elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

韓国人「ソンフンミンはバイク配達員みたいだ」

1.足が速い

 

2.チキン屋のエースだ(韓国ではチキンの配達が人気、そしてトッテナムのあだ名が鶏小屋)

 

3."インド"相手に大活躍(ソンフンミンの韓国代表デビューゴールが対インド代表、韓国語でインドは人道の同音異義語でありこれは日本語での歩道を意味する)

 

4.よくつまみ食いをする(ソンフンミンの得点スタイルも味方頼みの美味しいとこ取りのゴールが多い)

 

5.人間性が良くない(日本でのウーバーイーツ配達員の悪化版と考えていい)

 

6.時々、人々に大きな負傷を与える(ソン・フンミンはラフプレーでアンドレ・ゴメスを負傷させたことがある)

 

7.「ビッグ飲食店」に行けない(ソンフンミンはサッカーの名門ビッグクラブからオファーがなくビッグクラブに行く夢だけを見て叶わない)

 

8.同僚たちとの馴れ合いが激しい(ソンフンミンはトッテナムの同僚と良く仲良しな素振りを見せるが、実際は一番ゴールとアシストの多い盟友関係であるはずのハリー・ケインの誕生日会に誘われない)

 

9.退職後誰にも知られない(トッテナムのような中小クラブを退団後は誰にも知られない)

 

10.黄色🟨を見れば急発進する(黄色信号=イエローカード、ソンフンミンはラフプレーでカードを貰うことが多い)

 

11.オフサイド(停止線違反)を良くする

 

12.いつかここ(配達屋&トッテナム・ホットスパー)から出ていこうとするが何年経ってもこのまま

 

13.時々解説者(ハンムンチョル)が「レジェンド」だと激賛する(ハンムンチョルは交通事故解説のユーチューバーで事故の原因などを説明し事故防止啓蒙に努めており、バイク配達員の事故も登場する)

 

14.警察(審判)につかまれば悔しがる(前述の通りソンフンミンはカードが多い)

よく韓国でソン・フンミンはとてつもない英雄と思われていると思っている日本のサッカーファンは多いが、実はこのようにソンもトッテナムもネタにされまくっている。それどころか従来の純粋なサッカーファンからすれば急にスパーズサポと名乗り始めたところがうざいと思われており、これは香川真司以降ドルトムントや冨安健洋以降のアーセナル好きを名乗り始めて言動だけは鬱陶しい様似ているようだ。

 

エジプトでモハメド・サラーやポルトガルレヴァンドフスキセネガル、いやアフリカ全土でサディオ・マネが崇拝されていることとは違い韓国では女性はそもそもサッカーに無関心、男性は結構ネタにしているというのが真相で日本ともマインドが似ているところがあるようだ。

実はソン・フンミンは韓国でめちゃくちゃネタキャラ、というわけである。

馬刺し専門たれでクジラの肉刺しを食べた感想

ついに我流最強クジラ肉刺しが完成した。

以前、馬刺しセットを買ったとき「もしかして馬刺し用のたれであれば見た目は似ている鯨刺しも旨いのではないか」という体験談食レポ記事を書いた。

前日談プロローグ

elken.hatenablog.com

 

結論から言えばめちゃくちゃ美味かった!

自分の中でその記事内でも書いたように鯨刺身は「にんにく醤油」か「にんにくポン酢」で食べるのが定番だ。

そして以前馬刺し用に使ったタレをこの度試した。まず馬刺しタレは普通のスーパーでは見かけないが馬刺しパックを売っているようなところだとついでに置いてある。鳥刺しなどを置いているところも鳥刺しダレが売っている。

 

ただ「鯨刺し用タレ」はそもそも売られていない。

クジラの刺身は人の食べ方による。

結果的に自分はこの度の晩酌で九州産馬刺し甘ダレ、九州産芋焼酎という九州産セットで食べた。

今、九州テーマの居酒屋は多いので揃えたわけだ。

 

鹿児島産芋焼酎宝山という甘めの焼酎、そして本場熊本の味と名売っている馬刺しタレ。

 

できれば馬刺しがいいのだが、そこらで売っていないし安易に馬刺し販売しているという小売店買うとがっかりな冷凍物が出てくる。馬刺し専門居酒屋や、スーパーで売っている馬刺しセットには遠く及ばない。通販で信頼できるところを使えば違うかもしれないが。

 

そもそも馬刺し高いということなので「そこらで売っている鯨刺し身を馬刺しタレで食べたらどれだけ合うか」というコンセプトである。

肉自体の旨味はやはり馬肉が甘みが強くてタレにあう。さすがそこはウマ。

ただクジラも処理次第ではめちゃくちゃ赤身があってこのように美味しい刺身に仕上がる。

これで原価350円強ほどでもう一皿250円位にわけている。居酒屋であれば3000円は超える量だ。

刺身はじっくりと食べる場合は二皿に分けて冷やしながら食べるとより風味や鮮度が保たれる。

 

まず帰ってきてすぐにパックの中にある肉をキッチンペーパーで4,5枚ぐらい包んで冷蔵庫に入れておくことが重要だ。このとき、パックを剥いだら生肉を触ることになるので一旦ハンドソープ手を洗うことがおすすめだ。

次に再度ラップをし直して、買ってくるときに入れておいた氷を重しで乗せると冷却効果がある上に余計なアクを取りやすくなる。キッチンペーパーくるんだクジラ肉をラップの上から氷で抑えているという構図だ。

 

これでキッチンペーパーがめちゃくちゃ血に滲んで真っ赤になるくらいクジラは血が出る。

ここで余計なくさみを取っている間に、生玉ねぎを程よく切って皿に下敷きにしておくと、これがあとから役に立つ。

そしてなるべく薄切りにする。

薄切りにすると玉ねぎを包んで食べやすいからだ。この肉を切る薄切りのためには柳刃包丁がおすすめだ。

またクジラはとても癖が強い素材なので調理後はハンドソープだけでなく歯磨き粉を混ぜて手を洗うと特有のくさみが取れる。

elken.hatenablog.com

 

そして冷やし直したあと、先程の馬刺し専門甘ダレに生姜をいれておく。チューブの市販品で構わない。

最初しょうがは無くても純粋なタレで良いかと思ったが、やはりしょうがは必要だ。癖が強いからこそ薬味がいる。

ただ馬肉程肉自体の甘みはないので、やや多めにタレをつけてもいいぐらいだ。逆に甘みが薄い故に、にんにく醤油にんにくポン酢でも合うのが鯨だ。

 

鯨刺身はカツオのタタキや刺し身のように塩辛い味で食べてもいいし、九州的な甘い味で食べてもいける。

 

ちなみに焼酎はソーダ割りから始めると良い。普通の居酒屋ではロック、お湯割り、水割りが定番だが家であれば焼酎サワーもありだ。ビールやハイボールなど邪道で、こういう生肉系はいきなり焼酎サワーをおすすめしたい。ビールやハイボール、酎ハイだとここまで苦労して用意したプロセスが台無しだ。

他人のお酒の飲み方にケチをつけて口出しする気はないのだが、鳥刺し、馬刺しの本場九州はいきなりお湯割り焼酎というぐらいな文化なので爽やかに行きたい場合でも芋焼酎ソーダ割りがいい。

これは魚の刺身にも言える。

鯨の肉刺身自体は九州でメジャーではないけども、本質的には似た味だ。

馬刺しダレ、しょうが、芋焼酎or麦焼酎、これが生肉に合うようになっている。

余った玉ねぎはクジラのエキスが入っているので料理にも使える。他にツマを揃えられる余裕があればカイワレ、生にんにくの切り身などなど色々合うはずだ。自分はコスパ重視で玉ねぎだけだ。

 

もう鯨刺身をパック2つ買ってクジラパーティーするぐらいで焼肉並みの満足度がある。肉は質で、クジラは足は早いので流通が強いところでしか困難でしかも割引品や一日置くのは絶対NGなくらいデリケートだが駄目だったら焼いてステーキでも食える。早い時間帯にスーパーに行ける日などにおすすめだ。日が暮れる前が理想だ。なるべく赤いザクロのようなものを買うこと。

ルビーやガーネット色のクジラ肉はまさに至宝である。

そこに芋焼酎というクリアなクリスタル色を組み合わせるとラグジュアリーな味となる、どうぞお試しあれ。

赤いナースコールの終焉

Sexy Zone佐藤勝利vs榎田院長というエンディングで終わった赤いナースコールだが、この話は引き分けで終わる。

 

最終的に工藤刑事のピストルを託された佐藤勝利が、ラスボス榎田院長を撃って終わりという描かれていない描写なので、自害したアリサを愛していた勝利は結局銃を授かって撃つことになるというエンド。

車椅子逃げられない状態で院長がチェンソーで復讐に来れば銃を使うしかない。

 

姉の復讐をやや成功したアリサ役福本莉子→自害

その彼女の仇を伐った佐藤勝利無期懲役(実質的に暗にそういう演出)

こういったバッドエンドだったけど納得がいく面白さの赤いナースコールだった。

 

ただ正当防衛と情状酌量の余地がありそうなのでもしかしたら佐藤勝利は数年で出所するかもしれないが、主要キャラクターのほとんどが死亡するという中々ディープな作品だった。

毎週リアタイで楽しみにしていた身としては面白すぎたと言いたいけど、ネタバレになってしまう。でもホラーな作風で途中で離脱してしまうのはもったいないとも言いたい作品だった。実際キャラの死に方全員グロいので佐藤勝利は相当やばい作品にでて、地上波ドラマでよくこれをやれたな、と(笑)

 

あとアリサは自分も怪しいと思ったシーンが伏線としてあったけどこういうことだったんだなと。週刊誌で喫煙者を注意した事件の段階で榎田院長の息子と勘づいた人はミステリー物のセンスある人だろう。自分は特に気づかずただ見ていた。

もう一度見たら伏線がいっぱいあるんだろうな、という考察好きにはたまらなそうな作品でジャニーズ主演という偏見無しでおすすめしたい夏にぴったりなホラードラマだった。個人的には佐藤勝利含む患者同士が病室で夜中に話し合っている姿に非日常感を抱いてワクワクしてとても面白かった。

Sexy Zone佐藤勝利はポケモンで言えばアブソルである

佐藤勝利と同世代ぐらいであれば女子でもポケモンルビサファをしていた人は多いので、ご存知かもしれないアブソルという悪タイプのモンスターがいる。

 

佐藤勝利本人も中島健人とのラジオで何度かルビー・サファイアの話をしており、アブソルはそこそこ有名なポケモンである。

このアブソルの何が特徴か、それは「最強のはったりモンスター」ということである。

誰もが初見ではレアな伝説ポケモン間違え、アニメのOPでも伝説っぽい立ち位置で描かれているので勘違いする。

こいつは絶対強いレアモンスターに違いない、と。

ところがアブソル、当時の環境では恐ろしく弱く攻撃能力だけは130族という最強クラスだが当時は悪タイプの技が全て特殊攻撃に分類されていたため得意の悪技がまるで発揮できない上に、素早さも耐久も低く非常に使いにくいお粗末な性能だったのだ。

技範囲だけは広く無駄に技を覚えるのだがどれも合わない。当時貴重なシャドーボールの技マシンを使うほどの価値もなく見た目がかっこいいからと最初は使われるが、結局ボックス送りにされてしまう不遇のモンスターだったのだ。

 

ここまで説明すれば薄々気付くだろうが、これは佐藤勝利の特徴と完全に一致する。。。

 

2011年、Sexy Zoneがデビューしたときとてつもない美少年がセンターとしてデビューしたと思われ「顔面国宝」という称号まで得る超絶イケメンこそ佐藤勝利であった。

しかし佐藤勝利という男、これまでのキャリアは苦労の連続で歌やダンス、アイドル性などジャニーズ(=ポケモン対戦)に必要な能力は無く見た目は伝説級だが能力、強さは並というスペックである。

最近でも赤いナースコールというドラマをやっていたが、デビュー当初から問題視されていた演技力の棒読み感が消えておらず、特技は俳句や陸上といったアブソルでいうところの「かまいたち(使い所がない弱い技)」のみを持っている。

 

おそらく勝利はメンバーカラーが赤のセンターとしてはジャニーズで下から数えたほうが早い人気だろう。ジャニーズの赤は戦隊モノのレッドそのものでグループの顔だが、正統派とはいえないイロモノであるジャニーズWEST重岡大毅が余程人気があるように見える。

 

これは男は能力、女は容姿というわかりやすい例で佐藤勝利が女子アイドルであれば相当人気だったかもしれない。

男と女というのはキャラクターでいえばゲーム性が違う。

例えば同じポケモンでも島崎遥香はメスのブースターである。

ブースターもまた「唯一王」と呼ばれる雑魚モンスターの代名詞だが、男性が対戦でバリバリ活躍することを求められるのであれば女性は可愛さ人気が問われる。

島崎遥香ポンコツ無能だったが一時はAKB屈指の人気を持ち全盛期の人気が健在だった時代に永遠プレッシャーというセンター曲を持っている。これはブースターが対戦ではいくらポンコツだろうが、イーブイの進化系一族として今もグッズが売れまくり一部ケモナーからは絶大な支持を得ている。

島崎遥香=性的魅力がある女性、ブースター=性的魅力があるモンスター

 

対戦など関係ないのだ。

 

ところで、では「能力が高いが見た目が悪いモンスター」も存在する。

これの男版はBTSのシュガで、女版は吉田沙保里である。

シュガははっきり言ってしまえば防弾少年団で一番のブサイクだが作詞やラップなど天才級でカリスマ性がめちゃくちゃある。

 

これはポケモンで言えばラグラージである。

キモすぎる見た目から「キモクナーイ」とあだ名を付けられるほどのモンスターだが、ルビサファ世代ではラグラージはめちゃくちゃ人気である。自分自身も使っていたし、ダイパ世代では更に強化され強モンスターだった時期もある。

男の場合、強ければキモかろうがかっこよく見えてラグラージのグッズも人気がある。見た目はバシャーモジュカインが絶対かっこいいが、ラグラージの熱烈なマニアは多い。

 

ところで女版だとこれはナットレイである。ナットレイもまたいわゆる厨ポケであり、ラグラージ同様耐性の強さからよく耐久パで使われていた。

ところが女性の人生のゲーム性は強さ=能力を競うことではない。

職場でいくら重宝されようが、ナットレイのグッズなんて有能ブスの婚活のように売れ残るし、いくら弱かろうが島崎遥香やブースターのグッズは飛ぶように売れて人気なわけだ。

吉田沙保里さん、39で未婚である。対戦では皆ナットレイを使うが強いから使っているだけでわざわざグッズを欲しいとは思わないのだ。結局売れるのは弱くても可愛いブースターやピカチュウなのである。

 

男の無能イケメンの場合アブソルのように対戦では使われず、キモイが強いラグラージはめちゃくちゃ人気で対戦でもグッズでも支持される。まさに佐藤勝利と有能ブサメンのシュガの違いだ。女性のアイドルファンは特にスキル重視でそのために高いチケット代を払ってライブを見に行くし、パフォーマンス能力が低いと動員人気は伸びない。

お笑いも昔から女性ファンが見に行く。ブサイクな芸人でもスキルがあれば満員だ。

 

自分含め大部分の男性は能力もルックスもどっちも微妙なわけだが、自分が男と考えたときに見た目だけ良くて弱い武器やモンスターは使いにくいわけだ。無論見た目も強さも強いモンスターはチートであり平野紫耀やジョングク=ガブリアスである。

 

もしアブソルがめちゃくちゃ強かったら、佐藤勝利がめちゃくちゃスキル持ちだったら。。。人気屈指のポケモンとアイドルになっていただろう。

逆に女性アイドルは可愛ければブースターのようにポンコツでも人気だし、TWICEジヒョのように歌唱力はグループNo.1でもそこまで可愛いタイプではないのでグループ人気は最下位である。

ポケモンで言えば女の場合はグッズ(結婚)が売れるか、アニメや漫画で人気が出るか、男の場合は対戦(仕事)で強いかが問われ、これが逆だとミスマッチが起こる。

有能ブスと無能イケメンはそこまで人気が出ない、逆だったらめちゃくちゃ人気ということだ。

 

ちなみに佐藤勝利の名誉のために言うとややポンコツ感あるものの島崎遥香レベルではなく、仕事も一生懸命やるしおそらくジャニーズ内で最も人柄がいい部類に入り、話キャラも割と面白い。顔に対する期待感で損をしているとも言える。

アブソルもまた昔は人里に現れれば災いが起こると考えられていたが実際は人間に災いの前触れを知らせようとしていた心優しいポケモンという共通点もある。

 

ただ超絶イケメン顔で中身が普通の人というギャップ、「顔は勝利だが中身は佐藤」というところが勝利の魅力ではある。

ポケスペという漫画版のポケモンで確かアブソルはめちゃくちゃ活躍していたので、勝利にもポケスペのような活躍できる場面があれば輝くだろう。実際、赤いナースコール、演技は上手くはなかったがキャラにはあっていたし毎週楽しみに見ていた。実はアブソルにとってのポケスペ佐藤勝利にとっての赤いナースコールだったのかもしれない。

elken.hatenablog.com

宮野真守の鬼滅の刃童磨がめっちゃ楽しみな奴www

手越祐也宮野真守という絶対キャラも声質も似てる男で二人共サッカー経験者というね。ガンダム00の刹那とデスノートのLじゃなくて夜神月で、鬼滅の刃でやっぱ童磨かよっていうマモ好き。

沢城みゆき鬼滅の刃の堕姫で、宮野真守は童磨になる関係性好き。

沢城みゆき宮野真守というビジネスイチャイチャ関係好きすぎる自分は声優萌え上級者。

でも宮野真守は声聞いてると時々手越祐也っぽくて嫌いになれない。

 

でも来年ある鬼滅の刃新作アニメはおそらく刀鍛冶の里だから童磨はそこまで出ないという飼い殺しと思われる。宮野真守ファンはもうちょっと待とう。

刹那...俺がガンダムだ

youtu.be