読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

elken’s blog

ジャニーズ、サッカー、軍事、創作などあらゆることを評論するブログ

シャビ先生「メッシが移籍するわけねぇよ。もうこの話いいよね」

サッカー 南米サッカー選手

シャビ先生はメッシが移籍するかどうかという質問に何度答えてきたんだろうか。

メッシとロナウドどっちが凄いか?みたいな質問も何百回と聞いて来ただろう。

そして必ず「メッシが一番、それも現役ではなく史上最高」だと答える。それくらいにシャビのメッシ愛は凄い。

メッシがバルサのトップチームで試合に出始めたころからずっと見てる選手だし、サッカーを見る目は凄い選手だからその見解は間違ってないと思う。

まともな人間ならメッシが1番だと考える。それ以外の答えが見つからないよ。メッシは好き嫌いを超越してるレベルに存在する。

そんな彼はメッシの移籍はないとみているらしい

シャビ「僕にはメッシが空気を変えたがっているようには見えないよ」(願望)

歴史上最高の選手が他チームでプレーするのを見てみたいけどやっぱりバルサのメッシを永遠に見続けていたい。まさにシャビのように35歳ぐらいまで、いやそれ以上にバルサでプレーできる。変に他のクラブを挟むともう戻ってこれなくなったり、かなり遅い年齢になって戻ってくることになるかもしれない。そう考えると生涯バルサであってほしいなぁと思う。

でも生涯バルサで過ごすと思ってたのに中東に移籍したシャビさんがいうと説得力ないんだよなぁ

トップリーグの1つのクラブを貫いて最後新興リーグにいった選手と言えばジェラードのイメージあるけど、ジェラードはもう引退したしシャビもそろそろ引退を考える年齢かもしれない。

www.goal.com

そして彼は今年のバロンドール争いについても口を開く

今年はユーロ2016とチャンピオンズリーグで優勝したクリスティアーノが本命だと思う」

最近C.ロナウド褒めたり、ちょっとしおらしくなってるね。ロナウドに「バロンドールとってねぇだろ」って反論されてから大人しくなった気がする。シャビ先生、ロナウドの反論にビビる

「僕にとって、世界一の選手はメッシだ。これまで何度も言ってきた通りね。」「メッシも素晴らしいシーズンを送ったから拮抗した戦いになるだろうね」

しかしやはりメッシ上げの発言は絶対に言わないと気が済まないマンとしての姿は健在である。昔は「ロナウドはアスリート能力が高いだけ」みたいな余計なひと言が多かったけど・・・

ピッチ上ではクリーンなのに発言のラフプレーが多かったころのシャビ先生がまた見たいよ。余計なひと言があるから面白い。

 

ジエゴ・コスタピッチ上のラフプレーは多いが、ピッチ外ではクリーンな聖人

シャビ:ピッチ上では模範となるような選手だが、ピッチ外では発言のラフプレーが多い

バロテッリどっちのラフプレーも多い

イニエスタどっちのラフプレーも少ない

サッカー選手は大体この4つに分類される。

見てて面白いのはやっぱり2番目のようなシャビタイプの選手。

プレーはクリーンで面白い上に、ピッチを去れば今度はキレのあるお言葉で盛り上げてくれる。だからシャビさんがバルサからいなくなってちょっとバルサという集団の発言のキレはなくなった気がする。昔ほど「我々の美しいフットボールが~アンチフットボールが~」みたいな発言は減ってしまった印象。バルサのそういうとこが好きだったけど。

f:id:elken:20161210112009p:plain

でもシャビさんの場合、カタールにいてもなお相変わらずバルサへの発言は続けるし相変わらず盛り上げてくれて入る。

ワインを熟成させるのがアンドレス・イニエスタ、ネットを炎上させるのがシャビ・エルナンデス

ほんとカタルーニャエルナンデス君はネチネチした批評が多いからなぁ、そこが大好き。

 

でもきっと必ずバルサに戻ってくるだろう。それは監督としてコーチとしてかもしれない。シャビ先生がバルセロナの監督になったら滅茶苦茶面白いだろうなぁ。彼が作り上げるサッカーは極上の物だろうし、何より発言という最大の見どころがある。

記者会見で長々と話すシャビさん滅茶苦茶見たい。

それはきっと全てにおいて極上のエンターテイメントであるはずだ