読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

朗報:はじめしゃちょー、活動休止でおわりしゃちょーになる

現在有名ユーチュバーのはじめしゃちょーが三股騒動で炎上の渦中にある。

三股どころか四股にまで疑惑が膨れ上がり、ワイドショーでも取り上げられもはやネットだけの問題ではなくなってきている。

騒動後も動画投稿を続け三股騒動の相手女性ユーチューバーなどへあてつけともとれる動画を投稿したり、ゴルフクラブ破壊動画のように「ユーチューバーってこんなもん」という程度の低い動画を投稿。

更にゴルフクラブ会社が「壊すために作っているわけではありません」とツイートしたところはじめ信者が突撃し逆にゴルフクラブ会社側が謝罪する事態にまで発展。

本人も程度が低いならばファンも程度が低いという事が証明された、まさにユーチューバーの醜さやモラルの無さが凝縮されたような騒動である。

 

そんなはじめしゃちょー、この騒動をきっかけに評価が一点。かつては高評価ばかりでとりまきの信者に囲まれていたが今では信者もアンチに転生したりそれまでアンチだった人も加わり低評価が付きまくり荒らされる事態へと発展。

それでメンタルがやられてしまったのか活動休止を宣言。「自分を見つめたい」などと言っており自分探しの旅に出かける模様。

日本ユーチューバー界でヒカキンと双璧をなしたはじめしゃちょーだったがここにきておわりしゃちょーへと転落。まさにオワコンである。

はじめはオワコン、はっきりわかんだね。そもそもユーチューバー自体がオワコンになってほしい。今やユーチューバーの登場でyoutubeはまるで無法地帯になっており、昔から使っていた人間としては一刻も早く消えてなくなってほしいのがユーチューバーである。本人もファンも非常に程度が低く、多くのyoutube利用者にとっては迷惑極まりない存在でしかなかった。

 

しかし世の中常識の無い過激な信者は声がやたら大きく、常識のある大部分の多数派は不満を口にすることができなかった。

なぜならば少しでもユーチューバーを批判すると嫉妬認定されるからである。

気に食わない批判意見は全て嫉妬で片づけてしまうのがこの手の信者の特徴である。自分が好きな物への批判意見を受け入れられない人間は幼稚だ。そしてそんな幼稚なファンがユーチューバーには多い。

自分が彼らを批判するのはyoutubeという使いやすかったサイトをモラルの無い投稿者やファンが使いにくくしたことが一番の原因であり嫉妬感情が一番ではない。

ただ嫉妬しているかしていないかでいえば確かに嫉妬もしている。

はじめしゃちょーは自分にはないものをすべて手に入れている。だから自分は大嫌いだったし嫉妬していた、それは認める。おそらく今回活動休止したはじめしゃちょー本人から「おまえ俺に嫉妬してるだろ」と言われれば「はい嫉妬してます」と認めるしかないだろう。

しかしそれを取り巻きや信者に言われる筋合いはない。

自分の力で勝負せずに他人の権威にすがって嫉妬認定するのはまさに虎の威を借る狐そのものである。しかも集団で行動するのだからタチが悪い。自分で勝負しない上にファンとして集団になったときだけ勇猛果敢になるのがこの手のファンの特徴である。

 

本人が嫉妬認定をするならば良いが、本人の権威にすがっているだけのファンや信者、取り巻きが嫉妬認定することほどおかしい物はない。虎の近くにいるだけの狐が、虎を見て逃げ出すほかの動物を見て「俺におびえてる」と錯覚することと同じだ。実際はみんな虎におびえているだけであり、狐なんておびえてもいないのだ。狐だけだったら余裕で勝てる。

それと同じで、集団で行動する信者も1対1になったときは大人しくなるし勝負もできないだろう。集団になって嫉妬認定することしかできない雑魚に過ぎない。

そんな自分で勝負していない上に集団でいる時だけいきがる人間が「嫉妬してる!」と認定して勝った気になる。これほど醜い物もないし、非常にどうでもいい意見だ。

 

例えば自分はユーチューバーとは違う芸能人が好きだが、その芸能人を批判する人々に対して嫉妬だと認定することはない。「そういう意見もあるんだな」と冷静に見るし、嫉妬認定して自分まで勝った気にはならない。凄いのはその芸能人であって、ファンの自分が凄いわけではない。

しかし幼稚なおわりしゃちょー信者は「はじめしゃちょー凄い=ファンの自分凄い」と変換してしまうのだ。そして都合の悪い批判意見を全て嫉妬認定して精神勝利してしまう。

要するに精神年齢が低く、そんな精神年齢が低いファンしか喜ばない程度の低い物がユーチューバーなのである。

ゴルフクラブ会社に集団で突撃し謝罪に追い込むメンタリティもまさに程度が低いことの証拠だ。徒党を組んで気に食わない批判意見を攻撃する。それで一体感を感じている哀れな子供なのだ。

そもそもユーチューバーを見ている人というのは、「自分たちは普通の芸能人ファンとは違う」という謎の選民意識があり、自分たちだけが知ってる感がいいというような痛い考え方を持っている。

自分だけが知っている友達感覚をネットで満たすために見ていたり、擬似的な彼女感覚や彼氏感覚を追い求めている。ユーチューバーは普通の芸能人と違う、それを見ている自分は特別というような精神的に幼いころに抱きがちな症候群である。

しかしユーチューバーの実態は芸能人と変わらない。

自分だけの存在だと思っていたものも実は裏では遊びまくっている。今回のはじめ騒動で彼らの実態に気付いた人は多いはずだ。おわりしゃちょーことはじめしゃちょーの3股、いや4股騒動。この調子で行けば実態は6股、7股ぐらいしていてもおかしくはない。そしてついに活動休止というオチを迎えた。

おそらくこれも演技でその内戻ってくることは間違いないが、今はため込んだ金で悠々自適に暮らしているだろう。

 

そんな実態を知らない哀れな視聴者は、自分だけの彼氏感覚を満たして最後は裏切られる。

盲信して応援していたら実は自分は選ばれていない惨めな存在だったのである。

ネット初心者の頃は誰もがそういう一般の素人による投稿や実況が好きになったりする。自分もかつてはそういう動画を見てはまっていたことがある。自分の場合は同性の投稿者を見ていて、決して異性の投稿者を見て「自分だけの彼女感覚」を満たすような痛いことはしていなかったが、世の中そうやって異性の投稿者にすがる人間もいるのである。

「どうせ彼氏いるだろ」と普通の人間ならわかるのである。しかしそのことから目を背け、若い女性配信者などを監視して彼女感覚を満たす哀れな男性も存在する。この騒動はじめしゃちょーのような男性投稿者だけでなく、他の女性投稿者も同類である。

はじめしゃちょー信者の女ばかり批判されているが、女性投稿者の信者になってる男も同類だ。

「彼氏いそうな発言したからこの女性ユーチューバー低評価いれて今後は見ない」というような男性ファンもいる。中にはそういう幻想を求めている男性視聴者というのも存在するのだ。

そうやって普通の芸能人とは違う自分に近い存在だとして勝手に彼氏気取り、彼女気取りをするような痛いファンがいる。実際は選ばれないにもかかわらず哀れなファンである。そしてその動画投稿者も結局は普通の芸能人と同じなのである。

 

それにもかかわらずその夢から醒めず未だに狂信的な信者活動を行う。

実に都合のいい金づるだ。異性のネット投稿者に精神的に依存することは愚かである。そうやって哀れな取り巻きになって結局自分は選ばれない現実から逃避するのはもう終わりにした方が良いのではないか。

SNSや動画サイトで人気の異性を監視したところで最後はこうやって裏切られる、今回のはじめしゃちょー休止騒動でそのことに気付く人が一人でも増えることを願いたい。 

elken.hatenablog.com