読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

トニ・クロースとかいうサッカー界におけるスナイパー

現在ドイツ代表で中盤の役割を果たしレアル・マドリード所属で欠かせない戦力になっているのがトニ・クロースだ。

クロースのプレースタイルはまさにパサー、司令塔であり非常に高いパス成功率や成功数が代名詞となっている。ポジショニングも非常に高く試合中常にそのパス回しに関与しており90分通して影響を発揮し続ける選手だ。一試合におけるパス成功回数の記録でシャビの盛っていた記録を塗り替えたほど試合中には膨大な数のパスを成功させる。そのためドイツ代表やレアル・マドリードでも重宝されており現代サッカー界最高のパサーだと考える人も多い。

実際ヨハン・クライフ2014ブラジルワールドカップMVPとしてクロースが選ばれるべきだと発言したほどだ。クライフを認めさせた天才司令塔がまさにクロースでありドイツ代表優勝の重要な原動力にもなった。更にバイエルン時代同じチームにいた宇佐美貴史も彼紛れもない天才と認めその才能に驚愕したと言われている。

f:id:elken:20170203131058j:plain

またレアル・マドリードでは披露する機会がなかなかないがボレーシュートも得意であり最前線に絡む才能も高くシャビを現代サッカーにより適応させたスタイルだという意見も存在する。パス成功率の高さでは世界最高でありながらも横パスばかりしているわけではない。ラストパスの供給やシュート能力も高く高い位置での攻撃力も高く万能の中盤と考えることもできる。

イメージで言えばまさにドイツ製の精密機械という言葉がふさわしい。銃で言えばまさにドイツのPSG-1のような存在。ドイツの傑作自動狙撃銃と言われ非常に精度が高い銃でありドイツの技術の結集ともいえる名銃である。セミオートライフルなのでボルトアクションンにくらべて連射性が高く、トニ・クロースの試合中に何度もパス交換をし精密はパスを供給する姿はそのPSG-1を彷彿とさせる。まさに現代サッカーにおけるスナイパーであり精密無比のパスやシュートは狙撃手そのものだ。中盤におけるあらゆる支援を得意とし一切ブレない精密なプレーによって安定をもたらす。クライフがMVPだと認めたことがうなずけるほどミッドフィルダーとしてのクオリティが高い。ゲームメイク中におけるバランスのとり方も非常に上手くエゴを出していないにもかかわらず最終的にゲームに最も関与した選手になっており、いわば影の主人公である。スナイパーも決して目立つことが無く陰ながらの支援を得意とするがそういう意味でまさにトニ・クロースはサッカー界におけるスナイパーそのものである。

顔もどこかドイツ軍人に似ている。マルコ・ロイストニ・クロースは典型的なアーリア人顔でドイツ軍軍服がものすごく似合そうである。実際ドイツ代表のユニフォームもデザイン的に軍服っぽくドイツ人のデザインセンスというのは渋いながらもかっこいい。そしてそのユニフォームが似合うのがトニ・クロース

 

出身は現在のドイツ代表で唯一の旧東ドイツ地区でありギリギリ東ドイツが存在した時代に生まれた選手でもある。ドイツが東西統一後初めて優勝した大会に唯一の東ドイツ出身者としてクロースは出場した。そういう現代ドイツの社会情勢の反映としてもクロースのいる意味というのは大きい。

ドイツサッカー界が全国的な育成改革を取り入れ選手の技術を向上させることに取り組んだ結果誕生したのがまさにクロースでありドイツ代表の中盤選手の充実はもはやスペイン代表すら上回るレベルに来ている。ドイツ代表が面白いサッカーをしているのはまさに彼のような存在がいるからでありファンタジーという意味でもドイツ代表のレベルは飛躍的に向上した。昔は面白いサッカーをしているからドイツ代表を好きという人は少なかったが今は面白いサッカーをしているからドイツ代表が好きという人も多い。それと同時にワールドカップチャンピオンという実力は高い。

そしてその中盤に君臨するのがトニ・クロースでありその才能へ賛辞を惜しむ人はもはやいないであろう。現代型ミッドフィルダーとしての理想形と言っても過言ではない選手ではないだろうか。