読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

本田圭佑さん、さとりの境地に入る「いずれは死ぬわけですから」

本田圭佑の代表選出が大きな議論を巻き起こしている。セリエAACミランで今季ほとんど出場していない本田圭佑が日本代表の選出されるのだ。

3月23日のUAE戦に起用されるのだろうか。

試合勘の部分では確実に落ちているし「出場している選手が選考の条件」と語るハリル監督はその言葉を覆し、有言実行ではなく言葉とは違う選考になった。

この影で長友佑都も選出されており「またこの意識高いコンビか」と呆れ返っている日本代表ファンも多い。「もういいよ」という言葉を突き付けたくなるのもわかるほど見飽きた光景であり日本代表は停滞している。

確かにこれまで代表での実績はありこの予選で最も得点を決めている選手である、ワールドカップ本戦でも最も得点に絡んでおり日本代表史上屈指の選手であることは間違いない。

 

しかしハリル監督のその言葉に世代交代を期待していた選手も多いし、ファンも期待していただろう。武藤嘉紀は「クエスチョンマークがついている選出も多い」と皮肉めいたことを語り、実績十分なのに外された選手も多い。外された選手の中にはトップリーグでバリバリスタメンで出ている選手もいる。

その一方でまるで出場していない本田圭佑長友佑都が選出されたことに対して代表はリハビリではないという批判も存在する。

議論呼んだ代表選出に持論…本田「いずれは外れる。でもこの時点では本望ではない」 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

 

そして本田圭佑がこの状況に対して口を開く。

>いいんじゃないですか、みんながそれほど盛り上がって。いずれは外れるし、いずれはサッカーを辞めるし、いずれは死ぬわけですから。

まるでさとりの境地でも開いたかのように「いずれ死ぬ」と語る本田。

ポジティブに捉えれば喧騒の中でもいい意味で空気読まずどっしりと構えている。その動じない姿勢、図太いくらいのメンタルはむしろサッカーでは頼りになる。

 

本田圭佑はかつて中田英寿との対談で語っていた。

中田「批判されるの嫌いじゃないでしょ」

本田「そうですね。目立ってる気がして。そういう人たちの手のひらを返させるのが好きなんで」

若手のギラギラしていた時の言葉だが批判されていることは嫌いじゃないというそのメンタリティは変わっていない。それゆえに「いいんじゃないですか、盛り上がって」と語る本田圭佑

こういう時に批判にビビらずむしろ図太いくらいに構える選手のほうが実戦では役に立ったりする。そういう意味で自分はこの本田圭佑の言葉に「本田らしさ」を感じた。言わせておけばいい、批判されても構わない、そういう本田イズムを再び感じることができた。そもそも自分は本田圭佑ファンだからこの選出に関しては賛成でもある。実際自分が監督ならいざという時のために本田圭佑は外せない。軽々しく皆はずせと言ったり、若手がこれで簡単に活躍するように言うけども自分はそうは思わない。

なんだかんだでロシアワールドカップ、ゴール決める本田圭佑がいるんじゃないかとすら思っている。サッカーって簡単な理屈じゃなくてこういう人が決めることは往々にしてある。こういう肝の座った図太い選手の方が結局ワールドカップ本番には強かったりする。

今が全てではないのがサッカーだ。

「ワールドカップ前の半年が全てと言っても過言ではない」と語り今シーズン内での移籍を拒否した本田圭佑

常に評価が移り変わる。

一発ワールドカップで重要なゴールを決めればすべてがチャラになる。今まで批判してきた人も手のひらを返す、それを経験しとして本田圭佑は理解している。

今それほど右往左往するほどでもない、そういう経験に基づくブレない平常心みたいなものを感じずにはいられない。普通の選手だったらこんなとき心折れてるが、恐ろしいほどに本田圭佑は落ち着いている。

このどん底の批判浴びまくってる状況で「いいんじゃないですか、盛りあがって」というふてぶてしさはむしろ日本人選手に足りないメンタリティであるように思える。新しい本田圭佑名言になりうる言葉だ。

 

>10cmでボールを失ったりボールを取れたり、10cmでゴールになったり失点したりする。その10cmを感覚というのだと思うし、緊張感であったり、ガチでやってくる相手というのは練習ではいない。

サッカーというのはちょっとした差が人生を左右する。この10cmの違いに泣く姿をこれまで何度も見てきた。サッカー選手の本田圭佑ならばなおさらにそのことを厳しく理解しているに違いない。この10cmちょっとした差というのがどれほど大きい事か。これは自分の試合勘が足りないという意味で行っているだろうし、そこを極めていかないといけないと自分に言い聞かせている意味でも言っているだろう。

そしてそこを突き詰めたら英雄になれる、ヒーローになって手のひら返しが待っている。10cmに天国と地獄の違いがある。

かつて本田圭佑は言っていた「成り上がる時は1ゴールでも成り上がる」

本田圭佑はその10cmを突き詰められるだろうか。これは本田に限らずサッカー選手全員に共通する真実でもある。

 

「自分の努力次第で切り開く。そのスタイルは変わらない自分が出たら点を取る気持ちでやる」

最近本田が塩らしくなっていたと思っていたが、まるで全盛期のような意志の強さを感じる。こういう本田を自分は見たかった。

若手みたいな無茶苦茶さえでやってもいいと最近インタビューに答えていた本田。

まるで24歳の頃の本田圭佑が今復活しているようにも感じる。誰もが憧れたギラギラしていた頃のかっこいい本田が少し戻ってきたような気がする。いや周りがそう勘違いしていただけで本人は相変わらず狙っていたのかもしれない。

このワールドカップ予選、もしかしたらサプライズを起こすのは批判されまくってきた本田圭佑かもしれない。

elken.hatenablog.com

elken.hatenablog.com