読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

実力のない個人創作程意味のないものはない

結局のところネットというのは誰でも参入できるがゆえに、実力差が非常に重視されるという世界でもある。参加者が多いという事はそれだけ競争も厳しくなるのが基本だ。

通販サイトも結局売れるのは一部大手サイトやすでに固定客を確立できた既存層であり、後発の参加店はなかなか見向きもしてもらえない。みんな人気だからとか歴史があるという保証を重要視する。

 

そしてそれは創作においても同じことが言える。

結局のところネットの個人創作においても弱肉強食であり、例えば小説になろうやピクシブyoutubeなどの投稿形式のサイトではすでに人気な人が確立されていて後発の人がなかなか入っていく余地はない。ヒカキンがいくらユーチューバーとして流行っててあんな簡単なことでじゃあ自分もユーチューバーになれるかと言ったらそうじゃない。結局ヒカキン先行者になる運に恵まれただけであり結局後発の人が人気者になろうとしたらよほど過激なことをするか、プロレベルや他の職業で食って行けるだけのハイレベルなことをしなければならない。

 

またネットにおいて大事なのは需要である。そのネットの殆ども需要がある鉱脈は既に先行者が開拓しており本当に需要があってなおかつ供給ではまだライバルが少ないジャンルというのはあまり残されていない。

結局好きなことであっても需要ないものを細々やってたらやってる本人としては面白くなくなるし、かといって需要がある物は競争が厳しく実力の無い人に居場所はない。

本当は好きなことだけに拘り持って続けていきたいけど、それが持つのって最初だけである。結局反応や閲覧数ないとがっかりするからそれを求めて人気のあることをするが結局そこでは厳しい競争に勝てないというジレンマに個人創作者は直面する。

誰も見てない、報われない、みたいなことを思い始めると危険信号。

その閉塞感を打開して成功するためにはやはり実力が必要になる。もしくは他にはない人気を得る必要がある。需要がないなら需要を作り出すという発想も必要になる。

 

ただその2つができたらそもそも苦労しない。

個人創作は実力があれば人気になる、反応もある、利益も得られる。

だけどその実力がなければ本当に無反応、低閲覧数、無収入の地獄。

それで続かず結局やめていく。もちろんただで生活してるわけじゃないし、限られた時間の中で生活と向き合いながらやっている。絵を描くにしても小説を書くにしても機械のように一定のリズムで書くわけじゃないし、無限に体力が続くわけでもない。時々は何かを食べながら飲みながら描きたいけどそれも当然お金がかかる。

 

結局オリキャラやオリジナル創作というのはネットではハードモードで一部の天才や努力家しか成功できないコンテンツともいえる。

人気でお金になりやすいコンテンツがイージーモードだとすれば、オリジナル物や個人創作というのは人気も収入も反応も得にくいハードモードというのが現実だ。

例えばオリキャラは有象無象のオリキャラ描きがネットにいるけどほとんどが人気出ないしそのキャラが普及していくことはない。受けてる人はそのオリジナリティよりもまず画力という絶対的基礎や実力があるし、他の絵で人気を確立していることが多い。その人のブランドがすでにある。オリキャラを普通やそれ以下の画力で書いても結局やれることは限られてると、自分自身下手なオリキャラを描いてて思ったのが正直な感想でなかなか明るい未来は見えてこない。

 

ただでさえ画力がないのに難易度の高いジャンルをやってても限界に直面する。

勿論簡単なだけの都合のいいジャンルはないけど初心者や新規参入者の場合そこから始めていくのも一つの考えとしてありなのかもしれない。

 

例えばピクシブなら需要が少ないジャンルにこだわるよりは別の人気ジャンルで実力鍛えることの方が大事なのかもしれない。アカウントはいくらでも作れるわけだし人気ジャンルに特化したアカウントを初めて練習するのも有効手段ではある。

人気ジャンル一辺倒になり、マニアックな創作がなくなっていくのは寂しい物があるけどこれもまたネットの現実。人気や需要が左右するのがこの世界。

楽しくやって実力をつけてから本当に好きなジャンルや難易度の高いジャンルに乗り込むべきなのかもしれない。

 

基本的には「公式の補完」の場所。よっぽど才能やセンスある人じゃないとオリジナルだけじゃ無理なのも事実だ。

「オリジナル」というタグだけつけて滅茶苦茶評価やブクマもらってる人いるけどそれは特殊な例。天才の中の天才だけで、彼らは圧倒的に上手い。もしくは他のジャンルで人気を得ていて固定客が存在する。凡才は人気ジャンルで頑張って実力をつけていくしかない。営業をして身内ファンやネット上の人間関係や人脈を築いて、その身内表を獲得している人もいるけど結局それも人間関係を維持しようとしたら同じくらい時間がかかるし、自分より高いレベルの人と組めることはあまりないのも現実。

 

オリキャラは本当に好きだしオリキャラ文化に盛り上がってほしいし、自分もそれを盛り上げていきたいっていう気持ちはあるけど実力のない個人創作のオリキャラはほとんど日を浴びないのが現実。

オリキャラは可能性も無限大だが非常に難易度の高いジャンルだと思う。

 マイナーな個人創作で地道にファンを作っていくというのはなかなか難しいしモチベーションが続かない。

版権絵でもいいからモチベーション続くことでまず実力をつける。

誰かに手伝ってもらったり共作していくにも結局コミュニケーション能力や人脈が必要になる。

手作り感を魅力にするとか自分自身への興味を持ってもらって、創作にも興味持ってもらうとかいろいろあるけど結局どれもそう簡単に上手くいくことじゃない。

どんなに力入れて作ろうが、需要ない物ならば意味がない。

これはイラストやブログ記事に限らず、ネットのあらゆる投稿コンテンツにおいて真理。もちろん好きじゃないことを無理してやってるわけではないけど多少現実と折り合いをつけてやっていく必要がある。好きなものの中でも、比較的需要があるものをやる。個人創作というのはそういった目に見えない難しさがある、その中で工夫をしていかないといけない。その個人創作に拘って続けていくのか、それとも他の道を見つけるのか。どの道を選んでも結局いばらの道であることは確かだ。

elken.hatenablog.com