elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

今の競争時代にユーチューバーになるのは愚の骨頂である

動画を見ているときにユーチューブで稼ぐ系の宣伝を見かけたことが無いだろうか。今の時代ユーチューブならこれだけ楽に稼げますよという奴だ。

更にユーチューバーという職業も有名になりトップランカーは芸能人以上に稼いでいる。そんな中夢を見てユーチューバーになろうとする人々が後を絶たない。

 

正直思うけどもう稼げないでしょ。

今更動画投稿で稼げると考えるのはよほど甘い考えの持ち主しかいない。

どう考えても今の時代動画供給過多になりすぎてyoutubeではどうにもならない、そこに気付かない人がようつべに夢を見る。特に小学生はユーチューバーは遊んで稼げると勘違いして憧れてしまう。

そしてそんな人に無料でも手に入る情報商材を売りつける。まさに情弱から搾取するビジネスである。

 

ユーチューブが儲からない理由などいくらでもあげられる。

・供給過多になり過ぎ、ライバルが多すぎ

・作るのに時間がかかるため時給換算したらやらない方がマシ

・炎上動画やコピー動画は運営や権利者に削除されやすい。

・一度広告収入契約を破棄されたら復帰しにくい

・年々報酬も下げられている

youtubeがいつ現状の制度をやめるかわからない

 

正直言って儲かってたのは初期や一部の勝ち組ユーザーだけであってこれから参入する後発の人間にはとことん不利な世界が広がっている。

ヒカキンとかは「早い者勝ち」「先行者の利」を勝ち取ったというのが現状で、今から同じことやろうとしても無駄。誰もやってない時にやっていたから魅力だったわけで、ヒカキン真似て同じことをやってもまるで意味がない。

今まで人気だった人がこれからも人気で、新しい人が参入しにくいのがあの業界。

 

はっきり言って他のビジネスで成功するよりよほど難しいし不安定なのがユーチューバーという職業。

他の職業やビジネスでも余裕で成功できる才能の持ち主や努力家でなければユーチューブなど成功できない。今やネットビジネスで一番厳しいジャンルなのに、誰もが手軽になれるかのような扱い方がされているのがユーチューバーなんだよ。

実際は一部の勝ち組の中の勝ち組にしか稼げない。

稼ごうとか生活していこうとしてユーチューバーになるのはもう今の時代はっきり言って愚の骨頂。後がない人間や特別能力を持たない人間が一番やっちゃいけないジャンルがyoutubeなんだよなぁ。

人気者になりたいとか、動画じゃなければ自分のやりたいことを紹介できないという事情があるならやる価値はあるけどビジネスとしてやるのは正直安定しないし厳しい。

趣味でやるなら何の問題もないし、むしろそうやって趣味でやったほうが成功できる。ただムービーメーカーで作ったニュース紹介してるだけの奴とかは何の価値もないし、数十回しか再生されて無いようなしょぼい動画連発してる奴は一体何がしたいのかもわからない。

正直あんなんよりよっぽどアフィリエイターの方がもうかるし、安定してる。

例えばyoutubeで1日10万再生されるとしていいとこ収入は日給になるかならないかどうか。企業と特別な契約してる場合は利率が上がるが、基本は1万円弱が相場。

ただこれがブログやサイトで1日10万アクセスあったら、正直その10倍はいく。やり方次第ではあるけど1日10万あたらとんでもない額を稼げることは間違いない。

 

なぜそんな差が出るのかと言ったらただ広告流して全部見てもらったりクリックされたらちょっと1つ当たり1円も行かないような収入にしかならないyoutubeの広告と違って、アフィリエイトというのは直接物を売ることができるから。

考えても見てください。

ただ単に用意された広告流してるだけの人と、商品をがっつり自分で売る人、どっちが報酬もらえます?

アフィリエイトなんて一つ物が売れれば中には諭吉さん一人がやってくるような高額案件みたいなのもあるし、安い物でも1000円、2000円というのが多い。

クリックされてそれだけで収益になることはないけども、一発売れれば大逆転。はっきりいってちまちましたクリックがいくつもあって塵の積もれば山となる形式より一発ばっちり売った方がよっぽど効率がいい。

10万人が見てやっと1万行くか行かないかがユーチューブだとしたら、10万人見てるブログ作れたら、上手い人なら一つで数千円もらえる商品を2,30個売れてもおかしくはない。10万アクセスもあったら日給凄いことになる。

確かにブログやサイトで1日10万PV数得ようと思ったらかなり厳しいけど、それはyoutubeも同じで毎日安定して1日10万再生数ある投稿者なんてなかなかいない。

元お笑い芸人で全国区で有名だったねづっちですら一つの動画で200再生ぐらいしかされてないのに無名の個人が1日10万再生とか行くわけがない。それこそ炎上動画やグレーな動画しかなくてその内バンされるのがオチ

過去のすべての動画合計でもなかなか難しいし前述のように削除のリスクもある。ブログはほぼ削除されるリスクはない。

しかもその10万再生ですら1万円前後、それだったブログとかは1日1万PV数でも十分対抗できる。

要するにアフィリエイトブログやアフィリエイトサイトは工夫次第では動画サイトの10分の1のユーザーを集めるだけでビジネスが成立するのが強み。同じ数のユーザーならなおさらアフィリエイトの方が有利。

 

A8.netトップページ

自分の場合、このA8っていうアフィリエイト最大手のところでやってるけどまず思うのがとにかく簡単だという事。もうアフィブロガーなら常識中の常識で必須のサイトがA8と言われてる。

それだけ始めるのも簡単でみんな利用してるのがこのA8の強み。

ブログをアフィリエイト化させることって自分でも最初は難しいメージがあったけど、ブログさえ作ってA8に登録してあとは広告をここで探してきて自分の好きな記事に貼りつけるだけ。

これで終わる。youtubeのような面倒な手続きも必要ないし、審査も緩い。

ようつべは審査がかなり厳しいし違反すればすぐバンされるから人生捧げようと思ったらかなりリスクがある。

しかもここ優れてるのがブログ持ってなくてもA8が無料ブログツールを用意してくれるからそれで作ることもできる。動画みたいに撮影機具や編集ソフトもいらないし、ただ文章書ければそれで成立する。もはや何もいらないし、とりあえず登録してそこから始めるだけでも行ける。

ブログなんて内容が大事であってどのブログサービスを使うかは重要ではないい。だからほんとそこで用意してくれるブログでも十分なほど。

パソコンとスマホのどちらかさえ持っていれば本当に何も持っていなくても始められるのが強み。元手ゼロからスタートできる。↓サイトのイメージ画像はこんな感じ。

f:id:elken:20170327082304p:plain

例えば英語が好きならば英語の勉強法でも書いたり、英会話のコツを書いたり、それに加えて日々の日記を書いたりしてそのA8で英語関連の広告を探してきてその記事に貼りつける。

音楽が好きなら音楽のことを書いて、楽器の広告を見つけてきて簡単な編集で広告を載せれば準備は完了。

これだけ簡単。無料ブログ書ける人ならば誰でも書けるし、動画のような難しい編集とかは一切いらない。

だから本当に今誰でも簡単になれるのはむしろユーチューバー(笑)ではなくアフィリエイターのほう。ユーチューバーはもはやオワコン、今更なろうと思っても難しい。誰もがなっている物を今更目指しても本当の上位層しか勝てないし、新規参入者や凡人には厳しい。

もう今時ユーチューブなんてプロやプロレベルの人がいて何もかもレベルが上がっているし初心者や無名の個人に勝つチャンスはほぼない。誰かが同じことをやってる。

動画は努力し続ければ報われるわけではなく、結局才能が必要。

 

一方ブログは懸命に文章を書いて、いろいろ試していけばその内ブログが成長してアクセスも集まる。今時動画で平均毎日10万人集めるのは無理、その努力でブログやサイトを作ったほうがよっぽど結果が出る。それくらい動画の世界は厳しいし、ブログは初心者でも行ける。

趣味の面でも収益の面でもブログは書きやすいし作りやすい。そして一度商品が買われやすい記事書ければその記事を見て皆商品を買っていく。

ブログ記事を書く→A8で広告探してきて広告を貼る→その記事を誰かが見て広告にも気づく→その広告をクリックしてその通販サイトでその商品を買う→そのブログを買いたい人に報酬が入る。

本当にこのシンプルなプロセスだけで物事が完了する。しかも1つ売れれば数千円の案件もある。10万アクセスあるブログを作れたら、それがどれだけ売れるでしょうかね・・・という話。

そういう中でわざわざ競争が厳しく報酬の低いユーチューバーにわざわざなろうとする人がいるなら自分は止めようとしないけど、同じ努力を費やすのであればアフィリエイターのほうが賢いよなぁとは思う。どっちになるかはもちろん自由だけど今動画はどのジャンルよりも厳しい激戦区であることは間違いないと思う。

A8.netトップページ