elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

実はレアな猫好きジャニーズ

意外だかイメージ通りだか印象は異なるだろうけど、ジャニーズは超犬派社会だ。犬ブームでも来てるんじゃないかというぐらい犬派だ。ペットの話のとき大抵犬の話だ。

 

おそらく縦社会、グループ活動という意味で犬好き適性がある人が元々多いのではないだろうか。

よくジャニーズに陰キャいると言ってもそれはジャニーズとしては陰キャ出会って、わざわざアイドル活動する男が真の陰キャな訳はないという笑

 

ちなみに陰キャの自分は既に保護猫を飼っているし、子供の頃から猫派だった。逆に犬派今でも小型犬でさえ怖い、なぜかというと幼少期に友達の犬に追いかけられて逃げたトラウマと近所の犬がうるさかったという悪い思い出があるからだ。

八乙女光の猫苦手並みに、自分は犬が苦手だ。どうせ男で猫派だったら大人しい子とか一人が好きな子とか、陰キャとか言われてマウント取られるのよ、と陰キャ根性を拗らせる笑

kotaneko.net

ところでジャニーズの猫派、誰だと思って調べた。

これ以外なことに長瀬智也平野紫耀が猫派だ。この二人こそ犬派っぽい陽キャなのにこれは意外。

特に長瀬はノルウェジャンフォレストキャットを溺愛しているというキャラに合わない意外さ。もっとワイルドに大型犬飼ってそうなのに。絶対ドーベルマン飼ってそうなのに笑

アフガンハウンドとかボルゾイとかそういうかっこいい感じも似合う。

 

ただ現実はノルウェジャンというね。でも長瀬って実は天然で、おバカエピソード多いタイプだしいちごミルクとか練乳が好きな甘党だ。

ギター、アメ車、大型バイク、男男したアウトドア趣味と見せかけて猫好きおじさん

 

平野紫耀も意外だ。こいつこそ典型的犬派っぽいけど、猫とインコというね。インコは知ってたけど、平野ん家の猫雑種で可愛い。そもそも名古屋の実家が犬も含めて動物多いらしいけど雑誌では猫派と答えてるっぽい。キンプリだったら髙橋海人は納得。

 

小山慶一郎が猫派なのも面白い。なんだろうヤンキーが捨て猫拾ったら好感度上がるみたいなのので、素行悪いけどこれだけはちょっと好感度上がった笑

しかも亡くなった飼い猫をソロ曲で歌うといういい人。そういえばどこかで小山がネコ好きという話聞いたことはあるような。

あとはジャニーズWEST神山智洋だ。神山も結構趣味が面白くて自分の中では元々好感だ。

いつも髪色が派手なイメージあるけど、最近そのキャラがジェシーに取られてる感

韓流キャラも山田やケンティーのイメージでちょっと影薄いおじさん

 

でも、これだけという。もっと幅広く詳しくチェックしてるオタだと番組や雑誌でこう言ってたというのはあるかもしれない。

勝手なイメージで堂本光一玉森裕太、伊野尾慧あたりは猫派だと思ってたけどものの見事に犬派だ笑

言われてみれば確かに犬派っぽい。

 

ていか犬派多すぎでしょ。サッカー選手もほとんど犬派だ。こういう上下関係あってある意味男を競う社会だと、犬の性質が肌には合っていると思う。猫はどちらかというとソロのアーティストに合っているタイプだ。

 

ケイスケホンダも柴犬だし、ベンゼマとかクリロナも大型犬を飼っている。イスコとかは愛犬にメッシとつけてるし、海外セレブはマジで犬がステータス感はある。BLACKPINKとかも犬だ。

意外にStary Kidsは猫を飼っている。ブルピンもリサは超猫派で、猫特有の駆け引きが好きと言っていた。

 

手越祐也はまさに犬派だ。トイプードルのエマはジャニーズ時代から有名だ。ケンティーも同じでボニータだ。松島聡は昔から大切にしている高齢犬がいる。

 

もちろん両方好きだという人もいるけど、ジャニーズファンの猫派は結構肩身狭い思いをしているわけだ笑

キスマイに至っては全員犬派だ。玉森は仕事で終わりですぐ帰る空気読めないゆとり世代だから勝手に猫派だと思っていた笑

猫派って基本協調性無くてマイペースだからね。

 

それだけに長瀬智也の話は嬉しい。ガチ溺愛感が伝わるし裏表がないので信頼できる。

言われてみればジャニーズでそんな猫の話を聞いた覚えがない。小山や平野は実はこういうエピソードがある、ってのはあるけどそれでもまぁそういう猫好きの一面があるのは良い。

 

猫好きって、活発じゃないとか協調性がないとか陰キャが多いとか自己愛が強そう、社交性がなさそうとかそういうこと言われまくって差別されまくっている笑

猫派だけが劣等感を持っているわけだ。陽キャ陰キャだとか気にしないけど、陰キャだけがやたらめったら意識しているのと同じだ。

まぁでも猫派がこじらせて面倒な人多くて、犬派のほうが付き合いやすそうというのはわかる笑

仕方ないのよ、猫派はそうやって陰キャ的な育ち方をしてるんだから。

 

でもこれからは「長瀬智也も猫派だから」と言えるのがいいね。小山と平野もいるからこれでワイも陽キャの仲間入りや!

やったぜ

冗談よ

ペットをそんな見栄のために使うのはやめましょう笑

 

面白いのが山田君のところがかなりペット買ってて、カメ率も高い。ケンティーは一生彼氏ができないミドリガメのセバスがいるからね笑

セバスチャンなのに女の子で、彼氏ができないってケンティー言ってたからね。山田君のところからオス譲ってもらえばいいのに。

 

相葉雅紀がリスザルはマジで羨ましい。もう5,6年なので今はどうか知らないけど、一度は飼ってみたい憧れだ。メンフクロウ、リスザル、ミユビナナケモノ(フタユビは好きじゃない)は自分の憧れだ。

 

中間淳太ヒョウモントカゲモドキはこれは納得。元々爬虫類キャラだからね。関西のローカル番組で見た時知識凄かった。自分は爬虫類で言えばメキシコドクトカゲ、アオジタトカゲ、エボシカメレオン、そして蛇全般が自分の憧れでこの前の爬虫類ショップのお姉さんとめっちゃ話が盛り上がった。爬虫類と両生類は沼。両生類はヤドクガエルとサンショウウオ系に興味がある。何なら奇蟲はもっと興味ある。さすがにジャニーズで奇蟲趣味は公表無理だろう笑

稲垣吾郎だったら昆虫好きでも似合うし、許されそうではある。

 

意外とというか妥当というかアクアリウム趣味はいない。水槽いじって魚買ってるのって猫どころじゃない陰キャだからなぁ。

ホームセンターで買えるようなエビとかまで含めればいそうだけど。生き物飼育にハマる人って人間とのコミュニケーション苦手で生き物と過ごしてる方が楽という時点で陰キャなのどうせ。

そしてそういう人はジャニーズにはならん笑

目指したとしてもあの社会では生きて行けず辞めるか競争からはじき出される。部活動のノリを大人になってもずっとやり続けられるって相当だ。と、帰宅部で協調性ない自分が言うけどさ。尊敬してるからこそよ。自分一人の時間が必要で好きなタイミングで生きてて、それでいて好きなときは仲がいいという上下関係ない猫がやっぱ自分には合っている。お互い都合いいという意味で上も下もない。ちょっとした上下関係が自分が上の場合でも下の場合でもしんどいタイプなのよ。

猫は一緒にいてお互い落ち着くかが最優先事項だけど、犬は舐められたら終わりで躾けないわけにも行かない。ただ、合理的なのは犬で、猫は理論ではない世界だ。

元々教育できないのが猫で勝手に住み着いてた生き物と、野生を教化して適応させた犬とでは違う。

 

上下関係が苦手じゃなく、ライバルと競争して力関係乗り切って生きてきたバリバリの男社会のジャニーズやサッカー選手はそりゃ圧倒的に犬があってる。

小型犬が怖い自分は無理だね笑

好意があってこっちによってきてるとしても怖いタイプだ。

力関係というのをコミュニケーションになるべく持ち込みたくない性格なので、ちょっとしたそういうのが苦手なのよ自分。

犬見てそれほど可愛いと思わないけどビーグルだけは可愛いと思うのよ、でも自分は心底犬飼う適性無いと思う笑

 

大型のオウムやヨウムになってくると長生きしすぎてうるさい上に、知能高すぎて明らかに悪意のある人間を舐めた好意するようになるので可愛いだけじゃない。

 

逆に猫類ときたら、サーベルキャットどころかピューマとかまでアホな飼い猫になる。ライオンやトラさえそうだ。まぁ犬も人間にデレデレの狼とか、外国人ネキの動画でよくある。ロシア人夫婦が飼ってるピューマの動画本当に好き。大型のネコ科で一番イエネコに近いのがピューマだと言われている。

 

猫って頭いいのか悪いのかよくわからなくて狩りの才能はトップクラスで、でも集団で狩りする才能は無い。だから躾や司令がわからない。それなのに感情の妙は絶妙に空気が読めるし、人間の赤ちゃんとか子供はこいつガキだからなってのがわかってる。闘犬ピットブルどころかゴールデンレトリーバーが子供をあやめた事もある。大人がすると怒ることも赤ちゃんがすると、仕方ないなと言う感じで猫は怒らないし嫉妬しないので、そういう加減は不思議と猫がわかってるようだ。

 

女性アイドルだと結構猫派は多い。女性アイドルも結構上下関係厳しいけど、もっと男よりは「察しろ」というコミュニケーションが多いので猫っぽいのかもしれない。

男は活発さや強さを求められるのでやっぱ犬派が男らしくて陽キャコミュ力高そうに見えるのよね。婚活だと絶対運動部出身と犬派がウケいいだろうね笑

体育会系出身の男性は結婚相手におすすめみたいな記事はあるのに文化系や帰宅部は何も言われねぇのなんの、まただよ陰キャ差別笑

 

女子の気まぐれだけど彼女らなりの理があるところが猫と合うし、女子特有の気遣いも猫にいい。猫の行動はまさに女性そのものだ。逆に犬は男社会っぽさがそのまま適応するのでジャニーズの愛犬家が多いのかもしれない。

猫派はどこかしら人付き合い苦手で、闇があって屈折してるところがあるのはあると思う。結局明るく犬派で生きてきたほうがね、いろいろと生きやすいと思うのよ。

 

おっ、そしてさっきまで別の部屋にいた猫がさり気なく近づいてきて横に黙って香箱座りをし始めた。特に甘えるでもなくこういうなんでもない時間がいい。膝の上に座りたがるときもある。そして隙ありそうというか、座ってもよさそうな空気を察すると乗ってくる。こっちが今はだめと追い払うときもあるからだ。

と思っていたらやっぱり乗ってきた。ここからゴロゴロ言い出して丸くなる、これが猫との日常だ。良くも悪くも、言うこと聞かないが逆に自分のペースも守れる。犬がパートナーだとしたら猫は良い意味で他人でいられるときもある一緒にいて気が合うやつだ。

ジャニーズで言えば、猫が別グループの仲いい感じのメンバーや年の離れた先輩後輩だとすれば、犬は同じグループというイメージ。

 

同じグループとして活動するというよりも、超年下の違うグループのジュニアとかのメンバーに接して一緒にいるときはタメ口や愛称で呼ばれるみたいな。イノッチが若手メンバーに接する感じ。最初は猫の人間を怖い先輩のように思って警戒する。人懐っこい後輩のいるが笑

猫ってそういう意味で犬ほどのパートナーではなく、いのっちがジャニーズJr.の子を面倒見る感じだ。ここまで来ると上下関係とかじゃない。自分の場合猫がオスの2歳児くらいなのでそういう感覚だ。先輩後輩というよりも、もう寄って来られるだけで可愛いというおじさん心理だ。道枝駿佑君かわいいなぁくらいの感覚だ笑。

そしてうちのそいつは膝から降りさせて、爪とぎして飲食して、またどっか行きましたとさ。