読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

中島健人出演の「林先生が驚く初耳学」の魅力

ここ最近自分の毎週の楽しみといえば主に「林先生が驚く初耳学」という日曜日にやってる番組を見る事で、番組としては結構面白い。元々はSexy Zone中島健人目的でみていたけども毎週見てるうちにいつのまにか番組自体が好きになってきている。

 

普通にためになる情報が多かったり、ためになるかどうかはともかく情報としては興味深い物が多い。新しい形の情報番組というか、林先生が知らない情報を提供する番組になっている。

林先生が知っていたら負け、林先生が知らなかったら勝ちという形式でかなりコアな情報が出題されるのが特徴だ。しかしそれを普通に説明してしまう時もたびたびあるから「林先生すげぇ」と思わずにはいられないし、むしろ自分はこの番組で林先生がここまで凄かったというのを知った。本人いわく「この番組で知のモンスターになりましたよ」というぐらい、林先生の博識ぶりは凄い。

 

あと林先生が実例でやる小芝居も結構好きで、この番組みてると林先生が好きになるというか、毎週あのドヤ顔を見てると「今週も初耳学見てるなぁ」と楽しかったりする。

「みなさん知ってると思うんですけど」「ご存じない?」の絶妙な鬱陶しさが癖になる。

 

あとはハライチ澤部、千原ジュニアの面白さを知ったり、大政絢の「その説明お見事です」も好きで共演者皆好きになってくる。完全に自分の中だけの脳内カップリング的な物で林先生×大政絢の絶妙な関係性いいし、澤部はマジでコメントが面白い!

他には最近平野ノラがレギュラー出演になって、これは完全に俺得というか平野ノラは好きな芸人だったから毎週見れるのもうれしい近況。

ブルゾンちえみが流行ってるけど今あえて平野ノラ推す」っていう完全に自分の中だけの流行。平野ノラはテレビで始めの頃から好きで、消えないでほしいなぁと思いながら見てる。

 

そしてもちろん中島健人の活躍も見どころで毎週コメントが面白かったり、「今日良い活躍できたなぁ」と思うのが楽しかったりする。世間的にメジャーな番組にレギュラー出演できてるのは凄いというか、この番組で「初耳学に出てるジャニーズ」という認識がもしかしたら世間に広まってると思うと結構嬉しかったりする。

あとつくづく中島健人って「イケメンボイスだな」って思う。映像の時に聞こえてくるケンティの率直な感想いいよなぁ。結局ジャニーズファンは声に行き着く!

あと裏事情でいえば中島健人本人もこの初耳学と林先生を気に入っていて、ちょくちょく「林先生から教わったんだけど」というような話を雑誌などで語っていることが多い。ケンティ本人もこの番組に愛着あるんだなぁというのが伝わってくるし、実際見ているとファンまでこの番組そのものへの愛着がわいてくる。

 

とにかく最初中島健人目的で見てたのに、他の共演者まで好きになっていって番組自体への愛着がわき始めてるというか、「番組の固定ファン」ってことに楽しさを見出してる自分がいる。

ジャニーズファンの多くが自分の好きなジャニーズが毎回出てる番組はきっちり見ているのではないだろうか。今やドラマ出演よりも一般バラエティのレギュラーになることのほうが大事な時代で、朝の情報番組の顔になっているジャニーズも多いし、キャスター業をやったりするメンバーも多い。今やジャニーズは「いつもお茶の間で見ることができる立ち位置」を獲得することが安定した活躍のために必要になってきている。

 

またテレビも世間的にも番組が長く続かせようと思ったら「固定客」や「固定視聴者」というのが大事になってきており、ファンとしてもその番組の固定ファンやってるのって結構楽しいなぁと思うのではないだろうか。そう言った感じで最近逆にテレビ再評価してる自分がいるし、芸能人ってやっぱ良いよねっていう再評価をし始めている。

 

昔はネット配信とか好きだったけど、今は「やっぱ普通にテレビでいい」という考え方になってきてるし、なんだかんだでテレビって作りがいいし見てる人も多い。ネット始めたころはテレビ軽んじてたけど、逆に今テレビ再評価の流れというか「いつものおきまりの流れ」とか「固定客」みたいなのの楽しさに気付き始めてる。

 

初耳学を見てても「この知識さすがに林先生でも無理だろ!笑」「今週も中島健人とハライチ澤部のコメント面白いな~」とかそういう「毎週のおきまり」が楽しい。中島健人はこの番組のレギュラーが完全に板についてるなぁって見るのが楽しいし、一つお気に入りの番組見ると一週間が全然違う。

 

変な言い方だけど「視聴者としての帰属意識」みたいなものを独特な感情が湧いてくるのが楽しい。完全に自分の中だけの仲間意識というか「初耳学メンバー」みたいないつものメンバーが好きになってる。

林修中島健人、ハライチ澤部、千原ジュニア大政絢、この5人は鉄板というかこの5人見ると謎の安心感を覚える。あとはちょくちょくブラマヨ小杉とかロンブー淳が出たりそういうメンバーの微妙な違いも毎週の楽しみ。それまでそこまで好きじゃなかった共演者も好きになって、中島健人はもちろんのこと、特にハライチ澤部と林先生は毎回見るのが楽しみ。

最近何か新しいことをやるというよりも、「毎週同じこと」「いつものいきつけの味」みたいな固定ファンでいるのって楽しいなぁと思うしいつものながらの恒例の習慣みたいなものの楽しさにハマっている。

 

林先生の初耳学は普通に情報番組としてためになることも多いし、なんだかんだでテレビって作りいいなぁと思う今日この頃。そもそもテレビ番組もどんどん固定視聴者向けになってきてるし、固定視聴者の多い番組が長寿番組になるとも言われている。

「いつものことをやる」これは物凄く大事なことで、長寿コンテンツはこれがしっかりできている。

テレビが昔ほど一強メディアじゃなくなった現代高い視聴率をたたき出して全国的な人気番組になるというよりも、一定の固定ファンがいて中規模で長く続けることの方が大事な世の中。そして「そういうリアルな日常って悪くないよね」という、そんな毎週のささやかな幸せ。

物凄く盛り上がるわけでもない、だけど毎週変わらぬ楽しみ、今のテレビ番組に求められる役割はそんなちょっとした楽しみなのかもしれない。

来週もまた林先生や中島健人、ハライチ澤部を見るのが楽しみだ。