elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

創作のためにブログを書くことは無駄にはならない

インターネット上で創作をするとき、自分の作品を公開する為のメディアには様々な手段がある。

小説ならば小説投稿サイトがあるしイラストならばイラスト投稿サイトがあるだろう。SNSとしてツイッターを使う事も、youtubeニコニコ動画を使う事も立派な手段だ。とにかく何かを捜索する時に人に見てもらう、見つけてもらうという事が何よりも大事になる。見てもらわなければ評価のされようがないからだ。見てもらわなければ良いのか悪いのか以前の問題になる。

そういった創作の公開時に自分はブログというツールが一つの手段になりうると思っている。自分自身のこのブログは創作ブログのような位置づけとしても利用している。

 

しかし実際自分がこのブログをやってみて創作を見てもらうきっかけを多く作れたのかというと正直に言って微妙な部分がある。このブログで創作を公開するより素直にブログを書く時間でイラストや小説を書いたほうがよかったのではないかと思う時がある。

ブログはそれほど創作を助けるツールにはならないというのが実情だ。ただ自分の場合創作オンリーのためのブログとして運営していたわけではなくいわば雑記ブログのような形で様々なジャンルを描いていたという事情も存在する。

 

ただ自分はこのブログ執筆の経験が決して無駄ではなかったとも思っている。ブログを書く上でとにかく文章を書く機会が段違いで増えた。そのために文章力も向上したし、何かを考えたり思想をこねくり回したりする機会が増えた。小説を書こうと思うと少し敷居が高いが、ブログを1つの記事書こうとするのはそれほど大変なことではない。

それゆえに何かの考えを書くことが習慣化したというメリットが存在する。

これが以前のようにイラストや小説オンリーで書いていたならば自分はこれほどまでに何かを書くことが無かった。イラストや小説のような本編しか書かない状況では創作から遠ざかり本当に気分が乗っているときにしか創作しなかったが、ブログを書くことでインターネット上に何かを公開する習慣が増えた。

そのため文章を書く機会は10倍以上に増大し、日常においても何かを深く考えたりする機会が増えた。もはやブログの執筆は習慣になったのだ。

 

その効果は自分でも感じており、明らかに文章を書く習慣が増え、それまで以上に長文を書けるようになった。これは小説を書く上で後に非常に大きな力になり得るし、創作作品の内容にも何か深みを与えられるかもしれないと思っている。

仮にだらだら創作をし続けていたら相変わらず薄っぺらい事しか書けず、現に自分が昔描いた小説などはおそろしく浅い。自分は確実にブログを書くことで考えが深まったと思うし、創作から遠ざかっていた期間もブログを書くことで自分の思索をすることができたと思っている。

 

それゆえにこのブログを書きまくった期間は何かの考えを書く訓練としても有用であり、創作ブログというのは自分の創作を発表する場に限らずある種の練習の場とも考えることができる。

とくに小説などの文章主体の創作を考えている人にはぜひブログ執筆という事をお勧めしたい。なかなか筆が進まない人は一度ブログを作ってみると言い。そして日々執筆を習慣化すれば確実に文章力が上がっていることに数か月後気付くことになる。

 

小説だと1冊や一章を描き切らなければ達成感がないが、ブログは簡単に一記事を仕上げることができる。そしてそれらの文章を見てくれる人もいる。

小説を丸ごと完全に読んでくれる人はなかなかいないが、ブログの一つの記事だと読んでくれる人もいる。そしてそこから興味を持って自分が普段している創作に興味を持ってくれる人もいる。これはイラストや動画に関しても同じことが言える。

文章やブログ経由で見つけてくれた人が過去のイラストや動画に興味を持ってくれるというパターンはあり得るのだ。

小説やイラスト一本勝負ではなかなかこの供給過多の時代に勝負していくことは難しい。そういう時に補助的な存在としてブログを執筆することは大きな助けになるように思う。

elken.hatenablog.com

elken.hatenablog.com