読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

elken’s blog

ジャニーズ、サッカー、軍事、創作などあらゆることを評論するブログ

シャビ・エルナンデスとかいう悪口大魔王

サッカー スペインサッカー 考察

シャビ先生ほんと好き。隙あらばクリロナ叩きおじさん、隙あらばレアル・マドリード叩きおじさんとして常日頃レアルの悪口を言ってるイメージ。

究極バルサ以外アンチフットボールなのがシャビの本音。自分たちのサッカーや技術に絶対的な自信があり美しさに拘ってるという高い自負がある。それ故に自分の気にいらないサッカーには手厳しい。

恐らくスポーツにしろ、創作にしろ、楽器にしろ、料理にしろ性格がいい人間ってハイクオリティの物を作れないんじゃないだろうか。実際創作方面で活躍してる有名人とか性格がお世辞にも言えない人が多い。ある程度ねじ曲がっていたりどこか性格がおかしくないと美の極致にまでたどり着けない。美を極めるには性格を犠牲にする必要がある。

実際自分がバルセロナが好きだから贔屓した見方になるけどバルセロナフットボールは美しいし哲学が彼らのスタイルには存在すると思う。バルサの哲学、そしてそのプレースタイルはため息が出るほど美しくそしてシャビ自信ののプレースタイルもまた美しい。正確にはチャビ、チョコレートと同じ発音と本人も発言しているが便宜上シャビで統一したい。

 

そんなシャビ・エルナンデス、あまりの発言のハードワークっぷりにいつからかシャビ先生と言われるまでになった。しかしシャビ先生のサッカーの見方はしっかりしておりかなり高い戦術眼が発揮されている。バルサ引退後もバルサへの発言を続けるしレアル・マドリード相手には相変わらず噛みつく。なんだかんだでバルサ大好きなんだなと伝わってくるしバルセロナファン、バルセロニスタとしてみると本当に好きにならざるを得ない程だ。シャビ・エルナンデスというフットボーラーはあまりにも美を追求しすぎるあまり性格がおかしくなってしまったのだ。

 

自分自身こういう一癖あるキャラの方が好きなのかもしれない。正統派キャラよりもこういう噛みつくキャラが好き。スアレスは物理的に噛みつくけど、シャビ先生は意見で噛みつく。むしろバルサを去ってからの方がその発言のキレは増している。

もっとも全盛期はワールドカップ優勝してバルセロナがペップバルサとして無敵だった時代。あのころのシャビは「世界中がバルサのサッカーに心酔している」とお口がキレキレだった。時に自己愛性パーソナリティ障害なんじゃないかと揶揄される性格だけどもあの自信過剰なスタイルが好きだった。美を真剣に追及し自分たちのやり方に絶対的な自信を持つ、そういう彼のスタイルやバルセロナのスタイルはかっこよかった。

それでいてピッチ上では実は滅茶苦茶クリーン。非常に冷静でファウルのイメージは少ない。ピッチを的確に見ているしバルサ晩年もシャビが入るとやはりサッカーが変わったし安定した。常に2,3手先を読んでいるしスペースを把握している頭脳がある。非常に頭がいい選手でインテリジェンスがありクレバー。まさにパサーやゲームメイカーというのを完全に極めたような選手だった。バルサを去ってしまったことは推しいし過去の試合を録画で見たときシャビさんがいるとやっぱり安心するしこれがバルサだよなぁと感じざるを得ない。更に言えばピッチ上では非常に紳士的でリスペクトされる存在だった。ピッチ外の発言が問題視されているだけで芝の上ではこれ以上の無いほど理想的なサッカー選手だった。

f:id:elken:20170209042808j:plain

シャビさんはいつかきっとバルサに監督として帰ってくるだろう。

その時はきっと現役時代より発言をするに違いない。もしバルセロナの監督になればまるでかつて批判していたようなモウリーニョのようなスタイルになるだろう。シャビはグアルディオラになると見せかけて性格面ではモウリーニョになりそう。似たもの同士いがみ合うとはよく言われるもので実は批判していたモウリーニョに一番似てるのがシャビ。

しかしそんなシャビ先生、ネタ要素だけでなく実績は最強クラス。バロンドールは取れなかったもののシャビがいたチームはことごとく結果を出している。バルサとスペイン代表の黄金期が重なっていた時期は紛れもなくこの選手が中心にいた。個人的な意見だけどもジダンをプレーや実績の面では越えているんじゃないかとすら思う。

中盤に与える影響度、パスの精度、先を読む力、ゲームの構成能力、全てにおいてハイレベル。パスサッカー、ポゼッションサッカーというスタイルを次の次元に引き上げたレジェンド中のレジェンド。パスの概念を変えた選手と言っても過言ではない。仮に歴史上最高のチームを作り上げるとしたら間違いなく自分はシャビを入れる。それほど完璧な選手だった。

これからシャビは将来の監督業に向けて新しい領域に進んでいくだろう。そしていつかトップクラブの監督になりいつかはバルサの監督にもなるかもしれない。その時シャビがどんなフットボールを見せてくれるか。そこに存在する意味や哲学、美学、どこまで理解できるかはわからないがそのスタイルを見る日ができることを個人的に凄く楽しみにしている。