elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

本田圭佑、ACミランでの3年間を込めたFKを決めて「ありがとう」

「持ってる男」は転んだままでは終わらない。

ACミランのホームスタジアムで行われた試合に出場した本田圭佑は「お別れのゴール」ともなる見事なフリーキックを決めてロッソネリでの3年間に事実上の終止符を打った。

ACミラン自体もこの勝利によってヨーロッパリーグ出場権を確保し、今シーズンを良い形で終える事となった。まだあと1試合残っているものの、2016-2017シーズンはACミランとしても本田圭佑としても終わりよければ全てよしという言葉の象徴のような終わり方である。

 

今シーズン本田圭佑にとって「これほど試合に出たことがない時間は経験したことがない」という程長い時間苦境に立たされたシーズンであり、事実上構想外ともいえる扱いが続いた。怪我をしたわけではないにもかかわらずほぼ1年を棒に振り、出場機会は代表戦に限られていた。今季の本田圭佑のイタリアにおける存在感は皆無だったと言える。

 

本田圭佑ACミランの契約が延長されないことは周知の事実であり、モンテッラ監督としても「せめてホームで有終の美を飾らせてあげよう」ということでこの試合の後半に出場させてくれたのかもしれない。次回はアウェーでの試合となるため出場する可能性は考えにくい。そのため事実上今回の試合がACミランでの3年半のラストを飾る試合だったと言える。

 

そしてその試合で今シーズン初ともなるゴールを直接FKで決め、散々なシーズンに最後1ゴールという意地を見せる結果となった。最後にミラニスタへのお別れのゴールを決めたことで印象もだいぶ変わるだろうし、本人も「ありがとうとミランのファンに伝えてほしい」と語っている。

転んだとしても必ず起き上がるのが本田であり、まだ選手として終わっていないことを証明した。

 

このゴールが今現在探している移籍先を見つけることに役立つかどうかは定かではないが、浮上のきっかけになればと願わずにはいられない。それだけ本田圭佑はこの1シーズン本人が信条として語る「忍耐」を続けてきた。

この「ありがとう」にも様々な思いが込められているだろうし、ファンとしてもなんだかんだでいろいろあった3年間だった今になって思う。この言葉を聞いて本当にACミランを去るんだと実感したし様々なことがあったと懐古せずにはいられない。

 

願わくばもう少し良い3年間になっていればよかったとも思うし、今更後悔してももう終わることは間違いないのだがいろいろとターニングポイントがあったようにも思う。

例えば移籍直後いきなりアッレグリが解任されてしまったことは大きく計画が揺らいだことの始まりだったと言える。

今ではユベントスを6連覇に導きチャンピオンズリーグの決勝にまで進んでいるアッレグリ監督は元々ACミランの監督であり本田圭佑の獲得を望んでいた一人でもある。

 

仮に本田圭佑が初出場を果たしたあのサッスオーロ戦でポストに当たったゴールが決まっていればデビュー試合でいきなりゴールだったともいえるし、試合展開も変わってアッレグリが続投していたかもしれない。あの10cmの差が3年半を大きく変えてしまうのだからサッカーとは恐ろしい物である。

またインザーギ監督時代にセリエA得点王を狙えるペースで毎試合のようにゴールを決めていた時に、アジアカップに招集されたことも大きく明暗を分けたように思う。

仮に2015アジアカップに出場せずACミランに集中していればもっと違う未来が訪れていたのかなとも思わずにはいられない。

そのアジアカップで優勝できていたならばよかったのだがベスト8敗退という結果になってしまい、良い流れを終わらせてしまった感は否めない。人生はちょっとしたことで流れが変わる物である。

 

サッカーにイフはないがあのまま本田圭佑が活躍し続けていればチャンピオンズリーグ出場も果たせたかもしれない。結局本田圭佑ACミランで一度もUEFAチャンピオンズリーグに出場できなかったし、ヨーロッパリーグにすら出場できなかった。

ACミランを立て直して優勝するどころか、「歴史上最低の10番」とまで言われてしまう結果となった。

決して本田が悪い選手だったわけではなくガットゥーゾが言うようもっと酷い選手は多くいたしこのACミランの現状の中でむしろ本田は頑張っている方だとさえ言われていた。

 

しかしその姿を認める人は少数派で、あのメンタルの強い本田が「ホームで選手をサポートしてくれない」と苦言を呈する程メンタル面で追いつめられるほど過酷な時代が続いた。

「神様どれだけ俺に試練あたえんねん」と語っていた本田だが、まさに試練続きの3年半となった。実際先日解説した公式ツイッターアカウントでも試練という言葉を使っており銀髪でミラノに降り立った時に思い描いた未来とは大きく異なる日々が訪れることとなった。

「目の前に10番があったら違う番号を選びますか?」と語っていた時の本田が今となっては懐かしい。もしあの日に戻れるのならば本田はどのような3年半を過ごすだろうか。

twitter.com

それにしても今更本田がツイッターを開設したことは驚きである。

ついこの前インスタグラムを始めたと思ったら次はツイッターである。

本田圭佑ツイッターの発信力は伸びしろですねぇ」

長友佑都ツイッターをしている姿をみて触発されたのだろうか。むしろ長友はこの前炎上してインテリスタから罵声を大量に書きこまれているのになぜこのタイミングで始めようと思ったのだろうか。いや、もうACミランと関わりがなくなるから始めたのかもしれない。

 

「また別の形で皆さんと会える日を楽しみにしています」と語っており、イタリア語のグラッチェもツイートには書かれている。

フリーキック決めた後でもあり、なんだかんだで最後この3年半に格好がついた形となった。

そしていよいよやってきた旅立ちの日、さて本田は次のチームをどう選ぶだろうか。

本人はチームとしてビジョンがあることや、得意なポジションでの出場に拘ることを掲げており、また欧州内での移籍を望んでいるようである。最後有終の美を飾ったことで次の移籍に有利に働く可能性もある。

ただでは転ばない男は次も何か物語を始めてくれるだろう。

このフリーキックと事実上最後の試合での勝利によって少し希望が出てきたようにも見える。そんな本田圭佑の次のストーリーを楽しみにせずにはいられない。

elken.hatenablog.com