読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

elken’s blog

ジャニーズ、サッカー、軍事、創作などあらゆることを評論するブログ

東京マルイのAK74MNはもう絶版品らしい

エアガン 軍事ミリタリー 東側諸国

東京マルイのホームページみたけどもうAK74MNないね。もう絶版なのかなぁと思って調べてみたらやっぱり生産終了してるらしい。

なんかもったいないなと思うし残念なニュース。マルイが出してるAKシリーズで一番かっこいいのはAK74MNだと思ってたけどもう生産終了してるとは。AKS74とかはあるけど普通のストックをしてなおかつ黒色のAK74のエアガンとなるとマルイではもう存在しないことになる。AK74M買おうと思ったらもう東京マルイにはないのが現状

興味がない人から見たらAKシリーズは全部同じに見えるけども興味ある人からすると全然好み分かれてそれぞれこだわりが強い。AK47のほうが元祖っぽくて渋いという人もいるし、AK47よりもAK74がスタイリッシュで近代感あっていいという人もいるし、更に黒いストックとなると全然デザインとして違ってくる。自分47より74の方が好きでなおかつ木製ストックよりもこういうポリマー素材みたいなのほうが現代的でかっこいいと思ってるタイプ。

一応次世代電動ガンシリーズでAKS74があるけどこれとAK74Mはまた違うんだよね、AK好きに言わせると。AKオタはAK内部で結構細分化してるよね。そんな貴重なAK74で黒いストックのモデルが生産終了というのは本当に惜しい。尼で調べてみたけどやっぱりないしね。

ただAKS74Nの方は今も発売されてるしカスタムパーツでやれば再現は現代でも可能だと思う。他メーカーからは発売されてるし絶望的でもないし、その内もしかしたらAK100シリーズのような新製品も出るかもしれないし再生産もありえるかもしれない。

ちなみに自分はAK74MNの方を持って非常に気に入ってる。だからこそもう生産終了してるのが悲しいニュースに感じる。良い銃なのになんで生産終了なんだろう・・・

それにしてもこのモデルが発売されたのもう結構前だよね。そりゃ絶版になっても仕方ないかもしれない。当時は「やっとAK74が発売された!しかもブラックストックかよ!」と思って喜んでたし、更にリコイルショックが再現された初の電動ガンだったのでかなり話題になった。当時の自分にとってまさに待望だったのがこのAK74MN

ちなみにもう1つ待ってる製品化があってそれはSVDドラグノフ電動ガン化なんだけどこっちは未だに発売されてない。

 

当時そのAK74をどうしても欲しかったからそれを買ったのをほんと覚えてるし今でも大切にしてる。やっとの思いで買えたときは本当に感動したのが懐かしい。

この電動ガンで一番核心的だったのはやっぱりリコイルショックの導入。要するに実銃のような反動やブローバックが再現されてる。それまで電動ガンではそれがなかったからこの導入は本当に核心的だった。

その電動のリコイルショックの質に関しては当然ながら実銃みたいな反動もないしガスガンに比べても劣る。ただ電動でそれができるというのが大きいし無いよりは絶対あったほうがいい。ネットでは反動しょぼいと言われてるけど期待しすぎてるからそうなるだけで、実銃撃ったことがなくてなおかつガスブローバックのライフル銃を撃ったことがなければ全然満足いくレベルにはある。ほんと「期待しすぎると駄目だけど、無いよりは絶対あったほうがいい」という感じに近い。

 一度これを体験すると普通の電動ガンが物足りないぐらいにはちゃんと反動やアクションがある。それにもうその技術が確立されてからだいぶ経ってるから今の最新の次世代電動ガンだったらもっと反動は強くなってるかもしれない。一番最初のAK74MNですらまぁそれなりに満足のいく反動だったので今のはさらに進化してると思う。

 

それとAKって人気シリーズだからこの技術でAK103とか作ってくれないかなぁ。AK100シリーズで一番AK103が好きだからそれも楽しみにしてる。 100シリーズほんといろいろあるけどその中でも自分は103が好き。

あとAN94アバカンとかも出してくれないかなぁ。マルイはアメリカ銃出しすぎなんだよなぁ、もっと東側系大事にしてくれ~!

今の最新のロシア軍を再現しようとしたらどうしてもAN94が必要になるけど現状どこにもない。2点バーストシステムが採用されてたらもうほんと絶対買うぐらいに楽しみ。

とにかく東京マルイドラグノフとAN94、AK103を作る日を楽しみにして末永く見守っていきたいと思う。

調べてみたら東京マルイさんAK102は出してたらしい。これはますますAK101かAK102への期待も高まる!