elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

AKB48卒業生の現在が悲惨過ぎる件

よくAKB48卒業生が消えたとか活躍していないと言われる。全盛期の神7メンバーでさえパッっとせずかつての面影はもはやない。結局のところ「AKB」だからよかったわけで単独のタレントや女優として活躍できるスキルはなかったのが現実だろう。

当時から下駄をはかしてもらっているだけと批判されていたが、まさにAKB補正によって当時は世間の目線も好意的で多くのファンがいたし仕事もあった。

しかし卒業した途端波が引いていくようにファン離れしていき新しく入ってきた若いメンバーに皆鞍替えしていった。全盛期のモーニング娘。のメンバーですら活躍できているのは一部だけだというのになぜ彼女らは何も学ばなかったのだろうか。

 

結局のところアイドルなどいくらでもいるのだ。次々と新しいアイドルが登場し、男性アイドル業界以上に激戦区なのが女性アイドルである。それに加え旬の短さも致命的であり、よほど特殊なことができなければ生き残れない。

かつて秋元康は「AKBはゴールではなく過程。その先に夢がある。夢を持った子たちが最初のきっかけにするような場所」というようなことを言っていたが、どうやらその夢はかつての主力メンバーですら掴み取ることができないようだ。

ほんのわずかなメンバーにしかAKB経由では夢をかなえることができない。

「AKB48所属」という名札を付けた実質的な素人にとって芸能界というのは甘くなかったのだろうか。

 

そんなAKB48卒業生の現状を調べるととにかくほとんどが悲惨である。

上手く行っていると誰もが認めるメンバーは片手で数えるほどしかいない。

・前田敦子、大島優子→現役時代ほどパッとせず

消えたというにはまだ早いが消えかかっている。全盛期の人気がすさまじかっただけに、当時のファンはもっとやれると思っていたに違いない。しかしそれほど2人も活躍せずこれからフェードアウトしていく物だと思われる。

両者ともに容姿が劣化しており現役時代のような扱われ方はされないだろう。

女優としての実力もAKBとしての肩書や人気もないため容姿が劣化すれば確実に消える。それまでの間にどれだけ実力をつけられるかが問われる。大島優子は身長が低いことも女優業に向いていない理由だ。一応現在もドラマには出ているが、やはり元AKB女優という見られ方からは抜け出せておらず「女優」として定着するのは厳しそうだ。キャラ自体は面白いためいっそのこと井森美幸路線に転向したほうが長期的には生き残れそうである。

 

・篠田麻里子、板野友美→完全に消えた

篠田は仕事無さすぎてSNSで狂う。板野はもはや何をしているのかもわからない。DEAR J出してた時が最初で最後のヒット。それ以降はまるで鳴かず飛ばずでガラガラのコンサートがたまに話題になるだけ。

その内ホスト狂いになり貯金を食いつぶしてというような報道がされるだろう。

 

・小野恵令奈→キャバ嬢になる

もはや最近のAKBファンにとっては完全に過去映像でたまに出てくる人でしかないだろう。現役時代を知らない人の方が半数を超えるかもしれない。そんな小野恵令奈は再三のビデオ出演要求を断り続ける、今現在キャバ嬢として働いている。

No1キャバ嬢ともなればとてつもない額を稼ぎ出し、華やかな世界と言えなくもない。権力者や富豪を見つけることができればもしかしたら一番の勝ち組になれる可能性はある。

 

・島崎遥香→給料激減で現役メンバーにたかる

もはや卒業してたの?というぐらい最近までいた印象があるほど卒業してから日が浅い。

どうやらかなり収入が減ったらしく給料はガクッと下がった自身のラジオでぼやく。確定申告が一番キツいのは翌年である。前年稼いでいて、次の年に急激に収入が落ちた場合非常に大変な目にあう。そんな確定申告に追われる島崎遥香はドラマもパッとせず、羽振りの良い現役メンバーに食事をおごってもらっているようだ。

 

・高橋みなみ→カラオケ総監督になる

カラオケではよく見かける人。アーティストと映像でよく絡んでおり、自身が歌手になるというよりも歌手と絡む人になった。

ソロシンガーとして活躍する夢を掲げていたが、評価されていたのは歌ではなく人柄の様である。

 

・川栄李奈→志村けんファミリーに

AKBだから仕事があった、卒業したら仕事来なくなる。だから実力をつけるためにも卒業すると言ってチャレンジしにいった気概の持ち主。

その結果「となりのシムラ」という志村けんの番組に出演。もしかしたら数年後は志村ファミリーになっているかもしれない。

 

・岩佐美咲→演歌歌手としてそこそこ定着

現役時代はファンから逆に握手を拒まれるという不遇メンバーだったが卒業してからは特技の演歌を生かして地位を確立。大成功とまでは言えないがレアな特殊技能で一定の地位を獲得することに成功。また演歌歌手というのは必ずしも若さが必要ないというのも長年活躍するうえでは重要なメリットかもしれない。数少ないこれから先がありそうなメンバーの1人。

 

・秋元才加

ドラマやバスケ番組でそこそこ活躍。ただかわいいだけの量産型アイドルが多い中で、他にはない見た目の特徴があり、性格やキャラクターの面白いため今再評価されているメンバーの1人。

現役AKB時代そこまで人気でなかった岩佐や秋元のように他に絶対いない特徴的な強みがあるメンバーはそれなりに仕事を得ることができているようである。

 

・高城亜樹→無名ユーチューバーに落ちぶれる

男関係が派手で実質解雇に近い形で卒業したが、容姿がそれほど良いわけでもなくAKB内でもそこまで人気があったわけではなく、更にスキャンダルが豊富な高城を拾うところなどまともな事務所にはなくユーチューバー事務所に転がり込む。

その結果今ユーチューバーをやっているらしいがまるで工夫の無いテンプレ動画しか上げられず現状は悲惨。

 

・仲谷明香、佐藤亜美菜→声優業界に行くが惨敗

元々アニメオタクというのはAKBを敵視しており、更に今女性声優自体がハイレベル化して競争も激化している。アニメオタク受けするような女性声優は無数におりその激戦区への参入は元AKBにとってあまりにも厳しすぎた。

仲谷明香は一度プリキュアの曲を担当したがそれが最初で最後の全盛期になりそうだ。声優というよりもアニソンシンガーとして生きていくのが現実的だろう。佐藤に関してはもはや誰も知らない。一応アイマスで一瞬声優を務めたようだが音沙汰は無い。

 

・解雇組→ビデオ方面で活躍中

お察しください

 

そして次に卒業が決まっているのはこじはること小嶋陽菜だ。

女性人気が特に高く化粧品のCMやイメージキャラクターをするなどして数少ない同性人気の高いメンバーの1人。女性人気の高さはもしかしたら芸能界では強みになるかもしれない。

しかし年齢はもうすぐ29歳であり30手前までAKBで過ごしたことになる。これからは年齢との戦いになるかもしれない。天然キャラと見せかけて実は賢いので篠田の現状については熟知しているだろう。「篠田化」してしまわないことが目標になる。熱烈な浦和レッズサポーターでもあるため浦和関連の番組に出演することも期待される。

 

一方しばらくの間卒業しないことを明言しているのが峯岸みなみと指原莉乃だ。

こちらも頭がキレる峯岸みなみは卒業生の現状を良くわかっており、「若い子は簡単に卒業しない方が良い。AKBであることって本当に強みだから。AKBであることのありがたみを感じる」と語っており、いれるまでいるというスタイルに決めているようだ。坊主にしてまでしがみついた地位をそう簡単に捨てるわけはないだろう。

また指原莉乃も今回の総選挙が最後と決めているが卒業に関しては完全に否定。

また柏木由紀も卒業の雰囲気を見せずむしろ居座る気満々である。

この3人は非常にリアリスティックな考えの持ち主でもあり、面の皮が厚いメンバーでもある。MSKトリオは「卒業しろ」「老害」と言われてもそんなことは気にも留めずがっつり30ギリギリまで居座るであろう。

 

しかし指原莉乃に関しては卒業後もっとも成功しそうなメンバーでもある。既に後輩グループの育成を進めていたり、STU48という新興グループにも所属する要である。いざというときはHKT,STUという天下り先を自分で育てている。というよりもそもそもAKBではなくHKTなのが指原莉乃である。STU48は本田圭佑でいうSVホルンのような存在かもしれない。いざという時はいくらでも再就職先があるのが指原莉乃だ。

 

指原莉乃→現役アイドルでありながらグループ育成、声優アイドルプロデュース、劇場支配人に就任、冠番組多数

本田圭佑→現役選手でありながらSVホルン経営、サッカースクール経営、マサチューセッツ大学の特別研究員に就任

既に将来のことを考えていろいろやっている当たりやはり面の皮が厚いし計算高い。AKBから卒業してもいくらでも道があるのはAKBグループの中では異例の存在と言える。本田圭佑も「現役の内にやるから影響力がある」と言っていたが指原莉乃もまさに現役の内にいろいろと取り組んでいる。

24歳にしては計算高すぎる上に、年々活躍の幅を広げており何気なくテレビをつけても映る存在になっている。今の所AKBグループでもっとも成功しそうなメンバーは指原莉乃で間違いないだろう。

f:id:elken:20170626123846j:plain

そして渡辺麻友に関しては厳しいと言わざるを得ない。

典型的な若いから魅力があるメンバーの一人ですでに全盛期の輝きを無くしつつある。本人の志望は女優業らしいが総選挙1位の全盛期時代に「戦う!書店ガール」というドラマで主演女優を務めたにもかかわらず大ゴケ。その直後指原莉乃に総選挙1位を奪還され、2連覇の時は完全に大差をつけられ敗戦し完全に踏んだり蹴ったりである。歴史に残る低視聴率を記録し失った信頼はもはや取り返せないだろう。仲間由紀恵に憧れているというが女優業では厳しいのが現実だ。

しかし中国方面からの人気はAKBグループNo1であり、海外受けする要素はもしかしたらAKBで一番かもしれない。渡辺の選挙での強みは俗に中華砲と言われる中国票によって支えられている。ビジュアル的にも現役AKBで唯一アジア圏で通用しそうなのが渡辺麻友であり、既にインドネシアで大活躍する仲川遥香のように海外組としての可能性は大いにある。

今のうちに中国語を覚えれば将来中国で、夢だった女優業を果たせるかもしれない。日本ではもう信頼も人気もないので中国に夢を見出すべきだろう。
元ジャニーズA、某ブルースカイさん「おまえもこっちにこい、中国はいいゾ~」

《YouCanSpeak》「受験英語」「聞き流す」から実戦仕様の本格英語スピーキング習得の時代へ。

 

中国人は意外に日本人に優しく高待遇でもある。

キャラ人気で不細工が持てはやされる日本の女性アイドル界に見切りをつけて中国に行けば今の10倍の給料を得られるだろうし「指原を倒す」と言っていたことを実現できるかもしれない。世界的スターになるには中国進出は良い選択肢だ。

ドラマなども桁違いの予算で作られており元ジャニーズのAはかなり豪華なドラマに出演することが決まり今撮影を行っている。アジア各国からよりよい待遇を求めて俳優や女優が集まりつつあるのが今の中国芸能界だ。中国に熱烈なオタのいる渡辺麻友はもしかしたら中国と日本を行き来するスターになれる可能性もある。

 

このままいても因縁の指原莉乃の後塵を拝するだけであろう。頑張っても数千万が限度の節約傾向にある日本芸能界に居座るよりも、早く見切りをつけて億を稼ぐために中国大陸に渡るべきだろう。更に言えば日中友好のためにもなるかもしれない。

少なくとも現状先行きは見えないし、ノープランでAKBに居座り続ければ元神7と同じ末路になるだろう。数少ない神7の生き残りとして「やっぱり神7は凄いのよ」ということを見せてほしい。当時神7に憧れた人間としてはみすぼらしい神7や卒業生の現状は寂しい物がある。渡辺麻友にはいつまでも華やかでいてもらいたい。そのためにも英断を期待したい。

自分がかつて応援していたメンバーがみすぼらしくなるほど悲しい物はないし、元篠田ファンや元前田ファンのような思いはしたくない。また日本人は海外で活躍する日本人を評価する傾向がある。BABYMETALは海外で流行ったことで日本でも評価されるようになった。外国人が認めている物は凄いという感覚が日本人にはある。

仮に渡辺麻友が中国でNo1女優にまで上り詰めたら、低視聴率アイドルと馬鹿にしていた人々も手のひらを返すだろう。根は負けず嫌いで野心家の渡辺がここで終わるとは思えない。女優業を諦めてバラエティキャラに転向して日本芸能界で生き延びたり、30手前までAKBに居座るよりも、億稼げる夢のある中国に活路を見出すべきではないか。

 

中国人は渡辺麻友の本当の才能を評価してくれてもいる。卒業後バラエティタレントとして細々と生き残り、指原の1人勝ちを指をくわえて見つめるよりも、かつて「低視聴率」と馬鹿にしたファン、そして指原莉乃を見返すためにも中国での大活躍が求められる。

南米のサッカー選手が大金を求めてヨーロッパに渡るように、これから日本の芸能人が中国に渡る流れが来るかもしれない。

既に元ジャニーズAや某ブルースカイさんも先駆者として挑戦している。更に言えば今はAKSから独立しようとしているようだがSNH48というように同じ48系列のグループもある。今までのアイドルの海外移籍はどちらかというと修行のイメージや左遷や飛ばされるというイメージが強かったがこれからは日本では得られない夢を目指して移籍することがトレンドになるかもしれない。渡辺麻友に限らず、有象無象の卒業生の1人になってしまうことを避けるためにも海外移籍にチャレンジするべきだろう。写真集も中国に行けば10倍は売れる。人口13億の市場を軽視することはできない。

 

少し前まで日本人が日本に来る芸能人を「出稼ぎ」と言っていたが、これからは日本の芸能人がもっと海外に行く時代が来るかもしれない。中国、台湾、香港系の芸能人が今まで日本でも数多く活躍してきた。見た目が近いため言葉を覚えさえすれば溶け込めるのも強みだ。今度はその逆パターンで日本人が中国語を覚えて中華圏で活躍することがトレンドになるのではないだろうか。

かつて秋元康はやしきたかじんに「今の放送作家を続けてもどれだけ頑張っても月100万が限界なんです。どうすればいいんですか。」と相談したと言われている。AKB48生みの親の秋元康が野心家なのだ。おそらく渡辺麻友が日本でどれだけ頑張ってもAKB時代の最高収入を越えられないだろう。

そして島崎遥香のように卒業後現役メンバーにたかることになる。アイドル激戦時代で次々と若いメンバーや他グループが登場する日本では渡辺麻友クラスでも長期的には生き残れないだろう。過去の先輩や同じ卒業生がそれを証明している。

それよりは努力次第では10倍稼げるチャンスがある中国が良いのではないか。

指原莉乃の場合、既に日本芸能界で人脈作りを行って根回ししている。ただグループに属して与えられる仕事をやっているだけでは卒業後活躍できない。

いずれにせよただ卒業までを今まで通り過ごすだけでは先が見えないだろう。

日本芸能界で生き残っていくための人脈作りや根回しをしたり特殊技能を磨いたりするか、海外に活路を見出すことが求められる。今の現役メンバーはパッとしない卒業生リストに入って「あの人は今」状態になってしまうことを避けるためにもそれらの事が求められるだろう。