読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

なんだかんだで伊野尾慧は今のキャラになってよかったと思う

今更いうのもあれですけど、いろいろあった伊野尾さん。そんな伊野尾さんを見て思う事がある。

「なんだかんだで最近いいキャラになったね」ということ。

そのいろいろなことがあったおかげで今むしろ愛らしいキャラになったと思うのは自分だけだろうか。飛ぶ鳥を落とす勢いだったころのシンガポール事変以前の伊野尾さんも魅力的ではあったけど、今の方がむしろ人間味があると最近思うようになってきた。

 

他担の意見に過ぎないという事は百も承知ではあるけど、意外と伊野尾担の人は慣れて「やっぱ伊野尾っていいね」って再評価してる風に見えるのは自分だけだろうか。

そこまでダメージ受けてないどころか、結局ファン戻ってきてるような印象がある。なんというか伊野尾のキャラがそうさせてるのかなというか、まぁそういう奴だろと逆に受け入れられている印象。今思えば伊野尾さんってマジもんのクズではなかったよね。

誰とは言わないけど放課後プリンセスさんとかさぁ。

 

そういう事もあって、むしろ人間味のあるキャラとして再スタートできそうなの伊野尾慧。逆にここにきて伊野尾イイ奴だった説が出てきてる。

だって変装おもしろかったじゃん。あの変装でみんな笑って幸せになったと思うんだよ。二度目の時の変装してるのにどことなく伊野尾感が出てしまっているあの姿に皆癒された。

むしろスキャンダル後にその本性がいい意味でバレて、逆にそこ人間味あって面白いと再評価した人がもしかしたらいるかもしれないし、自分はむしろ更に好きになった感はある。

スキャンダルを肯定したり面白がるわけではないけど、このスキャンダルラッシュの中で伊野尾さん、今思えば人間味あったなぁと思う今日この頃。

 

そもそも伊野尾は大きなキャラ変更を乗り越えてる。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いだったころの伊野さんになる前はかなり脇役の存在だった。

昔のHey! Say! JUMPの映像とかみても、ビジュアルいいのに後ろの脇役ばっかやらされてる。その時のチラッっと映る時代の方が好きだったというファンもいるかもしれないし、平成ジャンプになる前のJJエクスプレス時代の映像は更にかわいい。

ビジュアル的には逸材だったけど、Hey! Say! JUMPでは長い間不遇だった。

ほんの2年前ちょっとまではまだ知る人ぞ知る隠れ人気メンバーだった。

そこからキャラが覚醒して押され始めて音楽番組でもよく映してもらえるようになった。遅れてやってきたエースというか、チェスでいうルークのような存在。

チェスのルークは強い駒だけど、序盤はあまり動けない。ただゲームが進んでいくとだんだん動けるようになってきてめちゃくちゃ強い駒になる。まさにそういう印象を感じる。

糖質,脂質が気になる方の痩せるための酵素MetaBio 楽天1位

 

多分昔のキャラだったらただのイケメンとして消えてたかもしれない。このジャニーズという世界は不思議なもので顔がいいだけじゃ人気になれない。顔だけじゃ本当にHey! Say! JUMPでトップクラスだったのになぜか不遇時代が長く続いた。

そういうことに伊野尾は気づいて今に至るガツガツしたキャラを見つけ出した。ガツガツとは少しニュアンスが違うかもしれないけど、とにかく持ってる実力を発揮し始めた。

そうやって独自のキャラを確立して活躍し始めた矢先に例のシンガポール事変があって、女子アナスキャンダルもあったりと。

というのが大きな流れになるけど、今になって思うのが三段階目の進化があったというか、スキャンダル後の方が更に面白くなったように自分は思う。アイドルの世界にはスキャンダル後になぜか面白くなる人がたまにいるし、逆にそこから人気になったり許されたりする人もいる。

まさにそのパターンで不思議と今の伊野尾慧の方が自分は好きで、むしろベストな状態に完成したという印象を感じる。

担当の人はいろいろ複雑ない思いはあるかもしれないけど、それまでジャニーズの伊野尾慧に興味がなかった人にまで名前が知られてていじられるようになったのは自分としてはうれしい部分もある。

そうやってなんだかんだで深刻なファン離れを起こさずに済んでむしろ良い感じに世間に定着したなという印象がある。そういう意味で伊野尾慧はスキャンダルでもっと強くなるタイプのアイドルだなと思った。

これからまだ進化を残しているかもしれないし、なんだかんだで見ていて楽しい伊野尾慧の更なる活躍に期待せずにはいられない。