読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

elken’s blog

ジャニーズ、サッカー、軍事、創作などあらゆることを評論するブログ

身長を伸ばすための最強の食べ物はチーズ

スポーツ サッカー育成論

身長を伸ばすために成長期にもっとも食べなければならない食べ物はチーズである。

よく身長を伸ばすには牛乳を飲むことが大事だと言われるが思うように伸びない人もいるのではないだろうか。実際いう程牛乳は身長を伸ばすことに効果がないと言われている。

その一方でチーズは非常に効果が高く身長を伸ばすためのおすすめな食べ物として今再評価されてきている。

 

まず身長を伸ばすことに大事な要素何であろうか。

世間一般ではカルシウムのイメージが非常に近く、牛乳はカルシウムがあるからおすすめだとも言われている。

しかし実は一番大事なのはタンパク質なのだ。

タンパク質こそがまさに骨や筋肉を作り上げる素材となる。

カルシウムはあくまで補助的なものである。

更に次に成長ホルモンを分泌させるアルギニンだ。聞きなれない言葉だがアルギニンは身長を伸ばすことに非常に重要な物質であり成長に欠かすことのできない物質なのだ。

 

そしてこれらを兼ね備えている食べ物がまさにチーズ。

タンパク質を豊富に兼ね備えカルシウムも多い、そしてアルギニンが含まれている。

しかし牛乳にはこのアルギニンが少ない。いわば牛乳の進化版のような存在がチーズなのだ。牛乳のいいところをそのままに更にアルギニンを加えた存在がチーズである。成長ホルモンを分泌させ身長を伸ばすための素材を大量に含んでいるのがチーズだ。発酵というのは魔法のようなもので元々あった物質の量が増えたり、元来含んでいなかった物質まで持つようになる。牛乳も発酵食品になればさらにその効力に磨きがかかるのだ。

最近では血の成分にもなる鉄分を含んだチーズやそのほかの有効な物質を含んだ製品も多い。非常に万能で使いやすいのが特徴だ。

更にチーズは牛乳よりも大きなメリットがある。

それは保存が効くことだ。牛乳は一度開けてしまえば早く消費しなければならず開けていなくても賞味期限は短い。

しかしチーズは賞味期限が非常に長く1つのピースを自分のペースで食べることができるため買いためて好きな時にいくらでも食べることができるし、料理の素材にも使うことが可能だ。

 

更に一見小さく見えるチーズで量としては牛乳より非常に少なく見えてしまうが実は固形に凝縮されているため非常に成分の濃度が高く前述のアルギニンように牛乳にはない物質まで含まれている。牛乳を1度に何杯も飲むことはできないが、小さくて食べやすいチーズは一度にいくらでも食べることができる。

おやつ感覚で食べることもできるし料理の素材としてパンやハンバーグとも融合できる。とくにハンバーグにチーズを使う事は身長を伸ばすことにこれ以上ないほどの組み合わせだ。肉のたんぱく質にチーズのたんぱく質とアルギニンが融合している。

更にチーズの小さいという特性は冷蔵庫のスペースという意味でも有効だ。牛乳は案外場所を取る物で冷蔵庫内のスペースを圧迫する。その上賞味期限が短いので非常に使いにくい食品だ。それに対してチーズは場所を取らない上に、保存も長く効く。冷蔵庫に保存するという面でも非常に有効でおやつ感覚で好きな時に食べられるのでタンパク質を摂取するという習慣を作りやすいメリットもある。

更に外出先でもコンビニやスーパーでちょっとお腹がすいたらチーズを買って食べるという事もできる。更に牛乳に比べてお腹を壊しにくいこともメリットの1つ言える

 

スポーツの世界でも日本人は身長やフィジカルで外国人選手に負けることが多い。そして日本人はフィジカルが弱いと結論付けられる。しかしそもそも日本人は食べる量が圧倒的に少ない。まずは食べる量を多くすることが外国人選手のフィジカルや身長に対抗するための手段なのだ。遺伝子的なことも勿論あるが食べる量が少なくて同じ身長やフィジカルになるはずがない。

そのためにもチーズという食品で補うことが大事になる。勿論栄養が偏り過ぎてはいけないがチーズを主体とした食生活は特にスポーツをしている人にとって有効だと言える。

 

10代の時にどれだけ身長にとって良い生活を出来るかが身長のすべてを左右すると言っても過言ではない。後からやっても絶対に伸びることはないのだからこの時がやはり一番重要である。もし本気で身長を伸ばしたいというのであるならば食生活や睡眠規則を見直すことは大きな進歩をもたらしてくれるかもしれない。