読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

ASP系広告の扱い方がマジで理解できない

インターネットを見てもとにかく広告というものを目にするがその広告にもさまざまな種類がある。

広告には大体3種類ありアドセンス系、ASP系、アソシエイト系に分けられる。

このブログでもいくつかの手段によって収益化を試みている。そしてその3つの種類について個人的な考えを記していきたい。

またそういうブログビジネスに興味のある人にとっても参考になるかもしれない。

順を追って解説していくと以下のようになる。

 

1:アドセンス

これははてなブログにもともとついておりスマホで表示した場合上に出てくるようなものだったり下に出てくるようなものだったりする。無料ブログなのでブログ運営側がつけているのでどのブログにも基本的に存在する。

はてなブログはまだこの広告が少ない方でアメブロなどになるととにかくベタベタと広告だらけである。このブログの場合スマホで見た場合には上の方に表示されることが多く、よくみればadsenseと表示されている

 

しかしその広告収入を自分の収益にする手段もあり、グーグルアドセンスなどが一番有名。これらはクリックされるだけで収益になるがその代り独自ドメイン習得が必要になる。元々はてなブログでは無料ドメインの時代にも習得できたが今ではそれができなくなっている。自分も試したがアドレスの時点ではじかれた。

 

またグーグルアドセンスの場合制限が厳しくなかなか審査に通ることができないと言われている。

このブログは独自ドメインではない上におそらくグーグルアドセンスの基準に合致しないのでそもそも自分はあきらめている。中には何か月もやって審査に通るためだけにブログの形や内容すら変わってしまい本末転倒となっているようなケースも存在する。

自分の場合はアドセンスの為だけにこれまでやってきたスタイルを変えたくないのでやるとするならば別ブログでやりたいとも思っている。しかもアドセンスで収益を上げようと思ったらPV数、アクセス数が膨大にかかる。小規模なブログではろくに収益を上げられないというのが現状。

いずれにせよこのブログでは採用していないしいくらクリックされてもはてなブログの方に報酬が行くだけである。

 

2:アソシエイト系

大まかに言って楽天とアマゾンがある。

これらは非常に初心者向けでもある。大手通販サイトという信頼があるので収益に結び付きやすく自分もブログでも既に収益を上げている。

しかしながらそれは本当にわずかであり売り上げがないという日も当たり前にある。ただ割合としては非常に小さく売れたとしてもほとんど雀の涙でありこれで生活していくことは厳しいのが現状だ。諸費用を考えると赤字であり、一ヶ月で本2,3冊買えるかどうかいうぐらいの収益にしかなっていない。

 

また広告として設置した内容の物が売れなかったとしても24時間以内に別の買い物をしてもらった場合その収益が入るという構造になっている。

そのため自分は「このブログで面白い記事があったらそのクリック経由で好きな物を買ってください」とお願いしている。それがあると面白いと思ってもらえたんだなというモチベーションにもなるし、もし今後そういう形で収益が上がればその収益を使って更に面白い記事を書きたいとも思っている。

 

ほんとただこのブログのクリック経由で好きな物を買ってくれるだけでも助かるし特別その費用を取るわけでもないけど、現状「ブログで金儲けしてんじゃねぇよ」という反発の方が大きい。

個人的な考えで言えば独自内容の記事を書いてそれで楽しむ人がいて、なおかつ消費経済を刺激していてそのジャンルの商品が売れるのだから、いろんな人にお金が回っていいことじゃないかと思っているし、それで自分ももっとブログを書けるようになるとも思っている。

ただやはり広告でお金儲けをすることに反発する人が多いのも現状。

自分も昔はそう思っていた。

ただ実際にやってみて昔よりブログを書く気になったし、書いていない時期はこのまま書いても何の意味もないんだろうなと思う事があったけど収益という基準ができてからは書くのが楽しくなったしもっと書けるようになった。

やはりプロのスポーツ選手もお金をもらっているからプレーの質が高くなるわけで、ボランティアでタダでやっていたら質の高いことはできない。そのためお金という基準があると質が高くなるし、もっと頑張ろうと思える。

 

ただ現状そういった応援はほとんど得られていない。

結局が支援したいと思われる存在ではなく、むしろアイツには金儲けされたくないし協力したくもない存在にしかなれていない。それがこの結果に現れているのかなとも思う。そういうブログしかやってこなかったんだなということを今反省している。

創作活動なども今思えば誰からも支持されないような事しかやっていなかった。これが実力と言えば実力。

 

また最近ではヤマト運輸問題も発生していてヤマトのアマゾンでは買い物したくないという人も増えている。ちょっとの騒動が起こればアマゾンクラスの通販サイトでも消費者に避けられてしまうという厳しさも感じる。

自分の商才や才能がないのか、そもそも自分の魅力がないのか、とにかく広告の貼り方が下手なのか。なぜ見向きもされないのか、毎日そんなことで悩む。

結局良いブログを作れなかったのか、それともまだ改善の余地があるのか。もう完全に諦めて新しいブログをゼロから作り直すべきなのか。どうしていいのかわからない状況が続いている。

 

とりあえずアマゾンに関してはもう初心者が雑記ブログでちょっとやってみるかというのでは通じないようなものになってきているかもしれない。結局こういう個人の趣味ブログに居場所はないのかなと思うし、もうやめて別のことをやったほうがいいのかなと最近では思っている。

 

3:ASP系

これはよく見かけるネットに存在する広告で、見た目ではアドセンス系広告と似ている物も存在する。スマホで見た場合には明らかに違いが分かるがパソコンで見た場合には似ている。とりあえずこのブログでは一番下にあるのがアドセンス系で、記事内に自由に張れるのがASP系である。

 

そしてこのASP系が最も収益に結び付きにくい種類の広告である。

有名どころで言えばA8というおすすめの中のおすすめと言われている必須サイト。

しかしこれが初心者にとってはガチで鬼門。まぁ無理だし誰も見向きもしない。見向きしたところで結局買ってもらえないという初心者には厳しすぎる記事。

はっきり言えば適当に広告を置いておくだけじゃ何の効果もないというタイプの広告がASP

自分自身1円も利益を上げられていないし、ほぼ諦めかけていてアマゾン広告に切り替えたというのが現状になる。はっきり言えばASP広告の扱い方がわからないし、これで収益を上げる人は凄いなとすら思う。

とにかくクリックされにくいしされたところで皆買ってくれない。広告なんて興味ないから記事内容だけ早く見せてくれというのが皆の本音。

 

そのかわりハイリスクハイリターンで、一件当たりの報酬はアソシエイトやアドセンスに比べて大きい。成果報酬型なのでクリックされてもその後買ってもらえなければ一切収入にはならいが、それができれば非常に大きいなメリット。

 

そしてとにかく簡単に始められるというのが長所。A8なんて本当に早く済んだし、貼り方もめちゃくちゃ楽。無料ブログの普通の編集でも簡単にできるし「もっと早くやっておけばよかった」というぐらいに簡単。ブログを始めたと同時にやってもいいレベルで簡単。

具体例で言えば↓こういうタイプの記事

良く見かけるような化粧品広告もあるし、蟹なんかも年末は稼ぎ時だと言われていて種類が豊富。他にも有名なサイトの広告があってあみあみやホビーサーチなど自分が利用したことのある通販サイトの広告もあった。内容はほんとなんでもある。

広告の種類は無限大、始めたときは「自分のブログにもよく見かける広告が簡単に張れるんだ!」と楽しくなった。

A8.netの申し込みページはこちら

ちなみにこういう↑文字の形式もあってこの形式もいろいろ種類がある。画像も大きさや内容に種類があるし、文字の内容もいろいろと種類がある。やるのは本当に簡単だしブログやサイトを持っていればほとんど誰でもできる。A8の審査はほんと適当でなんでもOKという状態に近いし、始めてから難しい知識もいらない。それどころかA8でブログツールすらあるし、もはや何もない状態で始められる。A8が用意するブログで記事書いてそこに広告張ることもできる。

 

しかし始めるのは簡単、利益を得るまでが難関

例えるならば入学はしやすいけど卒業はしにくいというアメリカの大学に似ている。

自分も正直諦めていて、これで収益があったことはまずない。「ああ、また今日も何もないな」という朝をどれだけ迎えてきたことか。そういうがっかりする朝が本当に毎日続いてる。

基本的に見慣れたアマゾンなどに比べて明らかに広告っぽいので読者は避ける。最近ネット見てる人は広告を無意識に避けるようになっているというのもあるし、広告をクリックするということに抵抗がある人が多い。

 

それでいろいろ悩んで調べたけども、現実はやはり厳しいとも思った。結局やみくもに貼るだけでは100人に1人しかクリックしないし、そのクリックした100人の内1人しか買わない。要するにたった1つの成約に1万アクセスも必要。

 

本当にただ貼っておくだけでは一切意味がない。よっぽどすごいアクセス数が必要。

毎日1万人、10万人ガンガン来ますよ的なブログやサイトじゃないと意味がない。そうなると大手まとめサイトクラスしか生き残っていけない。

 

それ以外はとにかく「買わせる記事」を書かないといけないと言われている。露骨にセールストークしたり商売目的のブログを作らなきゃ見向きもしてもらえない時代。結局「それを買いたい!」と思う人にクリックしてもらわないとほとんど買ってもらえない。

例の化粧品広告も化粧品の記事ばっかり書いて中には他の人のブログ内容をパクって書きなおして内容ほとんど変わらず露骨にセールストークして美容に悩んでる人を集めて、化粧品を売りつけるというスタイルになってる。残念ながらそれが一番の攻略法

(↑こういう奴がA8の広告)

ブログの一番の目的が読者に楽しんでもらおうという趣味ブログでは生きていけない。このブログもそういうセールストーク記事は避けていたけどそれで結局評価されないし収益もないわけですよ。世の中綺麗事じゃなくて、ただで生活できるわけじゃない機械のように記事書いたり創作できるわけじゃない。

たまには何か食べながらでも書きたいしそれで質が上がることもある。でもそれにもやっぱりお金ががかかる。記事内容を充実させるために本を買ったり、何か自分の書いてるジャンルの物を買ったり、ちょっと面白い内容にするために旅に行ったりするのにもやっぱりお金がかかる。

本当に良いブログを作ろうと思ったらタダで書ける内容には限度がある。

そういう意味で自分は支援してほしいとも思ってるし、支援されたらそれは内容として還元したいとも思ってる。別に自分が貯金する為だけにお金が欲しいと言っているわけでもない。

日本経済活性化のために皆で消費しよう!と言っておきながら、自分だけ貯金するわけにいかないじゃないですか。儲けた金はガンガン使うし、特にブログ内容向上のために使おうとも思ってる。

 

ただ結局真面目に趣味ブログとして楽しんでもらおうとやるより狡猾にセールストークして自分が儲けられればいいという発想の人のほうが勝つ、そういう時代なのかなと思う。

ここまでいろいろ長文を書いて来たけど結局ほとんどが不満と悪口になってしまった。それに関しては申し訳ない。

ただそういう不満記事の方が案外筆が進んで充実した内容を書けたりもする。ただ単に人生の不満ばかり書いて人生の辛さについて語りまくるブログ作って、それに即した広告を貼るというのも一つのビジネスモデル。それでも成功しようと思えば成功できる。

 

初心者には本当に鬼門、難関ではあるけど上手い奴はできる。

それがASP系なのかなとも思う。初心者に始めやすいけど始めやすいだけで利益を得るのは上級者だけ。少なくとも自分は難しすぎて出来なかった。自信がある人はチャレンジしてみるのもありかもしれない。ただ簡単なのは前述のようにアマゾンアソシエイトかグーグルアドセンス

入るのは簡単、成功するのは難しいASP、入るのは難しいが入れば一応収益は上げやすいのがアドセンス(金額を上げようとすれば結局難しいけど小銭は入りやすい)

そしてその中間にあたるのがアマゾンアソシエイトといったところだろうか。どれが向いてるかというのは結局やってみないとわからない。

 

ただやってみたらブログの目的にはなるし、それがモチベーションにもなって今までより内容書けるようになる。

見返りがあれば人間というのは頑張れるようになる。自分も広告を設置していなかった時代はPV数か、ごくたまにあるコメントぐらいしか楽しみが無くてやめようかなと思う時もあった。それで何になるんだと思ってどうでもよくなったり、虚しいなと思う時期もあった。

 

ただそこに収益が絡んで来ると頑張る意味が出てくる。ブログで金儲けとかアフィリエイトなんてって批判されるけど、本人がそれでやる気になって記事を多く書けるようになれば大成功だし、確実に書く回数は増えて文書力は上がる。目標の1つにお金を定めるのはいいことだし皆世の中お金のためにやってる。

それで自分のそのブログやサイトが充実して、それで消費経済が刺激されて商品が購入されていろんな人にお金が回って、それまで見てた読者も更新頻度増えてより楽しくなる。

そう考えると自分は凄く良いことだなと思うし良いことづくめだとも思う。少なくとも自分が世の中の経済に関わっている気分になるし、一つの趣味としては本当に面白い事だなと思う。かといって甘い世界ではないよという事だけは事実。上手く行くか上手く行かないかは結局本人次第、そんな現実がこの世界にはある。