elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

二日酔い最大の対策は飲まないことに尽きるよね

お酒が好きな人間ならどうしても付き合わなければいけない問題がある。飲みすぎることによる二日酔いや、二日酔いとまでは言わなくても頭痛や吐き気などに悩まされる。

「もうすぐ酔いの時間終わって気分の悪い時間がくる」と思うと、どうしてもまだこの時間を続けたくて更に飲んで結局酷い二日酔いになるというケースはよくある。

飲んだ後は結局頭が痛くなったり吐き怪我したりという後悔に襲われる。

ただ最近自分は以前のような二日酔いや吐き気に襲われることが無くなった。

 

一番の理由はやはり減酒に成功したことに尽きる。

ちょうど良い飲み加減を見つけたともいえる。

ここをコントロールすることがうまい酒との付き合い方だろう。

結局飲まなければ二日酔いになることはない。そして健康にもお財布にも優しい。

ただそれほど簡単にお酒の量を減らすことができたら苦労しないわけで、誰も飲みたいと思っている。理想は禁酒、しかしそれはできない。だから飲む量を少なくするという減酒という考え方が必要になる。

 

そのためにはいくつかの考え方が必要になる。個人的に心がけている考え方を記述していきたい。

二日酔い

1:酒を飲んでも効率が良くなるわけではない

酒のみが考えがちなことだがお酒を飲むと自分の力が強化されて瞬間的に素晴らしい力を出せるようになるという幻想。これは確かに事実ではあるが結局トータルの体力を減らして長時間活動できる体力を奪っているに過ぎない。

とにかくむやみに飲まないようにするのが大事であり「作業効率が良くなる」と言ったらそうではない。普段の普通の行動にまで酒の力に頼るようになってしまっては完全に中毒者になる。自分の実はそのようになっているのだが「酒なんて飲んでも大して作業効率あがらないぞ」となるべく言い聞かせるようにしている。

2:酒は腹八分で切り上げる

お酒というのは最後まで行ってはいけない。もう今日はここで酔いつぶれよう、どうにでもなってしまえという自暴自棄な飲み方をしてはいけないという心掛けが必要になる。「そんなことをしたら地獄が待っている」という考えがあると、腹八分で抑えられるようになる。

実際それでも自分は結構飲んでしまうがどんなに長くても次の昼までには治るぐらいを限度にしているし一夜寝れば治るというのが理想。もうこの辺終わりにしようという意識が必要になる。

また個人的に考えているのが「110%理論」という考え方だ。

そもそもお酒を習慣的に飲む人というのは普段暗い傾向にあったり、人生が上手く行っていないタイプの人間だ。自分自身がまさにその典型であり普段は嫌な人生に愛想をつかし落ち込んでいる。そういう人間が心のよりどころとして何とか明るくして飲んでいるのがお酒だ。

いわばこういう人たちは普段のメンタルが60%に沈んでいる。通常の明るい人が100%だとすれば、お酒を飲んで110%、つまり明るい人をちょっと超えるぐらいのテンションになればよいという理論だ。決して150%や200%の領域を目指してはいけない。その領域を目指すと急性アルコール中毒や二日酔いが待っている。

ちょっと明るい人間になれればいいかな、平均的なラテン系の人間になれればいいかなぐらいの領域を目指すことを心掛けている。

【医学博士監修】飲み会のお付き合いが多い方、不調を自覚している方、生活が不規則な方に是非【エカス ekas】

3:お酒をあまり買いだめない

自分がお酒の量を減らすことができた要因がやはり買いだめすることを極力避けたという事にある。以前は酎ハイなどを箱買いしていたが今は買う前に買いに行って飲む習慣にしている。少し面倒だが、毎日買い行くことで「ちょっとお金がやっぱりかかるな」という自覚にもなる。

箱買いしてしまうと次々と飲んでしまうし減っていくことにあまり自覚がない。これだけ大量にあるのだから飲んでもいいだろうと習慣的に飲んでしまう。

酒が無尽蔵にあるように思ってしまうと、1つ1つのありがたみが分からなくなり金銭感覚が麻痺してしまう。それでも結果的に買いまくってしまうのだが、少なくとも箱買いで買いためていた時期に比べて明らかに朝起きたときに嘔吐することから始まることは減った。

 

4:アルコール度数の低い物を飲む

例えばビールのアルコール度数は5%前後である。酎ハイだと物足りないがビールならばこれが普通だろうという感覚になる。同じ量ならば9%系の酎ハイの方がアルコールが入っていてお得感があるがあえてビールや発泡酒などを飲むと意外と満足感がある。

5%、5.5%がちょうどいい飲み物だと思っているので納得できるし食べ物感もあるのでこれだけで食欲が抑えられたりする。量があるので飲んだ気にもなるしお高いというのが逆に飲むペースを減らす効果もある。

 

5:チェイサーやおつまみと共に飲み、飲んだ後に水を飲む

アルコール分解には水分が必要である。チェイサーと共に飲みながらだと水分も補給できるし、飲み終わった後にはなるべく何か水分を飲んでから寝るとだいぶ翌日が違う。

おつまみでも良いがとにかくお酒だけではなく何かひと工夫入れるだけでも飲むペースを減らせる。数十円の安いつまみでも、ジュース1缶があるだけでも全然違ってくる。

 

お酒好きの特徴として、アルコールがない食事や飲み物はどこかアルコールが入っていなくてもったいないように感じることが多い。それだけのものにあまりお金を出しくない。しかし同じ予算ならば半分はお酒、半分はおつまみやチェイサーというものに使うという使い方をすれば健康にもよいし、お酒に使っていないからもったいない、ただの食事でもったいないという考えかたにもならない。両方折半するという考え方が一番バランスが取れている。

個人的にはおつまみならするめ、チェイサーならモンスターエナジーなどのエナジードリンクと共に飲んでいる。割って飲むのも勿論有効だろう。

 

これらのことをまとめると二日酔い対策の習慣としては以下の様になる。

・そもそもお酒が良い物だという幻想を捨てる

・ちょうどいい切り上げ方を自分の中で定める

・お酒を買いだめない

・アルコール度数の低い物を飲む

・お酒だけで飲むという習慣にしない

お酒をそう簡単に辞められたら苦労しないし、むしろお酒があるから頑張れるともいえる。辞める必要は決してないしお酒程幸せな飲み物もないだろう。

そんな中でもやみくもに飲んでいい物でないことは自覚する必要があるのではないかと思っている。自分自身二日酔いで公開したことが何度もある立場である。

そんな時に自分に言い聞かせる手法や、お酒を工夫して飲む手法を持っていると翌日が違ってくる。朝が嘔吐から始まる生活はそれだけで楽しくない。

程よくその日にも満足できて、次の日も元気に始められる。そういう飲み方が理想なのではないだろうか。