elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

もはや芸能人になることより難しくなったユーチューバー

ユーチューバーという概念が日本にも定着してからすでに数年がたっており、最近ではユーチューバー特集やそのなり方を記述した本まで書店で見かける時代になった。

最近では小学生の憧れの職業となり、もはや職業として認められ始めてきている。

トップランカーの月収収は数百万とも言われ年収数億を稼ぎ出す投稿者も出始めてきている。

 

更に芸能人ともコラボしたりテレビ出演したりとその活躍の場はもはやユーチューブだけにとどまらない。むしろ最近では芸能人以上の知名度や人気を持つジャンルにすら成長しており、日常会話でも動画の話題になることが多くなってきている。

f:id:elken:20170405092403j:plain

それほど流行すると当然ながら自分も憧れのユーチューバーになりたい、高収入を得たい、人気者になりたいという人が視聴者の中から現れ始める。今そんな有象無象のユーチューバー志望の人が現れ始めその内ユーチューバー育成の専門学校までで始めてくるかもしれない。

動画を投稿して広告収入を得るのならばもはや立派な職業でありただ動画を投稿して遊んでいるだけと批判される時代は終わった。

これから本気で目指し始める人はいくらでも出てくるだろう。現に有名ユーチューバーのヒカキンに憧れた子供たちが似たような動画を投稿するという時代にまでなっており、ネットで動画を見るという事が当たり前になりつつある。

「動画を作って楽しそうにするだけで生活していけるなんて最高じゃん!」と思うものである。子供は遊んでいたいのだ。そして将来の夢にユーチューバーと書く。

 

ではユーチューバーになることは現実的に将来の夢や職業としての選択肢に入るのだろうか?

答えはNOだろう。既多くの人が指摘していることだが今の時代ユーチューバーは激戦区であり、もはや後発の人間がなろうとしたら芸能人として成功することよりも難しい。

 

実際芸能人になろうとしたらオーディションや養成所、事務所にはいってというイメージになってそう簡単にはれない。一方ユーチューブは自宅ですぐに投稿できる。わざわざオーディションに行く必要もない、簡単だとなるだろう。

 

しかし自分にとって簡単だという事は誰かにとっても簡単なのである。

自分が参入しやすいのであれば、他に人も同じ条件なのだ。

しかも今インターネットで最もメジャーで注目される収益手段として誰もが真っ先に飛びつく。参入への敷居や障壁が低いという事は、みんな同じように入りやすい。つまり入りやすくなる代わりにライバルの数も膨大になるのだ。

声優やアイドルも今や競争激化の時代でそう簡単になれない、そしてそれはユーチューバーも同じなのである。

むしろ芸能人、声優、アイドルになることよりもライバルの数という意味では難しい。

確かにやり始めること自体は簡単、誰でもユーチューブアカウントを持てば簡単になれる。しかしそれはただの始まりに過ぎない。そこからが非常に難しいのだ。

 

更に実は他のネット収入と比較した場合実はyoutubeから得られる広告収入というのは非常に効率が悪い。

目安として再生数の5~10%ほどで大体消費税ほどの利率だろう。かつては10%が平均と言われていたが今その利率すら下げられ5%が相場かもしれない。

100再生でたったの5円、1000再生でたったの50円だ。

そんなもの10万再生されれば5000円だし、100万再生ならば5万円だという人もいるかもしれない。確かにそれほどの再生数を得られれば間違いなく収益は得られるし実際トップのユーチューバーはそれぐらい軽々収益を得ることができている。

しかし実際はそれは上位の中の上位の一部だけだ。視聴者の数は有限であり、ほとんどの人がそれほど注目を集められず見向きもされない。

ユーチューバーを見ていると高い再生数の動画ばかり目につくが実際は1000再生するだけでも大変なのである。

芸能人が動画投稿をしてもほとんど再生数が伸びず数百再生で終わっていることも多い。かつて全国区のテレビにでて知名度がある芸能人ですらそう言った現実がある。

 

何の特技もなく、誰かがやってることを真似することしかできない無名の素人のユーチューバー志望者が、これから生活していけるだけの再生数を得ることがどれだけ大変か想像がつくはずだ。

100再生、1000再生ではジュースも買えない小銭しか得られないのが実態であり多くの人はその壁すら越えられないのが現実である。間違いなくビジネスとして考えれば非常に効率が悪い。

そこで再生数を稼ごうと思って炎上動画や規約違反動画の投稿を行いアカウントが停止されてもう二度と収益化できるなくなるのがオチなのである。ユーチューブは一度アカウントを停止されたり収益契約から外されると次再開するのは非常に難しいのである。

更にそもそも収益化の審査に通ることも実は難しく誰にでもなれるものではない。

敷居が高く、効率も悪く、ライバルも非常に多く、いつ削除や停止のリスクがあるかもわからない。また素顔を晒すことなどのデメリットも非常に大きい。黒歴史を量産してもそれはもう取り返しがつかないのだ。

 

もはや後発の参入者が人気になる見込みは芸能人やアイドル、声優、スポーツ選手として成功することよりも難しく、ほとんど先に参加した人に人気が集中しており固まっている。

その牙城を崩して人気が確立できる人間はもはや芸能人として成功できるレベルの才能の持ち主に限られるのでわざわざリスクをおかしてユーチューブに飛び込む必要がない。

芸能人や普通の仕事で成功できないからユーチューバーになろうとする考えは非常に甘いと言わざるを得ない。

仮に他のジャンルですでに知名度があったり絶対的な特技や技能があるならば別だが、無名の人間何も持たない状況から始めても間違いなく這い上がれない。

月収数百万どころか月収数百円が末路であり、それすら実は投稿者全体の上位半分に位置する勝ち組なのだ。もはや司法試験にうかることやスポーツ選手になることすら難しく上位層の勝ち組だけが利益を独占しているのだ。

 

じゃあネットで稼いで人生を逆転することは不可能なのか、もはや逆転の手段すら用意されていないのか、働かずに済むようになることはできず一生馬車馬のように社会人生活を送らなければならないのか?

そんなことはない。

 

誰がネットで稼げる手段がユーチューバーだけだと言っただろうか。

例えばダウロード販売、オークション転売、アフィリエイト、ゲーム内アイテムの売買など思いつく限りでも無数にある。今の時代ネットで利益を発生させることは当たり前の時代になりつつある。

その中でも自分が好きなのはアフィリエイトだ。ダウンロード販売は結局自分で商品を作らなければならない。イラストや写真素材、音楽素材などは結局のところ技能がなければならないしプロで勝負できるレベルの人が集まっている。専門学校卒の人や過去にプロでやってきた経験者が利益を独占している。売れる人は本当にクオリティの高い物を作れるごく一部だけである。

 

またオークション転売に関しては在庫を抱えて赤字になるリスクもあり、売る物を集められるだけの資金力がまず必要だ。万が一の赤字に耐えられるだけの財力や買い集めるだけの資金が必要でありもはや実質的に小売業のような商売と変わらない。

しかしこの中で唯一元手ゼロから始められる商売がアフィリエイトだ。

非常に簡単に言えば自分のブログやサイト、SNS等に広告を貼るというシンプルな行為である。既に自分のブログやサイトを持っているならば簡単。ブログの収益化は難しいイメージがあれが無料ブログを編集できる能力さえあれば簡単にできる。

A8.netトップページ

たとえば例としてアフィリエイトの必須とも言われる最大手のA8では広告の貼り方などが丁寧に初心者にもわかりやすく説明されており、その説明見れば大体のイメージがつかめるだろう。

もはやブログすら必要なく向こう側で無料ブログツールを用意してくれるのでまさに初心者にもうってつけだ。簡単に言えばこの手のASP広告というのは様々なジャンルからいろんな広告を集めており、そこで紹介されている広告を自分のブログなどにはるというのが簡単な手順だ。

 

具体的に言えばたとえば音楽に関係したブログを書くとする。

「楽器の使い方」「楽器の練習方法」「好きな音楽」など個人的な経験に基づいた記事を書くだけのブログでも問題ない。そしてこのA8で楽器関連の広告や音楽関連の広告を探して来ればその記事に広告を掲載することができる。

自分がいま検索したところ音楽教室、楽器通販サイト、中古の楽器買取、ギター講座などの音楽関連広告が見つかった。当然ながら音楽以外にもスポーツや化粧品、青汁など様々なジャンルがありブログの内容に合った広告はいくらでも見つけることができる。

そしてその広告、実際にどのぐらいもらえるのかという特に入会系は強い。

レッスンの受講や入会系は1つ成立するだけで5000円を超えたり、買い取り系は成立で3000円程、また購入系は売り上げの3割程だったりとかなり利率が高い。

楽天などの大手通販サイトとの契約もあるがこれらが売り上げの1%であることを考えると30%というのは非常に高いことがわかる。

ちなみにその楽天もこのA8内に含まれており、具体的な商品を紹介することもできたりする。

 

つまり前述のようにユーチューブで100再生の場合どう頑張っても5円程が限界だが、ブログの場合100PV数あれば成立次第では数千円の利益になる。記事の質や内容にもよるので、平均的にどのくらいのアクセスが必要かという事は人によって違い一概には言えないが100PV数でも利益が出るときは出る。

どちらかというと記事の質が大事であり質さえ高ければ見ている人が少なくても高額商品が売れることもあるのがアフィリエイトの特徴だ。

 

これは絶対的な再生数の多さや人気が継続的に必要なユーチューバーとの決定的な違いでもある。競争激化の時代にただでさえ見てくれる人を集めにくい現代においてもはや「数」で勝負することは後発の参入者にとって不利であり絶望的だ。

全部ヒカキンやはじめしゃちょーのような既得権益を得ている人がもっていくのが動画収入の世界である。

 

一方で数は集められなくても「質」で勝負できるアフィリエイトは必ずしも人気にならなくていいというのが特徴だ。つまり容姿や年齢、性別などに左右されないし人間として面白みや特殊な才能が必要ないというのが強みなのである。人気者になれる選ばれた人間ではなくても勝負ができるのがこの世界だ。

 

本気でユーチューバーに心の底からあこがれて夢を追いかけるならばもちろん反対はしない。しかし現実的な収益手段と考えて始めようとしている人にはあまりお勧めができないしアフィリエイトの方が確実に効率が良いと言える。

最終的には個人の判断であるが以上のような理由から、ユーチューバーになることは他のジャンルで有名人として成功する以上に厳しくなっていると言わざるを得ない。それでもなるというならばもちろん自由であり、また他の手段を見つけるのも自由なのではないだろうか。

今はネット収入全盛期の時代であり稼ぐ人は本当に稼げるし生活もしていける。

問題はどの手段を選ぶかという事なのではないだろうか。自分に合ったやり方を選ぶことがその一番の近道だろう

A8.netトップページ