読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

elken’s blog

ジャニーズ、サッカー、軍事、創作などあらゆることを評論するブログ

Sexy ZoneはBIGBANGを超えられるか?

Sexy Zone ジャニーズ 中島健人

雑誌でアジアNo1グループを目指したいってSexy Zoneが言ってるのを見たけどもそれって冷静に考えたら簡単なようで滅茶苦茶難しいことだよね。

「アジアNo1グループ」って何なんだろうなと思ったときに多分BIGBANGだとは思う。自分自身そこまで詳しくはないけどアジア最大級のモンスターグループってカラオケの紹介映像みたいなので見たことがあるしそれ以外にもちょくちょく名前は聞く。

K-POPに詳しくなくても知ってるぐらいにはBIGBANGは人気。

それぐらいのレベルにセクゾがなったらほんと凄い。ファンとしては本当にうれしいし、本人たちがその領域を目指すならほんと応援したいなぁと思う。

 

でもそれってもはや嵐もSMAPも越えて更にその上の領域を行くってことなんだよね。まずセクゾがはたしてスマップと嵐を超えられるかってのがそもそもの難関。それがまず厳しいよね。デビューして5年だけどもまだちょっと大人気グループというのは早いかなという印象は感じるしようやく最近勢いででてきたかなとちょっと感じるぐらいかな。

ジャニーズ内でもそこまで圧倒的じゃなくてまず同世代だったらHey! Say! JUMPも超えないといけないしそのはるか先に嵐がある。それどころかジャニーズWESTや次デビューするグループに追い抜かれないことも考えないといけない。

ただこういうライバル関係とかはジャニーズが活性化するので悪い意味で言ってるわけじゃなくて、そうやって盛り上がっていければいいって意味でポジティブなこと。ちょっとでも気を抜けば人気が他のグループにうつっていくという緊張感は大事。どうやれば他のグループより人気になれるかとかってのをそれぞれのグループが工夫して努力すればより良いグループになる。ライバルであると同時に仲間でもあるし、ジャニーズ内でポジション争いがあるというのは素晴らしいことだと思う。そうやってジャニーズが競い合って進化していくなら将来が楽しみ。とにかく競争があることは良い事。

f:id:elken:20170110173556p:plain

それに嵐や関ジャニだって元々滅茶苦茶スタートダッシュがよかったわけでもないし、スタートダッシュが良いグループがそのまま長年定着するかと言ったらそうでもないのが難しい部分。

セクシーゾーンはマリウス葉みたいにまだカウコンに出る事すらできない若いメンバーもいるしそれぞれトーク力も高いし連携力もあるから遅咲きするタイプのグループだと思う。まだ全然時間はある。それが上手くいけば数年後は巨大グループになってる可能性もあるしアイドルとしてだけじゃなく芸能界でタレントとして定着しそうな感じはする。

今の芸能界で生き残ろうと思ったらタレントとしての能力はやっぱり必要

中島健人とか特にバラエティ能力が高いし、佐藤勝利もつっこみ能力が某2人のせいでかなり鍛えられてるから意外とバラエティ向き。

 

健人は結構ジャニーズホーム以外のアウェーバラティでも普通にやれる能力があるような感じがする。現状まだラブホリック的な部分が評価されてるけども、健人が隠し持つヤバスティックな部分がもっと評価されればいつの間にかバラエティ番組に気付けば出てるみたいな感じもなりそう笑。ヤバスティックパイナポーな部分もっと出せばほんと面白いはず。

風磨も聡くんも間違いなく面白いキャラだし、メンバーの中で自由に2人の組み合わせてセットでテレビ出演とかもっと増えれば絶対面白いと思う。

とにかくタレントとしての能力が高いメンバーが多い。

 

ただアジアで受けるということを考えたときに今までジャニーズがやってこなかったことをやる必要があると思う。個人的にBABYMETALパターンを想定していたりもする。

というのも、ベビメタって日本で評価されたというよりも海外で評価されて日本に逆輸入みたいなことされたでしょ。「海外で評価されてる」ってことでベビメタファンがむしろ日本で後から増えた感じがある。ベビメタファンってやたら海外で評価されてること推す印象あるよね。自分はそこまでBABYMETALも詳しくはないけど「こういうのが海外で受けるんだ」ってのは感じた。ああいう日本的な可愛い感じが受けるのかなぁ、みたいな。曲も音楽番組で見たけど、正直トンチキでよくわからなかった。外国人が滅茶苦茶評価してるからどんな凄いメタルなのかなと思ったら「あれこんなんなの?」ってのは自分も感じたし、ネットでもそういう感想を良く見かけた。日本人でもわからないぐらいのほうが逆にいいのかもしれない。

 

でもこれってよくよく考えればセクシーゾーンに似てなくはないんだよね。

メンバーも可愛い系やキラキラ系が多いし、曲も一般の人がいきなり聞いてもわからないトンチキソングが多い。外国人って日本産の物に正統派の物を求めてるわけじゃなくて、わけわからない物を求めてるってのはよく言われる話だしベビメタもそれが受けた。親近感が大事なこの今の時代に王道アイドル行ってるセクゾスタイルってのは海外の方がむしろ評価されるんじゃないかなぁとか思ったりもする。

現状アジアではK-POPミュージックが人気だけど、全員がK-POPが好きってわけじゃないと思うしそういう隙間産業を狙って拡大していけば十分可能性もあると思う。

 

ジャニーズの枠組みの中で普通にやってたらなかなか一気に伸びていかない時、海外で流行ればワンチャン一気に日本でもブレイクってのがあるかもしれない。

丁度BIGBANGも5人だし、東方神起も5人だったし海外では5人というがわかりやすいかもしれない。日本のゴスロリファッションみたいなのって海外でも人気だけど、セクゾが着てるこれぞジャニーズ!って華やかな衣装は受けないことはないと思うんだよね。スタイリッシュな部分ではK-POPに負けるかもしれないけど、可愛さとかっこよさの融合ではセクゾにワンチャンある。王道ジャニーズみたいなのが今は逆に海外で評価されるんじゃないかなぁ。

f:id:elken:20170110173206j:plain

大体この男Never give upの時の健人の衣装どう見ても今見たらピコ太郎じゃん。

ピコ太郎海外で流行ったんだからこれも絶対受ける(謎理論)

ピコ太郎は中島健人のパクりだった!?な、なんだってー

 

それで日本で逆輸入みたいな感じになれば一気に可能性が出てくる。「海外で人気のスター」ってのはやっぱり日本人評価しがちなところもあるし。

サッカーとかでも「海外組」ってよく言うけど、ジャニーズでも海外で活躍する海外組とかあっていいと思う。今ジャニーズはとにかくグループ多くて、日本だけだったら限界があるんだよね。ジャニーズが出られるシーンも限りがあるからその少ない市場を取り合ってても限界がある。ジャニーズ内で埋もれたりデビューできずにいるよりは、海外組になって活躍したほうがいいっていう考え方もこれからはありだと思う。

たとえばSnow Manとかアクロバティックがマジで凄いから海外向きだと思う、日本語の歌詞がわからない外国の人にも見ただけで凄さがわかるってのは大きなメリット。

現代の日本では評価されにくい要素も外国では評価されるかもしれない。それで評価されて日本でも再評価ってことが多い。

だからジャニーズにもこのグループは海外行ったら化けるっていうグループがいくつかあるよね。スノーマンのアクロバティックの凄さとか評価されてもいいはず。

 

そういう意味じゃセクゾとかスノーマンは海外視野に入れていくのもありだよね。Sexy Zoneはそもそも「アジアNo1グループになりたい」っていって海外進出にそもそも意欲がある。マリウスが英語出来るし、それは勝利が「マリウス葉の英語力に頼るシーンも出てくる」って言ってるぐらいだし、ケンティも英語の発音がやたらうまいし性格的に語学の勉強に向いてるのは間違いない。スペイン語も勉強中だしアジアだけでなく南米やスペインで受けるかもしれない。スペインとか意外と日本芸能界のファンいたりするしね。

www.youtube.com

自分も今語学を勉強中だけど、やっぱ健人みたいな性格が一番上達速い。ケンティはマジで語学向き。そもそも日本語のセンスも面白いし、結構ケンティの言語センス評価してるんだよね。意味不明な造語作るけど、そういうのってまさに言語センスの表れだよね笑。3年後ぐらいにはバイリンガルになってる可能性もあるよ

あとせっかくマリウスがいるんだから皆英語勉強して5人全員英語しゃべれる5人全員イケメンっていうハイスペックグループにすればほんとかっこいいに決まってるって。それで海外ロケとか増えたら更に面白そうだしね。語学には無限の可能性がある。

 

そうやって語学と、日本的なジャニーズ王道の感じにしてキラキラ衣装でやればワンチャンあるかもしれないし、それでベビメタパターンで日本で再評価ってのも出てくるかもしれない。

とにかく今すぐ海外行くべきってわけじゃないし日本での人気を着実に伸ばしていくのが大事だけど、オプションの1つとしては絶対あったほうがいいし何より本人たちがその意欲があるってことが大事だと思う。

いずれにせよ海外で成功してもうれしいし、日本で成功してもうれしいし、どっちになってもうれしいのは間違いない。

それでもし本当にアジアNo1グループになったらその時は「セクゾはワシが育てた」って言いますね、はい。(ワシが育てたネタはネットでよく使われるフレーズ。全然育ててないのに育てた認定するっていうネタ)

ってのは冗談だけども、とにかく目指す気があるならばほんと頑張ってほしい!