読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

elken’s blog

ジャニーズ、サッカー、軍事、創作などあらゆることを評論するブログ

赤西仁の一匹狼感はかっこいい

赤西仁 KAT-TUN ジャニーズ

赤西仁のスタイルは我が道を行くという俺様スタイルである。貫く時は批判覚悟で貫く。KAT-TUNの活動休止とアメリカ留学もかなり強く反対されメンバーも説得したがそれでも我が道を貫いたで全盛期に海を渡った。

もしKAT-TUN赤西仁が残っていればジャニーズの歴史は変わっていたかもしれないしKAT-TUNとしても大きなブレイクができたかもしれない。

自分自身KAT-TUNでやってほしかった、ジャニーズで天下獲ってほしかったという思うがあるしロクーン時代はとてもかっこよかったと思っている。

 

しかし今になってこの時の経験が赤西仁の個人活動を支えている面もある。若いうちに海外に行ったことが彼の人生観に影響を与え人間として成長した部分ももしかしたらあるのかもしれない。

人生勝負するならやはり若い内がいい。赤西はその時に大勝負に出た。批判もあったし失敗するリスクもあったが恐れず勝負をしに行った。

最初脱退したときは何してるんだろうと思ったけど、今になってその姿のかっこよさがわかる。こういったリスクある勝負は誰にだってできる事じゃない。失敗したときは物凄く批判される。それでも個人の力で突き進み新しいことをやろうとしている、それが赤西仁のカリスマ的才能でありかっこよさの根源でもある。

 

とにかく赤西仁には我が道を行く孤高の一匹狼である。

その姿は男としてかっこいいし、こういった孤高のエース、孤高のカリスマに憧れなくもない。海の向こうで一人戦うその姿はかっこいいし新しい可能性にチャレンジするということには大きな意義がある。

有閑倶楽部 DVD-BOX

更にジャニーズに一定の距離置いてる感もいい。自分は今のジャニーズも勿論好きだけどそこから距離を置いて好きにやってるメンバーというのも結構好きだったりする。同じジャニーズでいえば元光GENJI諸星和己田原俊彦などがその代表格だ。

自分はその2人の現役時代を知っているわけではないがむしろ知らなかったからこそ今の2人がかっこよく見える。昔はすごかったという事でその凄さを想像できるし、逆に今も残っていたらもしかしたらかっこいいと思わなかったかもしれない。たとえばマッチは今誰からもかっこいいと思われていないがトシちゃんはどこかかっこよさがある。

 

そにかくそういったジャニーズの外から見てる感じはかっこいいし、赤西仁もその系譜に連なる存在なのかもしれない。「一時期ジャニーズもやってたわ」みたいな感じがかっこいい。

孤高の狼として未知の領域に挑み続ける、逆境にも負けない。自分で切り開いていくしかない、そういった厳しい環境で新ジャンルに挑戦していくことはたやすいことではない。当然ながら難しいし上手く行かないことの方が多い。

 

だけどもそれで勝ったらものすごくかっこいい。

そういう姿を見て自分も頑張って挑戦してみようと思える。あの赤西だって決してすべてが理想的に進んでいるわけじゃなく苦戦している部分もあるけどそれでも諦めずに戦っている。

そういう姿は男から見てもかっこいいし、人生の生き様としてかっこいい。

まさにデビュー曲のReal Faceのようにギリギリでいつも生きていたいからという言葉を体現している。KAT-TUNで最もデビュー曲に忠実なのがある意味赤西仁なのかもしれない。

ファンとしてさらに期待したいのが、より派手にやってほしいという事。日本だけでなく国際的なスターになる姿もみて見たい。アメリカ、中国と挑戦しているがその姿は様々なリーグに挑戦するサッカー選手の様でもある。赤西自体サッカーが好きであるしかつてサッカー日本代表に入りたいとも語っていた。

例えるならばアメリカリーグ、中国リーグに挑戦しているようなものだ。サッカーの世界ではスペインリーグ、ドイツリーグに挑戦しているような感覚に近い。 

Jin Akanishi's Club Circuit Tour (DVD:通常盤)(ポスターなし)

 

時代が時代なら赤西仁は雲の上のスターになれた存在であることは間違いない。

今の日本社会にはスターが足りていない。何もかもが庶民的、親近感、どこにでもいるような普通の良さという形にスケールダウンしている。

日本人自体が凄いものや本当のスターを求めなくなった

このくらいでいいやとか身近に手に入る手の届くものでいいやという夢を見ない価値観になってきている。

芸能人に対しても欲がなくなった、ものすごい芸能人を見たいというのがなくなってきている。

だからこそもっと派手なことしてほしいしもっと好きなことしてほしい。信念のある天才がやろうとすることは見ている人をワクワクさせる。

今の時代に足りない雲の上のスター、そういった可能性を感じさせるのはやはり赤西仁なのではないかと思う。これからの赤西仁の活躍に注目せずにはいられない。彼は間違いなくまた大きなことをやる存在だ。そんな才能と度胸が赤西にはある。