読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

渡辺麻友が「最後の選挙」で勝つには中華砲が不可欠か?

今年2017年のAKB48選抜総選挙、辞退を選ぶメンバーもいれば最後だと宣言するメンバーもいる。

有名どころではまゆゆこと渡辺麻友もその一人。指原ばかりが最後の選挙と取りざたされるが渡辺麻友も今回が最後だと宣言する一人である。

 

渡辺麻友と言えば去年の選挙が記憶に新しい。

前年女王指原莉乃の二連覇を阻止すべく最有力候補の1人だった渡辺は「中華砲」と言われる中国票も含め指原莉乃に打ち勝つのではないかと思われていた。本人も1位を奪還するべくモチベーションマックスで挑んだ。しかし結果は惨敗。もはや指原は誰も倒せない存在になっており、その前の年より更に票数を増やし2位以下に圧倒的大差をつけ、渡辺本人やまゆゆファンとしては選挙での強さを見せつけられる格好となった

 

しかしここで諦めていなかった人たちがいる。

そう渡辺麻友の熱烈な支持者が多い中国人だ。

日本の可愛くないメンバーがキャラで持てはやされたりするが、それは言葉が通じる日本芸能界だからであり、言葉が通用しない海外になると指原莉乃はほとんど人気がなく海外版の人気投票だと必ずと言っていいほど渡辺麻友が上位に来る。

特に中国ではその傾向が強く、また購買力も非常に高いため中華砲が選挙を左右するとも言われている。

現に指原二連覇時も蓋を開けてみれば大勝だったが、選挙前は指原陣営としても中華砲を恐れており二連覇を不安視していた。

 

その結果を受けて中国人は「俺たちの力不足だったから渡辺麻友を勝たせられなかった」と中国ファンコミュニティで反省会を開く。中には票が操作されているという声もあったが、今度こそ中国人が更なる本気を出してくるかもしれない。

指原陣営が依然として三連覇を不安視するのはこの中華砲によるところが大きい。実際1位の実績がある渡辺麻友は今回のライバルとしてやはり最有力候補だ。

指原は2連覇以降ファンもさらに増えたが、同時にアンチも急増している。テレビで見ない日はないほどに出まくっておりいい加減うんざりだという人もいるに違いない。

 

更に渡辺麻友にも2連敗ということで同情が集まっている。完全にシルバーコレクター化しつつある上に今回が最後の選挙。年季の入った渡辺ファンが最後勝たせるために全力で来るかもしれない。

中華票+アンチ票+ラスト選挙に全力になるファン票が集まればもしかしたら指原莉乃を超えて1位になってもおかしくはない。

自分自身は指原ファンだが、指原アンチの立場になって考えると最後3連覇のつもりでいたのに2位で終わってしまい「最後」と宣言しただけあってもう戻れずに後味悪く終わる指原を見たいという心情があることは想像がつく。

指原と渡辺、どちらが悪役やヒールであるかといったら間違いなく指原の方がヒールだろう。自分はそういうヒールが勝つ方が好きだから今回も指原応援だがストーリーとしては渡辺が勝つ方が美しい。

 

更にこの選挙、実際の選挙と同じく組織票や地盤固めが何よりも重要となる。指原が強いのはこの組織票が確立されていることと、選挙対策を知り尽くしていることでもある。年末のディナーショーを見てもわかるようにもはや政党のパーティレベルだ。ようするにお金持ちのおじさんを大量にファンとして抱えているため指原は強い。また「指原1位にしたら面白そう」「とりあえず指原」というような浮動票を上手く引き込んでいる。

現状その指原の組織力に対抗できるメンバーがいるとしたらやはり渡辺麻友だろ

選抜総選挙はもはや「組織」VS「組織」という構図が存在しており、組織を構築することが選挙の勝つための手段でもある。

そんな政党パーティレベルの支持層を形成している指原に対抗できる戦力を持つのは中華砲を兼ね備える渡辺麻友だけである。

今回のラスト選挙、お互いラスト対決でもある。泣いても笑ってもどちらかは負ける。

指原党VS中華砲というのが今回の1位争いの鍵になる。

さっしーの政治力が勝つのか、まゆゆの外交力が勝つのか。

 

いっそのこともう渡辺麻友は最後勝つには中華砲頼みに懸ける決断をするのもありかもしれない。チャイナドレスを着て選挙運動をすれば中国人がさらに味方に付いてくれるかもしれない。もはや指原莉乃というモンスターを倒すにはそれ以上の強力なパワーを手に入れるしかない。

指原陣営は今回も間違いなく本気だ。年末のディナーショーでより支持を結集し、一般知名度も非常に高い。今唯一AKBグループで単体で芸能人として勝負できてるのは指原莉乃だけだ。そんなスケールの大きい存在に勝つにはもはやありとあらゆる手段を尽くすしかない。

渡辺陣営も本気ならば指原陣営はそれ以上に本気だろう。

中華砲は指原党の牙城を崩すことができるか。間違いなく今回の総選挙の目玉は「ラスト対決となる指原莉乃VS渡辺麻友の構図だろう。ここ数年1位、2位を争ってきたライバルでもあり盟友でもある。最後どちらが笑って終わるか、結果は数か月後に明らかになるだろう。

池上彰の選挙と政治がゼロからわかる本 (河出文庫)