読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

elken’s blog

自称ジャニーズ評論家&サッカー評論家の痛いブログ

ルルーシュに憧れてチェス始めた結果

チェス 厨二病 アニメ

厨二病なら誰もが通る道、アニメキャラに憧れてチェスを始める行為。

自分もまさにこの道を通りチェスを始めたことがある。

好きな駒はビショップ、相手のクイーンを奪ったときが好き。

そのきっかけがコードギアスルルーシュ。動機はアニメからだったが結構真剣にチェスへの情熱を持ちちゃんとやろうとしてた時期もあった。結構高い海外製の木製チェスセットも買ったり戦術本も買ったりしたしチェスブログを毎日読んでた。それからオンライン対戦も当然した。今はなくなったけどヤフーチェスもしてたし、chess.comという海外の有名チェス対戦サイトに入り浸っていた。チェスコムは対戦相手の国籍が見えるのでアメリカ人、フランス人、ドイツ人、フィリピン人、中国人などとも戦ってきた。

 

そしてこう聞くとまるで非常に強かったかのように見えてくるけど実態は違った。

 

はい、滅茶苦茶弱かったです。

 

そもそも自分は将棋のルールとか知らないレベルでやったこともなくて初めてまともにやった頭脳系ボードゲームがチェスだった。オセロぐらいしかやったことなかったからまるで頭を使ってゲームをする勝手が掴めず、日本ではチェスについての本やサイトが少なく周りにもやってる人がいないので強くなる環境そのものがなかった。だからオンライン対戦でもあまり勝てずにモチベーションが続かず、最後は才能の無さを自覚してやめたのである。

英語のサイトは充実しているから英語のサイトで学べばよかったけども当時の自分にそこまでの努力はできなかった。アメリカにチェスの研究書がないからロシア語を学んで独学したボビー・フィッシャーのような情熱は自分にはなかったのである。

 

更に言えば自分はそもそも頭が悪かった。

痛いことに当時の自分は頭がいい頭脳キャラだと思っていた。これは典型的なパターンだけども小学時代一時成績が良かったことで勘違いして俺は頭脳キャラだ!と勘違いするパターンだったのである。完全に痛い少年がそこにはいた=昔の俺

そんな中学時代の自分は当然成績が下がりアニメに没頭していく。

自分は頭がいい、いざという時やればできると思い込んだままアニメを見て現実逃避していたのである。そんな時に出会ったのが『コードギアス反逆のルルーシュ』というアニメだった。当時のギアスブームはすさまじくいわば厨二病にとってカリスマのようなアニメだった。コードギアスというアニメを大まかに言うと世界の3分の1を支配する神聖ブリタニア帝国という国があって、その巨大な帝国にギアスという特殊能力を手に入れた高校生が挑むという話である。もうこの文章だけで伝わってくる圧倒的厨二病感。ルルーシュはそのブリタニアの皇子であり非常に頭がよく戦略に長けていて、なおかつイケメンである。そしてありふれた主人公と違っていわばダークヒーローのような存在でありエグい言動やかっこいいセリフが多いキャラだった。

そしてそのコードギアスの作中で主人公ルルーシュが得意だったゲームがまさにチェスだったのである。

f:id:elken:20170120232118j:plain

俺は憧れた

ルルーシュかっけぇ!俺ルルーシュになるぜ!

その日からルルーシュ・ヴィ・ブリタニアになるという謎の特訓が始まった。

頭脳戦に勝とうと思ったらまずはチェスだ。俺はチェスをやって世界一になる。調べてみるとグランドマスターというチェス界の階級があることを知った。そしてカスパロフというアゼルバイジャン人がめちゃくちゃ強いことを知った。カスパロフの自伝的な著書も買った。よし、俺はグランドマスターになる!ドンッ

周りの奴らが海賊王に憧れてる頃、自分がルルーシュグランドマスターに憧れていることに優越感を感じていた。もはや完全なる黒歴史である。

「勉強?知るかそんなもの、チェスで頭脳を鍛えればその内頭もよくなって数学とか楽勝になるだろ。今は頭脳を成長させる時なんだ、10代の時に頭を使えば生涯通じる頭脳が手に入る!国語力だってこのカスパロフの難解な著書読めば最強じゃん、先生は本を読めばいいって言いてたしな!」そう俺は信じていた。当時の世界観で言えば自分は頭脳キャラであり、生まれ持った頭脳の才能がある、そしてそれが開花すればルルーシュになれると本気で信じていたのだから。

 

そして俺はパソコンで毎日のように帰ってからチェスの対戦をしガルリ・カスパロフの本を読み、レーティングの上位に入ることを夢見て海外の大会で優勝して世界チャンピョンになることを夢見ていた。

世界各国の歴代のチェス選手についても調べた。

ホビー・フィッシャー、アリョーヒン、ボリス・スパスキー、コルチノイ、クラムニク、カルポフ、そしてカパブランカ

特にキューバのチェス選手カパブランカは幼少期に一瞬でチェスをマスターした神童。華麗なチェスを指すことで有名で憧れていた。

そしてレーティング1200台を維持することがやっとの精一杯の当時の自分はその歴代名選手の棋譜を見て悦に浸っていた。本当は一切理解できていない、しかし自分は「何か高次元のものを見ている」と思い込みながらその過去の対極データを見て悦に浸っていたのである。言うまでもなくコーヒーを飲みながら。まさにガチ厨二病行為。

「チェスは世界で行われているワールドスポーツだ、将棋とは違う。だからチェスやってる俺偉い」そう思いながらチェスをやっていた。しかし実際にやっていたことは非常にしょぼい低レベルな事だった。

 

しかも当時の自分が重要視していたのは結局チェスの中身ではなく雰囲気だった。海外のチェス大会の雰囲気を想像したり、パリやモスクワの郊外で朝に珈琲でも飲みながら優雅にチェスを指すという雰囲気に憧れていたりした。将来はオサレな部屋を作ってそこでチェスを誰かと対局する、そんな妄想をしていた。有名な選手の画像を調べたり、チェスの画像を調べたり、チェスが登場する映画を見たりしてモチベーションを高めたりしていた。

そしていつか頭脳最強キャラとなった自分はルルーシュのように世界を変える、そんな痛い妄想ばかりしていた。

 

そしてそんなことにうつつを抜かしてるうちに月日が好きた。人間いつか夢から覚めて悟るのである

気づいたのだ。

「俺って頭良くない、才能ない、ボードゲーム系は特に駄目」

人間向いてる向いてないがある、明らかに自分は向いてなかったしそもそも年齢的に間に合わなかった。本当に世界のトップクラスの人間は10歳未満の頃からみっちりやっていてその頃から大人を倒してる。まるで先天的にその能力があるかのように自然とできてしまうし、IQだって150を軽く上回る。目隠しした状態でチェスなんて当たり前、30人と同時に対戦して1人相手の1手を数秒で判断して次のもう1人に映っていく。過去の対極も丸暗記してるし、途中のチェスも一瞬見ただけで状況を判断する。コードギアス1話でやってるように絶対劣勢の状況からキングを動かしてチェックメイトまで持っていく。

そんな人間離れした能力があるのがトップレベルの人間だったし才能を持っている人間だった。自分は頭が悪いことを自覚しチェスに向いてないことを受け入れた。

人間そうやっていろんな能力がないことを受け入れていく必要がある、そしてその中で自分ができることはなんなのかと模索していかなければならないのだと自分は気づかされた。

でもそれを気づかせてくれたという意味で自分はチェスをした経験は良かったと思っている。なんだかんだ言ってその頃が懐かしいし、黒歴史だと思っていても自分の中では大切な思い出だと思ってる。あの頃に戻れたとしてもきっと自分はまたチェスをするだろうなと思う。

ファイナルファンタジーの武器厨二病すぎワロタ

武器 厨二病 創作ブログ

自分は武器のイラストを描くことがあるのでその参考にいろいろ調べてたけどファイナルファンタジーの武器はその中でも強烈だなと思った。自分がイラストとして目指す厨二病武器みたいなので理想的なのがまさにこのファイナルファンタジーの武器。

この2つ特にかっこいいね。1つ目の奴とか変形機構がついてそうで変形武器が好きな自分の好み。単純に見てるだけでこういうの楽しいし、また絵を描く時の参考になりそう。ゲームに出てきそうな厨二病武器ってのが自分の理想だからまさにFFが自分の好み

大事なのこういう厨二感だと思うし、厨二病が妄想するような武器がやっぱりかっこいいと思う。それを振り切って突き抜けてるゲームっていいよね。

使ってみたくなるし欲しいぐらい。右の奴とかリボルバーみたいになってるのかな。銃と剣の融合とかも好きだから超かっこいいと思った中学生のセンス大事大事。自分もそういう絵ばっかり描いてるから。こういうの全力でやりきれる人はなかなかいないよ。

 

でも実際FFやったことあるかって言われるとまるでやったことがない。

クラウドとライトニングさんぐらいしか知らない。

とにかくなんか厨二病ゲームだというのは良く聞く。とりあえずめっちゃホストみたいな髪型のキャラが出てくるとか、ゲームに登場させるためのかっこいい石を見つけるためにわざわざ遠くまで製作者が探しに行ったりとかも聞いたことがある

あとノムリッシュという独特の文章があるとか。そういえばなんかノムリッシュ語翻訳のツールみたいなのあったなぁ。それれに好きな文章を打ち込めばノムリッシュ語翻してくれるって言う奴。試しにその冒頭の段落の文章を全部打ち込んでみたけどこうなった。

 

ズィヴンは伝説の12の武器のイラストを描くことがある。而るにその参考にいろいろシアトリズムを奏でてたけど究極の幻想の神に託されし神器はその領域内(なか)でも強烈だなと想った。自分がイン=ラーストゥとして到達せしめるティュウニヴィョウ武器、そして世界を闇へと誘いたいなので神々の意志に忠実なのがまさに無慈悲なるファイナルファンタジウム野村の神器《セイクリド・ノムリシュルムス》。

 

まるで意味わからん!笑

これでもその翻訳ツールではレベルが低い設定らしい。

でもなんか文章としてかっこよくて厨二病文章感あるね。こういう中学校の時とかノートに書いたりしたけどそういう懐かしさがある。そういう黒歴史ノートとか多分誰にでもあると思うけど自分はそういうのが好き。厨二感大事にしていくのが最近の自分マイブームみたいなとこはある。

あえて今全力で厨二病

気になって他にも調べてみたけど、FFってマジでこんな武器ばっかなのかよ。なんかますます興味持ってきた。武器のデザインとしても参考になるし単純に見てるだけで楽しい。ごちゃごちゃして複雑そうな設計になってる武器特に好き。

あとファイナルファンタジーではないけどソードアートオンラインとかワンピースとかも武器だけは好き。どっちとも正直見てないけど武器のデザインの参考にするために調べたときかっこいいなぁとは思った。

でも自分の厨二病にSAOはあまり適合しない。これ複雑な心理だけどSAOの厨っぽさはなんか好きじゃない。ラノベ作者の自分の願望だした感のハーレム物ってあんまり好きじゃない。逆にファイナルファンタジー系はオサレ感あるよね。自分の哲学ではオサレ感大事にする傾向がある。そういう意味でBLEACH久保帯人先生好き。画像検索すれば全然違う姿が出てくる人。でもブリーチも正直読んでない。面白セリフ知ってるぐらい。

そんな熱烈なSAOアンチみたいな自分でもキリトのソードは結構かっこいいと思う。

あのソードはアンチでも認めるかっこよさだと思う。それと一緒でワンピも武器はカッコいい。 

わかった、なんで自分がSAOとかONE PIECE好きじゃないかと言ったらガキっぽいからだ。難しいんだけど厨二病って「ガキっぽいの嫌いなのにガキっぽいの好き」みたいな。小学生という下の世代をキッズの子供だと思って背伸びしたがるのが中学生じゃん。だから厨二病ってのはそういう小学生っぽさを嫌ってちょっとかっこつける。でも中学生だから結局自分も子供っぽいセンスになってる。

そういう意味で「ガキっぽいの嫌いなのに結局ガキっぽいのが好き」なのかもしれない。中学生本人はガキっぽいの避けてかっこいいのを選んでるつもりだけど傍から見れば同じようにガキっぽいみたいなのが厨二病。自分もそうだったしね。

だから自分はそういう絶妙なセンスが好きなんだよね。

同じようで違うのがそういうオサレ厨二病ガキっぽい厨二病の違い。でもこれは自分が勝手に考えてる基準だからそれぞれの価値観があっていいとは思う。

あと個人的に思うのがそもそも中二は刀剣避けがち。

「剣だせぇぜ」みたいな。「剣とか刀は小学生の武器だよな~」みたいな感じで通ぶり始める。

その結果行くのが槍とか鎌系統ね。

これいきがちだと思う。

厨二病あるある、剣軽視しがち。

「実戦で日本刀役に立たない」とか言い始めたら厨二病のスタート。実戦性能最強の槍重視し始めるよね。自分もそういう時期あったし正直今でも槍が好きな部分はある。ナギナタとかもいいかな。なんか玄人ぶりたくなるよね。

もうこれとか何のかわからんね笑

戦国BASARAの武器もトリッキーなイメージあるよなぁ。こういう一見するとどう使うかわからん感いいと思う。この武器は結構自分の美学に適合すると思った。

あとこれ超かっこいいな。今日見つけた中で一番好きかもしれない。これもファイナルファンタジーかぁ。いいねFF!マジで好きになってきたかもしれない。でも最新作めっちゃ叩かれて安売りされてるらしいね。ガンダムと一緒で結局こういう長編ってどれからやりはじめたらいいかわからない感あるよね。

実際ガンダムはどれから見始めてもいいから、多分ファイファンの方もどれからやってもいいんだろうね。むしろ最近叩かれがちなホスト髪型ばっかの奴やってみたい。最近もう自動車にも乗り始めてるとか聞いてFFってそんなゲームなの?と度胆貫かれた

こっちは戦国無双のほうか。いいっすね~これ。たまらんですね。こういうのこういうの!鎌でなおかつ柄が長いのは自分の厨二病学に適合する。無双はちょっとだけやったことがある。「草刈ゲー」って言われるだけあって一番簡単なモードだと本当に雑魚的倒しまくって無双できる意識低いゲーム。でもそれが楽しいんだよなぁ。

これは有名なエヴァロンギヌスの槍とフェイトの奴かな。こういう赤い武器も厨二病感あって好き。もう天国だわってぐらい調べればきりがない。やっぱこういう創作作品に出てくる武器っていいね。厨二病全開の武器は特に好き。

またそういうイラストでも描きたいなと思った。

櫻井翔、金正恩だった

櫻井翔 ジャニーズ

この櫻井翔の画像見つけて、あれどっかでこの構図見たことあるなぁ・・・と思って気付いた。

あれ金正恩じゃね・・・?

boketeで有名な「俺たちが脱北するとは誰もおもわねぇだろうな」っていう伝説的な金正恩の画像があるけどこの構図そっくりすぎでしょ!

この天真爛漫な笑みよ。

f:id:elken:20170119123337p:plain

大喜利で櫻井がこれなんて言うか考えるの面白そう。この時櫻井は大野智に何を言ってるか考えよみたいな大喜利。boketeってよく寒い物が多いとか言われるけど実際やるとすると結構難しいよね。笑いのセンスある人はこのセリフを想像して、櫻井「まさか俺たちが~だとは思わねぇだろうな」というのを考えてみると面白そう。

自分はさっぱりおもいつかなかった。本当はこの画像作る時セリフ入れようと思ったけどことごとく寒いのしか思い浮かばなかったね笑

だからボケテとかで面白い画像作る人はほんと凄いと思う。

f:id:elken:20170119124040p:plain

でもそもそも櫻井はそういうセリフなしでももう本人がなぜか面白いよね。櫻井のネタ画像の豊富さと充実っぷりはまさに驚異的。笑いの神に愛されたとしか思えないようなシーンが多い。何もしなくてももはや普通にネタそのものである。

 

櫻井ファンもそういう画像を愛してるし、櫻井愛が感じられる。櫻井ファンのそういう文化好きだなぁ。自分も櫻井が一番嵐で好きだけどそういうネタ要素が好きになってる部分もある。櫻井ってこんな面白い人だったんだなって驚いた。嵐にしやがれの時とかもほんと面白いし昔チャラい方向で行こうとしてたけど今はすっかりいじられ要因みたいになってる感がある。

有吉「部屋用の迷彩から外出用の迷彩に着替えたときは驚いた」

 

そういう貶し愛というかメンバーのかっこわるい画像も好きってのは本当に楽しい文化だよね。なで型、異常な迷彩ファッションへのこだわり、私服ダサい、ネタ画像豊富、サクラップと言われる謎のラップ、最近太り気味、笑い上戸なのですぐ笑う、絵が壊滅的。もうまともな要素の方が少ないんじゃないかってぐらいネタ要素に愛されてるのが櫻井翔の面白さ。ファンの人も半分以上は櫻井のネタ要素を楽しんでる人なんじゃないかってぐらい、時には行き過ぎたいじりもあるけど、それも含めて楽しいよね。

これからもそういう櫻井ファンの文化続いて行ってほしいなぁと思う。

ということで終わろう。

f:id:elken:20170119124752j:plain

キスマイ宮田俊哉兄貴、ポケモンのせいでオタクになっていた模様

Kis-My-Ft2 ジャニーズ ポケモン サッカー

宮田兄貴、ポケモンのせいでオタクになってたのかよ!笑

キスマイRadioでオタクになった原因を激白した結果、それがポケモンだったとは。赤緑か金銀あたりかな?

キスマイでいえば千賀君が遊戯王ファンだし、キスマイはまさにポケモン遊戯王世代。遊戯王ポケモンもどっちもはまらなかった男子って当時じゃかなりレアな存在だってぐらいだからキスマイがポケモンをしててもおかしくない。

マー君ダルビッシュポケモンについて語ってたしポケモンGOもかなり話題になったし意外とポケモンファン多いよね。

ましてオタクで有名な宮田兄貴ならなおさら。ポケモンファンと聞くと無条件で嬉しくなる。もう自分最近、宮田俊哉のことをジャニーズとしてではなくオタクとして尊敬してるよね。通常はジャニーズとしてジャニーズメンバーを尊敬してるけど、宮田兄貴に関してだけはオタクとして尊敬してる。宮田兄貴のオタっぷりはオタですらビビるほど。ジャニーズとしての宮田よりもオタクとしての宮田の方がかっこいいぐらい。

もう「キスマイ宮田」という呼び方より「ラブライバー宮田」という呼び方の方が有名なんじゃないだろうか。

TOKIOの本職が農家なのと同じで宮田さんの本職はオタクと言っても過言ではない。そして宮田兄貴は女性ファンを失うことを決して恐れない。この前もキスマイBUSAIKU!?でドン引きされることやってたしね。さすが宮田兄さんだぜ!

jmania.jp

この記事によると元々はサッカー少年だった宮田だけどもなかなか活躍できなくてついに母親がある作戦にうつる。それが「ゴールをしたらポケモンを買ってあげる」ということで宮田少年はゴール前に張り付き見事にゴールを決める!

でもその後のエピソードでディフェンスせずゴールだけ狙っていたせいで後半外されるというオチ。

サイドハーフの役目を放棄してゴールに専念するとか某クリロナじゃねぇか笑

現代サッカーのサイドハーフで守備しない人はすぐ叩かれるんだよね。

 

そしてポケモンを買ってもらい満足した宮田少年は「そのあともうサッカーへの情熱が下がった、ポケモンのほうが8割でサッカーは2割になった」となり結局サッカーまでやめてる。

くぅ~宮田兄貴、俺にそっくり~!そこにシビれる憧れるゥ!

実は自分も少年スポーツをやめたことがあって、なおかつポケモンで本格的にゲーマーになっていったんだよね。やっぱ宮田兄貴は先輩だわ。宮田兄貴とポケモンの女性トレーナーで誰が好きか語りてぇー!

自分「やっぱ赤緑はエリカ様で金銀はアカネちゃんでルビサファは主人公のハルカですよね!」

宮田「お主まだ修行が足らぬでござるな。拙者レベルになると赤緑はナツメ様でござる。そして金銀ではイブキ様、更にルビサファではツツジタソでござるな。ミカンを選ぶ奴は総じてにわかでござるよ」

自分「さすが宮田兄貴、そこにシビれるゥあこがれるゥ!」

 

とにかく宮田さんなら間違いなくポケモンの女性キャラにはまってるに違いない!

それにしてもこの記事はジャニーズ、サッカー、ポケモンと自分が好きなものが3つもそろっててほんと面白かった。自分の好きなジャンルが3つもそろう記事ってなかなかないよ!

サイドハーフの役割を説明してる部分とか新鮮で面白かった。宮田さんがラジオ内で説明したのかな?実際の宮田さんってサッカー下手ではないよね、結構うまい。

キスマイBUSAIKU!?で宮田がサッカーしてるシーン見たことあるけど結構うまかったのは覚えてる。あとこのラジオで相方をやってた北山宏光はもっと上手い。北山さんは本当に上手い。

前にジャニーズジュニアや若手ジャニーズでサッカーをする番組をみたことがあってその試合で唯一ゴールを決めたのが北山さんだったのを覚えてる。パスに反応して上手くディフェンスラインを抜けてゴールキーパーとの1対1を制した試合を見てこれ経験者だな!と感心させられた。それが前に書いたケンティがゴールキーパーをしていたという試合。ちなみにその試合で抜群に上手かったのがジュニアの岸優太。岸君はこの試合マジでうまかった。今はオチ要員みたいになってるけどサッカーをしたときの岸君は本当に上手い。ゴールはなかったけど試合中のドリブルとかで相手をはがす動きが美味かったのが凄く印象に残ってる。そして北山さんのゴールは本当にかっこよかった。

あとサッカーに関して宮田はモテたくてサッカーをしていた部分もあるという激白に対して「俺はそんな邪念はなかった」と返すのが北山。北山さんかっけぇ!これが本物のKis-My-Ft2のスタイル

ここがポケモンにはまってやめる宮田と高校までサッカーを続ける北山との違いだね笑

でも自分は明らかに宮田側の人間だから宮田兄貴を責めることはできないしそのキャラが今の宮田の活躍につながってると思えばいいことだよね。

北山君はサッカーファンとして尊敬するしオタクとしては宮田兄貴を尊敬する、そんなことを感じたこの記事だった。

そしてキスマイって結構トーク力あるよね。またファミラジに戻ってくれないかな~。コンビニ行く時の楽しみだったからまたやってほしいなぁ

ジャニーズWESTとかいうめっちゃ楽しそうな関西の集団

ジャニーズWEST ジャニーズ 少年倶楽部

ジャニーズWEST最近ほんと勢いあるよね。着実に人気延ばしてて実力もあるグループだと思う。あと、このグループってとりあえずなんか楽しそう笑

ちょっと前までの自分は正直ジャニーズWEST知らなかったし、グループ名覚えても関ジャニの新しい奴?ぐらいの認識しかなかった。そして少年倶楽部を見ても自分がジャニーズとして見たいものとは違う感じの異色な集団だったから、最初の時は「何やねんこいつら・・・」みたいに申し訳ないけど思ってた。

 

でも違うんだよね、自分は徐々にこの人たちの面白さに気付かされていった。

レベル1→なんやねんこいつら・・・グイグイくるなぁ・・・

レベル2→なんやねんこの曲、ホルモンの曲とかアホでしょ笑

レベル3→なんかこいつらおもろいな

レベル4→あれWESTまだ?なんか見ないと少クラ見た気がしないなぁ

レベル5→意外に正統派のいい曲も歌ってるしスタイルも顔もみんなかっこいいな!

レベル6→ええじゃないか♪ええじゃないか♪

もう少年倶楽部をみてたら、その内ええじゃないかに洗脳されてるからね笑

おもしろソングも歌うし、ちゃんとしたかっこいい曲も歌うしジャニーズNo1の平均身長だけあって迫力あるよね。おもしろソングも最初イロモノだと思ってたけど普通にいい曲に思えてくるのが不思議。おおきに歌ってる曲とかもいいよね。面白い曲で言えばホルモンの歌と円周率歌ってる曲とかも好き。あともちろんずんどこパラダイスもいいよね

f:id:elken:20170118105213p:plain

先輩の関ジャニも思わずこの印象笑

名前は全員ちゃんと覚えてる。個人的なそれぞれの印象

重岡大毅→センターが多め。話し方が面白いのでよく中島健人に真似される人

中間淳太→キャラの濃い集団をまとめる最年長でお金持ち。爬虫類と歴史などの教養に詳しい人。唇いじりされがち

桐山照史→少クラMC、つっこみの天才。昔太ってたらしいけど、ごくせん出演経験あり

神山智洋→よく髪の色変える人

濵田崇裕→ジャニーズのほうのTAKAHIRO 番組内では塚ちゃんとよく絡む。性格いい人

藤井流星→ツインタワーの1人。長身イケメンで最近ドラマに出てる人

小瀧望→ツインタワーのもう1人。中島健人と恋愛マスターを競うライバル。佐藤勝利と同い年。今特に人気急上昇中の人

 

滅茶苦茶詳しいわけではないけどもキャラがそれぞれ濃いから7人すんなり覚えられるし、個人的には一番淳太君が好き。関西のローカル番組でイエメンで有名なものがエボシカメレオンって答えた話ですげぇって思った。あとシゲちゃんは中島健人と仲がいいし、個人的にあの顔としゃべりかたほんと好き。小瀧も佐藤勝利とよく少年倶楽部で話してるしSexy Zoneファン的にも結構好きなグループ。

デビュー年も近いしいい意味でライバルみたいな感じになってほしいなぁと思う。とにかく知らぬ間にいつの間にか好きになってるグループであることは間違いないよね笑

見てて楽しいし、ほんとタイトル通りで「関西のおもろい集団」っていう印象

多分「もし自分がジャニーズグループに入るとしたらどのグループがいい?」みたいな質問があったらジャニストめっちゃ人気だと思う。とりあえず全員楽しそうだし雰囲気もいいし団結力もあるよね。デビュー前のエピソードで構想段階でメンバーに入れなかった人がいて、その人も入れてくれみたいに直談判して7人でデビューに決まったエピソードとか聞いてこのグループ本当に仲良いなぁと思った。

ハマちゃんが「俺ら楽屋で皆アホみたいなことしかしてない」って言ったのを聞いて楽屋でも皆仲良いんだなぁって感じさせられた。そういうの見てるとこっちも楽しくなってくるし、なんとなくジャニーズWESTファンもいい人多そう。

あれだけメンバーがいい人たちなんだからなんかファンもいい人多そうな感じがする。このグループを毎日見てたら自然と影響されて性格よくなってきそうなぐらいにイイやつらの集まり感あるよね笑

ぐいぐい来るけど最後は皆笑顔になってるグループ、それがジャニーズWESTなのかなと思う。