読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

山田涼介のハガレン実写化が楽しみ過ぎる!

2017年はジャニーズの映画が多い。

今年の冬に公開を控える山田涼介主演の鋼の錬金術師実写化バージョン、恐らく今年公開されるジャニーズ映画の中でも一番製作費がかかっているものだと思われる。そんなハガレン実写化、実際に今プロモーション動画などを見てみたところかなりクオリティが高く原作ファンも満足が行きそうなクオリティの高さが期待される。

 

そもそもハガレンの原作者は実写化やジャニーズに好意的で、実際中島健人主演で過去に銀の匙が実写化されている。ここに関しては原作ファンが叩くものではないだろう、むしろ原作者が歓迎している。

そして山田涼介の実写化と言えばこれまで何度もヒットを飛ばしており最近では暗殺教室が非常に高い観客動員数や興行収入を記録した。

山田涼介といえばまさにジャニーズ界の実写化御用達メンバーであり、実写化得意中の得意。

「恋愛もの映画やドラマをやってみたい。いつも俺の役は何かと戦ってることが多い」というほど実写化ばかりやっているのが山田涼介だ。ビジュアル的にも二次元キャラクターに向いたビジュアルて、また身長も一般俳優の役としては少し小さいがそれゆえにアニメキャラクターには向いているという特性がある。

俳優や映像方面に出演するジャニーズタレントが多く、近頃はイケメン俳優人気も高まっている。そういう中かでジャニーズはむしろアニメや漫画原作のキャラクターが向いているのかもしれない。アイドルというのは元々そう言った2次元的な存在ともいえるため漫画とは本来相性がいい。

また山田涼介自身、ハガレン世代ど真ん中でありアニメはリアルタイムで見ていた世代でもある。

 

 

そして鋼の錬金術師の実写化はジャニーズ映画の今年ラストを飾る作品でもあり、そこには多くの期待がかけられている。前述のように予算もかなり計上されており、これまでの本人の実績や人気もあり原作も有名タイトルであるためヒットしない方がおかしいと位ぐらいの超大作でもある。映像を少し見た限りでは派手なCGも駆使されており本人もエド役が似合っている。

 

また山田涼介自身スキンケアや化粧を得意としている女子力の高いメンバーであり、化粧が似合う顔つきでもある。こういった2.5次元キャラは本人の最も得意な役目ともいえる。部隊やステージに立つと世界一のナルシストになるとも言われており、アニメキャラ実写化といえばまさにこの人。その映像美を見るだけでも美しいと言える。

 

本来こういう少年キャラクターは女性による男装の方が似合い、実際エドの声優も女性声優の朴璐美が担当している。コスプレなどもたいてい女性であることが多い。

しかし山田涼介は決してその再現度で負けていない。

今日本の男性芸能人でエドを実写化しようと思えばできる人は限られてくる上に、知名度もあるとなるともはや山田涼介ぐらいしかいないし、最も適役ともいえる。

 

また他キャラクターの配役として本田翼やディーン・フジオカなども出演し、邦画らしいキャスティングでもある。世界の映画に比べていろいろ言う人もいるが、日本人が日本で映画を見て日本経済が回ることの素晴らしさを考えたときに、その規模は十分でありこういった邦画の環境はむしろ恵まれているともいえる。

 

また実際漫画原作で成功した実写化と言えばデスノートも存在し、目標はデスノートに並ぶことかもしれない。デスノート実写化が2006年だと考えればほぼ10年前の話である。10年後とにそう言った実写化映画のヒットがあるとするならばその期待はハガレン実写化にかかる。山田涼介、そして実写版鋼の錬金術師デスノートを上回れるか、そして山田涼介が実際にヒットさせた暗殺教室を上回れるか。この冬その答えは明らかになるだろう。