率の高いものを選んだ方がいい。

 

カラコンを使っていて、明らかに目が充血しているな、という人を何人も見かけてきた。

そういう不健康な目よりも、多少瞳が小さくてもニコニコ笑ってる方が絶対可愛いと思う。

カラコンなくても、それなりにかわいい人は使わない方が間違いなくいい。

少しでも綺麗な目を長持ちさせた方がいい。

またカラコンを付けたからといって、そんなに客観的にかわいくなるのかといったらそうでもない。

カラコンを使うよりも笑顔や表情の作り方を練習したほうがよっぽど魅力的になれるし、お金もかからないし、健康でいられる。

 

カラコンをつけるというのは結局プリクラで瞳を大きくする心理に似ている。

あれを実際にできるのがカラコン

そして何かつけているとゲームでいうと強化アイテムを付けたような気分になって

無敵感を味わうことができる。目がグレードアップ、カスタマイズされた感がする。

目を実際に好きに選べる、大きくできる、当然人気は出る。

ただその人気と対照的にまだカラコンは本当に害のないものにはなりきれてない。

今はまだ出始めの技術、流行り始めの技術で、今の段階で使うのは正直、かなりリスクの高いこと

だから、カラコンを使わない、そのハンデの代りに、表情の作り方や喋り方の面などで努力する、というのが現状一番いいやり方だと個人的には思う。