elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

本田圭佑はボタフォゴ加入で東京五輪に間に合うか

ついに本田圭佑の所属先が決まり、ボタフォゴ加入が正式発表された。

一度はオランダフィテッセに決まったものの、即座に退団が発表されて一ヶ月ほど経過したが今度こそブラジルに身を固めたようだ。

 

クラブ側は、ゲームボーイ版の初代ポケモンと組み合わせた映像を公開しており歓迎ムードだ。

これまで日本人選手といえば侍や旭日旗のイメージだったが、ポケモンのパターンというのは面白い。日本人のイメージとしてポケモンは度々使われるので、世界でポケモンが日本の象徴として認識されているということも嬉しくある。

f:id:elken:20200201064023p:plain
まず今回の決定打が、現地サポーターの熱狂的な歓迎に本田が感動したからということで、これは欧州にこだわっていたスタンスを変える程のインパクトがあったと考えられる。

 

本田がフィテッセを退団したとき、ここでは本当に情熱を傾けられないというような事を語っていたが本田はパチューカの時を見ても常にモチベーション重視なところがある。

橋下徹との退団で燃焼が大事だと言われ、深く共感していたように、どれだけ本気で打ち込めるかということを求めるのが本田だ。だからこそ肩書はチャレンジャーなのだ。

 

本田のブラジル移籍は日本サッカーにポジティブな影響をもたらすだろうと自分は思っている。

ブラジルでプレーした有名な日本人選手としてまず一番に挙げられる存在はキングカズこと三浦知良だ。もっともカズの場合、無名時代に渡っているので有名選手がブラジルでプレーするというのは実質本田が初めてなのではないだろうか。

フィクションならば大空翼がブラジルからバルセロナに羽ばたいたが、今の時代南米から欧州に旅立つストーリーは日本では現実味がない。

 

どうしても欧州がゴールとなっている現代サッカーではわざわざ南米に向かうことがないと言える。高原直泰がアルゼンチンリーグに所属したケースはあるものの、ここ近年というよりも歴史上日本のサッカーファンが南米のリーグに注目した現象というのはほとんどと言っていいほど無い。

日本のサッカーファンはブラジルを神聖視しているわりに、案外ブラジルの全国選手権を見ない。精々コパリベルタドーレス杯くらいで、そもそも禄に中継していないので機会そのものがない。

正直に言えば欧州に行きそこねた選手か、帰国組、あるいは無名の若手くらいでマニアしか見ていないのが現状だ。サンドウィッチマンの富澤が南米サッカーマニアだという話は数年前にクラブワールドカップ特集で知ったが、メジャーな趣味ではない。

 

しかし欧州との格差が開いたと言われつつも依然として次から次に南米から名選手が現れる。

Jリーグとしてもそういう育成リーグを目指している、あるいは立場が似ているわけで一体何が違うのか、この原石の時点に秘密があるのではないかということを学ぶ必要があるのではないか。

加工貿易に対する原産地や第一次産業とでも言うべきか、とにかく素材という意味では一級品の南米、特にブラジルをより多くの日本人が見ることは大きな意味合いを持つ。

 

ブラジルという特別な存在は、日本のサッカーファンにとって聖地でもあり一度サッカー王国でプレーしたいという思いはサッカー人なら抱いて当然の感情だ。それに本田圭佑の場合2014年の悔しい忘れ物もある。

 

グアルディオラがリージョの指導を受けるためにメキシコに行ったように、探求というのはリーグのレベルや環境を超えることがある。イニエスタ程の選手でさえ、サッカーにおいてはマイナーな日本で新しい事を発見するわけで、無駄な国というのは存在しないと言っても過言ではない。

 

それゆえに本田ファンとしても日本のサッカーファンとしても今回のボタフォゴ移籍はいろいろな楽しみが想像できるわけで、この度自分はとてもワクワクしている。

日本人といえばサッカーが下手な人という意味合いだったカズの時代から、今や現地ブラジル人から日本人が歓迎される時代になった。まだまだワールドカップで上位に進出し超一流選手を輩出する段階には至っていないが、それでも目の肥えたブラジル人から加入前の段階で熱烈に求められる時代になったことは素晴らしい進歩だ。

ワールドカップで3大会連続でゴールとアシストをした選手は歴史上10人もいない。

そして世界で最も有名な日本人でもある。

日本のJリーグサポーターがセレソンに選ばれたことがないブラジル人であっても、多少の実績があれば熱狂するように、ブラジルの自国リーグサポーターからすれば本田は英雄になり得る存在なのだ。

 

ところで本田が公言してやまない東京五輪、7月24日からなのだがサッカー代表のメンバー発表を調べると前回大会は7月1日となっている。

つまり現時点から考えると5ヶ月が勝負の時間ということになる。

ロシアワールドカップの時も、時間はないようである、と語っていたように今回も無いわけではない。そして本戦でゴールとアシストを決めるのだから、本田ならあり得なくはないと思えるのだ。

もちろん現状選ばれない可能性の方が高いが、この5ヶ月楽しみは増える。それで今回は満足だと、本田ファン歴が長い人間としてはどっしり構えていられる。

ただ本当に何かありそうなのが本田だ。

 

北京五輪の時に後に金メダルを取るアルゼンチン代表のリケルメがどこにいたかというと、母国のボカジュニオルスで彼がメッシの力を最大限引き出してベテランと新星の融合で大会を制覇した。

久保建英や堂安律との調和があれば、今の停滞しつつある日本代表を逆転に導けるのではないか。大一番と大舞台に強い本田が入れば、非常にスペクタクルなスタイルでメダルを狙える領域に来る。

もちろんチームの崩壊というリスクもあるが、今の五輪代表候補は何かメンタルの部分で欠けている。現実でもそうだが一回り上の存在というのは時として非常に頼もしく心強い先輩になることがある。

イブラヒモビッチが加入したACミランもその典型例だ。

頼りない森保体制でこのまま突き進むよりはケイスケホンダだと思えるほど今の状況は厳しい。

南アは文句なしの救世主、ブラジルは戦犯、ロシアは評価はわかれるが自分は評価したい。

そして北京五輪では造反した。おそらくこれがサッカー選手としての現役最後の大きな大会になるはずだ。本田圭佑物語のサッカー編における最終章、終わりよければ全て良し、どっちに転んでも面白いことだけは間違いない。

とある韓国人「韓国語を勉強する奴らは頭がおかしい」

韓国で「世界で最も病身のような連中」という投稿があったので紹介。

病身というのは韓国語で非常に強い差別用語として多用される用語であるが、これが驚くほど日常的にネット上で使われる。読み方は「ピョンシン」であり、日本語で言うところのガイジという意味合いに近い。

正直なんJ民と同じくらいこの汚い差別用語を韓国ネット民は使うのだが、ポリコレに屈しずあえて伏せ字なしにありのままに語ろうと思う。

 

まずこのタイトル「세상에서 제일 ㅂㅅ같은 새끼들 갑」だ。

これを訳すと「世界で一番病身のような野郎達トップ」という意味合いになる。

最後のカプは日本語で言えば甲乙の甲なのだが、これは非常によく使われる表現だ。これが最高、これがナンバーワンみたいな感じで使われており、甲乙でマウントを取りがちな韓国社会特有の表現と言える。

 

韓国語を学んだことがない人でもこの文章でㅂㅅという異質な文字列があることに気づくだろう。

この記号は日本語で言えばBSという略語で、まさに病身を短略化したネット用語だ。子音だけで表現する単語は多く、このパターンは後々登場する。

 

次に本文に入る。

제2외국어로 한국어 공부하는 새끼들 ㅋㅋㅋ

특히 천조국 한류 뽕 미친년들 존나 각잡고 한국어 공부하던데

ㄹㅇ 정신병 수준이더라. 

영어가 모국어 면 스패니시 정도만 마스터해도 ㄱㅆㅅㅌㅊ인데

한국어를 공부하면서 존나 인생과 시간낭비 하는거 같아서 안타깝더라

제2외국어로 한국어 공부하는 새끼들 ㅋㅋㅋ

 

「第ニ外国語で韓国語を選勉強する奴らwww特にアメリカで韓流を選ぶクレイジービッチ共はカッコつけて勉強しているがリアルに精神病水準である。英語が母国語でスペイン語をマスターすればめちゃくちゃすごいのに、韓国語を勉強して時間浪費して残念である。第ニ外国語で韓国語を勉強する奴らめw」

 

以上がこの文章の意訳になるが、なるべく直訳に近い形にしたつもりだ。

ちなみにこの投稿には一切いいね的な数値もなく、コメントもなかったので本当にリアルな個人のつぶやきに近い。相手にされていない投稿とも言える。

 

これで面白いのが천조국という表現で、これはアメリカ合衆国を意味する。漢字表記にすると「天朝国」となりまあ日本語で言えば「大正義アメリカ」みたいな皮肉を込められている。

미친년は本当に使っては行けない表現でリアルな韓国人もびっくりするくらいの汚い用語だ。ミッチンニョンといえば狂った女みたいなよくないスラングになり、結構年配の方でも知っている伝統的悪口だ。

ついでにいえば존나も正式な韓国語ではなくてめっちゃ、のようにきれいな場面では使うべきではないらしい。

 

これも差別的用語になるのだが精神病は本当によく使われる。

有名なSan Eというラッパーが「フェミニストは精神病」と発したように病身と同じく高頻度で使われる。

 

そしてㄹㅇとㄱㅆㅅㅌㅊはこれもまた物凄く使われる表現だ。

アルファベットにするとRとksstchみたいな子音化した意味合いで、これは日本語でもよくある表記法だ。

前者は「リアル」、後者は「すげぇ高い」みたいなスラングでレオル、シプサンタッチという読み方をする。通常後者はㅆㅅㅌㅊとして使われるので更に強調した表現で使われていることがわかる。

ちなみにセッキは韓国語の悪口として有名で、その二番目の応用がこれということになる。ㅆㅅㅌㅊは日本語であまり解説されていなくて逆にsの部分をhにするとシプハタッチとなり「最低級」という感じになるのでこれは現代韓国インターネット用語では必須の表現だろう。それくらいよく見る。

 

ただ一番病身なのはこんなくだらいない上に、現地韓国人も警告しているしょうもない言語を熱心にコンブしている自分であるヲヲヲ

コンブは勉強で、ヲというのは日本語の草生えるみたいな文字と形が非常によく似ているのだ。

ヤー、キブンジョッタ、ナヌン ピョンシンイミダ!

いやぁ気分がいいね、私はクレイジーだ!

欅坂46平手メンバー脱退の裏側とは

いやぁ令和のキセキ世代なんじゃないかというくらい今年は新年早々飛ばしている。次から次に何かが起こり次は平手友梨奈の脱退だ。

 

まず「脱退」というのが意味深だ。

何か揉めて欅坂46内部にいじめがあったのではないか、みたいな憶測もあるし関係者の告発で去年にもう契約が切れるのは決まっていたという書き込みもある。

 

ただ自分が思うのは、この脱退というのも厨二病平手友梨奈の策略ではないかと言うことだ。

正直、脱退という言葉はかっこいい。

円満に綺麗に卒業しますよという乃木坂46の白石の白に対して、平手の場合は黒い羊の脱退という黒だ。

KAT-TUN赤西仁が脱退したときのような反逆の精神を感じさせる。しかも、今は話したくないとこの件に関して黙秘を貫くところがロックだ。

 

と、ここまで書くと平信(ヒラシン、平手友梨奈信者のことらしい)のように思われるかもしれないが別に彼女のファンではない。

むしろ21世紀の山口百恵だの尾崎豊だのもてはやす痛々しい信者は滑稽だと思っていた。

ただ平手友梨奈パフォーマンスは評価している。

例えばぽんぽこダンスとか可愛いじゃんと。

 

本人の意思を尊重したとあるように脱退という形で飛び出し、そのイメージで秋元プロデュースのソロ活動をする。前代未聞の脱退キャラですよと。こういう算段なわけだ。全部計算どおりすわ。ましてあのキャラで皆に暖かく見守られながら泣きながら卒業公演するなんて平手メンバーのキャラからするとダサい。

 

まぁ失神芸だの卒倒芸だのいろいろ言われすぎてこのままでは完全にネタキャラ扱いだっただろうし、以前から特別扱いでソロ活動ばかりだったのは傍目からでも分かる。

 

それにしてもただでさえ「平手友梨奈と愉快な仲間達」だった所から平手友梨奈が抜けるとどうなるのだろう。

そのまま愉快な仲間達になるってかw

まぁそれはそれで楽しそうだ。

ただ日向坂と比べ得ると、もはや愉快ですらない。中途半端にこじらせて自意識だけは高い女達の集まりになりかねない。

 

初心を取り戻して二人セゾンくらいの頃の芸風を取り戻せばワンチャンありそうな気はする。ただ、その若手が日向坂として独立してそっちは楽しそうなら皆そっちに行くよなぁと。

今の欅にそういったセゾンの頃のようなフレッシュさを出せるメンバーはいるのだろうか。

 

これからの平手友梨奈の未来であったら面白いこととして、もういっそのこと欅坂46ファンであり香港民主化活動家の周庭さんのところに行ったら伝説になれるのではないかとも思う。

今年度で高校卒業ということらしいしAO入試ならそこそこいいとこいけるだろう。それで女子大生活動家になれば令和の尾崎豊になれる!

不協和音を恐れたりしないらしいので今後の活動に期待だ。

急速に世間の好感度を狙いつつある嵐

近頃の嵐を見ていると、だんだんと一般向けというか世間化、世俗化に近づきつつあるように見える。

今時分の中で話題といえば櫻井翔と同じ年のミス慶應の復縁報道で、ベトナムやハワイに行ったと報道されているのだが、休止前の緊張どころか非常にリラックスしたような印象さえ受ける。

急速に世間に寄せてきているというか本来の年不相応感を出し始めているというか。

 

二宮和也の結婚もそうだけれど、松潤がそこらのおじさんと変わらないようなワンシーンを上げているし徐々に嵐も自分たちはおじさんなんだよと現実を世間に伝えつつあるように思える。

 

まず自分の立場としてこういうスタンスに反対ではない。

以前から自分は「焼酎飲んでおじさんトークしてると時の櫻井が一番面白いんだよなぁ」とネットだけではなくリアルでも話していた。トガッていた頃の櫻井、シュッとした頃のガチイケメン時代の櫻井、そんな時代を知っている人からするとおじさんアピールしないで欲しいとなるかもしれない。

 

でも、もう彼はアラフォーおじさんですから。

ということは我々ファン側も年齢を重ねているわけで、むしろ自分はしっかり櫻井兄貴が年齢を受け入れていることに好感度を覚えるわけですよ。

 

まあそれは自分が異性としての憧れとは違い同性として見ているからという最大の違いがあるからかもしれない。ここ最近に来て、嵐は従来のファンを切り捨てるというか現実をわかってもらおうとしていると言われる。時に、切り離す、オタ切りという表現も使われる。世間の大衆に受け入れられたSMAPのようなタレントになろうとしているというか、そこもコンプではあったと思う。

 

それは当然、嵐の本人達も理解しているわけで、いつまでも大学生のサークルの雰囲気だと思われたくないというか、もう全員アラフォーだぜと。

端的に言えばいつまでもファンが囲いすぎた身内コミュニティだった。女信者しか囲っていないコミュニティというのは男性から忌み嫌われる。

 

世の中テレビの視聴者は女性が多くて、購買意欲や行動力は高く、流行は何でも女性がヒロインだと持てはやしてもらえるが、これが最大の罠で、世の男性の意見というのはやはり軽視してはいけない。女性ファンは自分達が世の流行の中心だと錯覚しているが、実際はそうでもないということがよくある。

実は嵐もこの例に当てはまるというか、嵐自体全員男性なので結局はそうなりたい。

男はいつでも女にモテたがっていると思われがちだが、やはり同じ男に評価されたいという思いは本当に強い。

これは女性ファンが同性ファンをありがたがる心理と同じだと思う。

 

どうしても嵐はこの要素が今まで欠けていた。

いや、嵐の男性ファンなどいくらでもいる。自分もこれまでの長らく嵐ファンであったし、今でも熱く語れる。

ただ今はもう厳しくならなければならない時期に来ているのだろう。

 

男性の中で男性アイドルに興味を持つ人というのは珍しい。

これは女性が女性アイドルを好きになる割合よりもっと低い。

女子は女キャラの絵を描くことは多いけど、男はあまり男キャラの絵を描かない。

男からして同性に対する憧れがないとは言わないし、むしろ根底の部分で強い。

女性は男性受けばかり意識しているわけではない、と言われるがその逆もある。

東京ガールズコレクションを見に行ったり同世代の同性アイドルやモデルをそこまで応援したりしないというだけであって、男から男に対する憧れというのは華やかというよりも、例えば戦国武将や世界大戦の司令官、ちょっと前の俳優や渋いアーティストだ。

 

自分のように男性アイドルが好きで、イケメンキャラクターを描くのも好きで、なおかつ男特有の憧れみたいなものを兼ね備えている人は珍しいと思う。

要するに大部分の男性は嵐を未だにそこらの兄ちゃんだとしか思ってないわけで、前述のように女性支持だけでは成り立たない。そんな世の中において、新しい嵐像を作り出そうとしているということになる。

 

嵐のメンバーから若く見られたいという思いは一切伝わってこない。

逆におっさんとして見てもらいたい思いはめちゃくちゃ伝わってくる。おそらく嵐をおっさんだと思いたくない人は、自分がおばさんだと思いたくないという裏返しだろう。逆に男性で嵐の急速なおっさん化に反対する人は限りなく無に等しい。

その心理は嵐自身が男だからわかっているだろう。

確かに昔のキラッキラした嵐の全盛期を見てカッコいいなとは思う。自分も本当にハピネスやピカンチダブルが大好きだけども、今の嵐は急速に男好み化しているしこれからソロタレントになり、年齢には逆らえない彼らからするとやらないといけないことでもある。

これも男の事情として察してくれよ、ということかもしれない。

ACミランがマジで復活しかけてるぞおお

ガチでイブラ効果なのかあのACミランが2連勝している。

ついに順位は1桁代に入り現在8位にまで来ているのだ。

 

ただの8位かよと嘲笑う人もいるかもしれない。

だが、これが今のミランにとっては大切な一歩なのだ。

もうこれで順位表見切れ芸をされなくて済む、もはやそれだけで嬉しい。

 

そもそもリーグ戦のたった1勝にこれだけ喜び、来週の試合が楽しみだという感覚は久しぶりだ。

長らく失っていたサッカー本来の楽しみを取り戻しつつある。

応援するクラブが勝ったら一週間ハッピーで、次の試合を待つ。これがサッカーだ。

 

例えばもう一つ自分が応援しているバルセロナだと、格下相手に勝つのは当たり前でもうリーグ戦の優勝も十分だ。

逆にどれだけ勝っても、CL優勝しなかったというだけで1年ずっと未練が残る。

たった一試合の負けで全てが崩れる。

つまり目標設定が高すぎるのだ。

クラシコに勝つことやCL優勝くらいしか楽しいことがない、それ以外は格下狩りでしかない。

 

その点、中堅クラブのACミランはリーグ戦の何気ない1勝でも良くやったと喜べる。何というか成績の悪い子供が、ちょっといつもよりいい点数だったらクラス一番ではなくともよくやったと褒めてあげたくなるようなものだ。

 

サポーターももう完全に中堅クラブのメンタリティに染まっていて、たかが2連勝が大事のように嬉しい。

もう2桁代になるといよいよ話題にもされなくなるんだなという状況を味わい尽くしてきただけにこの状況ですら嬉しい。

かつては一緒に仲良く沈んでいたインテルは復活したし、ユベントスは雲の上。こんな状況で、今何を基準にすればいいかというと自分はアーセナルを見ている。

下には下がいる、今アーセナルの順位は10位らしくよしあいつらには勝ったと。すげぇレベルの低い争いだが、今はまずアーセナルより順位が上だったら良しとしよう。もちろんリーグは違うが、立ち位置は似ている。

 

目標はCL出場権にまで勝ち上がることで、イブラがいる間にCLベスト16を達成すれば万々歳だ。

何だろう、今の俺達なら行けそうな気がする!(現地人でもないのに誰だよ)

 

今回のウディネーゼ戦最初ドンナルンマのやらかしで失点して、またいつものミランかと思ったし勝ち越しかけて追いつかれたシーンもあった。

しかし90分にレビッチのゴールで勝ち切るという劇的な展開。最初イブラヒモビッチが復帰したときに、やる気が欠けているみたいなことを言っていたけど、この勝ち方は勝者のメンタリティを感じさせる。先制されても、ああまたかとならずにそこから追い付く自信がチームに備わりつつある。

前回はアウェーで勝ちきっているし、今回はホームで強さを見せた。

ミラン、ちょっと今までと雰囲気が違うぞとなってきている。

王が帰還したことにより、臣下達が忠誠を誓うようになった。

f:id:elken:20200120164243p:plain


今まで何が悲惨だったかというと、ACミランは決して補強を怠っているわけでもなくお金は使っているのにあの弱さだったことだ。

調べてみれば驚くが何気ない選手の移籍金が高額な上に、欧州の全てのクラブ合わせてもトップ10に入る補強費を使っているのだ。

これであの体たらくだったのだから情けない。

 

それと、もう何というかサポーターも場末の雰囲気のようで高齢化が甚だしい。

未だにミランを応援している人などほとんどいないだろう。大抵セリエAに活気があった全盛期の頃を知るオールドファンだ。チアゴ・シウバとイブラヒモビッチの時代からの自分はまだまだ若造の部類だろう。

実はカカの頃は知らずに、シェフチェンコもリアルタイムでは知らない。ピルロは既にユーベにいたので、未だに自分はスクデット未経験だ。

 

更に若い世代ではもうミランのサポーターになるきっかけなど無いのでは無いか。本田がいた頃までは日本でもよく報道されていたが、もう今ミランに触れる機会などないだろう。

かっこいいイメージなどもう若い世代は持っていないかもしれない。

若いファンは増えないし、女性ファンなど更にいないだろう。

 

ただいいんです、いいんです。

こんな場末みたいな場所で男やおっさんばかりの雰囲気が、もうなんか地方の競輪場のようで。イタリアの嫁さんから逃げられたおっさんが孤独を癒やしに寂れたスタジアムにってる、そんな雰囲気も悪くない。やるせない思いを抱えた若者がウルトラスになる、それもカルチョの文化だ。

一昔前はクラスTシャツでACミランのユニフォーム作ったり、フットサルで大学生が着てたりとかしていたけどもう今の若者はミランなど興味もないのではないか笑

まあ精々流行りのユーチューバーでも見ててなさいよ。

こっちは寂れたミランの試合を見ときますわ。

 

ただそれにしても、本当にユニフォームだけは毎シーズンカッコいい。欧州というかスポーツチーム全ての中で一番ユニがカッコイイのはミランだと思っている。

だから強さが伴えばまたブランドは復活するだろう。

 

アイドルで例えると今のSKE48にACミランは酷似していると思う。まだ本店はギリギリ若い女性ファンもいるけど、SKEもう本当におっさんというかもはやお爺ちゃんばかりだ。

ファンも老人の集まり、孫を見るような感覚と自虐しているし、握手会に行く人も説教厨ばかりらしく度々問題になっている。

ミランも本田圭佑が言っていたように、ブーイングする為にスタジアムに訪れるサポーターばかりで一般のファンが寄り付かなくなっている。

全盛期はどちらとも凄かったし、単体でテレビにも出まくっていた。それがもう松井玲奈の卒業から下り坂で、これもイブラが退団して以降と似ている。

今回松井玲奈が今更その年齢で復帰したみたいな話なのだが、実際上向きかけているわけだ。今更松井玲奈に頼るみたいな構図である。

 

そしてやはり自分はイタリアの雰囲気が好きだ。整備されて綺麗なイングランドとドイツの雰囲気より、スペインとイタリアのラテンの雑然さみたいな雰囲気に惹かれる。そういう画面の魅力も含めてサッカーであり、異国情緒を感じさせる雰囲気がセリエAにはある。

ミランが再建され復活すればもう一度海外サッカーの魅力も知られるようになるはずだ。