elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

日本代表VSセネガル戦 2-2で引き分け 本田圭佑がW杯でまたも活躍

やはりワールドカップにはこの男が必要なのか、本田圭佑が途中交代でまたも結果を出した。

結果的には引き分けになり、まだ現段階でグループリーグの突破が決まっているわけではないが、一時勝ち越されかけたことを考えればこの引き分けは非常に大きな意味がある。

 

特にこれまで散々叩かれに叩かれてきた本田圭佑がゴールを決めたことは、自分にとって非常に感動的なシーンだった。やはり本田だ、ワールドカップにはなぜかこの男が必要なのだ。

 

もちろん最初の同点ゴールを決めた乾貴士も賞賛されるべきだし、長友佑都も奮闘していた。

ポーランド相手に圧倒し、このグループ最強の存在と目されていたセネガルを相手にした結果だと考えれば及第点以上の価値さえある。

 

それにしても本田圭佑、ワールドカップでは必ずアシストとゴールをするという意味では久しぶりに「持ってる男」や「本田△」という言葉を使いたくなる。

コロンビア戦に勝った後も、本田だけは叩かなければ駄目なのかという風潮さえあった中でこの結果は本当に大きい。彼がどういった存在であるかを結果が示した。

 

そして何よりようやくサッカーで盛り上がる雰囲気になってきたことが、これまでのぐだぐだを見てきた一人として本当に嬉しく思う。直前まで「世間の流行はアメフト」とまで言われ本当に空気扱いされてきたサッカーもこれでようやく熱狂的なムードが出てきた。

実はというとコロンビア戦の後から見違えるように風潮のような物は変わっていたのだが、自分自身まだ盛り上がっていると自信を持っていうことができなかった。

まだ第一戦の段階で、この後何が起こるかわからない状況だっただけに時期尚早のように思えた。

 

しかしこのセネガル戦の二度も追いついたことによる劇的な引き分けは、今大会のこのチームを表しているように思う。

そのチームがどういった集団なのかというのは、時として試合内容や展開に現れる。毎試合ヒーローが現れたり、負けから這い上がったりと見ていて熱い。

かつて批判されていた人間が次はヒーローになれる、それをサッカーは教えてくれる。

特に本田圭佑はこの4年間本当に苦難を味わってきた。

本田圭佑

その過程を見ていた人は、この試合をどれほど待ち望んでいただろうか。そして本人が何よりこの瞬間を狙っていた。

「サッカーは1ゴールで天と地が入れ替わる」と本田は語っていた。

そして自分も本田は本番で活躍すると信じてきたから、途中で手のひらを返すことはなかった。

 

もちろんまだグループリーグ突破が本当に決まったわけではないし、サッカーは本当に先が読めない。その一方で、今まで成し遂げられなかったこと、すなわち決勝トーナメントで初の勝利を得られる可能性だってある。

ワールドカップ本大会で南米勢相手にアジア勢が勝ったのは初めてのことだという。

ベスト8進出も何かの間違いであるのではないかというのが本当に現実になり始めようとしている。ダークホースというのはそうして扱われないところから登場する。

 

ハリルホジッチが解任されて、西野監督が就任してそこから親善試合で一切勝てなかったときはこの結果などまるで信じられなかった。

結局サッカーというのは人間同士がやるスポーツなので、人間の信頼関係だとかモチベーションだとか、そしてあとはサッカーの神様のきまぐれないたずら次第であらゆることが起き得る。

名選手がペナルティッキックを外すことも、批判され続けてきた選手が重要なゴールを決めることも同じルールの世界で起きる不可思議だ。

負け続けることが必ずしも本当の負けを意味するとは限らない。

 

なんだろう、とにかく久しぶりにここまで楽しいという感情が沸いてきた。

これがサッカーである、失っていたはずのものをもう一度教えてくれた試合だ。

本田△!

日本代表がなぜかコロンビア代表に勝ってしまったという事実www

人生って面白いよね、負けたはずの相手に今度は勝ってしまうんだから。

負けることが必ずしも次の負けを意味するとは限らない、そのことをサッカー日本代表は示してくれた。どんなに負けが続いていても勝つ可能性は残されている、それが人生じゃないか。

 

今大会のワールドカップ、中々自分としても楽しんでいて今大会は波乱万丈で面白い。とくに弱小チームみたいなとこが戦い抜いて勝ちきる展開も多く、とても予想ができない。筋書き通りに進むことにサッカーの神様は面白さを感じないのか、頻繁に気まぐれないたずらをする。

 

 

 

そんな中予想できないことをやってのけたといえば我らが日本代表がなんとコロンビア代表に勝ちました!

サッカーの神様の采配がこの試合振るわれたと見てよいのだろうか。

球体を足で扱うがゆえに偶発性に満ち溢れたこのスポーツを司る存在が、何気なく投げた賽の目は日本の勝利を示した。

 

ワールドカップの舞台で今まで一度も勝ち点を取れなかった南米相手についに勝ったというのは、日本サッカーの歴史に残る偉業でございます。

勝ち方の内容に関して議論することはサッカー的、あるいはワールドカップ的に言えばナンセンスだろう。このレベルになると最も重視されるのは結局勝つ事なので、もうこの試合戦術的な詳細な分析どうこうよりもとにかく勝ったことが結果です。

 

皆さん分かりますか、コロンビアに日本は勝ちました!おめでとう!

自分は信じてたよ、なんだかんだでいざという時に勝てば全てがチャラになると。先日のパラグアイ戦に勝ってたノリのままなぜか同じ南米コロンビアに勝つだろ的な安易な発想で挑んだら、なんと勝ちました。これがサッカーという不確実性に満ちた謎にあふれたスポーツの本性であります。

 

こういうことがなぜか起こってしまうんですね、このサッカーというスポーツにはいつだって。これを信じてたからこそ自分は今まで楽観的な姿勢を崩さなかったし、どこかでやるチャンスがくるということに期待していた。ちょっとした一時的なムードに流されるような見方はサッカー的な観戦方法とは言えないですね。予測できない展開が起こり得る、だからその時の基準だけで判断してはいけない。

 

だからこそ逆に今だからこそ肝に銘じたいのが次のセネガルとポーランドの試合、ここを落とせばまた逆戻りになる。

 

あくまでこの試合、大迫勇也がPKを序盤に奪取したという幸運があり一人が退場したという好条件があったからこの歴史的勝利という結果になった。正直自分自身正確な試合の分析など行っていなくて、もうとにかく嬉しくてよく覚えておりません!

 

でもこれがサッカーです、だからこそ何が先におこるかもわからないのもサッカーです。天国に持ち上げられて地獄に突き落とされる、こういったシビアなことをサッカーの神様は平気な顔をしてやってきます。

 

ただとにかくワールドカップという真剣な公式試合で日本が南米勢相手に勝ちきれたというのはワールドカップ的なメンタリティとしては凄く大きな成長で、これは代々日本サッカーの歴史に大きな足跡を残すことは間違いない。

日本サッカーというものはこれで数十年先に影響を残すような自信を手に入れた。

何はともあれ勝ちきれたというのが結果として大きな意味を持つ。

そういう歴史の積み重ねが大事であり、この試合の影響は本当に大きい。

 

どんな展開だって起こり得るからこそ、奇跡の勝利を手にした。

直前の監督解任劇からの急速な展開で初の南米勢相手への勝利というのはドキュメンタリー番組にされること間違いなしの波乱の展開として歴史上の出来事になったのではないか。

その歴史を更に積み重ね、そしてベスト8以上の記録というより進んだ展開で結果を残しきる強さが今問われている。

勝負はまだ始まったばかり、ここから先に激闘と波乱満ちた試合は続いていく。

増田貴久「ついにNEWSは僕一人となりました」

手越祐也が手越したことにより、窮地に立たされるまっすー、そこにある男たちがやって来た。

 

亀梨和也「逆にすげぇな、俺ですら一人にならなかったぞ」

上田竜也「もはや新記録だろ」

中丸雄一「一人で悩まずつらい時は相談していいからね」

 

増田貴久「ソロ活動のノウハウとかもしかしたら相談することになるかも・・・NEWS15周年ライブとか俺一人ですんのかなぁ」

山下智久「テゴマス無理なら、久久コンビとかどう?俺ちょうど一人だし。ってか元NEWSだぜ」

 

さすがにまっすーかわいそすぎるというか、もうNEWSボロボロすぎてヤバいでしょ。かつて「安定してるグループ」と書いた覚えがあるけど、全然そうじゃなかったし手越もやっぱり手越だったし、もうヤバイだろいろいろと。

 

どうも文春がワールドカップがらみでNEWSの仕事が増える時期を狙って、スクープを温めていたなんて話があるらしい。よりにもよってW杯開幕の日に、日テレ系列でワールドカップサポーターに就任してる手越を狙い撃つ文春砲はゲス不倫よりもよほどゲスい。

これが普段の話だったら、いつも通りの手越でむしろ安心したって話で済むけどこういう重役の時に今回のような事は避けたかった。

 

どうするんだろうね、個人的にサッカーファンとしてワールドカップは凄く楽しみにしていたし、そこに更に手越が加わるなら最高なことになるじゃんとワクワクしていただけにこのスタートは縁起が悪い。

 

わりと自分のワールドカップ熱は手越頼みだっただけに悲しい物がある。

もう代理でまっすーをワールドカップサポーターにするならそれでいいんじゃないかな、確か増田貴久もサッカー好きだったはずだし。

それか例えばHey! Say! JUMPの薮宏太とか呼んだらどうっすかね、あの人手越超えるレベルでサッカーオタだし、SixTONESの高地優吾もいるよ。

 

とはいえもう始まったものは始まってるので、いろいろ間に合わないし手越続投というのが現実案になるのか。別に自分はそれでいいんだけど、昨今はクレーマーも多いし、スポンサー絡みだとなおさらそういうのは面倒になってくる。

まぁイッテQ降板危機を乗り越えた手越の生命力なら、なんか生き残りそうだけどどうなることやら。これ数日後の開幕じゃなくて、今日だぜ?笑

 

スペイン代表の監督がつい先日解任されて唐突すぎだろとサッカーファンの間で話題になってるけども、自分にとっては手越のほうがビッグニュースだよ。

 

そして思ったのがジャニーズはプロの芸能人や社会人としての自覚持ってる人とそうでない人にかなり大きな差があるなぁという事。

ある意味事務所の大きな力に守られてきたから今まで特権階級であり続けたジャニーズも、今後は他の芸能事務所のタレントと同じ土俵で戦わないといけない時代になってくる。そこら辺の時代に合わせた意識の変化みたいなものが求められるのかなぁというのは感じる。

その意味で増田貴久は今回そのプロ意識の高さやアイドル力が再評価されていて、これが彼の今後の活動にも役立ってくれたらなぁという思いはある。

 

アイドルやアーティスト、表現者というのはちょっと常識離れした変な奴のほうが面白いんだけど、同時に今は社会人としての意識の高さがかなり求められるようになってる。

そこら辺は難しいよね、「ジャニーズ」という常人離れしたキャラクターでなければ人気は出ないし、でも芸能業界で活動する一人のプロフェッショナルであることが求められる。

今回のことだってNEWSがテーマソングを担当して、手越祐也が日テレという局のワールドカップに関わる放送を背負っている状況で様々な人が関わってる。

それがメンバー個人の行動でここまで左右されるとなると、局側もリスクのようなものを感じるようになる。ここから急に対応しろと言われても決まってる物があまりにも多くて、そう簡単に解決できる問題ではない。

 

サッカーと一緒でそう簡単に予定通りに順調には進まないわけで、さっそく波乱を予感させる開幕日となった。

ここから1か月、ロシアでワールドカップの戦いは続いていくので、その一環として手越祐也の命運がどうなっていくかも見守りたい。

手越祐也「なぁ、やっぱ俺らでテゴマスやらない?」

増田貴久「俺もそう思うけど(笑)」

 

NEWSの残り二人はしばらく謹慎になった方と、生放送で謝罪した方がいるけど、もうせっかくワールドカップのテーマソング決まったときに何しとんねん!って感じでしょ。

 

その残り二人の人たちはNEWSが4人になった時「俺らこのままじゃヤベェよ、テゴマスに見捨てられるよ・・・」とガチ泣きし合った仲で、そのテゴマスは残ってくれたのに今回盛大に足引っ張ったってのはNEWSファンの心情を察するに余りある。

 

パーナさんの方々「小山慶一郎、加藤シゲアキ、おまえらのことだよ」

 

シゲアキさんのほうは最初こんなキャラじゃなかったけど、多分小山さんに連れまわされて飲んでるうちに楽しくなって、また行くようになったんだろうなと。

 

小山さんはまぁそういう人で、別に自分は嫌いじゃなくてそういうキャラは好きよ。

というかジャニーズ事務所自体のこの良くも悪くも昭和芸能界の文化が残ってる縦社会で閉鎖社会なところとか、アナログなことが残ってるとかってのは結構自分は評価してきた。

 

その一方でいいともやこち亀が終わることで、昭和が時代から消えていく論じゃないけど、そろそろジャニーズももう現代化したアイドル事務所に生まれ変わらないとヤバイなぁというのも1人のジャニーズファンとして感じる。

 

昔ながらのジャニーズの雰囲気があって、歴史が脈々と続いてるから面白いというのもあるけどどっかのタイミングで改革は必要だと思うし、SMAPの解散からその流れは続いてる。

ただ制度面じゃなくて、伝統や体質的なもの、慣習的な物という意味での実質的な変化が問われてるんじゃないかなと昨今の働き方改革を見ていても思う。

 

手越祐也「まさか俺が一番の真面目キャラになると思ってた奴いる?」

小山慶一郎→いつまでも大人になれない人

加藤シゲアキ→大人デビューした人

増田貴久→天才肌なのでブレない人

 

逆に丸くなった手越が一番熱い真面目な奴になってる風潮面白いよなぁ。

もうNEWSはテゴマスの2人でいいんじゃないかな。

シゲアキさんは多分小説の方で食って行けるんじゃないかな。

小山さんは地味にダメージがデカいよなぁ、もうキャスター業は無理だと思う。

???「フルスイングに一番勇気づけられているのは僕かもしれない」

 

外さない程度にハメを外せる手越さんと、フルスイングする小山さんの違いというのはあると思いますよ。

 

そもそもNEWSの人たちってジャニーズが超イケイケの雰囲気の時にデビューしてるから、その時代の名残はあると思うし日本社会の風潮としてもイケイケな感じな時に幼少期や青春時代を過ごしてる。

今はどっちかというと真面目さやクリーンさが評価される時代だし、芸能界に対しても健全さが要求されるようになったように思う。

ガチガチに真面目であれというわけではなく、しっかりしてるところはしっかりしてるというのが今一番かっこいい事で、そういうことをちゃんと長く続けるというのが今は一番ジャニーズに求められているような気がする。

 

自分はジャニーズ的な雰囲気が好きな事務所担的なところもあるので、ジャニーズ自体には続いて行ってもらいたいけど昨今はバッシングされてイメージも悪くなって来てるなというのは感じる。

 

21世紀を生き抜くためにも現代化するところは現代化して、新時代に適応するジャニーズを見てみたい。ここを変えるべきというのはいろいろあるけど、それはもっとファンの人が言っていくべきことだと思うし、その変わっていく過程も見届けたい。

新しい人材が入ってきてこれからも続いていくためには、変えないといけない部分もあり、新陳代謝のようなものも必要になってくる。

おそらくジャニーズファンの総意だけど、もういうグダグダした悪い話ばかりは聞きたくないし、楽しむためにこのエンターテイメントを見ているわけで、そろそろ嬉しい知らせを聞きたいなと思う。

TWICEのかっこよさが分かるみたいな動画集を紹介するよ

基本的に自分の生活リズムの習慣として、大体暇な夜はアイドル関連の動画を見て過ごしている。気ままにアイドル関連のパフォーマンスを見ながら過ごすというのが自分の日常の中の最大の楽しみで、これが心休まる時だったりする。

 

ここ最近はジャニーズと韓流というのが様式美のようなリズムで、中には何度も見ている動画もある。アイドル最高に大好きで、もうアイドル関連の物ばっかり見ているのが自分の私生活になってたりする。

アイドル=マイライフ(キリッ)

 

とくに韓流K-POPの場合、公式で投稿している動画が多いのでなんらとがめられることは無くむしろどんどん見てくれという感じだ。

韓流はとにかくほんと次から次へと情報が来るので、それだけ見ていれば時間が過ごせるので自然とそういう感じになっていく。

 

f:id:elken:20180602195900j:plain

そもそもTWICE自体、こうしたネットの手軽さをきっかけに知られているし広まっていった経緯がある。まぁ韓流オタならば誰しもお気に入りの動画があるし、むしろそれがきっかけになったんじゃないかな的なね。

TWICEの魅力は皆ネットで知ったと思いますよ。

www.youtube.com

 

そんな中で最近の自分がわりと気に入ってリピートしているのがこれで、韓国のどっかの音楽祭でKNOCK KNOCKHeart Shakerを披露したみたいな感じの動画だ。

まぁ多分ガチのTWICEペンのONCEの方からすると、これ見たことあるは、今更かいな的な感じはあるだろうけど、自分は暇なときはこういうのを見て過ごしてますよ的な話ですよ。是非とも知らない方にも見てもらいたいですね笑

 

そしてこの動画の何がええかっていうと、 Heart Shakerがめっちゃかっこええやんっていう話で、わりとハートシェイカーをこの公演で再評価した自分がいる。

この時のTWICEを若い子が見たらそりゃかっけぇ!って感激するよなぁと。だって俺みたいな成人男性(25)が今更昔のように感激するわけなので、もっと感性に溢れた人が見たら絶対観劇やろと。こういうの、もっと今の日本の若い世代に見てもらいたいですよ。

そういうのを紹介するのがワイの役目やと思てるし、もっと憧れみたいなものが広まって行ってほしいよね。

 

www.youtube.com

そして、もう一つ決定的なのがコレで、もうこれは自分がTWICEにドはまりした決定的な動画だったりする。

これがあったから今の自分があると言っても過言ではない。

 

というか、もうこれを何度も見ているしなんとなくTWICEを見たいなと思ったときはいつもこれを見ている。このLIKEYの時のパフォーマンスで本当にTWICEの事を好きになったって言う、個人的に凄く思い入れのある回だった。

 

この時はほんと皆可愛い!

もうねワイ、TWICEのLIKEY大好きやねん!このテンションわかってくれるかなぁ、とにかくLIKEY大好きマンなんです。

 

f:id:elken:20180602200028p:plain

なんかいろいろ面倒な時に、とりあえずTWICEの動画を見る時の定番に必ず入っているのがこの時のパフォーマンスで、なんか原点に戻った気になれる。

 

いろいろありながらも結局TWICEに戻るというか、やっぱトゥワイスだよなぁみたいな感覚がある。

困ったときはTWICE、それぐらい日常の一部になっている笑

 

飽きな居所が日が経つごとに好きになってくというか、TWICEがいてくれないと寂しいなぁみたいな日々の日常の感覚みたいなね。

とにかくTWICEはここから世界に旅立っていく未知数な希望にあふれた存在だし、そんな何が起こるかわからない姿が見ていて楽しい。

もっと大きくなりそうだし、考えてもいないことをやってくれそうな感覚というか予想がつかないこの感覚が面白い。日常に刺激をくれるというか、先を読ませてくれない面白さがTWICEの魅力だ。

2018韓流グッズ/TWICE日常用/ファッション/

価格:4,200円
(2018/6/2 20:02時点)