elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

一人暮らしの人にオススメ、安くて食べ応えのあるハンバーガーの作り方

作り方はシンプル

コンビニやスーパーのハンバーグを茹でて温めてスライスチーズを乗せて

食パンではさむだけ

 

このメリットは

・おいしい、温かい

・肉の量が多いわりに安い

・皿が必要ないので洗う必要がない(=エコ)

・肉とチーズでタンパク質を補給できる、食パンで炭水化物というエネルギーの元も摂取できる

・ハンバーグとチーズは日持ちがいいので、買っておけば外出しなくても食べたい時に短時間で家で作れる。

 

一人暮らしになってから俺はこれをかなり重宝している。

新大学生や新社会人として一人暮らしを始める人にはとてもおすすめ

コンビニのハンバーグも高いと思えば高いけど

ハンバーガー屋でハンバーガーを頼むことや牛丼屋で食べることに比べれば安いし量が多い。

その感覚で買うとコンビニやスーパーのハンバーグも安く感じる

 

しかもハンバーガー屋は、日や時間によってクオリティに差があることが多い

凄いパサパサな時もあるし、そもそも肉の量が少ないし、肉単体だけで言ったらそこまで美味しくない

一方レトルトハンバーグは肉単体だけでもおいしいように作られているので、それを使った自作ハンバーガーはかなりおいしい

 

また、3つが束になったチキン系のハンバーグはかなり安く

これをかなり重宝していた時期もある

スポーツをやっていたり、筋トレをしている人にとってはかなり安上がり

あの3つの束の奴は単体ではおいしくないけど

チーズと食パンにはさめばかなりおいしくなる。

肉、タンパク質を摂取しなければならない人にはかなりおすすめ

何より、この手のハンバーグは日持ちがいい

またスライスチーズを2枚にしたり、ちょっと高めのハンバーグやチーズを使ったり、ケチャップを使ったりと、味付けも自由にできる。

貧乏飯、短時間飯の割に凄いおいしいものを食べてる気になれる。

カップ麺なんかよりよっぽど満足感がある。

 

マクドナルドやすき屋ですら毎日だと高いな、と感じるのが普通の大学生

しかも近くにあるかどうかも分からないし、混んでいることもある。

注文まで時間がかかったり、ごちゃごちゃした店内で食べないといけなかったりもする。

そして出てくるものは値段の割に肉が少ない

だから結局、もっと頼まないといけなくなって出費がかさむ。

そう考えると、この自作ハンバーガーはとてもいいものに思えてくる。

もちろん、こればかりの生活はよくないので、ほどほどにすることも大事

 

野菜に関しては

100%系の野菜ジュース、フルーツジュースを買ってきて

それで野菜サプリを飲む、というのもいいと思う。

ジュースだけだと足りないので野菜サプリ(日持ちがかなりいい)

あとは、バナナ、みかん、ほうれん草などを買ってきて1日1つ、1本食べる。

本当はもっといろいろちゃんと買ってきて調理したほうがいいけど

日持ちとか、調理の手間を考えると時間やお金のない大学生が毎回できるものではない。

なので、こういった手法を定期的に使うとかなり一人暮らしが楽になる。