elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

中島健人がカウコンでsexy一人zone をやっているときの姿が面白い

 1人でジャニーズカウントダウンに出たときの思い出を語る中島健人。最初のカウコンは年齢制限でSexy Zoneからは中島健人一人しか出られなかった。

「一番最初に出たときは僕なんですね。しかも1人っていう。Sexy1人Zoneっていう」

セクシーゾーンの間に一人を挟んでセクシー一人ゾーンとするあたりがケンティの造語センスっぽくて面白い。こうやってその時を振り返る映像としてみると謎の面白さがあるよね

佐藤勝利「健人君何やってるんだ」(セクサマを熱唱する健人を見て)

勝利君のこういう冷静なツッコミ面白いよね。今思えば中島健人のセクサマの光景はある意味シュール。完全に独り舞台にしちゃってて逆に凄い。キラキラで全力疾走してるのも面白いし大晦日にクリスマスソングというギャップも面白い。こういうトンチキ感がジャニーズだよね。

そしていつもふざけてる某2人に対して、逆に大人っぽい勝利君

中島健人「良い意味で老けてて一番信頼できる」みたいなことを言ってる。

 

やっぱりこうやって全力でキラキラ感やっているのは本当にかっこいいと思った。こういうのを全力でやるからこそあれだけのキラキラオーラが出る。あの最初のカウコンのセクサマは走ってるだけでもやたらかっこいい。中島健人が最初のカウコンのセクサマで走ってるシーンほんと好き。この走ってキラキラしてる姿が本当に青春感あるし、きれいだなとも感じる。

曲もセクシーサマーに雪が降るというのが似合ってるし、それを最年長として一人で背負って全力でやりきる健人もかっこいいと思った。あとその後出られないメンバーの所に駆けつけて皆を映すんだよね。こういうのも青春感あって好き。ほんとずっとこの5人でいてほしいなぁと思う。

そして今こうやってその時のことを振り返るのもいいよね。10年後またこうやって最初のカウコンを振り返る時が来たら最高。

あと菊池風磨も次の年のカウコンで「俺この時こけたんだよね」って懐かしがってて、ふまけん2人で全力疾走してたのも青春感あっていいよね。

f:id:elken:20170127152447p:plain

何かの雑誌で手越祐也NEWSのコンサートでみんなで走ってる時に青春だなって感じた」みたいなこと言ってたけど、こうやって走ってる姿ってのは青春感じるね。

キラキラ感を振りまいている感じというは王道アイドルっぽくて本当にかっこいいと思う。そしてそれを「Sexy1人Zone」と命名する中島健人の造語センスはやはり最高。ケンティの造語センスはもっと注目されていいと思う。

 

あとマリウス葉だいぶ大人になったと思ったけどカウントダウン出るのにまだあと3年かかるんだ。マリウスや松島聡みてると年齢感覚がわけわからなくなる。

つい最近まで小学生だったのにというのもあるし、逆に今の姿に慣れ過ぎてまだ15歳だったの?みたいな感覚もある。

菊池風磨も言ってるけど「いつか5人で出る」時が来るのが本当に楽しみ。5人でカウコン出られたら本当に楽しみだなぁ。そしてその時Sexy Zoneがもっと人気になっててほしいなぁとも思う。

個人的にはなんだかんだいって最後生き残って嵐みたいに人気グループになってると予想してる。5人のバランスもいいしチームとして連携力があるし5人じゃないと駄目だなというのを本人たちもちゃんと理解してる感があって期待できる。カラフルeyesで5人体制が復活したし、今後ますますの活躍を期待したいしなんだかんだで最後嵐みたいに人気定着してたらなぁと思う。嵐も最初からすべてが順調だったわけじゃなかったけど今ではジャニーズのエースグループに成長した。Sexy ZoneもきっとそうやってSMAPや嵐のようなグループになってほしいなぁと思うし、その日が来ることが本当に楽しみ。

【fifth】プチプラ!トレンドファッションEC