読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

elken’s blog

ジャニーズ、サッカー、軍事、創作などあらゆることを評論するブログ

前田敦子さんはなぜ落ちぶれたのか

アイドル 懐古や旅情 芸能 オワコン

最新の前田敦子の写真がもういろいろと残念過ぎる。

女優業はパッっとせずよくわからないし容姿は変わるし人間付き合いもういろいろとアレだしもう全盛期の面影は皆無。この人が本当に前田敦子AKB48の絶対的センターだったのが謎すぎる。この人本当にあの前田敦子なの!?

 

結局世の中の多くの人が「この人は人気アイドルなんだよ」という御呪いにかかっていたというか、それも含めて秋元康の商才や敏腕プロデュース能力。人気だと言われると人気に感じるというスター商法。とかいいながら自分も大島優子前田敦子ならマエアツ派だったしAKB48見かけるようになったときはやっぱり一番最初はあっちゃんいいなぁとか思ってた。

前田敦子

今となってはこんなんなってるしもうAKB自体も興味ないけど、全盛期はかわいいはかわいかった。Riverや言い訳maybeあたりは全盛期だし輝いてる。懐古になるけどあの頃のAKBは面白かった。身内の影響で自分も一時はまってたし、世間的にも結構流行ってた。AKB風のチェック柄とかちょっと流行ったし、神7は結構存在感あった。とりあえず7人知っておけばいいというか、知ってないといけない気になったというか。その中でもやっぱり前田敦子はレジェンド。

 

好みはわかれるし信者とアンチが極端だったけど、アンチがいるから人気者ともいえるし黎明期からAKB48引っ張ってきた存在であることは間違いない。その時代を知ってるからこその「私の事は嫌いでもAKBのことは嫌いにならないでください」という発言なんだとも思う。

キンタロー含めいろいろ変な物真似芸人が出てきたのが幻想を崩した理由の一つでもあると思う。松浦亜弥もわりとマジでマエケン出てきはじめて消えた。

とにかく人気は人気だったし全盛期は嫌いな人も含めて語っていたのは凄い。

前田敦子 涙の卒業宣言! in さいたまスーパーアリーナ ~業務連絡。頼むぞ、片山部長! ~ スペシャルBOX (特典ポストカード無し) [DVD]

 

もう今はアンチができるどころか誰も知らない小粒しかいないし、本当にアイドルが好きな人や48系列が好きな人しか知らない状態になってる。

ある程度内輪ファンや固定客層が固まってるから続いてるだけで世間のほとんどが興味ない。

よくAKBファンが「消える消える言われてるのに消えないAKBってすごい!」って言うけど、この10年で単に握手会依存者の固定客作るのに成功しただけで世間の関心で言えば完全にどうでもいいものになってる。

指原莉乃ぐらいしか一般に受けてるタレントはいないし、その指原莉乃が共演したときはマジでビビってたのが前田敦子。当時の指原はまだ今ほどブレイクできなかったし、逆に前田敦子は雲の上の存在のような絶対的存在だった。

 

前田敦子自身も卒業と同時にほんとオワコンになっていったし、その後大島優子の時代まではギリギリ世間の関心を集めてはいたけどその後主力メンバーが離脱しまくって完全に小物しかいなくなった印象。

 

そもそも前田敦子に関しても全盛期ファンのほとんどが1位だったから好きだっただけ。読売巨人軍が全国区だったときにとりあえず巨人応援しておけばいいみたいな風潮があった。

「とりあえずこれ好きになっておけば問題ない」という存在を作るのはスポーツでもアイドルでも有効な商法でプロ野球ならまさに巨人だしスペインでもレアル・マドリードが人気だったり、イタリアでもユヴェントスが全国区だったりするし逆にそういった明確な存在がないJリーグはいまいちブレイクしない。

 

だからわかりやすいセンターつくって、そのセンター争いをさせてた秋元康のやり方はマジで商才あったと思う。

ただそのビジネスに頼り過ぎた結果その後のセンターがことごとく小物扱いされる。

黎明期や全盛期という補正があったから前田敦子も凄く見えていただけで、前田敦子が本当にそこまで凄かったわけではない。

【Amazon.co.jp・公式ショップ限定】AKB48 前田敦子 卒業公演 [DVD]

 

ただそれでも全盛期の映像みるとやっぱりすごいは凄い。全盛期を知ってるからそういう補正で見えるだけで、もしかしたら知らない人が見るとそんな大したことなく見えるのかもしれないけど小粒感ある今のよくわからないメンバーに比べると外部の興味を集める事に成功してたマエアツの凄さがわかる。

 

AKBの歴史においてあれほど批判され、あれほど人気だったセンターもいない。

そしてセンターという言葉を良くも悪くも広く認識させて言葉に影響を与えたアイドルでもある。

大正義昭和アイドルと比べるともちろん小物だけど、平成アイドルにおいてはレジェンド。アイドル史において語り継がれる存在であることは間違いない。アイドルというのは結局時代が作る存在であるのかもしれないけど、一応この人がその時代に置いてはガチのトップアイドルだった時代があったというのは確かな事実なのである。