読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

はじめしゃちょー(笑)とかいう畜生三股野郎www

今ユーチューバーとして知られるはじめしゃちょーが三股騒動で荒れに荒れまくっている。投稿等画には低評価が付きどこでもかしこでもはじめしゃちょー批判が巻き起こってて、信者もファン離れをおこしボロボロである。

ちょっと前までははじめしゃちょーを批判すれば頭お花畑のファンに嫉妬認定されるのが恒例だったがゲス三股騒動で本性を知った今擁護の声は小さい。

 

そもそもの発端は木下ゆうかとかいうこれまたどうでもいい大食いユーチューバーに涙ながらに語ったことから始まる。詳細は至極どうでもいいが今はこういうユーチューバーが話題にもなる時代なのである。

はじめしゃちょーはユーチューバーがいかにクズであるかという本性をさらけ出した。自分たちに近い存在だと信者が夢見てるユーチューバーの実態などこのような物なのである。ようやく信者も夢が覚めたのではないだろうか。スマホでネットを見始めたようなネット初心者が勝手に幻想を抱き、普通の芸能人とは違うユーチューバーさん(笑)としてもてはやしていたが実際は芸能人と変わらない。こうやって見事にゲスはじめに裏切られたのだから哀れである。

 

そもそもネットの素人に夢を見ること自体がばかげているのだ。

木下ゆうかファンに対しても言えることだが、勝手に親近感を感じて「自分だけが知ってるプレミア感」のように持てはやして勝手に裏切られて勝手に悲しんでいる。

結局のところこういう信者たちはAKBの握手会にいくい哀れなファンとなんら変わらないのである。会いに行けるアイドルと勝手に夢見て等身大だの自分に近い存在だの夢見て、本人は彼氏気取り。大金を費やして擬似的な彼女感覚を満たしているのだ哀れなファンたちだ。本当はそんな奴らとっくに芸能界で好きに遊んでいるのにまるで彼女感覚を求めている。

ツイッターで人気の異性をフォローして恋人気取りになってる奴もまた同類である。ネット上の異性を持てはやしてる奴はことごとく哀れな奴しかいない。自分が利用されてることにも気づかない無能である。

 

そしてそれはユーチューバーファンに対しても同じことが言える。こういう異性の配信者に精神的に依存する奴は男女ともに哀れな奴らだ。実態は裏でファンや同じ配信者仲間と遊んでいるにもかかわらず自分だけが知ってる感(笑)を満たし恋人がいるような気になっている。

そういう精神的な依存者を食い物にして金を稼ぐのがこういったユーチューバーと言われる連中なのだ。自分だけが知ってる面白い人だと思ったら裏ではしっかり三股して遊んでいる。現実はそんなもんよ。

 

女性配信者や女性ユーチューバーみたいな奴らも実際は裏で同じ配信者仲間に食われてる。そこに幻想を見る意味がまるで分からない。そこに依存するしかない哀れな視聴者が声を震わせながら都合の悪い意見に対して「嫉妬だ!」と認定していたというのが哀れな実態である。

嫉妬認定は自分で勝負できない奴が使う常套句だ。

たとえばはじめしゃちょーやユーチューバー本人が嫉妬だと認定することは何の問題もない。その通りと言えばその通りだからだ。

 

しかし強者の周りにたむろすることしかできない奴が「お前は嫉妬だ」と言って勝った気になるのはまさに虎の威を借る狐。虎の近くにいる狐が、虎におびえて逃げる動物を見て自分にビビってると勘違いしているのと同じ構図。

それでいてその虎に裏切られるのだから何ともこの狐どもは合われない者である。ユーチューバーを持てはやす頭の悪い人間に一応説明するならば虎とはユーチューバーであり、狐とはその哀れな信者なのである。

結局その虎はいざという時助けてくれないどころか裏切る。

 

そんなゲス畜生はじめしゃちょーを持てはやしていた奴は今手のひら返しで擁護すらしない。結局ユーチューバーの民度も低ければファンの民度も低い。

はじめ信者など所詮その程度。

こういう異性の配信者みたいなものに精神的に依存し恋人を作った気になる奴は徹底的に負け犬根性の持ち主である。はじめしゃちょーファンにも、木下ゆうかファンにも語哀愁様としか言いようがない騒動である。

elken.hatenablog.com