読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

ユーチューバーよりアフィリエイターになる方が現実的な理由

最近ユーチューバーなる物が流行っており、ヒカキンやしばたーなどのユーチューバー

は子供たちにも人気だ。ネットを見ていると常にユーチューバーが話題にもなりツイッターのフォロワー数ランキングでも彼らが上位につける時代だ。

海外では日本よりも早くこの職業が確立され、日本でもここ最近急速にユーチューバーの認知度は高まりyoutubeにおける一大産業になりつつある。

youtubeとしては少しでもyoutubeを見てほしくユーチューバーとしても簡単に動画を投稿できなおかつ高額収入も得られるという関係がある。

 

しかしこのyoutuberへの憧れが様々な問題を引き起こしている。

確かに高額収入を得られて人気者になれるのだが、そのために過激なことをや問題になるような動画を投稿し半ば炎上ビジネスのようになっている。最近では他の投稿者が酷過ぎて数年前は叩かれていたヒカキンカキンがかなりまともに見えるという再評価も起きている。

要するにヒカキンがまともになってしまう程今のユーチューバーの民度は劣化しているのだ。

 

更に彼らに憧れた人々が真似するように次々と動画を投稿し、中には小学生ユーザーまで投稿している。しかしそれらは黒歴史として残る。当然ながら素顔を晒しているため様々な問題が起こり得るし、若いころの勢いで何も考えずにやって大失敗する。

ヒカキンは親族に見られてもいいような動画を作らないといけないと言っているが、その基本を守れずだいぶ恥ずかしい動画を投稿し後に後悔するパターンも起きている。

 

そしてこの問題こそまさにタイトルにあるようにアフィリエイターの方が現実的であるという理由だ。お金を稼ぐことや趣味の活動をしたいならばブログのほうがリスクは少ない。

ユーチューバーも稼げてるイメージがあり平均月収700万と言っているがそれは上位ランカーだけであり有象無象の再生数100も行かないような動画があふれかえっている。黒歴史として残り、なおかつ大部分の人間が大して儲からず相手にもされず消えていく。

正直youtubeで稼ぐのはリスクの割に見返りがそれほど合わない。更に言えば今youtubeは激戦区になっておりものすごく人気が高い動画は桁違いの再生数になるが、一部を除いて再生数は酷い物が多い。

数十万を超えるものは本当に一部の一部だけで大部分が埋もれる。

その上動画を作ること自体も非常に大変。撮影機具や撮影する素材も必要だし、自分が素材となる場合はよほど容姿やキャラクターに特徴がなければならない。

人気の動画になるとかなり高度な編集も必要になったりソフトも必要になったりする。商品レビューも無名ユーチューバーは自腹である。とにかくいろんなコストや手間がかかるのが動画だ。誰でも動画を作れる時代になったとはいえ未だに面倒なことは多い。

 

それに比べるとブログで文章を書いて広告を掲示するアフィリエイターは様々なメリットがある。

・文章だけでいいためコンテンツを作りやすい

・動画撮影の手間や費用が掛からない

・文章なのでそれほど黒歴史にならない

・広告によってはかなり高額な報酬がもらえるのでyoutubeのように莫大な再生数が必要ではない。

・過去の記事について後からの編集や加筆が簡単

youtubeが基本的にyoutubeの利用者しか見ないことに対して、ブログは様々なツールで検索している人の目に触れやすい

 

今のyoutubeの現状を見て思うに、競争が激化しておりすでに人気の人か、よほど特別なものを撮影できる人にしかチャンスがないように見える。かつてテレビにも出演し芸人として有名だったねづっちが数百再生しかされていない厳しい世界である。過去の有名人ですら苦戦するのがこの世界だ。

 

まさに格差社会が広がっており完全に元手ゼロから始めることはできない。テレビ番組などを投稿することもいつ削除されるかわからないがブログ記事は誰かに削除されるという事がほとんどの場合存在しない。

持つ者と持たざる者の格差が激しく、新規参入者としてyoutubeにそれほど夢は見れないのが現実だ。よほど珍しい物を撮影できるか、既に人気の既得利権者にしかチャンスがない。それに比べるとアフィリエイターは無料ブログから始められるし文章力があれば無限の可能性がある。

 

例えばyoutubeで1時間ほどトークした動画を上げたとする。

内容は何でもいい。

「日本の少子高齢化を度すべきか」というテーマで1時間ぶっ通しで語った動画を上げる。そんなものは誰が見るだろうか?有名なテレビ番組の動画も投稿されていたり、他にもそういう評論家のチャンネル動画などが存在する。

はっきり言って100回再生されれば大成功というレベルだろう。つまり動画では長く語ることが何の意味もない。どれだけ10分程度にさっくりまとめられるかが問われる。そしてサムネに登場する人物の容姿が大事だ。

一方でブログなどでそれぐらいの長文を書いた間違いなく評価され上位に表示される。ブログの世界では長文で書いたほうが有利なのだ。ブログは長いことが有利になり、youtubeは短いことが有利になる。

つまり実力が無くても文章量を書くことで対抗するという事ができない。

動画の世界は完全に短時間の実力勝負

 

更に過去にものすごく動画を投稿しているからと言ってその人の次の投稿が再生されるかと言ったらそうはいかない。しかしブログの場合「このブログはよくこのジャンルについて書いているな」と評価されれば上位に表示されやすくなる。

長く書くことやたくさん書くことの努力が報われる世界でもある。

更に実際コンテンツを作ろうと思ったとき文章というのはブログの執筆画面を開いてその姿勢でずっとやれる道具も必要ない。

一方動画再生の場合いろいろ準備して、いろいろ移動して体を動かしていろんな場所に行って、工夫して撮影して編集して・・・ととにかくやらないといけないことが多い。文章だったらシンプルなもので、ひたすらその時間で更に他の記事を書けたり内容を加筆したりできる。

作る側としても非常に簡単なのがこういったアフィリエイトブログの特徴だ。

 

ではアフィリエイトというのは実際どういうものなのかというと非常にシンプル。

「好きなこと書いて、そのジャンルに即した広告を貼る」

ただそれだけ。アメブロライブドアブログはてなブログなどの有名無料ブログサービスに投稿して好きな内容をひたすら書きまくる。特化ブログと雑記ブログという違いがあるが、特化ブログは特定の内容にだけ拘ったブログ、雑記ブログは日記や複数のジャンルについて気ままに書くブログという形式に近い。

例えば特化ブログの場合音楽が好きというならば音楽についてひたすら書いてもいい。吹奏楽部の経験者なら吹奏楽について書くだけでもかなりの分量が書ける。そしてASPという広告を取り扱ったサイトに登録して、その登録サイトの中でブログ内容にあった広告を探す。そしてそのブログ記事に楽器関連の広告を貼る。たったこれだけで基本的な準備は完了だ。

そしてその記事を見ている人は音楽に関心がある人なので楽器や音楽機材などの広告を見たらその楽器の商品を買う可能性がある。

そしてクリックされて見ている人が買えば報酬が振り込まれる。

 

1:ブログを書く

2:ASPサイトにそのブログを登録して、広告を探す

3:そこで見つけた広告をブログの記事に貼る。

たったこれだけのシンプルな行為でブログの収益化は手順だけならばものすごく簡単である。自分自身もっ煩雑で面倒な手続きが必要だと思っていたが驚くほどシンプルな手順であり、既にブログを持っている人ならばなおさら早く済む。

具体例で言えばこの上ような広告になる。

たとえばこの場合メンズファッション系の広告であり、ネットを見ていればよく見かけるタイプの広告だ。誰もがこういう広告を見たことが無いだろうか。それを自由に自分のブログに設置することができるのがこのASPになる。

ではそのASPとは何かといえば広告代理店の事である。

そこに行けば無数の広告があり、その中から上記のような好きな広告を選んで貼れば簡単というだけである。そのASPには複数あるが一番有名なのはこれもベタもベタだがA8というのがある。

自分自身もA8を使用している

正直いっていくつも似たようなASPが存在し自分もいくつか登録したが、内容に関してはほとんど変わらない。結局使うのはいつもA8になっている。全て構造自体はほとんど変わらず大手の所を一つ登録すればほとんどそれで済むといっても過言ではない。

とくにA8の場合楽天やアマゾンもその内容に含まれており、これ一つでなんでも済んでしまうといえば済んでしまう。

 

少なくともそのASPの違いが重要になってくるのはアフィリエイトの中級者や上級者になってからであり最初は最大手を一つ登録するだけで何の問題もないというのが実態だ。むしろ多く登録すると余計なメールばかりいろんなサイトから来てしまうので、一つに絞って成果が出始めてきてからいろいろと別の物を探したほうが良いのではないかと思う。

その差を気にするのはアフィリエイターとしての実力をつけてからになる。最初はとにかく始めてみて、どういう記事が売れるか売れないかを自分で試行錯誤していくステップから始まる。

【A8.net】

こちらがそのA8で、行って見ればすぐに登録が済み、ブログ持ってる人ならば10分ちょっとあればすべてが完了してしまう。

広告の記載の仕方もわかりやすく解説されてすぐに自分のブログに実際に貼ることができるようになる。

自分自身ネットで見かける広告ってこんな簡単に張れるのかよ!と驚いたほどだ。もっと難しい編集が必要かと思ったら広告のアドレスのようなものをコピペするだけで済んでしまう。

またブログを持っていない人でもA8内のサービスに無料ブログツールが含まれており元手一切なしの状態からもスタートできる。そこからブログを執筆し始めれば基本的な準備は整う。

これがユーチュバーになろうとしたらいろいろとにかく面倒なことが続き、とにかく煩雑な手続きや下準備が必要で敷居が高い。

そして始めてみてもなかなか再生されずに、結局グレーな動画に手を出したり炎上動画をやるはめになり黒歴史が残る。

 

一方ブログは自分が紹介したいジャンルに興味を持っている人が多く来る内容にすれば少ない人数しか来なくても売れるときは売れるし、1つの商品が売れるだけで数千円入るような広告案件もある。

サプリや化粧品などは特に高いイメージがあり、1日1,2つ売れるだけでバイトの日給並になることも当然ながらある。

これが1日に10個売れるサイトに作り上げることができれば日給数万円で、弁護士や医者並の収益を上げることもできるし実際そのようなユーザーも存在する。

現実としてA8に行って見ればわかるが月別の報酬ランキングが公開されておりベスト3の上位は一ヶ月の月収が900万円だというのだから驚愕である。youtubeのトップランカーと比べてもそん色なく、なおかつ前述のようにユーチューバーよりもなりやすい。

ユーチューバーのように性別や容姿などが関係なく文章力や写真、イラストなどのコンテンツ次第では誰にでもチャンスがある。

 

更にユーチューブは実際高額収入が得られるのはとてつもない再生数を持つ有名投稿者にしかチャンスがない。とにかく今の時代投稿者が飽和過ぎて新規参入のチャンスはほとんどない。

逆に売れるサイトによってはそれほどアクセスが無くても売れるし稼げるのがASP広告だ。とにかく一つ当たりの売り上げが他の広告システムと違い高いのが魅力だ。

例えばyoutubeの場合再生数の10分の1が目安だと言われ最近では20分の1ほどになっているとも言われる。

10万再生されても1万円にしかならず、無名ユーチューバーがそんな毎日10万も再生される動画を作れるはずがない。ねづっちすら数百再生が限度であり、無名の人間がその領域を目指そうとしたら炎上や危険な行為になってしまう。更にどれだけ人気になっても飽きられたら低収入に転落してしまう。

それで手にした1日10万再生で日給1万円にしかならない。

 

これが1日10万アクセスもあるブログだったらとんでもない額を稼げる。ブログの世界で1日10万アクセスあればはっきりいってその10倍稼げる。

皆がみんな商品を買ってくれるわけではないが、1人当たりの単価が高いためその内何人かが買ってくれるだけで大きな収入になる。

そんな簡単に売れるものではないが、購買意欲の高い読者に見てもらえれば売れるときは少ないアクセスでも売れる。ようはアクセスの質が大事。youtube人数がとにかく大事で質が重要ではない。

どんな1万人が見てもほとんど変わらない。

しかしブログの場合購買意欲の高い1万人と購買意欲の低い1万人ではわけが違う。購買意欲が高い場合は数百人でも売れるときは売れる。アクセス数をものすごく稼げなくても、質の高いアクセスであれば売れるため多くアクセスされないブログでもチャンスがある。

youtubeでいえば1日数百回再生されるのが限度でさっぱり儲からないという人もブログではない様によってはそのくらいの再生数でも十分足りる場合がある。

一概には言えないもので「このくらいのアクセスがあれば儲かる」というような明確な基準はない。

1万アクセスでもお金持ってない子供や中高生ばかりが見ていたら売れないし、1000アクセスでもお金持ってる世代や層や何か商品を買いたいと思っている層が多ければ商品を買ってもらうことができる。

つまりそういった質の高いアクセスを求めるのがアフィリエイターの仕事なのだ。そこが上手くはまれば儲かるし、はまらなければ儲からない。

それゆえに少ないアクセス数でもチャンスはいくらでもある。

以上が無名の新規参入者や初心者にとってユーチューバーよりアフィリエイターになることのほうが夢として現実的な理由である。