elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

二日酔いとかいう悪魔の時間www

二日酔いになるともう二度とお酒は飲みたくないと後悔する。あれほど気分が悪い状況が続く二日酔いはまさに悪魔の時間である。お酒で楽しい気分になった代償として長い時間苦しまなければならない最悪の時間だ。

ひたすら頭痛や嘔吐感が長時間自分を支配し、冷めるまで動くことすらできない。水を飲みに行けるだけまだ状態はマシである。本当に重度な時は水を飲みに行くことすらできない。

 

それまで楽しかったのにその楽しさはいつまでも続かずむしろその後最悪の時間が訪れるのがお酒という存在だ。

決して楽しいだけのものではない、そうわかっているはずなのにまた呑む。必ず身を持って代償を払う時が来るにもかかわらずその習慣が続いてしまうのがアルコール中毒だ。

 

一番の二日酔い対策はまさに飲まない事であり、量を制限すればたいていそこまで苦しまずにすぐに終わる。しかしどうしてもその楽しい時間を終わらせたくないとかここからさらに盛り上がりたいという心理が働き追加で飲んでしまうことがある。

そう毎日というわけではないし、過去に二日酔いに苦しんだ経験からこれ以上飲んではいけないという事はわかっているのだがどうしてもそれ以上に行ってしまう時がある。

 

その時はまさに悪魔の時間が二日酔いとして続く。

頭がクラクラして目が回り嘔吐を催すような気分だけが続く。酒などという悪魔の飲み物に手を染めなければよかったとひたすら後悔する。アセトアルデヒドが体内にたまりひたすら気分を悪くさせる。

アセトアルデヒド早く出ていきやがれと思いながらもなかなか出ていかない。ただひたすら耐え続けるしかない。頭を押さえて痛みに耐える。

 

本来アルコールというのは体にとって有害物質なのだ。それゆえに体はそれを排出しようとする。できる事ならば飲まない方が良いし、快楽の代わりに健康を差し出しているのだからお酒というのはとんでもない飲み物である。まさに悪魔の飲み物そのもの。

飲まずにやれる人は確実に飲まない方が良い。だから自分は人に進めようと思わないし、人に進める風潮も良くないと思っている。

ただ自分はここまで酒を悪く言いながらも酒は心の友だとも思っている。

辛いときに頼れるものはお酒しかない。好きで好きで仕方がないし人生の一番大事なものかもしれない。哀れな自分にとってまさにお酒は天使のような存在でもある。

愛憎入り混じる酒への複雑な感情。上手く付き合うことができる人は酒を知り尽くしている。この悪魔の飲み物は天使の飲み物にもなりうるし逆もまたしかり。

付き合い方を間違えたときは二日酔いという代償に苦しめられる。

重度の二日酔いを覚醒させる【エグゼ酵素】

 

しかし使い方が上手く行けば気分転換になったり新しいやる気や発想がわいてくる。そして人生の原動力にもなる。それはもしかしたら勘違いかもしれないし酒のせいで人生が停滞しているともいえるかもしれない。

いずれにせよ自分にとって酒は必要なものであるし、これからもやめられないだろう。

それゆえに付き合い方を気を付ける必要があるのだ。もう二度と悪魔の時間を過ごさないようにと心に決め、冷静に飲む。

しかし飲んだら冷静でいられないというのもまたジレンマ。程よく盛り上がり自分の精神状態を少しだけ良くしようという飲み方が一番ベストであろう。完全にどっぷりつかってしまったら完全に二日酔いの沼へと転落する。

付かず離れずバランスよく上手い呑み方を追求するのが酒好きな人間の必須スキルと言っても過言ではない。自分の体のことは自分がよくわかる。そうやってちょうどいい塩梅を探すことが人生には必要なのだ。美味い酒の飲み方を知っている物は人生も知っている。酒とは人生であり、人生とは酒であるなんていう酒名言でも考えてまた呑む日に備える。

しかし二日酔い二度と起こすまいと思いつつまた起こすんだろうなぁ。そうやっておなじ過ちを繰り返すのもまた人生なのかもしれない。