elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

指原莉乃さん、STU48を乗っ取ろうと加入する

最近STU48なる新しいグループがまた48系列にできようとしているらしい。

瀬戸内7県をホームにする新しい48系列で「顔重視」の採用を画策しているというグループだ。

最近の48事情はよくわからないけどとにかく今までの48系列に比べて顔重視の路線で行く方針になるとのこと。ここ最近いわゆる本店のAKB48や名古屋の栄地方を主体にするSKE48の勢いがなくなり後発の坂道系列が人気になってきているという事は知っている。

結局親近感あるブスを主体にしたグループのビジネスモデルも終わりに近づき顔面偏差値の高い坂道系列が人気になってきている、その流れを汲んで48系列でも顔重視のアイドル路線に回帰しようとしているのだろうか。

 

そんな正統派アイドルを目標に発足しようとしているSTU48だが、そこに「指原莉乃」という異色なメンバーが加入しようとしている。ファンからすると「がっかり」「乗っ取ろうとしている」など評価は散々。

HKT48ファンなどもがっかりしているに違いないし、自分自身は指原莉乃ファンなので普通にAKB48に復帰したほうがいいんじゃないかとすら思う。

本当にどこにでも現れるというか、HKTなのにほとんどAKBで仕事していたり今度はSTU48にまで現れる。声優アイドルユニットのプロデュースもやったり劇場支配人になったり神出鬼没で指原2,3人いるんじゃないかとすら思わせられる。

 

ただ個人的なことを言わせてもらえば指原のアイドルプロデュースは高いし、そういうところにそれが上層部からも評価されているのではないかと思う。実際HKTを育成した実績があるしもはや最近では育成監督としての手腕を評価されているのが指原。

前代未聞のアイドルであるし、どこにでも現れてヘイト巻き起こすぐらいの指原の方が面白い。「さすがに指原しつこい」と言われている光景も含めてエンターテイメント。

現に48系列や女性アイドルに興味を無くしてる自分が、指原だけは面白いと思っているし外部からすれば「指原莉乃ぐらいしか面白いのがいない」というブランドはある。

おそらく48系列のファン内部からすると指原は嫌われているだろうけど、外部からすれば指原は結構評価が高いように見える。少なくともかつて女性アイドルが好きだったが今は興味を無くした自分も、指原莉乃だけはちょくちょく情報を追いかけていたりする。テレビで見たときも面白いしAKBで唯一アウェーの状況でも通じる面白さがある。

欅坂もファミラジで何度か聞く機会があったがとにかく内輪の盛り上がり感でしかなく部外者からすると恐ろしくつまらなかった。

 

おそらく顔重視だけで行くとただそれだけになるだろうし、その坂系列とファン層を取り合うだけでパッっとせずに内輪の盛り上がりだけで終わるように予想がつく。指原の場合アンチが批判する時ほど上手く行く傾向がある。

恐らく結果的には指原が来てくれてよかったと手のひら返しをされているに違いない。

指原はとにかく逆境やどん底から這い上がること、ゼロからスタートするというアウェー状況に強い。アイドル戦国時代、秋元グループ内でもグループが乱立している過剰競争の時代に勝ち残ろうと思ったら指原のそういう逆境に強いメンタリティは必要になる。

自分自身そういう指原の這い上がった姿が好きだし、そういう能力を尊敬している。指原の逆境への強さや成り上がる力はすさまじい。

 

後発で参加するSTU48に必要なのは指原のそういうノウハウや経験であるように思える。「また指原か」という意見は理解できるが、同時に指原のノウハウは軽視できないものがある。逆転力なんかを読んでも、テレビ番組出演なんかを見てもその凄さがわかる。最近の48系列や坂道系列に欠けているハングリー精神みたいなものが指原にはある。

大分のひきこもりから都内の高級マンション住まいまで成り上がったその姿は、恵まれた状況ですでに人気やブランドが確立されている最近の48グループに加入する最近の若いメンバーにはない強さがある。

そういう恵まれた若いメンバーに逆境に強いメンタルを教え込むという意味では指原の加入に自分は賛成である。盛り上げるという意味では指原莉乃の影響力は重要だ。アンチも含めて指原エンターテイメントの一員なのだから。

elken.hatenablog.com