読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

elken’s blog

ジャニーズ、サッカー、軍事、創作などあらゆることを評論するブログ

なぜ酒で酔うという同じ過ちを繰り返すのだろう

お酒 底辺生活 人生と日常

また酒を飲んでしまったというのが酔いが醒めてきつくなってきたときに思う事だ。毎度毎度同じことに繰り返し。こんなんならば飲まなければよかったお金がもったいない、体がだるい、そう思っているのにやめられない。

自分は完全にアル中だろう。

どうせこの楽しみは一時的なものであとから辛くなるとわかっているのに飲んでしまう。辛い人生を紛らわす手段を自分はアルコールしか知らない。

自分でもくだらない人生だと思う。ばかげている、ただ人生を浪費しているだけだ。その先には何も生まれない。ク○みたいな人生だろ、笑いたきゃ笑えよ。

馬鹿みたいな生き様さ。人生に失敗して逃げ込んだ酒におぼれる。同じ失敗を繰り返しそこから抜け出せない。くだらない毎日だけが続いていく。

社会の底辺で地獄のような日々、頼れるものが酒しかない情けない人間さ。

本当は希望ではないのかもしれない、だけど酒には希望を感じる。この後飲めるということが唯一の心の支えになっている、それ以外に楽しみがない。

でも世の中そういうアルコール依存症みたいな奴が有象無象にいる。こういうくだらないアル中は一人じゃないんだよ。自分もその1人。バカみたいな酒びたり生活を送っている。荒んだ人間だ。こんな奴に誰も手を差し伸べないだろうし、これから成功に恵まれることもないだろう。

現状を変えようという気力ももはやわかない。夢はとっくの昔に失った。社会の底辺の中で日々酒びたりの生活。酒にしか希望がないくだらない奴になっちまった。

哀れな奴だと自分でも思う。いつか変えないといけない、このままではいけない。そう思いながらも問題を先延ばしにして今日は酔ってもう全部どこかへ捨ててしまおうと思ってしまう。

その結果相変わらず好転しない人生。自業自得と言えばそれまでだろう。だけど今更スタートしてももう遅いし、真面目にやったところで喜びにたどり着けるのはもう何か月も何年も先になる。そんなものより今日の快楽。おそらく10年後には後悔するだろう。全てを後悔する、それをわかっているはずなのにこの生活を変えられない。今から真面目にやったところで一度レールから外れた人間に居場所はないし、今の楽しみをてっとり早く選んで即自的な快楽、すなわち酒に浸った方が良い。

まるで発展途上国の路上にいる昼間から安酒を飲んでいる奴のようだ。酒の味なんてどうでもいい、酔う為の栄養補給だ。

そして結局後悔する。調子に乗って飲んで、苦しんで酔いがさめるまでの地獄を過ごす。その後馬鹿みたいにもう一度飲む。非生産的なまるで意味のない行為を繰り返す。

やめようと本音では思っているがもはや中毒になっている。そのうち断酒会のメンバーになる日が来るだろう。酒で人生を崩壊させてしまった哀れな人間が再起を誓っていく場所が断酒会だ。いつか世話になるだろう、その時は未来の断酒会のメンバーよろしく。

 

だけど現状は結局辛いから飲む。人生の問題、今抱える問題が解決すれば他に楽しみが見つかって飲む量は減るかもしれない。だけどその問題を解決するにはもっとストイックにがんばっていかないといけない。それなのにそれがつらいから即自的な快楽を求める。そしてますます依存症になる。完全なる負のスパイラルだ。典型的な酒依存者のパターンだ。

だけど酒は凄く良い奴に見えるんだ。こんなおいしい物はない、飲んでる時は最高に幸せだ。自分の人生の問題がどうでもよくなってくる。ホッと一息つける瞬間が酒を飲んでダラダラしているときだ。ほんの一瞬、ただその一瞬のために生きる。その時があるから生きていられる。それすら奪われたらもう俺には何も残らない。心の友が酒だ。酒しか頼る奴がいない情けない奴さ。そして酒に人生を滅ぼされる。頼った仲間が実は人生の敵だったというオチに決まってる。全てを失って何の価値もない人間になるだろう。酒とはそういう悪魔の飲料さ。だけど飲むことをやめられない。悪魔にでも頼りたいほど他になにもない寂しい人生なのだから。