読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

なんと藤田俊哉がVVVフェンロを監督として2部優勝に導いてた

ここ最近の日本サッカー関係者は地味に凄い。

そういう言い方が的確なほどに決して派手ではないが着実に日本サッカーが進歩しているというような活躍が多い。

欧州トップレベルのリーグで地味にディフェンダーとして連続で出場し続ける選手が多数いたり、アタッカーの選手でもこれまでの日本人選手にはなかったプレースタイルで新たな境地を切り開く選手がいたり、ザックジャパン時代程派手な活躍はないが堅実に着実に選手が進歩している。

またJリーグなどでも国際舞台で通用するクラブが台頭し始めており、むしろこの4年「地味ながらも必要な進歩」を遂げているという印象を受ける。

 

そんな中でうれしいニュースがまた一つ、なんと藤田俊哉が監督としてオランダーリーグ2部のVVVフェンロを優勝させ1部昇格に導いていたのだ。これは地味に凄いことであり、日本人指導者が海外のクラブで監督として活躍し優勝と昇格という結果を導いていることはこれまでの日本サッカーでは考えられなかった大きな進歩である。

「ただのオランダ2部リーグ」と侮ることなかれ、日本代表の本田圭佑も元々はこのVVVフェンロで中心選手として活躍しワールドカップ出場への道を切り開いて成り上がった選手である。

 

数年前は選手としてオランダリーグ2部で日本人選手が実力を磨いていたが、今やもはや指導者が欧州リーグへの挑戦をする時代になったことは非常に大きな進歩だ。

奥寺康彦三浦知良中田英寿などこれまで選手がパイオニアとして欧州の地で道を切り開いてきたことはあったが指導者が道を切り開いてきたケースはそれほど多くなく、あくまでアジア各国に指導者として派遣されたり職を求め近隣の国へ旅立っていたことが多かった。

sportiva.shueisha.co.jp

しかし今回の藤田俊哉の活躍はまさに異例であり、欧州における日本人指導者という次の段階においてはまさにパイオニアと言える。宮本恒靖FIFAマスターとして活躍することはあったが欧州のサッカーシーンにおいて現場で監督として活躍するケースはほとんどなく、まさかオランダ2部で優勝までこぎつけるというのは新しい一歩としては非常に大きい。

一人の監督としては小さな一歩だが日本サッカーにとっては大きな一歩である、アポロ計画で月に降り立った宇宙飛行士の言葉を引用するならばそう置き換えることができるかもしれない。

 

数年前に藤田俊哉が欧州に旅立ち、VVVフェンロの監督に就任すると聞いたときは「さすがに日本人が欧州で監督は無理なのではないか」と思っていたし、むしろ今もその挑戦を続けていたことに驚きである。そしてこのように実際に結果まで出したことは日本サッカーファンの予測を大きく上回る成果だと言える。本田圭佑がキャプテンとして2部優勝に導いたとき以上にこの優勝は偉大な足跡とも考えられ、そして日本人サッカー指導者のレベルは確実に向上していることの証左でもある。

 

Jリーグに優秀な日本人監督がいることはもちろん、日本代表をアウェー初のベスト16に導いた岡田武史、そしてユース年代の国際大会などでは続々と日本人指導者が結果を出し始めている。まだ日本代表監督は外国人監督が多いがその内日本人指導者が率いる未来もやってくるかもしれない。それほどにいま日本人指導者のレベルも高まっておりいずれはワールドカップや欧州トップリーグ1部での指揮も見られるかもしれない。

選手だけでなく優秀な戦術家、理論家、監督やコーチ、そして育成指導者、クラブ経営者が現れたときにその国のサッカーは次のステージに達したということができる。

サッカーとはピッチに立つ選手の活躍だけでなくこういった真に根付いた業界全体の発展も必要なスポーツだ。いよいよ欧州で指導者が活躍する時代に一歩踏み出したことは、数十年後今を振り返ったときに大きな足跡として語られているに違いない。 

elken.hatenablog.com