読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

自分がダメな人間だと思うから本当にダメな人間になる

思い込み効果という者は結構大きなもので自分がいいと思ってる時は自信がみなぎってそれが見た目にも影響したり、能力にも影響したりする。

根拠のない自信もいつかそれが本物になっていく。できる出来ると思っていたらいつの間にかできるようになる。プラシーボ効果にも近い物でポジティブになればその内本当にポジティブになる。自分はポジティブでやれる人間だと思う、そういう人格を先に作る。

もう先に行ってしまう事で、そうならないと駄目という状況を作って自分を追い込んでその人格に追い付こうと頑張れる。サッカーの本田やニュースの手越はこういうタイプの人間。

 

ただみんながみんなそうできるかといったらそうじゃない。

弱い人間が世の中には星の数ほどいる。そういう人間になろうとしてそういうメンタル強化方法を自分に取り入れようとしても結局根の部分で最後の自分の弱さが出る。

カイジの石田さんが鉄骨渡りの時に「いざという時にできる人間とできない人間がいる、カイジ君はできるほうの人間だよ」というシーンがある。そして石田さんはできないタイプのほうとして鉄骨から落ちていく。

自分は圧倒的に石田さんタイプ、カイジタイプだと思い込もうとした時期もあったけど結局は石田さんタイプだ。

俺鉄骨で落ちる側の雑魚キャラなんだなと最近は思う。つくづく持ってないタイプというか成功から見放されるタイプというか、いざというとき勝てないタイプというか。

でもそうやって卑屈になって自分はダメなんだ駄目なんだと思うとますます駄目になっていく。本当にダメになっていくし、もう戻れなくなってしまう。

飲み過ぎ対策×ダイエットサポートのハイブリッドサプリ!【エグゼ酵素】

 

だけどもう戻れなくてもいいのかなと思う時もある。

ポジティブになることって結局エネルギーが必要、そしてそれは有限。もうポジティブになることも疲れたしなっても俺は結局変わらないという現実がある。結局なにやっても上手く行かないタイプや、やることなすこと結果を出せないタイプというのがいる。そしてそれが自分だったというだけの事。

自信を持とうとしていたけど自信が持てない。

根拠のない自信というけど結局それはある程度恵まれていたり成功体験があるタイプの人間だからもてるわけであって実は根拠のない自信にも根拠がある。

本当にダメな奴は根拠のない自信すら持てない。しかも失敗するとますますその自信から遠ざかる。どんどんネガティブになる。

ああやっぱ俺は上手く行かないタイプの人間なんだな、ってなる。

そのスパイラルに陥るとほんと駄目。

 

貧困のスパイラルはとんでもない打開力がないと脱出できないし、自分の力だけで脱出できない。やりなおすことはできない。これまでいろいろ打開しようとしてきたけどことごとく失敗してるし、かといって助けてくれる人もいないわけで。

特にやっぱり出自って大事で、貧乏人に生まれれば貧乏人。貧困の遺伝子は変えられない。金持ちの家に生まれることも才能。家が貧乏だとやり直しも聞かない。貧乏神が住み着いてる。そんな負の感情さえ思うようになる。

あとは好かれるタイプとか支持されるタイプ、人が寄ってくるタイプならこういう時何とかなったのかもしれないけど、いざという助けてもらえるタイプと助けてもらえないタイプがいるというのもこれまで思い知ってきたことでもある。

 

こうやってどんどん荒んだ考えになる。

「駄目だと思うから本当にダメになる」とわかっているのに、もうその考え方がやめられない。それどころかその内それの何が悪い?と思うようになってしまう。そうなるともう絶対抜け出せない。先のことを考えるよりもその日暮らしで、もうその時だけでいいやとなってしまう。どうせ頑張っても無駄だからってなる。

そんなもんよ人生。結局金が人生。そして貧困の泥沼に陥ればもう二度と金は寄ってきてくれない。とにかく貧困が憎い。貧困のせいでやりたいこともできないし夢も追えないしポジティブな活動もできなくなる。そうするとますます人から嫌われる。

本当はそうじゃなくてもしかしたらまだ可能性はあるけど可能性が信じられなくなる。その可能性を信じられないという事がまさに負の連鎖。一度はまると抜け出せないまさにアリジゴク。砂の渦に吸い込まれていき最後は喰われる。