elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

僕がこのブログでアフィリエイトをやる理由

このブログではアフィリエイトプログラムに参加している。

元々アフィブログとして始めたわけではないがアフィリエイトをやることに様々なメリットを感じて始めて見ることにした。現状ほとんど上手く行っていないがなぜ自分がアフィリエイトをやるのかについて書いて行きたいと思う。

以前の記事ではアフィリエイトをやってみた正直な感想について書いたので、次はその目的について書いて行きたいと思う。

elken.hatenablog.com

 

1:ブログを大きくしたい

ブログをやっていてしばらくたつともう少し自分のブログを大きなブログにしたいと考えるようになる。やはり自分の記事を多くの人とに見てもらいたいし人に読んでもらうためにブログを書いているのだからそれが広まりやすくなるとうれしい。

ブログを書いていてPV数に興味がないという人はほとんどいないのではないだろうか。ブログを大きくすれば今までできなかったようなこともできるし自分のやりたいこともできるようになるかもしれない。たとえばこのブログではもともと個人創作をやっておりその発表の場として始めた経緯がある。ネットでは個人創作というのは競争が激しくなかなか普通では見てもらうことができない。そういう時に自分はブログを使って広められないかと考えた。ブログが大きくなれば見てもらうチャンスも増えるし全然違うジャンルの人にも見てもらえるかもしれない。

更に自分の好きじゃなるのことをより多く色んな人に広めたいというのもあった。芸能人やスポーツ選手、歴史上の人物、漫画のキャラクターなどでこの人が好きだからもっと知ってもらいたい、知ってる人にはより好きになってもらいたい、そういう考えもあったのでブログを大きくしたかった。

 

しかし現実としてそんなにブログというのはわかりやすく成長するものではない。一つの目標だけでそれを頑張れるわけじゃないし様々なモチベーションがあるから頑張れる。たとえばPV数が増えていくのは1つの喜び。しかしそれだってそう簡単には増えていかないし増えたと思っても数日後には平日通りに戻る。どこかが上がればどこかが下がる、そういうことの連続だ。しかもそうやって伸びたところで実際に何かあるわけでもない。自分の創作について何かオファーがあるわけでもなく、それどころか普通のコメントもなかなかない。コメントもなかなか来ない、PV数が伸びたところでじゃあ具体的に何かがあるわけでもない。

そうなっていくうちにモチベーションは下がっていく。そんな時に自分はアフィリエイトをやってみることを思いついた。PV数が増えればもしかしたら利益が出るかもしれないし、延ばすことに意味があった。報酬というのは何よりもうれしいもので大きなモチベーションになる。報酬を新しい目的の1つにして頑張れば当初の大きくなるという目標も達成できる。純粋に多くの人に見てもらえているという喜び、そしてたまにあるコメント、最後に報酬、この三本柱で頑張っていけるのではないかと考えた。

現状利益が出ているわけではないが報酬が得られるとだいぶ生活費も楽になる。自分は貧乏なのでどうしてもそういう経済的な理由もあった。やりたいことにお金や生活が懸かるとより頑張れるようになる。コメントはいくらあってもご飯は食べられないがお金があればご飯が食べられるのだ。世の中どうしてもきれいごとや理想ばかりではいられないし活動を続けていくには資金が必要になってくるの現実があった。

2:そのジャンルを盛り上げたい

もちろんお金も大事だけど元々お金目的で始めたブログではないのは前述のとおりである。自分は好きなジャンルを盛り上げたいと思っていてそのジャンルについての記事を書いている。好きじゃなければ結局は続かない、自分が売るためのだけのブログを描かないのはそれが理由だ。多分美容品やダイエット用品売るためだけのブログでも作ったほうが売れるだろう。でも自分はそういう金儲けの為だけにブログをやるのがあまり好きじゃなかったし多分続かないだろうと思った。効率だけを考えるならそれでいいけど、もっと別の目的も欲しかった。

今までやってきたブログを続けつつ、好きなジャンルを盛り上げたい。このブログでいうならばサッカー、ジャニーズ、ガンダムなどのアニメ、軍事ミリタリーやエアガンなどが主なジャンルだ。そういったものを個人ブログの立場で語って盛り上げたいし、もしその商品が売れればその世界にもお金が入って潤う。そうすれば新しい新商品も出てくるかもしれないしそのジャンルの活動資金にもなるはずだと思った。

とにかく自分は好きなものについて長々と語るのが好きだったしそのジャンルのファンが増えるのも望んでいるし、その業界にお金が流れてより活性化することも望んでいる。そういった目的も自分にはあったので趣味ブログとしてなんとかアフィリエイトをやっていけないだろうかと考えるようになった。

3:当然ながらお金も欲しい

そして自分にもやはりお金が欲しかった。というよりどうしても必要だった。一度レールから外れるとなかなか這い上がれない世界で自分はもがいていた。どうすればいいんだろうと、競争から落ちぶれた人間の行先はどこにあるんだろうと。生活するのがやっとの状況で何か楽しみを見つけられないか。そういう時に好きなものを書いてなおかつもし売れればお金が入るアフィリエイトは魅力的だった。趣味と実益を兼ねる可能性があった。

そしていずれはブログを書くことだけに集中したいとも思うようになった。それはなかなか難しいことだと思う。このブログに多くのファンができて少しでも新しい記事を書いてほしいという人が増えてそれで利益も上がれば自分もブログに集中できるようになって1日いくつも書けるようになる。そうすれば読者にとっても楽しみが増えるし、よい商品を見つけられるきっかけになればさらにいいことだし自分も得をする。そうやって自分のブログにかかわる人皆が楽しくなるような好循環を作り出せれば理想ではないかと考えている。基本的にアフィリエイトというのは嫌われる行為でありできれば誰かに儲けさせたくはないし自分以外の人が儲かることが好きな人はあまりいないだろう。そのためには儲けさせたくないではなく、儲けさせたいと思われるような人にならないといけない。このブログ経由で商品買いたいと思われるよう風になれたらすごくありがたいことだなと思う。そして自分にそうやってお金が入ればもっと面白いこともできるかもしれない。そのためには少しでも誰かの楽しみになるようなブログを作っていかなければならないと思う。

4:世の中の景気を盛り上げたい

最近世の中は不況になりいろんなものが売れなくなったと言われている。財布の紐は固く物はなかなか売れない。そういう景気の寂しさも自分は感じる。

中国のネット通販について特集した番組があって今中国では外需依存ではなく内需拡大経済の構築に取り掛かっている。中国の内陸部には莫大な消費の可能性が眠っておりそこに中国政府は目を付けた。中国政府が派遣した業者が中国の農村部に行ってインターネット環境がない人にもモニターで商品を見せて選ばせる。そこに多くの農村の人々が集まりいわば一つのお店のようになっているらしい。ネット環境どころか通常のお店すらなくても沿岸部のような最先端の商品が手に入るこのシステムは画期的で今中国ではネット通販が世界最大の規模に発展している。

アリババは日本でも有名だがそのグループが独身の日と呼ばれる11月11日に開催するイベントでは多くの商品があっという間に売れる。そういった経済の爆発的な発展を見て自分は日本の経済がもっと盛り上がらないだろうかと考えた。もっともっとネット通販が日本でも盛り上がって商品の売買が活性化すれば高度経済成長期のような盛り上がりが現代にも再現できるのではないか。平静も昭和のように盛り上げられるのではないか。

大げさかもしれないが少しでもそういった経済の盛り上がりに貢献したかった。一つの商品が売れる事に様々な人が携わっている、その広大な影響こそがまさに経済だと思っている。難しい経済学はわからないけどもとにかく中国のネット通販市場の盛り上がりを見て日本ももっと盛り上がっていくことができないだろうかと考えるようになった。

 

現状自分の力は全然その領域には達していないけど、いつかそういう盛り上がりを日本でも再現できないかと思っている。だら自分はアフィリエイトをやることに決めた。

アフィリエイトはもしかしたら日本経済の未来かもしれない。

購買意欲を掻き立て経済を流動させる。そうすれば消費が落ち込み新興国に追い抜かれることを防げて多くの人が儲かり、結婚もしやすい世の中になっていき何十年後かの未来のためにもなるのではないか。大げさかもしれないけど今自分はそんなことを考えている。