読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

山本彩、柏木由紀が「指原ゲー」の総選挙辞退決定

毎年この時期になるとAKB総選挙の話題がなんだかんだで盛り上がる。誰が辞退するとか立候補するとかが話題になり、オタにとっても自分の推しにチャンスをつかんでもらうために経済的に頑張るイベントとして毎年恒例になっている。

それに伴い選挙前だけAKBを語る人も出てくる。それはまさに自分の事でありワールドカップ前だけサッカーを語り始める人と似ている。結局自分は盛り上がりに参加したいだけなのである。AKBに情熱を無くしたと言っている小林よしのりもなぜか総選挙前だけは語り始める。

 

そんな中で今回の総選挙、最も衝撃的なニュースは山本彩柏木由紀の立候補辞退を発表。さや姉は今回の総選挙で大正義指原莉乃に対抗できそうな存在と言われていただけにこの自体はファンにとって寂しい物があるだろう。

「指原ファン」としては三連覇のためにライバルが一人減って「ほぼ確定だな」とは感じる。

 

ただそれゆえに他のメンバーからすると「どうせ指原ゲーじゃん」というのも正直な部分だろうし、指原が勝つだけのゲームに本気になっても仕方がないだろうというのはある。負けて評判落とすだけでそこまで本人にメリットがないというのもあるかもしれない。山本彩クラスならば無理に選挙で選抜に入る必要もないだろうし、逆に今回立候補しないことで山本彩ファンがNMB48の他のメンバーに票を入れる可能性もある。

 

NMBのキャプテンとして仲間が少しでも多く順位を上げることの方が自分が総選挙で勝つよりも大事という判断もあったのかもしれない。この部分に関しては憶測だが山本彩加ファンがNMB48の他のメンバーに票を入れて今回NMB勢が躍進する可能性はある。NMBファンはそういった身内思いなところがあるとも言われている。さや姉としてもそういう思いはあるかもしれない。

 

更に指原莉乃は今回の総選挙が最後であることを明言しており三連覇と共に選挙から勇退するという狙いがある。それゆえに「本気を出すならば来年」という考えもあるかもしれない。どれだけ頑張ってももはや指原莉乃には勝てないことが去年で証明された。2位の渡辺麻友が大差をつけられてしまった姿を見て、「これは勝てないだろうな」と思ったのではないだろうか。

勝負するなら来年と時期を見定めて今回は辞退したのかもしれない。山本彩ファンが今回は貯金して来年に本気を出すのか、それとも他のNMB48メンバーに票を入れるのか、いずれにせよこの辞退はかなり影響を与えそうな決定であることは間違いない。

 

そしてもう一人の辞退者柏木由紀

柏木に関してはもう明らかに出ない方が得。スキャンダル後明らかに票数が落ちて順位を下げた柏木はもうこれ以上浮上の見込みがないことを察したのだろう。更に他の若手メンバーも勢いを出している。

今回立候補すれば今勢いが凄い宮脇咲良に確実に抜かれる。今立候補してももうかつてのようにトップ3に入れないどころか更に下がった人気を世間に晒すことになってしまう。その現実を判断しての決断だろう。去年の総選挙の時の柏木由紀の票数の減少っぷりはもう笑うしかないレベルだった。

年齢的にもどれだけAKBに残れるかという段階に差し掛かっており、もう上を目指す段階ではなくなったという現実的な判断を下したのだろう。「そういう年じゃないのよ」という声が聞こえてきそうである。

 

そしてこの総選挙の中ひっそりと峯岸みなみが再立候補を宣言。去年が最後と宣言していたにもかかわらず「みなみはAKBも総選挙もやめへんでぇ~w」と舞い戻ってきて「どんなに不細工でも戦う姿を見せたい」とそれっぽい発言をツイート。

さすが坊主から這い上がった女、なくなってもまた生えてくる峯岸の髪のように総選挙にもまた戻ってくる。これでもう今後誰も峯岸みなみの言葉や宣言を信じなくなるだろう。ただ盲目的なファンは好意的で「みなみが決めたころなら応援する」と言っている模様。今回台風の目になるのはもしかしたら峯岸みなみか?

 

そして個人的に今回の順位を予想してみたい。

1位:指原莉乃

2位:渡辺麻友

3位:宮脇咲良

この3人が今間違いなくトップ3の候補であり、島崎が卒業し、山本が辞退した今この3人と4位以下はだいぶ差があるように見える。その少し後ろを松井珠理奈が追いかけるという展開だろうか。

プロレスファンの票が入れば去年の3位を維持できるかもしれないが現状だと4位が現実的な目標かもしれない。

更に上位勢が卒業や辞退をしていることからサプライズで意外なメンバーが5位に入る可能性はある。そう考えると横山由依がきそうな気はするけど、大量票を閉じるファンがそこまでいるかどうかというのは未知数。

 

3位まではほぼ決まっていて4位からが混戦というイメージに思える。ただ去年の得票数を見たとき宮脇のトップ3入りは大胆な予測でもある。現在の勢いだけで判断がつかないのもこの選挙の難しさだ。

案外、実際に大量票を入れるようなファン層がおらず票としては伸び悩むような結果も考えられる。ただ自分の予想でいけばトップ3入りは確実だろう。山本彩が立候補していれば3位入りは難しかったかもしれないが今回はチャンスがあるだろうという見立てだ。本番どうなるかはわからないがやはり予想することは面白い。予想して語っているときがどのようなエンターテイメントでも一番楽しかったりする。本番どうなるか様子を見てみよう。