elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

小平奈緒と李相花のように日韓は女子同士は仲がいい?

今回の平昌オリンピックを見ていると、今までのスポーツの日韓戦にはなかったような光景を多く目にする機会があった。

スピードスケートの小平奈緒と李相花(イ・サンファ)の友情や、カーリングの藤沢五月とメガネ先輩のスポーツマンシップに溢れる試合など感動的なシーンが多く、話題になった。

それはまるでTWICEで日本人メンバーと韓国人メンバーが自然と話しているような姿と変わらない。

 

日本と韓国と言えば連日、お互い反日と嫌韓を探しあってお互いまるで嫌い合っているところばかり探しているが、実は大部分の人はほとんどそこは気にしていない。

とくに女性はお互い歴史問題はそこまで重視しておらず、可愛い物は素直に認めることが多いように思う。

 

日本の女子もまさにTWICEやチーズダッカルビのように可愛い物や美味しい物は、偏見も無くすぐに受け入れた。

逆に韓国の女子も日本旅行に良く行き、浴衣を着てコンビニやドンキホーテの商品に可愛い物があればよく買っているし本場日本でトンカツを食べることが憧れになっている。

文化が似ているからこそ、ちょっと違うものがおしゃれで可愛いと感じやすいのかもしれない。

 

逆に男だとお互いの伝統衣装を着ると、まるでその国の人になったかのような気がしてためらうが、女子は「可愛ければ何でもいい」という発想がある。

小平奈緒と李相花が健闘をたたえ合っていたのも、国は関係なく相手が同じ競技の選手で素晴らしい人ならば何の偏見も無く認め合うかだらろう。

 

女性は壮大な歴史問題や複雑な政治問題はそこまで重視せず、とにかく可愛い物や美味しい物は素直に評価する傾向があるのではないか。

今後この素直さというものは日韓関係を良くする鍵になっていくかもしれない。

「可愛い」と「美味しい」を何よりも大事にするのが日韓の女子であり、そこにはほとんど壁という物は見当たらない。

 

例えばSNSでハッシュタグで「韓国人になりたい」というタグがあるらしいが、これは決して日本人を辞めて韓国の民族主義者になりたいということを意味しているわけではない。

単にただ昔に欧米風のメイクに憧れたのと同じように「綺麗になりたい」ということほぼ同義で、これは着物を着る韓国人女性がただ可愛いから着ているだけなのと全く同じ理由に過ぎない。

日本人は韓国人のメイクが上手くファッションセンスがあるから尊敬しているだけなのだろう。

そして昔は韓国の女子が日本のファッション雑誌を輸入して研究していたのだ。

可愛い物はすんなり評価するし、凄い人は素直に認めるこの柔軟性は女子特有の物なのではないか。

「可愛い」と「キヨッタ(韓国語で可愛い)」の前には様々なことが関係なくなる不思議な魔力がある。

 

f:id:elken:20180225150151j:plain

男子の場合例えばサッカーや野球の日韓戦はことごとく荒れてしまい、勝っても負けても毎回必ず後味が悪い。

しかし今回のカーリングやスピードスケートでで後味の悪さを感じた人はいるだろうか。

日本のカーリング女子チームは負けても相手を称えたし、逆に小平奈緒選手ははスピードスケートで金メダルを取ってもサンファを最大の好敵手としてリスペクトすることを辞めなかった。

 

日本の女の子で歴史問題を議論している人などほとんど見当たらない。

韓国が好きだからと言って安重根を賞賛している人はいないし、そもそも知りもしないだろう。

逆に韓国の女子も関心事はリップスティックの色であり、今や伊藤博文を知らない人も多い。

TWICEのメンバーも日常会話でそんなことは一切話さず、ガールズトークをしているはずだ。

 

しかし男性もよく考えてみれば向こうの掲示板で話しているような内容は、ほぼ日本人がこっちで書いているような事と本質は変わらない。

歴史というフィルターを取り払えば、そこには1人のごく普通の個人が存在することに気付く。

自分がOH MY GIRLやMOMOLAND可愛いと言ってるのは、韓国人たちがラブライブやアイドルマスターを可愛いと言ってることと本質は何も変わらない。

 

そしてピョンチャンオリンピック、おそらく世界で1番目と2番目に楽しんでいる日本人と韓国人だろう。

開幕前は不安視もされたが、なんだかんだで多くの人がオリンピックをエンジョイしている。これがスポーツの大会、そして文化の果たす本当の役割なのかもしれない。

本田圭佑「俺はコロンブスやと思ってるんでね」

本田圭佑がツイッターを開始してから、既に久しいがこの度また注目発言をしている。

本田がツイッターをすると絶対面白いはずだと常々思っていただけに、連日SNSの話題が飛び込んでくる今はある意味本田圭佑ファンにとって幸せかもしれない。

 

野球界ではダルビッシュ有、そしてサッカー界ではすでに長友佑都がツイッター芸人と化している。本田も今まで後れを取っていただけに、最近ツイッター上でハードワークを開始している。

 

そんな本田のツイットは主にサッカー関連の事よりも、社会問題や国際問題、ビジネスに関することが多い。ツイッターのプロフィールに「Footballer」という肩書が入っていないところも、自分のサッカー選手以外の姿を見つけて行こうとしていることの表れだろう。

意外と社会派なところがあるというか、そもそもツイッターを開始する以前からいろんな問題について度々語ってはいた。

 

しかし近年、そのサッカー以外に関する話題が多くなりもはやかつての中田英寿のように別の路線に行きはじめているようにすらも見える。

確かに良くわからない投資セミナーを開き、「俺はサッカーでは才能無いけど、投資は才能あるかもしれへん」とビジネスや投資の世界に本格的に参入し始めている。

そしてこうしたビジネスで得た利益は「教育者」という肩書通り、サッカーの育成に投資しているためサッカーファンとしては批判する理由は無い。

 

Jリーグ時代から雑誌のプレジテント読んでいたのが本田圭佑という男である。

そして本田がビジネスマンになってることに対する批判というのは、どうやら本人も良く知っているようだ。

 

それに対して本田圭佑はこう反論する。

「社会貢献に本気で取り組むとサッカー以外のスキルが無いのにと批判される。そういう時は未開拓地だと思って凄い宝を見つけてやるという気分になる。コロンブスもこんな感じだったのかな。」

久しぶりに本田名言が聞けた、やはりこういう本田らしい発言が本田の魅力だ。

これはもうじゅんいちダビッドソンのネタに使われてもおかしくない程キレがある発言であり、本田はインタビューや発言が面白くてナンボなのだ。

普通のことを言わないから本田は面白いわけであり、むしろピッチ上のプレースタイルよりもピッチ外のプレースタイルのほうが魅力があると言っても過言ではない。

本田圭佑「俺は大人に見えないしゃかりきコロンブスやと思ってるんでね」

 

更に面白いのが、ツイッターで遂にダルビッシュ有に絡んでいるというところだ。

本田圭佑がツイッターで絡んだ人

・海老蔵

・橋下徹

・ムンタリ

・ダルビッシュ有←New

 

年齢も同じでありそのスポーツの世界ではちょっと変人だという扱いを受けている本田圭佑とダルビッシュ有は対談したら間違いなく面白いはずで、本当にいつか対談番組を見たい。

ダルビッシュも「どこを目指しているんですか」と聞かれることが多く、傍から見れば迷走しているように見えるが、本田もそういう意味では似ているところがある。

この2人は間違いなく気が合うだろうし、若干ネタ要素があるところも共通している。

 

そしてもう一つ面白い番組があるならば、引退後に中田英寿と旅に出る番組も見てみたい。

中田ヒデがドイツW杯後に旅に出てきたときの番組は今見ても面白く、今度は本田と一緒に世界を見て回るなら間違いなく面白い番組になりそうだ。

そう考えるとむしろ引退後の方がファンを楽しませてくれるのが本田圭佑なのかもしれない。

引退したら寂しいと捉えるか、それとも引退後の方が面白そうだと捉えるか、それが伸びしろなんやないかと思ってるんでね。

元東方神起のジェジュン、Jリーグのハーフタイムショーに出演予定

JYJのジェジュンといえばかつて東方神起のメンバーであり、日本でも知名度が高い。

そしてまさかそのジェジュンが2月23日のJリーグ開幕戦のハーフタイムショーに出演するらしい。

佐賀県に元東方神起のメンバーがやってくるというのも中々レアな光景で、近くだったら是非とも行きたかった程に自分はジェジュンのファンでもある。

 

5人時代の東方神起と言えばONE PIECEの主題歌を担当したこともあり、その中で一番イケメンだったメンバーといえばピンと来る人も多いのではないだろうか。日本のドラマにも出演したことがあり、今も根強い人気がある。

ジェジュン

チャンミンのほうがイケメンだという人もいるかもしれないが、自分は圧倒的にジェジュン派である。

「俺がなりたい顔ランキング1位」という至極どうでもいいランキングで王座を勝ち取ったことがあり、個人的に今でも尊敬しているアイドルやアーティストの一人だ。

ちなみにTWICEのモモはチャンミン派だったらしく、残念ながらここでは対立せざるを得ない笑

 

分裂後は2人になった東方神起はとても順調なのに対して、JYJのほうは様々な騒動があり活動はあまり順調ではない。

それでもなおジェジュンは今も語られるほどにカリスマ性があり、憧れている人は韓国のアイドル界だけでなく日本にも多い。

例えば山下智久と仲が良い事は知られているが、Hey! Say! JUMPの山田涼介も友人でありジェジュンを尊敬している。

ジャニーズでいえば山下智久と滝沢秀明に似ているところもあり、本当にまさに美形というルックスをしている。芸術肌であり天性の表現力に加え圧倒的な歌唱力を兼ね備えていた。

 

個人的に特に好きなのは金髪時代のヘアスタイルの時で、その時は悪く言えばホストっぽいがよく言えばファイナルファンタジーの実写化っぽくもあった。今見ても全盛期のジェジュンはCGなのかと思う程にかっこよく、「シュッとしてる」という表現が最も似合うK-POPアイドルの一人だった。

 

そしてそんな英雄ジェジュンが本当にJリーグのハーフタイムショーにやって来るというのだから、サッカーファンとしても驚かずにはいられない。

f:id:elken:20180222184712j:plain

Jリーグの興行を考えた時、こういった芸能イベントを取り入れるというのはとても重要な事であり、すでにサガン鳥栖は倖田來未とのコラボも行っている。

北九州の佐賀県に本拠地を置くクラブとして非常に野心的に様々なことに取り組んでいて、今や九州の中でもっとも成功しているJリーグクラブの一つになっている。

 

ジェジュンがハーフタイムショーに出演するからと言って、必ずしもJYJや東方神起、そしてジェジュンのファンがJリーグに魅力を感じるかといえばそれは未知数だ。

 

しかしこうしてエンターテイメントとコラボレーションを積極的にしていき興行として盛り上げていこうという姿勢は必ず他のクラブにも波及するはずだ。

今のJリーグに足りない物があるとすれば「サッカーファン以外にもわかるような盛況」であり、スポーツの競技としての本質以外の物が日本ではとても重要視されている。

それどころかエンターテイメント本場のアメリカもハーフタイムショーには力を入れており、プロ野球だけでなく韓国の野球リーグもSNSや動画配信などを駆使して新しいファン層を取り込んでいる。

 

JリーグだけでなくKリーグもこういった部分では後れを取っており、サッカーやスポーツとして盛り上げるかどうかよりもまずはエンターテイメントやコンテンツとして盛り上げることをこれからは考えていかなければならない時代になっている。

 

欧州や南米はサッカーという文化が100年に渡り根付いている国だが、同じようなことを再現しようとしてもサッカーの歴史が長くはなく、そして娯楽が多様化している日本では上手く行かない。

ヨーロッパよりもアメリカに近い文化がある日本というのは本場のサッカー文化を再現することを求めすぎては上手く行かないだろう。

サッカーとしての文化よりも、文化としてのサッカーを追求していく必要がある。

これが本当のサッカーだという求めるよりも自分たちの文化に合ったサッカーを考えていくことが真に求められている事なのかもしれない。

訃報:大杉漣、急性心不全で逝去 嘘だろ・・・・

わりとマジでこのニュースショックであまりにも急すぎて流石に頭の整理が付かない。個人的にとても好きなタレントであり俳優だっただけにとても残念でならない。

大杉漣が逝去されたというニュースが飛び込んできたのは本当に先ほどの事であまりにも急すぎる訃報だった。

 

個人的に大杉漣はとても好きなタレントであり、俳優としても本当にかっこよく多くの人が憧れている。数々の映画にも出演しており、俳優としてもタレントとしても傑出した存在だったと言える。

 

ジャニーズ的に言えば嵐にしやがれで「カッコイイ悪役を演じやがれ」という企画でかつて共演しており、本当につい最近「ぐるナイ」で中島健人との共演が始まったばかりだった。

更にサッカー的にはJリーグの徳島ヴォルティスのサポーターとして知られる、現地観戦に何度も訪れているような方だった。

大杉漣の人柄や俳優としての魅力が好きなことはもちろん、ジャニーズやサッカーなどの話題とも関連している方だっただけに個人的にとても悲しいニュースだ。

 

本当に昨日まで元気だったような人が急にこの世からこのように去ったことがとにかく残念でならない。

理由は急性心不全とのことだがそれまで目立ったような兆候はなく、元気そのものだったことはそれこそテレビ番組などで誰もが良く知っている。

どういった理由なのかはこれから真相が明らかになるが、そこを詮索したところで大杉漣は帰ってこないだろう。とにかくもうこの世に大杉漣はいないのだ。

 

サッカーファンの間では実は徳島ヴォルティスの熱烈なサポーターということが有名で、現地でも何度も目撃されているというエピソードがある。芸能人として好きだったことはもちろんの事、サッカーファンとしても本当に寂しい。

 

更にずっとぐるぐるナインティナインを見ていた人にとってもこの寂しさは大きい物だろう。つい最近この番組を見始めた自分ですら「この前まで元気な姿で出演していたのに・・・」と感じるのだから、長い間見続けてきた人のショックは計り知れない。

ぐるナイはこれからどういったトーンでやっていけばいいのだろうか。

本当につい最近までよく見かけていてただけに、今もまるで生きておりこの世に存在しているかのような感覚にさえなる。その現実を受け止めるにはまだ時間がかかるだろうし、その空白の大きさを理解することもまだ後の頃なのかもしれない。

 

とにかく嘘だとしか思えないし、これが事実なのか整理が付かない。

まだこの世を寿命で去るような年齢でもなく、何かの健康上の問題が取りざたされていたわけではない。一体なぜ、そのあまりにも急すぎる出来事に多くの人が驚きを隠せない。

 

梅沢富美男と並んで、最近の"強面(こわもて)"タレントとしていろいろなバラエティ番組に出演しておりテレビで見かける機会も増えていただけに、親しみのある芸能人がこの世を去っていくショックは大きい。

見た目の怖さとは対極的に凄く優しいおじさんというイメージもあり、本当に親戚の良く知っているおじさんが亡くなったような感覚を受けずにはいられない。

かっこよく、そして優しいおじさん、それが大杉漣という人だった。

 

本当に誰もしていなかったような急逝なので、その衝撃は本当に大きい。それにしても最近あまりにも早く亡くなりすぎる人の話題が続いている。

死という物が芸能界であってもこれほど身近な物なのかということを考えさせられることが多い。好きな芸能タレントは当たり前にずっと見ることができるわけではないというのを今回の事でまた再確認することになった、それはいつ明日起こるかわからない。

 

天国で安らかに眠ってほしいというのは安易な言葉かもしれないが、今はそう願うしかない。

Sexy Zone菊池風磨とお酒を飲むとかなりヤバそう

ジャニーズの面白さは結構お酒のエピソードが多いところにあると思う。

お酒好きメンバーの飲みの話を聞くが個人的に結構好きで、そういう話をするメンバーは自分の中で好印象に映る。

 

「お酒好きジャニーズランキング」みたいなもを作りたいほどに、この事務所所属のタレントからはお酒の話が聞こえてくることが多い。

そんなジャニーズ、Sexy Zoneの菊池風磨の飲みエピソードが面白い。

・減量中の時も桐山照史に最後まで付き合う

・田中樹に誘われる

・中間淳太が絶対に負けるようなゲームを考案し飲ます

 

やっぱSixTONES田中樹に誘われるところが"らしいな"というか、菊池風磨のエピソードにはちょくちょく田中が出てくるところが面白い笑

風磨会の奴らいつもこのノリで飲んでるんだろうなぁと思うとすげぇ楽しそうというか、典型的陽キャの飲み方が容易に想像できる。

更に罰ゲームで中間淳太が絶対負けるゲームってどんなんだよと言うのも面白いし、それでしっかり飲む中間淳太もノリのいいおもろい関西人らしさがあって好感が持てる。

実際ジャニーズWEST中間淳太は他の場面でも「お酒が好き」という話をしてたし、これでまた自分の中の中間淳太好感度が上がった!

 

とにかく菊池風磨と飲んだらかなり馬鹿騒ぎ出来そうで、なかなか楽しそうだ。

もちろん飲めない人に無理に飲ますのは、よくないしこれはお互い了解の上でやってることだけども、飲むときは飲む奴はやっぱり面白い。

菊池風磨も男気で飲むときはがっつり飲みそうで、今晩さえ楽しければいいってのが「男としての生き様」というか、飲んだらセクチャン時代のあのはっちゃけぶりがまた飲めそうなのでいつかセクゾはお酒飲む冠番組作ったほうが絶対面白い。

 

jmania.jp

 

逆に同じSexy Zoneなら佐藤勝利は一人でおじさんしかいないような居酒屋に行って飲むのが好きだという話を雑誌で見かけたことがある。

そして中島健人は東山紀之さんと一緒のワインを飲むのが好きらしく、人生哲学やジャニーズとしての美学について深く語っていそうだ。

誕生日にお父さんから「トゥエンティ・ケンティ・シャイニングスター」というカクテルを貰ったという話は中々ぶっ飛んでいる。

 

松島聡は最近飲めるようになったばかりなのでその話はまだ聞いたことが無く、マリウス葉はもちろんまだ飲むことができない。

ふざけたい時は菊池風磨、深いこと話したい時には中島健人、そして佐藤勝利は独り酒をする。

 

こうして見るとメンバーの個性が表れていてセクゾのお酒事情も面白い。

でも佐藤勝利は飲むと普段は見せないキャラが出そうで、勝利君もサシで飲むと絶対面白そうだ。

そしてマリウス葉はドイツ人の血が入ってるから、飲めるようになったら絶対凄いはず。いつか風磨と飲み比べの熾烈なバトルする姿が思い浮かぶ。

勝利は結構繊細に思い悩むところもあるから、もしかして一人で宅飲みしてるかもしれないし、ケンティーは飲んでる時もめっちゃかっこいいと思う。

個人的にセクシーゾーンの中で1人一緒に飲めるメンバー選ぶならやっぱ中島健人かなぁ。

飲んだらもっとあのラブホリ名言増えてもはやガチで何言ってるかわからなくなりそう。それかかなり真面目なトーンで人生論や芸術論話しそうな気がする。

あとSexy Zoneの5人で飲んだら松島氏はおそらく最初に退場しそう笑

 

そしてそもそもジャニーズ事務所自体、お酒好きなメンバーが多く、事務所としても体育会系の雰囲気はある。

もうお酒飲めないとジャニーズに成れないんじゃないかというぐらいに皆飲んでるよなぁ。滝沢秀明は毎日飲むらしいし、NEWSの増田貴久も夜中3時まで飲んで次の日仕事にいくらしい。

そして芋焼酎大好きな櫻井翔さんはもはやお酒の話をしているイメージしかなく、TOKIOの松岡昌宏兄貴はもはや飲み歩き番組までやっている。

 

ちなみにお酒を飲むと洋服を着ていない状態で踊るのが手越祐也であり、前転するのが草なぎ剛である。

前園真聖「いつもお酒の失敗エピソードをいじられる奴のこと考えたことがあるのか?」

 

更に言えば嵐は一番搾りのコマーシャルをしているし、マッチさんはジャニーズが集まる飲み会にまた戻ってくるし、ヒガシさんは飲んだ後走る。

ジャニーズのお酒エピソードやっぱ面白いなぁ、これからもこういう話を聞くのがとても楽しみだ。

コレクションカード/DVD「Sexy Zone Spring Tour Sexy Second」 Sexy Zone/菊池風磨/DVD「Sexy Zone Spring Tour Sexy Second」