elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

Youtubeパートナープログラム、再生数の少ない動画を切り捨ててオワコンへ

ついに朗報きたあああ!youtubeの収益化プログラムが視聴回数1万回未満の動画に広告を表示させないことを決定し、もはやyoutubeで稼ぐというのが完全にオワコンの時代になった。

正確に言えば稼げる人が限られるという事に決まった。

このYoutubeパートナープログラムのせいで何の価値も無いような収益目的だけの動画が量産されていてユーチューブ全体の深刻な質の低下を招いていた。

 

たとえばニュースサイトの文章をコピーしてムービーメーカーで流すだけの迷惑動画が大量に投稿されていたしそういう人にもわずかながらに収益が入っていた。

そのほとんどが数百回、数千回程度の再生で今回の1万という基準を上回る物はほとんどない。簡単に言えばだれでも作れる質の低い動画で稼げていた時代は終了し、本当に才能や人気がある人間しか稼げない時代になったという事でもある。

 

いい意味でオワコン化して有象無象の弱小ユーチューバーもこれで見切りをつけるだろう。視聴者としてはどうでもいい動画が邪魔にならずに済むのでいいし、これからは本当に収益度外視で投稿したい人だけが投稿をする時代になる。

今まはこのパートナープログラムを誰にでもばらまいて誰もがこの収益のために質の低い動画を量産していた。

 

そもそもyoutubeはこれまで徐々に収益を下げてきており、質の低い動画が増えてきたためこれまで広告に参入していた企業も撤退する事態が相次いでいた。

結局ユーチューバーに夢見て稼ぐことができたのは初期だけでこれからは選ばれしものだけが稼げる時代になり、素人が誰も稼げるという時代は終わったと言える。

そもそもユーチューバーを見ている低年齢層は商品を買わない人が多く企業としてもそれほど広告の効果がないようなものでしかなかった。

今後は企業側もより効率よく広告の効果を上げるために質の高い動画にしか広告を出さない時代になる。いい意味で新規参入者には厳しくなったし有象無象の弱小ユーチューバーがこれで駆逐されることは素晴らしい。

ちゃんとした動画投稿者にしか広告を出さない時代になれば質の低い炎上動画なども減っていくだろうし、善良な投稿者だけが残るようになる。企業としても悪いイメージのある動画に広告を出せばお金を払っているのに商品のイメージが悪くなるという最悪な事態にもなっていたのでこれからはちゃんと審査される時代になっていくはず。

今回の事は序章に過ぎずこれからはもっと審査が厳しくなっていくことは間違いない。

一回審査を緩くしてばらまいて、それが大失敗した。

これからはより健全な路線に進んでいくと思われるし、今回の視聴者1万回以下の切り捨てはその始まりに過ぎない。

 

そもそもヒカキンやはじめしゃちょーに憧れて簡単にユーチューバー目指す時代の方がおかしかった。youtubeはユーチューバーを見るためだけのサイトじゃないし、それ以外の利用者にとっては迷惑な存在でしかなかった。

これで大多数のユーザーにとっては快適な時代に戻るし、簡単にユーチューバーに夢を見る人が減るというのは素晴らしい事だろう。結局敷居を高くして質の低い物は参入をはじいたほうが本当に良い者だけが残るし視聴者にとってはそれがありがたい。

 

今回YPPが決めた1万回という基準も絶妙でちゃんとしたクリエイターや投稿者ならば越えられない数字ではないが、有象無象の弱小ユーチューバー志望者には越えられない数値ともいえる。質の低い動画を量産して1つの再生数は少ないが合計でとにかく物量作戦で勝負するという事が効かなくなった。

たとえばねづっちとかはこれで完全に終了する。

あの芸能人のねづっちですら再生数500回未満がほとんどで1万回には程遠い。これがyoutubeの現実で簡単に超えられる数字ではない。youtubeなら稼げると夢見ている人は全国的知名度のあるねづっちですら数百回で1万回には遠く及ばない現実を知るべきだろう。

更に今回これだけ厳しい姿勢をYPP側がとったという事は、これから規約違反動画なども削除されやすくなったり削除せずとも広告は表示させないという事態になっていく可能性も考えられる。決して安定はしないし、簡単には稼げない時代になった。

以前の記事で書いたように本当に「芸能人よりなるのが難しい」という時代になった。

ただそれは投稿者にとって問題であり一人の視聴者としては非常に快適な時代になったということであり、今回の決定は非常に素晴らしい朗報である。

elken.hatenablog.com