elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

儲からない底辺アフィリイターのぼやき

よくアフィリエイトやブログって儲かるの?という話がある。

ブログでお金を稼げるという話自体はどこかで聞いたことがあるのではないだろうか。実際リアルな実情としてどんなものなのかと知りたい人は多いに違いない。

アフィリエイトとはブログに広告をつけてその商品が買われれば収益を得られるというシステムであり、その収益だけで生活しているアフィリエイターという人も存在する。

そしてそのアフィリエイターに憧れて自分自身ブログをアフィリエイト化させた一人だ。

 

しかしこの手の話、上手くいっている人の話だけ人目に付きやすく、それに加えて実態を誇張している場合も存在する。「自分はこれだけ儲けました!」というと皆凄いと思ってその人の話を聞く。そういう誇張がネットには溢れている。

また上手くいっていない人はその恥ずかしい現実をあまり語ろうとしなかったりする。皆自慢したいだけなのだ。上手く行ったときにしか語らない。

それゆえにこの世界にには成功者の体験だけがあふれかえっている。

自己啓発本情報商材が成功者の体験ばかりなのがこの世の中の本質を示しているだろう。

 

結論から言えばそんな甘い話はなく、儲かっているのはほんの一部というのが現実であり自分もほとんど儲かっていない。よくアフィブログ始めた結果1か月で数百円にしかならなかったしバイトしたほうがよかった、という話を聞くがまさにそんなレベルであり少数の勝者の下に無数の敗者がいるというのがこの業界の構図である。

まさにユーチューバーと一緒で「ユーチューブ儲かるよ!平均月収700万だよ!」と言いつつもそれはほんの一部の上位層だけをカウントしているからである。

結局人というのは嘘をついて誇張したり、上手く行ってる人しか話をしたがらない。誰もが失敗や上手く行っていない現実を語りたがらない。

 

そんな中で自分は赤裸々に現実を語っていきたいと思う。

まずアフィリエイト広告には大体二種類ある。

具体的にはクリック報酬型成果報酬型の2つに分けられる。

前者で有名なのはグーグルアドセンスだろう。いわゆるアドセンスクリックお願いします、という奴だ。これはクリックされるだけで収益になるがこのブログでは取り入れていない。なぜならば独自ドメインを習得する必要があり、今からやろうと思うと有料ブログにしなければならないからだ。

 

更にクリック単価もそこまで多くなく利益のためには膨大なアクセス数が必要になる。アドセンスは質より量で勝負しなければ儲からない。

少ないアクセスでは雀の涙のような収益にしかならない。

更に言えばブログの内容や規定に厳しく、そう簡単には審査に通らなかったり少しのことで使えなくなったりする。

グーグル社との契約であるため非常に敷居が高いのだ。誰でもやれるものではない。

そのためそれほど自由にブログを書けないのが難点であり、今からこのブログで始めるには厳しい条件があるので自分は採用していない。

 

次に成果報酬型の広告だ。

主にASP広告と言われている。

物凄く簡単に解説すると広告ばかり取り扱ったサイトがあり、そこに登録すれば様々な広告を使えるというシステムだ。

そこに登録して自分が張りたい広告を見つけてきて自分が書いた記事に貼れば基本的な準備は整う。審査もほとんど通るのが普通であり、敷居は低い。必要なのは無料ブログを書くスキルだけである。アメブロはてなブログのような誰でも書けるものでも余裕でできる。

内容は本当に好きなことを無料ブログで書くだけでいい。ASPサイトが用意しているブログでもよいし、巷にいくらでもある無料ブログサービスでもいい。現に自分の場合はてなブログで書いている。

そこでたとえば音楽が好きならば音楽関連のことを書いて楽器の広告を探してきて貼ればいいし、化粧品に詳しい人は自分のメイクの仕方や化粧品選びのコツでも書いて化粧品の広告を貼ればOK、やってることは非常にシンプル。ジャンルにこだわらなくてもいいし、ジャンルにこだわってもいい。極端な話に日記ブログや雑記ブログで儲かっている人も存在する。

自分自身もっと難しいメージを抱いていたがやってみると驚くほど簡単に済み、もっと早く登録しておけばよかったと思っている。

 

これらはクリックされても購入されなければ一切の利益にはならないという特徴がある。しかし購入されれば一気に報酬が入ることもある。中には1つ売れるだけで数千円の収益がある物も存在し、ワンチャン一つ、二つ売れればその日の日給になるぐらいの高額案件も存在する。その売れるというのがものすごく大変なのだが、極端な話1日1つ売るだけで人並みの生活ができる広告も存在する。

大手通販サイトではない中小規模通販サイトの業者はとにかく買ってもらう為、知ってもらうためにアフィリエイターに自社の広告をつけてもらいたい。それゆえに高額報酬を出してでも宣伝してもらいたいのだ。

宣伝してもらいたい業者と、少しでも利益を得たいアフィリエイターとの利害関係が存在する。

 

その中で自分は最大手のおすすめといわれるA8というところに登録している。これはアフィリエイトについて調べればどこでも必須と言われているぐらいの大手で、最初はこれだけでいいと言われているASP広告サイトである。この中にアマゾンや楽天も入っており、A8で基本的に大体の事は揃うのでこのサイト1つでおkというぐらいに汎用性は高い。

アフィリエイトなら【A8.net】 (実際のサイトはこんなところ)

・A8などのASPサイト→いろんな通販サイトから広告を集める。

・ブロガー→A8に登録してその広告を探して自分のブログに貼る。

その記事を読んでいる人がその広告経由で商品が買えば、そういったASPサイトから報酬が支払われるという構図だ。

簡単に言えば業者とブロガーの間を取り持つのがこういうASPサイトである。

これはスキャン画像だが大体のイメージとしてこんな感じになっている。

f:id:elken:20170327082304p:plain

しかしタイトル通り、正直に言って儲からない。

始めるのは簡単も簡単。ブログをもっていればA8に登録するだけでいいし、ブログさえ持っていなくてもA8で無料ブログを用意してくれる。本当に元手ゼロから始められるし一獲千金の夢がある。

 

ただ実態としては普通に広告貼っとくだけじゃほとんど見向きもされないし、クリックされたところで結局買わないという人がほとんど。簡単に言えば100人その記事を見ていてクリックするひとはその中の1人、そしてそんなクリックが100あってその100の内1人だけがやっと購入してくれるというのが実態だ。

要するに普通のやり方では1つの物を売るのに目安として1万人に記事を見てもらう必要があり、そんなブログは本当に上位層のブログだけである。

有名なまとめブログでも、中堅どころは1日2,3万アクセスだったりするご時世にただの個人ブログがそのアクセス数を継続的に維持するのは非常に難しい。

 

更に今の時代日本人の多くが貧しくなってきておりそう簡単にお金を使っていられないいという景気の事情も存在する。

なるべくならばお金を使いたくないという人がほとんど。

物が売れない時代にビジネスをやることがどれだけ大変かという事である。

 

そしてアフィリエイターがしなければならない努力がまさに基本的に1万人に見てもらわないといけないことをどのように効率よく収益に結び付けるかという事である。

これこそがまさしくアフィリエイターに問われる実力であり、上手く儲けている人はそこが上手い。

つまり100人中1人しかクリックしないものを、100人中5人ぐらいクリックするようにして、そのクリックの100人中一人しか買わないものを100人中10人くらい買ってもらえる内容にすることができればそのために必要なアクセスは少なくて済む。

物凄く簡単に言えばアフィリエイターの実力というのはアクセスの数を多くする努力と、購入に至るまでの効率を良くするの2つに焦点が絞られる。

そして自分の場合後者が特に上手く行っていないために底辺アフィリエイターを抜け出せていないというのが現実であり、ほとんどのアフィブログに夢を見た有象無象の人がここで散っていく。

まさにその部分の文章力やビジネスセンスがアフィリエイターや収益の命運を左右すると言っても過言ではない。

アフィリエイトは極端である。

センスがなく儲からない人はとことん儲からないし、センスがある人はガンガン稼ぎそれこそ世間的に勝ち組とされている職業以上に稼ぐ。

しかも部屋でのんびり自分のタイミングで稼ぎ一度儲かるサイトが完成すれば寝てても自動的に収入が入ってくる。

前述のA8サイト内にはその月の振込額ランキング=月収ランキングが公開されているが1位はなんと900万である。2位と3位が800万前後であり上手く行けばまさに大手ユーチューバー並に稼げるという夢がある。

 

しかしその華やかな夢と同時に底辺の実態は貧しい。

センスがない人間は時給で換算すれば最低時給を余裕で下回るし、売れない芸人や駆け出しの声優よりも酷い収益しか得られない。

逆にセンスがある人間は寝ているだけでも稼げる不労所得を得られ、合法ニート、リタイア生活が実現できる。それゆえに人々は「バイトしたほうがよっぽど稼げる」ということを分かっていながらも夢を見るのだ。

95%以上の人はバイトや他のビジネスでもしたほうがよほど稼げていたという結果に終わる。ただその数%に入り込むことができれば人生が逆転できる。学歴や性別、経歴が関係なく月収900万を目指せるビジネスがどこにあるだろうか?年収ではなく月収が900万という一獲千金のチャンスがある。

今更学歴を良いものに変えようとしたって受験勉強や学費、参考書代もかかる。4年制大学に行けばその間の生活費もかかるし、奨学金もいつか返さないといけない。資格勉強も必ず身について合格するとは限らない。真面目な正統派の方法も結局リスクがあるし何をするにも金がかかる。

ユーチューバーになるなら容姿や若さも必要になってくるだろうし、競争が厳しく更に全世界に恥を晒すことにもなる。

それに比べると考え方次第ではアフィリエイターは大逆転を狙う勝負としてはむしろやりやすいと言えるかもしれない。

 

東大に合格することや、司法試験や医師国家試験に合格することに比べればもしかしたら簡単だし、当然ながら今更スポーツ選手を目指せるわけでもない。

インターネットでのビジネスとしてはユーチューバーやなろう小説作家として成功するよりも確率は高い。アフィリエイターには撮影機具もいらないし、同じ文章を書くならば一冊描いて売れるかどうかも分からない小説より、一つの記事でも売れるときは売れるブログの方がよっぽど効率がいい。

 

当然ながらそこまで甘い話ではないし、自分自身がその実態を知っている。

しかし元手ゼロから貧困から這い上がれる家でできるビジネスは他にはない。

せどりや転売のようなビジネスでも結局はある程度資金的余裕がなければならないし赤字の可能性もある。まともに勉強しても資格試験に受からなければその時間の投資は無駄になる。

 

それに比べるとブログやサイトのアフィリエイト化はネット環境さえあればすべてをタダで始められるし赤字のリスクが少ない。前述のA8はお金取るんじゃないの?いろいろと難しいんじゃないの?と不安視する人がいるかもしれないが、むしろお金をくれるのがA8である。

※ただし商品を売ることができた人に限る、という条件付きで。

その代り売れたときは滅茶苦茶くれるし前述のように寝ていてもお金が入る不労所得になる。

学歴も性別も年齢も関係ないし、無料で始められて貧乏から這い上がれるチャンスもある。それゆえにみんなが一獲千金の夢を見る。

 

底辺アフィリエイターとして告白するが現実には9割の人間が散っていくし普通に生きたほうが基本的にはよっぽど儲かる。しかしその普通に生きていくことに希望を見出せない人間が、その逆転のチャンスにかけようというのがまさにアフィリエイトの実態になる。

「バイト増やした方が良いとかまともに資格の勉強でもしてステップアップや転職を考えた方が良いというのはわかりきっている、しかしそこにもう今更希望を見出せない、自分には普通に生きていくことすら困難だ」という人間が最後の希望をアフィリエイトに見出す。

そしてそれが上手く行けば見事に底辺から脱出できて仕事をしなくて済むようになる。

そしてアフィリエイトが数%の人間にしか上手く行かないのと同時に、実はこの過酷な現実社会でまともに生きていける人間も数%にしか満たないのだ。ネットも厳しいが現実も同じように厳しい。

現実にもネットにも100%見返りが保障されているビジネスなどないし、見返りの確率が高いビジネスほど報酬の額は下がる。結局多くの人間がその安定した見返りを求めて安い仕事に一生懸命になる。

 

アフィリエイトの本質はいわば賭けや一攫千金、宝石や貴金属を発掘するようなものだ。決して成果が保障されているわけではないし確実に儲かる物ではない。

普通に現実社会で仕事をする方が大部分の人は儲かる。

だけどそうやって現実社会で真面目にコツコツやってても人並みの人生や人並み以下のにしかならない。現実世界ではよほどの大成功を収めない限り早期リタイアはできないし不労所得は得られない。

 

それだったら失敗する覚悟でも一攫千金を夢見る、というのがアフィリエイトの本質だ。その上失敗しても大して赤字になることはない。ガチで大きな赤字を出した経験がある人間からすると「せめて赤字になっていない、マイナスはない」ということのありがたさを思い知る。赤字になるリスクが少ないというのはビジネスの世界において非常に重要である。

それがこういった広告ビジネス最大の強みでもある。家でできて赤字のリスクが少ない、そしてほんの一部ではあるが成功者は月収100万以上を達成できる。

 

アフィリエイトの実態は厳しく9割はまるで儲からないがその1割の勝ち組に何とかなろうとすることに夢を見るのだ。

ネットでの成功も現実での成功も結局厳しいのは同じ。

参入者のほとんどが報われるジャンルなどどこにもない、そんな夢のような世界はない。アフィリエイトもそれと同じだというだけである。

アフィリエイト

ここにダイヤモンドの鉱山の画像がある。

努力に関する有名な画像であり上の人物はもうすぐダイヤモンドにたどり着く。

そして下の人物はこれまで懸命に頑張ってきたがもうここには宝石はないととぼとぼ帰ってしまう。下の人物の方が先に始めていたのに、後からやってきたさらにやる気のある人間に獲られてしまう。

まさに今までアフィリエイトが儲からないと散って行った人は下の人間だろう。

もう少しで結果が出そうなのに、もうどれだけやっても儲からないと人々はあきらめてしまう。寸前のところで諦め、結局続かない。

基本的にまともな収益を得られるサイトになるのに1年はかかると言われている。1年後の収穫のためには、1年前の今に種をまかなければならない。

 

現状自分は底辺アフィリエイターである。

この不景気の時代に物を売ることはそう簡単ではない。ただ夢はあるし、もうそこにしか夢を見られない。人生のレールから踏み外した人間がまともに復帰して人並みの平均に戻ろうと思ったらむしろ1年では足りないだろう。

アフィリエイトに1年もかかるとがっかりする人はいるかもしれないが、現実も成果を出そうと思ったら同じように1年かかるどころかむしろもっとかかる。

東大や司法試験、医師国家試験を目指して何年も浪人してる人も世の中いっぱいいる。成功することの難しさはネットでもリアルでも一緒。

 

そしてその努力をしたところで結局食べて寝るだけでよく、自由時間を好きに使う生活は実現できない。今から負け組の自分がここから数年懸命に頑張って公務員になって世間的には少し勝ち組になったところで夢見ていた生活は手に入らない。

普通にやってても今更負け組が年収1000万なんてありえない。人並みに追いつくのが精いっぱいというオチに終わる。

逆にネットビジネスは狭き門ではあるが入ることができれば現実ではありえないような生活ができる。

完全に運任せの宝くじよりはよほど可能性があるし努力で何とかなる。そう考えるとアフィリエイトが良い物に思えてくるし上手く行かない時にそう言い聞かせることもできる。

 

もしアフィリエイトって儲かるの?興味はあるんだけど・・・という人がいるなら自分はこう言いたい。

アフィリエイトは宝物を探しに行く旅である、必ず見つかる保証はないが見つかれば大逆転だ」と。

殆どの人が儲からないし自分もまだ儲けていると言える状況には程遠い。ただ夢はある。いわば金や財宝を探しに行くようなものだ。

多くの人が70%ぐらいの確率で成功しそうな勝負を狙う。

ただその賭けはそれほど儲からない。

一方で10%の勝率しか見込めないがその10%に勝てば大逆転。

儲かる話は確立が少ないに決まっている。そんなことをわかった上であえて70%の勝率より10%の勝率を狙うのだ。70%で程よく勝っても今より少しマシになるだけで劇的に生活は変わらない。そんなものに勝ってもつまらない人生は変わらない。

それだったらでかい勝ちを狙うという生き方を選ぶという人がアフィリエイトに夢を見る。

 

ただそんな大勝負の割に危険は少ないし始めることは簡単というのがこの勝負の魅力だ。

ブラジルの奥地に金を探しに行って重労働をするよりも、自宅に居ながらパソコンやスマホで収入減を発掘するほうが簡単だろう。

アフィリエイトの本質はそういったものなのだ。

南米のジャングルで金を発掘するのと同じ感覚で取り組むのがこの世界。ネット版埋蔵金探しと言っていいかもしれない。

そのため安定した副業や仕事に変わる物を求めている人には向かないしお勧めしない。それならば普通の事や他のことを探したほうがいいし正統派の努力をした方が良い。

ただ人生の逆転を狙いたいという野望の持ち主にはおすすめだ。

この言葉のリンクの先にはA8がある。前述のようにネットビジネスをする多くの人が利用しており利用料がかかるわけでもなく、むしろ儲かればお金をもらえる。そしてブログを持っていない状態でも始められる。元手皆無の状態からチャレンジできる世界がある。

 

ただその冒険の本質は安定ではない。

人生の逆転のために確実にあるという保証もない金や宝石、骨董品を発掘しに行く、そんな覚悟がある人間だけしかこの世界では生き残れないだろう。どれだけ粘れるか、賢くやれるかが問われるし実力者しか生き残れない。

ただここには夢はある。

持たざる者でも描ける大きな夢が。経歴も資産も才能も持たない人間にも人生で勝つチャンスがある。

安定と夢、どちらを選ぶか。普通に考えたらやらない方が良いし、ほとんどの人が負けてとトボトボと帰る。それを諦めず、めげない強さがある人間だけが勝てる。

その先にだけ月収100万越えの夢がある。

そんな勝者と敗者にくっきり分かれる世界がアフィリエイトにはある。

それが今回自分が語りたかったアフィリエイトの実態である。