elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

未だに人気のある赤西仁の凄さ

未だに人気のある赤西仁

インターネットを見てて思うのがこの人は未だに人気が異様にあるということ。

ああいった形でKAT-TUNをやめファンを失望させ

ジャニーズ事務所からも退所しメディアにもほとんど出演しなくなり

結婚して、髪型やファッションがアイドルファン好みでなくなっても未だにやはり人気がある。

はっきり言って今推されてるジャニーズの中途半端なメンバーよりよっぽど人気あるんじゃないかと思う。

Kis-My-Ft2の微妙なメンバーよりも確実に人気があると思う。(ディスってるけどキスマイは好き)

こんなことになってもまだ好きな奴がいる。

何よりその証拠は自分で未だに好きだし、このブログでは何度も赤西について語っている。

elken.hatenablog.com

なんというかアイドルを超えたスターだった。

よく最近のジャニーズは昔のようなスターがいないと言われるが

未だに強烈なファンがいることを考えるとやっぱり赤西仁は本当にスターだった。

あの頃のブームは偽物じゃなかった、未だにファンがいるということは本物である。

そして自分自身未だにこの男のかっこよさに憧れている。

自分自身が全盛期の赤西と同じくらいの年になって自分と赤西を比べるとまさに天と地の差であり、そして赤西の凄さを痛感するのである。

 

全盛期から10年近くたってもこの人気。

ちょっと普通のジャニーズでは考えられないと思う。

ほとんどメディアに出なくなり、結婚までして、アイドルファンが好むような髪型やファッションでもなくなった。

それにもかかわらず未だに根強い人気がある。

多分赤西ファンに「他に変わりに応援するジャニーズいないの?」と聞いても

いないと即答するはずだ。

それくらい異質な存在であり異端児だった。

完全に比較することはできないかもしれないが山口百恵中森明菜が未だに人気なことと似ているかもしれない。

赤西仁

 (アイドルやってた頃の赤西仁

 

この人の場合新規ファンがいるというより、ずっと好きな人が未だに好きというイメージ

まさにカリスマ

一度好きになったらずっと好きなタイプ

そしてずっと人気という事はブームや一過性でない本物の人気という事である。

つまりそれだけ強烈な個性があって他に変わりがいないという事だ。

やはり今のジャニーズ、芸能界を見ても赤西仁のような存在は少ない。

性格や言動で似た様な人がいたとしても、パフォーマンスや容姿で似たような人はなかなかいない。

いろんなものを兼ね備えた究極のバランスにあるのが赤西仁

昔はトガってたけど今は丸くなったというようなジャニーズメンバーがいるけど

赤西の場合それを貫き通した。スタイルを貫き通した

だからこそファンも、ファンを貫き通しているのかもしれない。

多分エターナルコピペの人もまだ好きだと思う。