elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

よくサッカーで闘志のある選手だけでチームを組めと言われるけど逆があってもいい

もうテクニックや技術のある選手でチーム作っても弱いだけだから

日本代表は気迫や闘志のある選手ばかりで組めという主張。

 

たしかにそれは面白いアイデアだと思う。

是非試してほしい

ただもう1つのパターンとして、とにかく頭のいい選手、知性のある選手だけで組んだチームも作ってほしい。

結局日本人の強みって頭脳なわけでそこを磨かないのはもったいない。

頭がいいサッカー選手をあつめて頭脳派集団を作って

徹底的に改善案を議論したり、それを実行していけばいいとおもう。

日本人は個人のアイデアで突き進んでいく能力はそこまで高くないけど

集団でアイデアをだしあって改善、改良していったときの勢いはすさまじいものがある。

かつて日本企業が世界を席巻したときにはそういう凄さがあった。

これをサッカーでもやってくれないかなと思う。

とにかく日本人は頭を使うことでしか生きていけない

国力という意味では資源がなく

スポーツという意味では身体能力がない

頭を使う、日本人はそこを頑張るしかない。

日本人が馬鹿になれば一気に貧乏になり世界からの扱いも酷いものになる。

頭脳があったから明治時代は近代化ができて欧米の植民地、奴隷にならずに済んだし

戦後は先進国になることができて裕福な暮らしができた。

他のアジア、アフリカ諸国よりもいい暮らしができているのは日本人が頭がいいから。

工夫して頭を使うことを頑張ってきたから。

頭で生き残ってきたのが日本人

サッカーで生き残っていくためには頭脳を使う

それが一番の解決方法なんじゃないかと思う。

 

www.asahi.com

ここに出てくる例でも、情熱や闘志にあふれたチームが必ずしも勝つとはかぎらないという例が出ている。

冷静に知的にやる方が強い、それはスペイン代表やバルセロナが示したことでもある。

 

ただ現状日本のサッカーって頭がいい人がやる風潮でもないし

サッカーをするとき頭脳を鍛えるという風潮もそこまでない。

個人的には、東京大学京都大学に入学するぞ!ノーベル賞とるぞ!フィールズ賞とるぞ!と頑張ってる人並に頭脳を鍛えようっていう意識をサッカーをする人ももった方がいいと思う。

それくらい頭脳を駆使しなきゃいけないっていう意識

俺はスポーツだけやってりゃいいや、俺にはスポーツがある、みたいなタイプばかりがサッカーをやってると日本サッカーの限界が見えてくる

むしろ、サッカーって本気で勉強してる奴らよりもよっぽど頭使ってるからっていう自負みたいなものが日本サッカー界にあってもいいと思う。

頭いいことがかっこいいとか、サッカーでは頭いいことがめちゃくちゃ大事という風潮が必要

 

現状サッカーをやっている人の多くが、身体能力やフィジカルどうにかならないかなということばかり悩んでいて

もっと頭良くならないかなって悩んでる人が少ない。

フィジカルは日本人に素質がない以上、真剣に悩んでもどうしようもない。

ただ頭脳の素質は日本人はかなり持ってる。

アフリカの黒人が身体能力を本気で鍛えようとすればとんでもなく伸びるのと同じで

日本人は頭を鍛えようとすれば、アフリカ人のフィジカル並に伸ばすことができる。

アフリカ人フィジカル凄くて羨ましいな、と日本のサッカープレーヤーは考えがちだけど

実は日本人は頭の良さで言えばかなり恵まれたものを持ってる。

それこそアフリカ人のフィジカルと同等レベルに、日本人の頭脳は凄い。

そういうフィジカルはないかもしれないけど、同じくらい凄い物も持ってる。

それだけでまずすごくポジティブなことに思えてくる。

f:id:elken:20150826005249j:plain

日本サッカーの強化のためにはもっとサッカーって頭脳大事なんだよっていう風潮を広めていく必要があると思う。

ただその頭の良さもいろんな種類があってアンドレス・イニエスタの頭の良さを簡単に説明するのは難しい。

こういうのが何か、まずそこから考えていく。それが頭を使うという事でもあると思う。