読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

指原莉乃、調子乗って声優アイドルプロデュースに乗り出す

指原莉乃はもはや無敵だ。その快進撃は留まるところを知らない。

いつのまにやらプロデューサーや劇場支配人になっていて1990年代生まれの女性でここまで出世している人は他に存在しないと言っても過言ではない。

大分県のひきこもりから成り上がりってトップアイドルにまで上り詰め、彼氏はジャニーズ、年収は女性タレント2位、スキャンダル耐性や煽り耐性は抜群、ネットの炎上も一切効果なし。

もはやその世渡り能力は異次元であり、大分のひきこもりから都内の高級マンション住まいにまで上り詰めたその姿は女性版豊臣秀吉だ。もはやAKBグループで最高の成功者と言っても過言ではない。

このブログでも一時指原莉乃について書いていた時期があり正直黒歴史なんだけども未だに指原莉乃自体は結構好きだったりする。その黒歴史時代も元々指原をアイドルとして応援していたわけじゃなくてゲスい女性タレントとして応援していたわけで今も普通に好きは好き。なんだかんだで発言も面白いし自分がAKBアイドルグループで唯一認めるのが指原。純粋に面白いし芸能人として普通に有能。

いろいろローカルで48系列を作ってたりなんとか坂とかいろいろ乱立してるけど結局卒業生はボロボロで唯一個人で成功してるのは指原だけ。そういう生命力の強さとかメンタルの強さみたいなものを素直に同世代として尊敬してる。有能であり、したたかだし何よりどん底から成り上がったという事が凄い。しょぼい扱い時代の指原を知ってるからここまで成り上がったことを尊敬せずにはいられない。

そういった指原の逆境への強さや絶望から這い上がる不死鳥のような能力は素直に凄い。

逆に昔は良い扱いだったのにことごとく落ちぶれたAKB卒業生を見てあいつら本当にただの無能だったんだなぁと思わずにはいられない。

そういう無能メンバーは能力もないし特にトーク力に関しては絶望的でとにかく話が面白くないけど指原だけはマジで面白い。そういう女芸人としての面白さが指原にはある。

HKT48指原莉乃が声優アイドルをプロデュース 「指原の知名度に頼った企画」と反発も|ニフティニュース

 

そんな指原が1月30日から声優アイドルをプロデュースするためインターネットで募集を始めてるらしい。指原の名前を使ってるだけという批判もあるけども、指原の名前を利用してでも成り上がるぐらいの根性してる人なら逆に期待できる。なかやん応募しろよ。

「指原利用して成功してやる」ぐらいのメンタリティの厚かましい奴のほうがむしろ期待できる。大人しいだけの無能美人よりも、ガツガツした厚かましい不細工の方が面白みがある。

指原莉乃自体まさにそういう図太く厚かましい奴だから、そういう指原の姿勢を応募者は見習うべき。指原チルドレンになりたければとにかくガツガツして厚かましく、そして図太くないといけない。

そういう意味でそのさっしーがプロデュースする声優アイドルユニットには期待せずにはいられない。

最近のしょうもない量産型女性声優に自分は呆れてるから、指原が集めて育てる女性声優はむしろ逆に個性ありそうで面白そう。女性アイドル自体が乱立されすぎて似たような小物しかいなくなってきてる。その中で突出したになってる指原莉乃はもはや異次元。

その指原がプロデュースする声優ユニットは似たような量産型声優しか養成できない今の女性声優業界に新しい新風を吹き込む可能性すらある。

 

これがただの女性アイドルがプロデュースしてる声優アイドルだったら自分も叩くけど、指原だとなんかやってくれそう感はある。指原はただのアイドルじゃなくて普通に経営者とか育成指導者として有能。HKT48も指原だから育てられた感がある。

ただの女性アイドルがなんか道楽でやってる感じじゃなくて、ちゃんと有能な人間がやってる。現役の人間が同じジャンルの人を育成するという意味じゃSVホルンを経営したりソルティーロというサッカークラブを経営してる本田圭佑っぽいところもなくはない。指原莉乃本田圭佑に影響を受けていた!?

実際指原莉乃自身、大のサッカーファンで大分トリニータのガチサポーターだったりする。(とことんサッカーファンという身内には優しいスタイル)

 

というのはともかく、指原莉乃は普通に有能でそこらへんの同世代の女性アイドルと同列に考えちゃいけない。精神年齢とか能力の部分じゃ10年、20年先を行ってる人間。少なくともジャニーズ事務所のメリーよりよっぽど有能。ある意味ゆとり世代の希望の星。

 

それで思ったけど個人的にジャニーズ事務所でジャニーズjrの新しいジャニーズグループをプロデュースしたいと思ってたりもする。

仮に自分がジャニーズ事務所の幹部だったたこうしたいって言う構想はあってそれが実現できる指原って羨ましいなぁと思うし自分の理想のアイドルをゼロから作れるってアイドルオタなら一度は夢見る事。

仮に自分がジャニーズグループプロデュースできるならいろいろとアイデアがある。埋もれてるジュニアとか再生したいなぁ、とか。

それはともかく指原の場合本人自身が本当にアイドルとしての成功者だから成功者の立場として指導できる部分は多くある。しかも天才タイプじゃなくて元々はただの石ころや雑草から成り上がった立場だから埋もれている原石を育てる才能は間違いなくある。

自分自身もアイドルオタク、ジャニオタの立場として「こういうジャニーズグループいたらなぁ」ってのはある。そういう意味で夢を実現できる指原莉乃のこの声優アイドルプロデュースという活動にはちょっと期待感があったりする。

現役女性アイドル、そして本人自身が何よりのアイドルオタクの立場でそういうアイドルをプロデュースできるわけだから最高に楽しいことをやっているし、HKT48でも実際似たような事をやってる。指原莉乃の著書『逆転力』でも結構そういう事が書かれていたし「できないという言葉は使ってはダメ」ということを徹底的に教え込んでるらしい。なお指原莉乃本人はバンジージャンプを出来ないといってゴネて最終的には飛ばない模様。究極のダブスタで自分ができないことを後輩に要求するスタイルが指原スタイル。だがその言動の矛盾も含めてその小物感が面白いのがさしこ(笑)の魅力。

 

とにかく指原がやろうとしてることは決して普通の事じゃない。

ただ女性アイドルがなんとなくやってることじゃなくて、有能な育成指導者として、そして何よりのアイドルオタクとしてこの企画をやろうとしてる。

非常に独特な、そして新しいタイプの規格外のグループを作るのではないかと期待せずにはいられない。

なお自分自身は今更女性アイドルに興味ないので本気で応援する気などさらさらない模様。やっぱりジャニーズがナンバーワン!

まぁ適度に頑張ってね。応援してるは応援してるけど別にそこまで興味もない。

べ、べつに応援してるわけじゃないんだからな!(指原にはツンデレスタイル)